allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

雨鱒の川(2003)

メディア映画
上映時間113分
製作国日本
公開情報劇場公開(ミコット・エンド・バサラ)
初公開年月2004/11/13
ジャンルドラマ/青春/ロマンス
君の声は、僕には届く
雨鱒の川 スペシャルBOX (初回限定生産) [DVD]
参考価格:¥ 5,832
USED価格:¥ 4,000
amazon.co.jpへ

 Photos
雨鱒の川雨鱒の川

【クレジット】
監督:磯村一路
製作:三宅澄二
新藤次郎
細野義朗
山崎泰博
浅香衣世
プロデューサー:溝上潔
渡邉直子
原作:川上健一
『雨鱒の川』(集英社刊)
脚本:小林弘利
ぜんとうひろよ
安堵麗
磯村一路
CGIプロデュー
サー:
稲泉誠
撮影:喜久村徳章
美術:金勝浩一
編集:菊池純一
音楽プロデュース:葉加瀬太郎
照明:才木勝
制作プロダクショ
ン:
ミコット・エンド・バサラ
近代映画協会
録音:横溝正俊
助監督:毛利安孝
出演:玉木宏加藤心平
綾瀬はるか高倉小百合
松岡俊介川嶋英蔵
阿部寛高倉士郎
中谷美紀加藤沙月
柄本明田崎秀二郎
伊藤歩井上美香
星由里子高倉松子
須賀健太心平(少年時代)
志田未来小百合(少女時代)
【解説】
 川上健一の傑作“初恋小説”『雨鱒の川』を映画化。絵に天賦の才を発揮し澄み切った心で魚とさえ会話してしまう少年と、そんな少年とだけ心が通じる耳の聞こえない少女、少女に一途な想いを寄せる年上の少年、不器用でも自分の心に真っ直ぐに生きようとする3人が、互いに助け合い、そして傷つけ合いながら成長し、やがてそれぞれの初恋に決着をつけるまでを郷愁あふれるテイストで瑞々しく描く。主演は玉木宏と綾瀬はるか、共演に松岡俊介、中谷美紀。監督は「がんばっていきまっしょい」「解夏」の磯村一路。
 8歳の少年、心平は父を早くに亡くすが、豊かな自然に囲まれ、優しい母のもと楽しく伸び伸びと育ってきた。絵を描くことが大好きで、授業中でも絵に夢中になってしまう。そして放課後は身体の弱い母に食べてもらおうと、川でひたすら魚捕りをする。耳が聞こえない小百合とは小さな頃からいつも一緒で、不思議と2人の間では言葉が通じ合った。年上の少年、英蔵はそんな小百合に秘かに想いを寄せていた。しかし彼の言葉は伝わらず、小百合が必死に発する言葉も彼には理解できなかった。嫉妬と苛立ちを募らせる英蔵は、いつも心平につらく当たってしまう。そんなある日、心平は大きくて美しい魚、雨鱒(あめます)に出会う。驚いたことに、この雨鱒はまったく逃げず、それどころか心平に語りかけてくるのだった。すぐに友だちになった心平と雨鱒は、以来毎日川で一緒に遊ぶようになるのだった。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
951 5.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:UFO投稿日:2013-10-27 08:11:48
いまひとつ。
投稿者:jb投稿日:2013-07-04 22:40:21
後半ハマらず。
投稿者:流氷一滴投稿日:2011-11-30 22:33:29
【ネタバレ注意】

一組の幼なじみの幼少期と青年期のオムニバス。北海道の広大な大地がその舞台。
明るい幼少期を夏に、逆境を乗り越える青年期を秋に撮ったのは、うまい。
綾瀬はるかのデビュー作かな?
須賀健太と志田未来はおそらくデビュー作だろう。この二人は後に「椿山課長の七日間」で共演している。たった3年の差ですが、演技力は各段に進歩している。子供の成長は早いですね。
キャストの中では、母親役の中谷美紀が一番光っていました。

幼少期の勢いが青年期にはそがれているように感じました。
脚本も少し甘い。本当に駆け落ちして生活できるのかなあ・・・
もっとも、細かいことにけちをつける映画ではないでしょう。
遠い初恋を思い出させる魔法の小箱です。

投稿者:has42120投稿日:2011-02-13 09:53:38
玉木宏
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2008-10-13 12:04:35
いまひとつ
投稿者:錬金術師投稿日:2008-06-28 23:57:40
【ネタバレ注意】

子供時代の描写はなかなかほのぼのさせてくれるものがありましたが、成長してからとのギャップが大きくてちょっと冷める部分もありました。
でも現実はそんなものですよね。
レストランの壁に描かれた絵には感動させられました。
あれって誰が書いたんですか。
葉加瀬太郎さんですか。
もしそうなら音楽といい才能ありますね。
音楽といえば映画の中で使われている音楽がどこかで聞いたことがあると思っていましたが、やっとわかりました。
テレビ東京系で放送されている「ドリームハウス」という番組で使われている音楽だと気がつきました。
柄本さんと星さんが昔交際していて、柄本さんがイトウを釣って来るといって姿を消したエピソードが最後に活きてくるのかと期待していましたが結局スルーされたのが残念。
最後に柄本さんがイトウを釣り上げるのだと予想していましたが完全に外れました。
もしかしたら撮影していたけれどカットになったのかな。
まあ彼女と二人でラブラブしながら見るのにはなかなかいい作品じゃないでしょうか。

投稿者:カマタアキヨシ投稿日:2008-03-04 04:22:09
【ネタバレ注意】

良い映画だと思う。

はじめてこの映画を見たときはそうは思わなかったが、玉木宏・綾瀬はるか、子役に須賀健太・志田未来 そして脇役に阿部寛と中谷美紀だから今から振り返れば とてつもない超豪華な出演陣を揃えたものだと思う。

映画五本分の主役+テレビで視聴率20%越えの小女優だし、と。

幼少期のパートをもう少し回顧調の音と色にしてくれれば…とかいろいろとあるがやはり残念なのはイカダか。

雨鱒のCGと実写の合成あんだけ手間隙をかけているのに、何故 川下りの川を広く見せるとか急流にみせるとか出来なかったんだろう?そこが謎だ。

ただ、それを抜きにすれば(架空の設定ということにすればということだが)80点以上付けてもいいと自分は思っている。

つい先日深夜のテレビでこの映画を見返してそう再評価した。

特に 阿部寛と中谷美紀が「事故」についてお互いにオズオズという感じで少しずつ相手を伺いながら語りだすあたりの、阿部寛の落ち着きのなさ(喉仏の上下がリアル)と、中谷の固まった顔がほどけてゆくような感じの喋り口調の個所はいいですね。

彼女の夫を死なせたという阿部の罪悪感と、決してそれを許すというのではないにしても「出口」となる言葉を探し出そうとする中谷の姿勢。(彼女にとってはもう息子の成長だけが心の支えになっている) セリフだけ抜き出してみるとなんでもないのですが。

まあこのふたりが数年後再び「自虐の詩」で息の合ったコンビを見せているのもここでの共演が生きていたからかもしれません。

ラストの綾瀬はるかのセリフの意味がよくわからないというひとがいたようですが、あれは「イヤダ」と、それまでは親の言うことを従順に受け入れていた彼女がはじめて父親に対して拒否の姿勢を示したとのことのようです。

画面の中でそれをフォローする描写があってもよかったかもしれませんね。

今テレビでは「鹿男あをによし」という玉木宏と綾瀬はるかの共演するドラマをやっているわけですが、このふたりのコンビを見ているとどうしてもこの映画のことが思い出されれてしまいます。

鹿と会話が出来るくらいなんだっていうのか。こっちでは「鱒」と会話してますし。

もう5年も前の映画かー。時の流れははやいなぁ。

投稿者:irony投稿日:2008-02-16 16:51:02
 イカダを笑っちゃイケない エコなのよ 雨鱒なんだからさ…。 子役のオンナの子は志田未来なのか?そういやぁそんな感じで、もしかしてデビュー作かな 玉木クンは短髪に白いシャツが似あうね 綾瀬はるかは何か後ろ姿が逞しいのよ…それにしてもフロントは迫力がある 中谷さんは可憐でした。
投稿者:トウショウファルコ投稿日:2006-10-26 16:22:09
お母さん役の中谷美紀さん、素敵です(ぽわわ〜ん←にやけてます。)
中谷さん、思い切って告白します。好きです、大好きです。
好きといったら余計に好きになりました。タハァ〜

さて、しょうもないフリはさておき・・・
これって、オムニバスですよね。前後半の出来・内容が全く別物だもの。
少年時代と、それから何年後の青年時代。とても結びつかないのよ。
ハッキリ言って、少年時代の上手い子役と中谷さんのお話だけでよかったよ。
メルヘンあるし、結構いい感じだった。それが・・・後半テンション下がりまくり
(前半7点+後半0点)÷2=4点。計算ちゃうがな。
投稿者:Salat投稿日:2006-10-10 22:24:03
風景の美しさ。美しい母親(見た目も心も)。 印象に残ったのはそこだけかな・・
投稿者:PECO投稿日:2006-07-06 01:59:01
【ネタバレ注意】

結構有名な監督さんでこんな映画あったんだー。中谷美紀がとても良いお母さんでした。でも死ぬのはわかってたから、いつくるかと思って切なかった。なかなか上品な感じでよかったです。

投稿者:ふじこ投稿日:2006-03-11 08:59:00
本当に風景は素晴らしく見てるだけで心が和みました。でも何か私も違和感がありありで・・・

玉木君にもっと強引さが欲しかったよォ。駆け落ち、どうするかなって思ったら
“いかだ”だもの・・はるかちゃんいかだで満足なの?とか、阿部ちゃんたち、二人を許したなら車で送ってやればいいのに・・とか松岡俊介の髪型がイケてない・・とかいろいろ突っ込み所ばかり目立って楽しめなかった。悪いけど、私もいかだが出た瞬間笑ってしまった・・。
投稿者:Bu--yan投稿日:2005-12-28 15:05:40
【ネタバレ注意】

前半の描写が後半に全く活きてないのでは?
前半が単なる付け足しでしかないように思えるんですけど。
中谷美紀が可哀想。ラストでは「そういえばそんな人もいたっけねー」くらいのキャラになってしまっている。

ラスト、いかだでの逃避行にはやられた。
笑いまくりましたよ、そりゃぁアンタ。
二人は雨鱒だから川を下らなければならないってこと?

投稿者:ドロンパ投稿日:2005-11-25 02:03:47
心平の少年時代の須賀健太の健気な演技と、玉木宏の物静かな演技にギャップが有りすぎ。
またどうしても某番組の「少年探偵・健太」を思い出してしまう。
投稿者:メルモちゃん2号投稿日:2004-12-31 17:08:43
【ネタバレ注意】

玉木、綾瀬の出演場面が全編の半分くらいだったのね。
本作で圧倒的にがんばっていたのは、母親役の中谷美紀だ。

彼女の自然な演技が見ているほうにも清清しい気持ちにしてくれる。

オープニングは好きだけど、エンディングがイマイチ。
ライバルの婚約者が途端に理解者になるのも説得力に欠ける。

投稿者:若田部投稿日:2004-12-07 18:40:48
綾瀬も玉木も素晴らしい。
しかし中谷がこんなに素晴らしい女優とは思わなかった。
阿部寛もおじさん役を好演。
誰もが望むようなラストもグッド。
いい気分で映画館を出た。
投稿者:ミスターCB投稿日:2004-11-06 15:52:06
原作など注目する点は数多くあったのでしょうが、単純に「綾瀬はるかが見たい!」という理由だけでこの映画をチョイスしました。田舎に住んでいるので地元の劇場では公開されなかったので、車で2時間半かけて見に行きました。
若い演者がフレッシュに演じていますが、それだけではなく見せるところはしっかり見せてくれていると思えました。2時間半の値は十二分にありました。
【レンタル】
 【DVD】雨鱒の川 ファースト・ラブレンタル有り
 【DVD】綾瀬はるか/“雨鱒の川”撮影日記 〜小百合の想い出〜レンタル有り
 【VIDEO】雨鱒の川 ファースト・ラブレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 「雨鱒の川」オリジナルサウンドトラック(CCCD)
新品:¥ 2,571
1新品:¥ 9,980より   12中古品¥ 1,037より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION