allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ポロック 2人だけのアトリエ(2000)

POLLOCK

メディア映画
上映時間123分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(SPE)
初公開年月2003/11/01
ジャンルドラマ/伝記
こんな僕に心をくれた女(ひと)――。
僕はあなたに永遠をあげる――。
ポロック 2人だけのアトリエ コレクターズ・エディション [DVD]
価格:¥ 991
USED価格:¥ 403
amazon.co.jpへ

 Photos
ポロック 2人だけのアトリエポロック 2人だけのアトリエ

【解説】
 アメリカでモダン・アートの先駆けとなった実在の天才画家ジャクソン・ポロックの生涯を描いた伝記映画。ピュリッツァー賞受賞原作を名優エド・ハリスが初監督と主演・製作を務めて映画化。天才ゆえの繊細な精神に自ら翻弄されるポロックの苦悩と彼を支えたひとりの女性の姿を描く。共演は本作でオスカーに輝いたマーシャ・ゲイ・ハーデン。
 1941年11月、ニューヨーク、グリニッチビレッジ。29歳の新進画家ポロックは、四兄サンフォード夫婦の家に居候しながら創作活動に励んでいた。だが、彼は10代の頃からアルコール依存症に陥って以来、不安定な精神状態を抱え、自らの才能に自信を持てないでいた。そんなある日、画家仲間と共に絵画展を企画したポロックは、同じく展覧会に作品を出品する女流画家リー・クラズナーと出会う。彼女はポロックの絵を見て、その才能に魅了されていたのだった。やがて、2人は互いに通じるものを感じ、付き合い始めるのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1078 7.80
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2007-02-07 22:29:58
ジェニファー・コネリーがあの役とは気付かなかったな。
エド・ハリスは監督の才能は無いと思う。特にカットの仕方が悪く、冒頭に持ってくるのは最後にポロックの運転がおかしくなる所にすべきだった。
投稿者:vv投稿日:2006-04-21 01:53:53
天才というのは、他の誰にもない感性がある変わりに
誰にも分からない哀しみも持っているのだと思った。

奥さん役の女優、
お世辞にも綺麗とは言えないけれど、妙な魅力がある…
それとエド・ハリス、やはりただ者じゃない。
(→アビス)
投稿者:tomason投稿日:2005-10-28 07:21:44
年代を問わず、様々な芸術家が破滅してきた。アブサン、ヘロイン.....しかし、本当の悪魔は身の中にある抑えがたい孤独だ。「俺の連れ合いは俺だけ」耐え難い損失感だ。
投稿者:ふじこ投稿日:2005-06-22 13:33:16
エド・ハリスが画家ジャクソン・ポロックになりきっての熱演。
リーと共に、リーの支えがあってこそ生まれた芸術作品。その均衡が壊れた時、彼の人生も破綻・・
家庭には向かない人だったろうが、リーは最後までポロックのことを思い続けていたんだろうな・・。

エド・ハリスは、筆の使い方など何度も何度も練習を重ねて挑んだようです。
彼の初監督作品、妻役のマーシャ・ゲイ・ハーデンなど共演者をはじめ、実際の妻エイミー・マディガン(二人、いい夫婦だね。)などがエドを支え、何年も構想をあたため作り上げたという意気込みが伝わってきました。
投稿者:nehane215投稿日:2004-12-04 01:01:32
ポロックの霊に取り憑かれたようなエド・ハリスの
アクション・ペインティング風景を延々と観ていたい気がした。
ポロックのポーリング絵画の実物は凄いですよ。併せてご覧あれ。
投稿者:イドの怪物投稿日:2004-07-08 22:38:27
この映画はすばらしい! 特にE・ハリスの名演は必見の価値有り。是非とも劇場で見たかった。 淀川長治さんの解説で「こわいですねぇ〜」というのがありましたが、主人公のヒステリックな反応(E・ハリスの名演)は間違い無く「怖い!」。彼こそは希少価値の性格俳優では無かろうか。
投稿者:kumirin投稿日:2004-03-06 17:53:38
 ポロックの絵は、そこかしこで目にしていましたが、「ナンじゃ、コレ」という感想でした。 にもかかわらず凄く気になるエナジーを感じてはいたのですが、この作品で納得。いまいちよくわからなかったA.ウォーホールの存在意義もわかったし。
 それを、渾身の演技で解説してくれたエド・ハリスに感謝です!この方のセクシーさに参ります。 『アビス』のころからのファンとしては、らしい映画をみることができて感激でした。また、妻役のM.G.ハーデンも素晴らしい!才能ある男性を支える、自身も才能豊かな年上の女の切なさを見事に表現してくれました。最近見た『ミスティックリバー』も合わせて、芸達者な女優さんやな〜とつくづく思いました。
E.ハリスの、実際の奥さんE.マディガンもいい味でした。『フィールド オブ ドリームズ』でのキュートさが、素敵な年輪を経て金持ちパトロンを演じる貫禄になっていて、なかなかでした。
 それにしても、あの前衛的な絵が、こんな土いきれむんむんの、農場で製作されていたとは、驚き! 人間って、やはり自然と切り離すことはできないんだな〜、と思いました。
投稿者:ASH投稿日:2003-09-13 19:05:31
もう公開されないかと思って、米版DVDを発売と同時に購入した映画。ポロックを演じたエド・ハリスの渾身の演技が素晴らしく、脇を固めるM・G・ハーディンとA・マディガンの女優陣2人も文句ナシの名演。加えてJ・コネリーもまたよろしい!英語字幕だったため細かいストーリーは不明なのが難だったので、公開時にはもっかい観ます!
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION