allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

タイムライン(2003)

TIMELINE

メディア映画
上映時間116分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ=ヒューマックス)
初公開年月2004/01/17
ジャンルSF/アドベンチャー/ファンタジー
それは、14世紀からのSOS。
タイムライン [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,160
価格:¥ 1,349
USED価格:¥ 2,868
amazon.co.jpへ

 Photos
タイムラインタイムライン

【解説】
 「ジュラシック・パーク」「ツイスター」の原作者マイケル・クライトンのベストセラー小説を映画化したSFアドベンチャー大作。タイムスリップしたまま消息を絶った教授を救出するため、14世紀のフランスへ旅立った若者たちが、“英仏百年戦争”の真っ只中で想像を絶する困難に遭遇する。主演は「ワイルド・スピード」のポール・ウォーカー。監督は「スーパーマン」「リーサル・ウェポン」シリーズのリチャード・ドナー。
 フランス南西部のとある修道院遺跡の発掘現場では、考古学専攻の学生たちによる調査が進められていた。ある時、彼らは14世紀の地層から驚くべき遺物を発見する。現代の製品としか思えないメガネのレンズと“Help Me”と書かれたメモが出土したのだ。それは、発掘プロジェクトのリーダーで、スポンサー企業ITCを訪ねたまま行方不明になったジョンストン教授から教え子たちへのSOSだった。教授の息子クリスをはじめとする発掘チームは、ITCの社長から衝撃の事実を知らされる。教授は、ITCが極秘に開発した時空間転送装置で14世紀フランスに転送され、現地で消息を絶ってしまったというのだった。そこでクリスは、他の仲間6名とともに教授の行方を追って中世フランスへと向かうのだったが…。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]A“アイデンティティー” (2003)
[002]Aリクルート (2003)
[003]Aデイ・アフター・トゥモロー (2004)
[004]Aシービスケット (2003)
[005]A戦場のピアニスト (2002)
[006]Aフェイス/オフ (1997)
[007]Aロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 (2003)
[008]Aミスティック・リバー (2003)
[009]Aレッド・ドラゴン (2002)
[010]AHERO (2002)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
47314 6.68
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2018-03-05 20:50:20
タイムスリップによるSFアドベンチャーである。
フランスの古戦場で発掘をしていたアメリカ人の考古学者たちが、当時の14世紀に転送され恩師の教授を助け出すという、リチャード・ドナー監督らしい楽しい作品だ。基本的に史実を尊重しながらも、愛のためならば改変もアリというのが、いかにもアメリカらしくて微笑ましい。英仏百年戦争の戦闘シーンはなかなか迫力があって見応えがあるが、転送マシンが粉々になりながらすぐに元通りになるのは、主人公たちを現代に帰すためだと分かってはいても、いささか無理があるだろう。
投稿者:TH投稿日:2012-12-01 22:57:11
今は亡きマイクル・クライトン御大原作のSF映画ですな。
御大の小説の場合、技術的ディテールの書き込みに念が入っていて、そこがイイんだが、映画の場合その辺が省略されてしまい、御大の愛読者としてはちょっと物足りない。この話、実は「タイムトラベル」ではなくて「パラレルワールド」ものなんですが、映画で見る限り単なる「タイムトラベル」になってしまっている。また、原作では制限時間は36時間なのだが映画では6時間になっている。
で、「読んでから見る」を「コンゴ」と「タイムライン」と連続で試みたところ、こっちはかなりイイ。監督の力量ですかねえ。
以前見たときには気が付かなかったけど、キャストも豪華なのよ。マイケル・シーンとかランベール・ウィルソンとか「処刑人」の親父とか出てる。
投稿者:いまそのとき投稿日:2011-12-01 15:23:08
やはりこの人は、リーサル・ウェポンシリーズの頃がピークかなと思う。タイムスリップという題材自体が特別新鮮ではないことと、ITCとかいう訳の分からない会社に、ペンダントの転送装置も何これと思うので、折角の中世ネタが楽しめなかった。行き止まりの地下道が爆破で開くのも偶然過ぎるし、クレア姫と添い遂げたマレクもお伽噺みたいだ。無理やり連れて行かれたフランソワが一番酷。
投稿者:ダークリーママ投稿日:2011-12-01 11:15:03
戦闘場面は、なるたけ実写でという監督の心意気が伝わってくる。途中中だるみするが、迫力があってなかなか楽しめた。https://sites.google.com/site/darklymama/home
投稿者:terramycin投稿日:2011-09-04 15:21:24
人間関係が分かりづらい、自分的には有名俳優で無いからなお、頭に入りにくかった。

西欧の歴史に詳しくないので、序盤はそんなに面白いと感じなかったが、中盤以降はフランスVSイギリスの構図になり話が明確になってきたので徐々に楽しむことが出来た。
投稿者:真壁 六郎太投稿日:2011-08-14 22:38:13
【ネタバレ注意】

主人公がITCという企業に父親の消息を尋ねにいくと過去にタイムスリップしたよと言われ驚いているところに上のセリフです。休日の家族かっ!!まぁ準備しちゃうんだけどね。そいで「タイムスリップする時、2秒だけ物凄く痛いよ」と技術者が言うんだけど、要る?このディティール。一瞬バックトゥザフューチャーを思い出したんだけど…。案の定何の伏線にもなってなかった。何で企画の段階でボツにしなかったんだろうという作品です。

投稿者:uptail投稿日:2010-05-28 09:35:27
アンナ・フリエル
投稿者:scissors投稿日:2010-04-05 02:55:08
凄まじい駄作感。
投稿者:gapper投稿日:2009-11-07 18:54:17
 SFとコスチューム物を、同時に楽しめる作品。
しかし、その為にどちらも中途半端になってしまった。

 SFとしては、このような構成では説明の尺も当然足りない。SF的なアイテムも出ない。
コスチューム物としては、衣装は良いのだが現代人にはない躍動感など希薄で、時代の異なる人間が混在する必要性が見えない。

 各々のカットは良いように思う。つまり、スタッフは優秀だ。
監督のリチャード・ドナーが制作費の割りに、単なる暇つぶし映画にしてしまっているということだろう。

 まあ、アメリカ人向きには良いのだろう。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-09-03 02:33:01
父が見たいというので借りて見た作品です。まぁ私は期待していなかったのですが、意外にも普通に楽しめました!タイムスリップものにしては久々に見応えがあったし、主演のポール・ウォーカーもなかなか良い感じでした。でも私の何よりも嬉しかったことはイーサン・エンブリーの登場です。出演シーンは多くないのですが、結構良い役だったし、メガネも良く似合ってました!
とにかく娯楽作品として良く出来ている方なのでラストまで気分良く見れました。
投稿者:とろりん投稿日:2006-09-05 01:25:43
最初から最後までわくわくどきどき見ることができました♪完全にジェラルドバトラーが主役のポールウォーカーを食ってます。タイムトラベル系はたくさんあるけれどすごくいい方だと思う。原作は読んだことがないけれど楽しめました〜これはお勧めですよ〜夢があってとってもいい。

ジェラルドバトラー・・・この作品が一番いいと思う。
男性より女性向ですね〜
投稿者:hymitecs投稿日:2006-05-31 21:39:44
まあ、一応タイムトラベルもののわけだが、SFの匂いはまったくない。
感想は、「見終わったな」
投稿者:きも投稿日:2005-08-26 01:01:16
予備知識無しで観たのですが、かなり楽しめました。
ジェラルド・バトラーの役処がとてもロマンチックで
大ファンになってしまいましたよ。
甘めのファンタジー物として観れば、キュートな1本だと思います。
原作も読んでみようと思いました。
投稿者:wicked投稿日:2005-06-21 01:56:55
今更ですが、ケーブルテレビで放映していたのを見ました。

原作を読んでいないので、映画だけの罪なのか分かりませんが、確かに矛盾だらけというか、物理学者じゃなくてもありえないだろーと思うところは結構ありました(タイムスリップが可能か、とかの問題じゃなくてただの詳細で)。

でもでも、思ったより楽しめました。とういのも、原作でもなく監督でもなく、ポール・ウォーカー見たさで鑑賞したから♪冒頭の現代の遺跡サイトの場面の彼はほんとーにかっこよかったなぁ。くぐもった声もステキ。こんな色男は何と天秤にかけられても勝つに決まってるのにー!(映画最大の矛盾点?)

そんな彼が主演だったので早々と見るはずが、こちらの投稿を含め結構評判が悪く、扱ってるテーマもまったく興味外だったので、面白くないことは分かりそうなもんだけど、ケーブルでやるし、ポールを拝まなければ、という、全く映画に期待していなかった故の勝利?かと思います。

でもポールはちょっぴり幼稚でアホで気色悪い役どころでしたね。その父役の教授も結構自分勝手!こんな教授を救いたかったフランソワ君が不憫でなりません。
投稿者:オメガ投稿日:2005-06-06 10:03:15
【ネタバレ注意】

タイムスリップものにしては、あまりにも普通すぎる。中盤からは
ただの戦争映画。現代の人間と中世の人間の「差」が見えず、そこを
もっと出して欲しかった。ラストもお約束で、「ザ・フライ」を思い
出した。期待してたのでガッカリ・・

投稿者:さすらい投稿日:2005-02-10 07:04:03
これは面白くない。あまりにも面白くなさすぎて印象に残った映画。
ご都合主義もここまでいくと映画だからということでも許されないのでは。。。
タイムスリップ映画史上最低の作品かも。

近作のタイムスリップものの中ではバタフライ・エフェクトがいいので、
タイムスリップ映画がお好きな方は是非そちらのほうをご覧ください。
この作品は駄目×
久々に究極のハズレくじを引いてしまった気分。
投稿者:型作投稿日:2005-02-09 22:18:20
 やっぱりリチャードドナーは職人監督なんだなとおもった作品。
 後半は視覚的にはおもしろいのですが、ストーリー的には理解しにかったです。というのも前半の展開がはやすぎて何がなにやらさっぱり。そのわりに後半が結構じっくりと描かれているから…。だいたい上下とある原作を2時間以内の映画にまとめるという時点でよっぽどレベルの高いスタッフが集まらないかぎり無理だと思います。でも、さっき書いたとおり、後半はなかなかおもしろかったです。
 もっとお金をかけてTVシリーズでつくったらおもしろかったかもしれない(こともないかもしれない)。http://katasaku.hp.infoseek.co.jp/
投稿者:Carol Sakeski投稿日:2005-02-09 15:32:14
難しくない映画を、注釈入れてわざわざ
難しく(イコールつまらなく)した作品。
マイケル・クライトンも当たり外れが
大きいからね。今までのリチャード・ドナーを
考えると?って感じだし。
“A.I.”でロボット捨てちゃう母ちゃんが
ヒロインじゃ感情移入しづらいし。http://www010.upp.so-net.ne.jp/Carol_s/
投稿者:bond投稿日:2005-01-28 13:09:02
結局マルコが石棺の中のカップルだったてのは、無理じゃないか?原作もそうなのかな。
投稿者:ラズベリーv投稿日:2004-12-05 16:03:14
私は本でこの話に出会いました。
もう好きで好きでたまんなくて、何十回読んだか分かりません。
だからだと思うんですけど全然楽しめませんでした。
なんか内容が薄く、つまらない。
私は長くなってもいいから、もっと忠実に、迫力をつけてつくって欲しかったです。

みなさん、あまり楽しめなかったという人、絶対本読んでください!!!
少し(っていうか結構)難しいですが、見方が変わります。
おもしろいです。
投稿者:グルドvsスープ−投稿日:2004-12-04 00:30:03
未公開映画ならともかく劇場公開作品でこの出来は悪すぎ。衣装がぼろぼろの服で、主演の髪型もぼさぼさで汚らしかった。過去に行く動機もあまりおもしろくなかった。これならちょっとタイムトラベルのサインオブゴッドの方が楽しめた。
投稿者:ひでぼう投稿日:2004-11-25 04:17:46
本当に久しぶりに、最後まで観賞出来「ない」作品に出会いました。

さすが凡作の帝王リチャード・ドナー、原作は未読ですが、マイケル・クライトンの博覧強記的うんちくを全て切り捨てていることはよーく分かります。(でも結局、このひとデビュー作の「アンドロメダ」を超える作品を書けてないと思う)

いったい、この作品のどこを面白がればいいのか。

全てがどこかで観たり聞いたりしたアイデアや展開の寄せ集めであり、加えて決定的なのが、主人公をはじめとした登場人物の魅力のなさ・・。普通、どんな映画でも一人くらいは心にひっかかる役者がいるんですけど・・・

こんな、ふうたんぬるいハリウッド製よりも、最近の韓国映画の方が同じB級でも百倍ましでふね。合掌。



投稿者:J.T.投稿日:2004-11-03 18:26:55
大作です。14世紀の戦闘シーンも大迫力だし、ハラハラドキドキさせる場面はたくさんあるし。でも私は退屈で早送りしてしまいました。ストーリーが安いんだよなあ。馬鹿な人間が馬鹿な判断をして最悪な状況を招いていく、という筋の映画を「パニック映画」と呼ぶならば、これはパニック映画ですね。主人公たちが衝撃の真実を聞くや、旅行に出かけるような気分で過去にいっちゃうのも馬鹿っぽいし、一行を引き連れるリーダーも、「おまえ、ベテランかよ?」ってくらい使えない。結局、遊園地ムービーなんだよな。金かけて丁寧につくっているのだけど・・・・
投稿者:FAT★MAN投稿日:2004-10-25 20:50:55
他の方が指摘しているように、ストーリーはご都合主義&予定調和で、ひねりがなく、伏線も伏線といえずオチがみえみえです。
でも、なぜかなぜか、最後までだれることなく、割とドキドキハラハラで、素直に楽しむことが出来ました。
不思議な作品です。これが大御所監督の手腕なのか・・・。
最近、娯楽映画を楽しめなくなってきており、鑑賞後、時間を無駄にしたという喪失感を覚えることが多かった中で、当作品は清々しい達成感を与えてくれました。
やはり、映画は単純明快・ハッピーエンドがよろしい、ということでしょうか。
投稿者:rax投稿日:2004-10-17 21:43:09
原作読んでから、楽しみに待っておりました。
ちょっと見せ場に欠けているのかな。
この手のクライトンの小説はウソを薀蓄で'らしきもの'に仕立て上げるのが上手だと思うのだが...
もう少し原作に忠実だったほうが良かったかも...
投稿者:鳶郎投稿日:2004-10-07 09:23:49
あまりにも適当すぎるリアリティのないタイムマシンの設定に仰天。
キャストも個性が無く似たような役者が入り乱れ
暗い画面では時々誰だか混乱する。
人間関係も分かりづらいし人の生死の扱いも粗雑(フランソワetc)。
過去にタイムスリップしてもちっとも現代とのギャップを利用しないので
単なる中世の戦争映画になっっていたのも疑問。
歴史がかわる事についても矛盾が多くお粗末な作品だった。
退屈すぎて早回し必須の作品と言える。
投稿者:ApplePie投稿日:2004-09-05 18:12:07
新作だしいっぱい借りられてるみたいだから見ようとぐらいにしか
思ってなかったけど、おもしろかった。
一度バラバラにして接いだようなズレって、レントゲンでああいう風に映るかな
っていう、突っ込みたくなるところは随所にあったけど(笑)
SFというよりラブロマンスだな、こりゃ。
タイムスリップ先が戦闘シーンだから、テンポがよくて楽しめたというのもある
かもしれないし。
そういうことをいろいろ含めた上で、何も考えずに見て、おもしろかった。
投稿者:shin3投稿日:2004-08-31 05:30:28
息子がアイロンがけをしていたと思ったら親父は突然いなくなってて、過去に行ってるって、、突然すぎたなぁ、メキシコに到着して着くなり通りいっぺんの説明をうけてタイムスリップをしちゃうのも、展開が急すぎて、、
あんだけの内容を二時間にまとめちゃう事自体無理があるんだが、出来れば3時間くらいでやって欲しかった、、、
投稿者:トモぇ投稿日:2004-08-04 21:31:03
結構ハマって見てしまった…(≧△≦)ノ  
ストーリーがスラっとしていて見やすかったデス!★ 
普通にスリルが味わえたし、これはコレでいい映画デスょ♪
投稿者:デジゴン投稿日:2004-07-28 00:05:39
タイムトラベルものは、それだけで大変興味を懐かせてくれる娯楽の定番です。
期待が大きいだけに、まずどこまで見るものを楽しませるかがポイントでしょう。

もう一つは、主な観客となりうる、SF小説の好きなタイプをいかに納得させるかです。
まずそう簡単に納得させる事はできないので、変なところに制作費をかけずに、
その人たちに高評価させるかが妥協点となると思います。

大雑把にまずこの点が、過去の例から考えてみても、
結果的には良い興行につながっていると私は思います。

アメリカ合衆国というのは、意外に長編ベストセラーの映画化がうまくないのでは?
と思っています。原作に忠実にやれば制作費と妥協せざるを得ないし、
どこが盛り上がりか判らない。
最初のシーンでレントゲン写真を見て「一度ばらばらにしてつなぎ合わせたようだ」
と言わせたのは、政策スタッフの皮肉ではないかと思うほど、この映画そのものに
まとまりが無い感じがする。
俳優の演技にもそれが出ている気がしないでもない。

芸術は、創造性の産物であるとすると、まずどこまで見るものを楽しませるか、
ということが中心でいいはずで、未知なる事の理論の整合性に振り回されては、
意味が無く、結果的にいいものが出来難いのは残念である。
原作スタッフはいいのに、活かしきれていないと思った映画です。
投稿者:the hysteric green投稿日:2004-02-24 16:20:05
楽しめた。
特別凄いシーンとかなかったけどよくまとまってた。

ただ転送装置が壊れるシーンは納得いかない。
グレネードのピンを抜いた直後にマーカー使うかぁ?
なんかムリや壊そうとしたような展開。

あともうちょいマーカーの意味あったほうが良かったな。
面白かったからいいけどさ。
投稿者:たかさん投稿日:2004-02-22 10:38:24
最後のほうで結末が見えてしまうけれど、良かったです。
迫力もあったし、ストーリーが直球勝負という感じでクセがなく、気持ち良かったです。
パニックシーンが多くて、見ているだけで、こちらまでソワソワしてしまいました。
「感動した」というよりは、「面白かった」映画です。
投稿者:hira投稿日:2004-02-20 23:39:46
アメリカでも日本でも収入的にかなり苦しんでるようですが、とても出来のいいアクション・アドベンチャーです。

マイケル・クライトンの難解な原作をリチャード・ドナーがうまくまとめあげています。原作に登場する平行宇宙やら量子力学なんかをバッサリ切り捨て、単なるタイムトラベルものにしたのは正解でした。劇中で、その難しい説明を行われたら眠くなることこの上ないですからね。しかし、タイムトラベル描写をもうちょっと映像的に面白いものにしてもよかったと思います。『タイムマシン』くらいしつこくなくていいですから・・・。

クライマックスの城の陥落シーンは凄い迫力です。小説でもこのシーンは印象的でしたが、力を入れてくれて感謝、感謝です。中盤以降のイギリス軍との追いかけっこもスリリングで良いです。

原作では、もう一つ、二つアクションが用意されていたり、タイムトラベルの概念そのものが違ったりと、映画を観ても楽しめる部分が多いと思います。是非、ご一読することをおすすめします。
投稿者:Stingr@y投稿日:2004-02-07 01:43:45
 いま流行(はや)りの「中世物語」をでっち上げたかっただけの作品。生きるか死ぬかの時に2組の男女がイチャついているというストーリーで,最悪のタイムマシン作品の1つ。戦闘シーンも芳(かんば)しくない。まあ,「お子様用映画」ということです。「身体にズレが生じる」というテーマを発展させた方が面白かったかもネ。

 あの社長さんはビル・ゲイツのパロディか?とてもじゃないが,遺跡の発掘に資金提供できるような会社とは思えない得体の知れない会社だったが……。
投稿者:歌王投稿日:2004-02-04 02:09:52
【ネタバレ注意】

予備知識ゼロだったので、キャストがショボ気味だし小品かと思ってました。
ところがこれが全然。今時珍しい、人海戦術とオールロケで撮ったかなりの大作。
劇場の看板を見直してみたら、制作費120億円だって。城まで建てちゃったらしいですから。CGが必要最小限で、全編にライブ的な迫力があります。

タイムトラベルものなのに、タイムトラベルの部分はどうでもよくなっちゃってる
のはご愛敬ですが、そのぶん歴史モノの冒険活劇として迫力満点でした。
面白いけど見事に記憶に残らないタイプの映画で、理屈抜きで楽しいです。必ず音
響のいい劇場で観ましょう。

投稿者:TELK投稿日:2004-01-25 22:01:03
この数ヶ月見た10本の中では、映画職人としての映画の仕込みがうまいと思った。
芸術的な作品よりも、私は好きだ。
劇場でなくてもDVDでもレンタルでもいいので、見てあげて。
投稿者:midoro投稿日:2004-01-25 03:45:02
【ネタバレ注意】

いやー、期待してたより全然面白かったです。
タイムスリップの仕方が超ご都合主義なのとか、矛盾があったり、
タイムパラドックスの説明が甘いのとかはもういいです。
誰が生き残るとか帰れるとか筋が全部読めちゃったり、
主演のポール・ウォーカー影薄い、ヒロインの方が全然男前!とか
そんなことも全部置いていて。
SF要素と、歴史物とラブストーリー
(しかも2つ!!ダブルハッピーエンドですよ!?)を
バランスよく絡めた脚本で、この種のものにしては
上出来だったと思います。
しかもカウントダウン物なので、
後半はドキドキさせられっぱなしだったし、
戦闘シーンの激しさ(特に投石の意外な威力)なんかは、
この何にもない肉弾戦な時代に、皆よく頑張って戦ってたよなーと
感動&敬意すら覚えました。いかんせん、
矢が降り注ぐまで、ぼーっと皆突っ立ってるのは、おいおい、何か
防ぐ屋根とか作れよ、と笑ってしまいましたが。
しかも、夜矢だー!!、ってフツーの矢じゃん!(笑)
まあ、中世の歴史とか風俗が好きで、しかも時代考証にはあまり
こだわらない人は楽しめると思います。
オススメ!!

投稿者:映太郎投稿日:2004-01-20 18:14:14
期待していただけに、残念。
映画鑑賞料 800円相当
投稿者:SALVO投稿日:2004-01-19 19:37:56
打ち込みで、入りが107人とは...
これってフツウ?
投稿者:ヒッチ先生投稿日:2004-01-18 18:31:17
あんまり期待せんかったけど意外におもしろかった。それにしても、主演?のポール・ウォーカーの影が薄い・・・・
投稿者:kuss投稿日:2004-01-18 13:21:22
普通です。タイムトラベルものってこんな感じかな、と思って観に行って、その通りだと再認識して帰って来ました。いわゆるお約束が散りばめられています。正直なところVFXを期待して観に行ったのですが、そこが一番力が入っていなくて少し寂しい思いをしました。タイムトラベルの機械の部分の理屈がいいかげんすぎるのもどうだろう。あのへんもっともらしく理屈をこねてくれると、個人的には嬉しい。原作はたぶんちゃんと書いてあるんだろう。
バックトゥザフューチャーを越える面白さってないものですね>タイムトラベル
投稿者:Cinema Trek投稿日:2004-01-17 23:34:32
「ミクロの決死圏」のように、時間内に過去から現代に戻らなければならないタイム・リミット使命。「猿の惑星」のごとく過去到着した瞬間から命を狙われる波乱に満ちた内容。「ラスト・サムライ」のようにSFでありながら14世紀の英仏の100年戦争が大半を占める時代劇。この三作を一緒にした面白さ。現代人が命ほしさにタイム・トラベルでタブーとされている歴史を変えていく方向になるがそれがどういう結果を生むのか最後まで筋書きが見えないストーリー展開。さすが、「ジュラシック・パーク」の原作者マイケル・クライトン。期待以上に面白い作品であった。だが、「ラスト・サムライ」や「ファインディング・ニモ」が相変わらず満席売り止めに対して、公開初日にもかかわらず満席売り止めにならなかったのは惜しい気がする。

20040117_Cinema鑑賞_90点
投稿者:キャメロンディアス投稿日:2004-01-17 20:28:40
面白いです。ストーリーの壮大さや舞台の迫力は圧巻でしたよ。しかも最初から
ミステリーっぽい展開で始まるからドキドキしっぱなしです。SF映画という
ジャンルに関しては少々VFXが欠けてたような感じがします。普通に冒険活劇
として見れば楽しめると思います。あとちょっと展開が早すぎる様な気がする
のは気のせいでしょうか?飛行機乗ったら瞬間移動でもしたかのように到着
してたり、タイムマシンもただ閃光が走っただけで転送など、特に今言ったタイム
マシンに関しては転送する際にもっとVFXを使った方が良いと感じました。
しかし映画として、内容としてはとても良い作品なので見る価値はあります。
投稿者:PEKO投稿日:2004-01-14 00:15:10
普通に面白かったです。ポール・ウォーカーは本当に主役なのか?と思うぐらい活躍がなかったです。ジェラルド・バトラーの方が全然メインだった気がする。
自分達の武器は知識だけだ、と言いつつ650年の知識の差はまったく見られませんでした。
いまいちマーカーの役目がよくわからなかったです。
2004.1.13観賞 6点
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】タイムライン2016/07/27\2,000amazon.co.jpへ
 【DVD】タイムライン <期間限定生産>2006/06/23\1,500amazon.co.jpへ
 【DVD】タイムライン <期間限定生産>2005/08/03\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】タイムライン2004/07/23\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】タイムラインレンタル有り
 【VIDEO】タイムラインレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION