allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ドーン・オブ・ザ・デッド(2004)

DAWN OF THE DEAD

メディア映画
上映時間98分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東宝東和)
初公開年月2004/05/15
ジャンルホラー/アクション/サスペンス
映倫R-15
それは、8歳の少女から始まった。

感染するまで、終わらない――。
ドーン・オブ・ザ・デッド ディレクターズ・カット [DVD]
参考価格:¥ 2,700
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 壮絶な残酷描写と迫り来る終末観を見事に映像化してホラー映画の金字塔となったジョージ・A・ロメロ監督の「ゾンビ」を現代的な解釈でリメイク。謎の“病気”に感染しゾンビと化した死者たちと、巨大ショッピングモールに逃げ込んだ生存者たちとの死闘を、オリジナルに負けない残酷描写にユーモアを織り交ぜスピード感溢れるタッチで描く。監督はこれまでCM界で活躍し、本作で劇場映画初メガホンとなる俊英ザック・スナイダー。主演は「スウィート ヒアアフター」「死ぬまでにしたい10のこと」のサラ・ポーリー。
 米ワシントン州エベレット。看護婦のアナは、この日もいつものように仕事を終えると愛する夫ルイスと暮らす自宅へ帰り、一日を終えた。翌朝、彼女たちの寝室のドアが外側から静かに開けられる。ドアの向こう側には、隣家の8歳の少女ヴィヴィアンが佇んでいた。少女はルイスが異変に気づく間もなく、人間離れしたスピードで襲い掛かってきた。そしてルイスは絶命してしまう。が、間もなくルイスは息を吹き返し、今度は彼がアナに向かって襲い掛かってくるのだった。何も分からないまま、とにかく必死で屋外へと逃げ出したアナだったが…。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aキル・ビル (2003)
[002]Aランド・オブ・ザ・デッド (2005)
[003]Aソウ (2004)
[004]Aグラディエーター (2000)
[005]Aスクール・オブ・ロック (2003)
[006]Aキング・コング (2005)
[007]Aホステージ (2005)
[008]Aテキサス・チェーンソー (2003)
[009]AエイリアンVS. プレデター (2004)
[010]Aシルミド/SILMIDO (2003)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
38251 6.61
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2017-03-08 16:26:54
今思うと「WWZ」のゾンビ梯子はインパクトあったなあ。オリジナルかどうかは知らんけど。
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2016-12-20 00:33:28
ジョージ・A・ロメロは「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」は好きなのだが、他はあんまり好きじゃない。
ゾンビは走っていてもいいし歩いていてもいいし、社会的な風刺はあってもなくてもどちらでもいい。
そんな僕からすると本作は結構お気に入りな映画。ザック・スナイダーの中でもこれが一番面白い。

まずオープニングが素晴らしい。息もつかせぬ展開と格好いいカメラワーク。
そして明るい音楽に世紀末の映像を重ねるというセンス。ここで掴みは抜群。
その後もテンポ良く進みながら絶妙な人間ドラマを見せつつ、ジトっとした恐怖シーンも挟んでくる(赤ちゃんのシーンとか)。
一息ついたら怒涛のクライマックスへ。
ちょっと荒っぽいところもあるがそこはご愛嬌。

僕が一番気に入っているシーンはチェーンソーで仲間を切り裂くところ。
こういうのって実際ありそう、という恐怖。
最後は残念だったが想定内の展開である。
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-01 04:15:00
オープニング(だけ)が良いです。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-05-03 17:08:01
ビデオ映像の終わり方が良いね。どこまで逃げてもゾンビ地獄...。
投稿者:uptail投稿日:2012-05-11 13:50:23
演出:7
演技:7
脚本:6
音響:6
投稿者:こじか投稿日:2010-12-28 14:08:04
【ネタバレ注意】

過去のゾンビ映画がどうあれ、個人的にはほんとに誉め讃えたい。これまでのゾンビ映画にあった「避(よ)けて駆け抜ければなんとかなりそう」などという安易な鑑賞者の”逃げ”に真正面から全面対抗。彼らが走るだけではなく、歩くスペースもないほどの観た事もないゾンビの大々々群集は圧巻です。もちろんロメロ版と比較すると新鮮味や悲愴感では負けるものの、映像のパワーでは現代アレンジでしっかりやりきってて好印象。エンタメ度合いもかなり増しております。て言うか、あの車輌を取り囲む群集シーンって評価としてもっと担ぎ上げてもいいんじゃないかなぁと。ゾンビの中でジリジリ動き、虚しく光るヘッドライト。かなり強烈な画でした。また、途端に映画へ引き込む冒頭のくだりもゾンビ映画史上出色の出来映え。見応え充分大満足でした。

投稿者:BLADE投稿日:2010-12-23 11:58:06
終始逃げまくる、その中でユーモアもあり、単純に見て楽しめるかなと。
投稿者:のど飴投稿日:2009-11-23 21:27:48
ゾンビが走るのはいくらなんでもコワすぎる。
でもフラフラ生きてた人間が、死んだとたんピンピンになって走り出すというのはちょっと面白いけどね。
投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-03 09:39:01
走るゾンビっていう発想が面白いわ。
色々とツボにはまる設定もあって結構好きな映画になった。
ラストも好き。
投稿者:幸村和投稿日:2009-04-05 16:31:05
真面目に考えるとゾンビって何をエネルギーに活動してるんだとか思う。そんなの思うの私だけだろうか。例えば人肉がエネルギー源なら、咬まれた人間はゾンビになるから食料としての人肉の時間は短いし、いずれこのままだと世界はゾンビばっかりになる。そうなると何をエネルギー源にするんだと。光合成か?植物じゃあるまいし。
じゃあゾンビ撲滅のためには一カ所にゾンビを集めたらそのうち飢えるか共食いで死んでくれるんじゃないかな。もし食べなくても生きていけるなら、人間襲う必要ないしな。それに食べなくても生きていけるなら、ゾンビは人間が夢にまで見た「永久機関」ということになる。捕獲して猿ぐつわをして研究する価値がある。人間の未来がそこにあるかもしれない。

という具合に、ゾンビ映画ってそもそもゾンビというモンスターの設定が適当なだけに、そこはお約束でもうツッコむのは止めにした上での評価なので、私にとってゾンビ映画の満点てそもそも7点くらいなんですよね。

で、この映画はその辺でどうかというとそこそこだったのではないかと思います。相変わらず賑やかしというか話題作りというか話を展開させるために「そんなことせんやろ〜」という危険な行動に走るお姉ちゃんがいたり、ほかの方のコメントにもあるような、しょうもない交信してないでもっと大事なこと言うといたれよー、というツッコミどころはあるんだけど、これはゾンビ映画だから、ツッコむのは止めにしましょう。そのかわり、見ている側の怖いメーターはぐんぐん下がるんだけどね。

ゴタクなしでいきなりモンスター・パニックな展開はスピード感があって良かったと思います。ゴタク並べてるとアラが露呈しちゃうしね。というわけでゾンビ映画としてはまあまあいい得点です。
投稿者:むらっぺ投稿日:2008-02-06 14:09:53
【ネタバレ注意】

だと考えずに、ゾンビ映画のひとつとして観るならまぁまぁの作品だと思うんですが・・・ロメロの「ゾンビ」ファンな人はイマイチ物足りないかなぁ。やっぱりゾンビは走っちゃいけないよ・・・。ただ、ワケも分からず終末世界に放り込まれる緊張感や絶望感を味わいたい人には良いかもしれない。
しかし・・・ゾンビが赤ちゃんを産むってどうよ?

投稿者:kinenchyu投稿日:2008-01-05 16:18:16
ホラー映画にはめずらしくテンポがいい作品で、最後まで一気に飽きることなく見れる作品でした。かなりグロいシーンも多いのですが、サバイバル的要素が強いので、恐怖感というよりは、はらはらどきどき感の方が強い作品だと思います。ところどころにあるさわやかなカットやBGMが本作の特徴で、なんともいえないバランス感覚の遊び心も取り入れられた作品だと思います。主役のサラ・ポーリーは「死ぬまでにしたい10のこと」でもそうでしたが、見終わった後なぜか強く印象に残ります。特別派手な演技もないのですが、不思議な存在感をもったちょっと異色な女優さんだと思いました。総じてなななかよくできた作品だと思います。当然、家族で見るような作品ではありませんが、ホラー好きな人ならまずはずさない作品だと思います。
投稿者:さとせ投稿日:2006-12-04 21:07:47
あの傑作「ゾンビ」のリメイクであり、出演者もカメオ出演している。
巷では走るゾンビに賛否両論あるが、最初の片腕ゾンビが走ってくる所など緊張感が一杯である。dtsの効果も凄く臨場感一杯で傑作と呼ぼう。
ノヴェライズ「死者の夜明け」(ジェームズ・ガン・竹書房・評価4)は映画になる初稿を小説化しているため結末が違う。
投稿者:2000本投稿日:2006-09-03 21:33:36
この映画を少しでも評価してる人はゾンビ並の脳の人だけ。この映画に関わった人とも呼べないゾンビ共はジョージ・A・ロメロに土下座して、この映画で得た利益すべてを渡せ。まぁロメロの映画もたいしたことないけど。
投稿者:けっけこ投稿日:2006-04-23 10:28:51
たいていリメイクはクソの場合画多いけど、これは珍しくアタリにヒットした作品だと重いました。サラポーリーとかよく知らん女優さんですけど、結構可愛いし頑張ってたし、今後に期待が持てるな
全力で走るゾンビとかどうかと思うけど、まあその辺は時代の流れってやつですかね??オリジナルが80年くらいで20年以上たってるんだからゾンビも、それなりに進化したということでな。
篭城してる人数がちょっと多すぎやしないか????10人くらいいたけど、多すぎて祭りみたいだった。オリジナルは4にんだったのにこれは増やしすぎ!せめて5人が限界だろうが。
なんだろう?まあいいけどね
投稿者:りちゃちゃ投稿日:2006-04-10 01:20:31
うっかり映画館で観てしまった。ゾンビ映画をコツコツ観てきたので、ある程度のダメさは我慢もするけど、ゾンビが強すぎ。走るのも速すぎ。これじゃ私も勝てないと思った。
投稿者:藤本周平。投稿日:2006-01-14 21:02:16
評価以前に走るゾンビなんてだめでしょう。
投稿者:DP投稿日:2006-01-10 00:22:26
【ネタバレ注意】

とてつもなくB級というか、Eクラスでは。
始まって55分辺りのゴミシーンで観るのやめようかと思った。
怖くも無くスリルも無い、ストーリーや感動とも無縁。

マニアックすぎて私には理解できないだけかも知れません。
期待せず見たにも関わらず、ここまで脱力させられた映画は初めてでした。

投稿者:fulcrum投稿日:2006-01-08 18:40:17
1年以上前に買ったDVDを再見してみました。この映画、嫌いじゃないんだけどどうしてか印象に残らないんですよね。こんなに血が流れ、大量のゾンビが出、銃も撃ちまくり、緊迫感もあるのに。なんででしょうか?
やはり映画の面白さは「血の量」「ゾンビの数」「スピード」などでは決まらない、ということでしょうか。
この映画に出てくる人たちは、誰もがほんとにいそうな人物造形なんですが、残念なことに、見ている私が感情移入できるほど親しくなれなかった感じがするのです。昔のゾンビは「ゾンビに囲まれた人間」を撮ってたけど、新しいゾンビは「ゾンビ」を撮った、ってことなんですかね。序盤の片腕ゾンビが私は好きですね。一瞬の登場にすぎませんが。原作ではのろのろ動く同じゾンビが何度も映るので感情移入もしたもんですけど、今度のゾンビは見慣れる前にみんな死にますね。残念です。
投稿者:oohlala投稿日:2005-12-05 16:50:44
【ネタバレ注意】

突っ込みどころが多いのですが。。以上に、横転する為に無理して猛スピードで走るトラック(あれじゃ事故起こすよ)、あれだけ毎日をやり取りをしているガンショップのAndyに「かまれたらダメよ」の情報を伝えてない(教えてやれよ。少しは予防策あるだろうに。。)とか。。でも、楽しめたからいいですわ。

投稿者:ポッパー見習い投稿日:2005-11-19 01:51:03
自称グロいのは苦手なんですがすんなり楽しめました。
物語があって無いような分、ジェットコースターのような気分でした。
サラ・ポーリーって…なんだか凄い人ですね。
芸が広いのもそうですが。
今はまだ地味な女優の域を出ていないですが、
後世に名前を残すほどになるかも。

あと…ここは「映画のコメント」を書く場所です。
自分の好きなものをけなされたからといって
マナー違反なコメントは控えた方がいいのでは。
よく映画の価値が下がってるとは聞くけど
それはマナーを守れない人がいる事にも大きな原因があると思います。
投稿者:たにし投稿日:2005-10-27 04:28:57
なにがいいって、のっけから、異世界へと入り込むところだと思ってます。
「ゾンビ」の冒頭、情報の中枢であるテレビ局が異常にあわただしくなっているところから、この映画は「異常な状態にある」というテンションの情報をくれることができましたが、
 残念なことに本作は、まったりとしたサバイバル映画でした。

きわもの的映像が見世物小屋的に展開されるのはかまいませんが、世界観はロメロ先生が欲しいところではないでしょう。
 見事にハリウッドパケッージ化した本作は作家性をとんでただ、(良くも悪くも)見せることだけを通じたホラー映画として考えさせられる映画でした。

投稿者:BAR-honda投稿日:2005-10-07 20:09:32
ゾンビ系映画のああいうオチ大好き!やっぱハッピーエンドはだめですよ!
投稿者:きも投稿日:2005-09-19 17:17:12
ゾンビ映画を見慣れていないのにわざわざ見て、文句を言っているような
人達はゾンビみたいなおバカさんですね。
全体にテンポが良く、仲間が次々と減って行くところが緊迫感を盛り上げます。
特にアンディがゾンビ化した後、それまでと同じ様に屋上でサインを掲げる
シーンが哀しくも滑稽で印象的です。
音楽も内容に合っていて笑えます。
でも、確かにラストはサンゲリアっぽいですね。
バイオハザードが最初のゾンビ体験の世代は、ゾンビの起源になる設定が
必要なのかな? 興味深いですね。
投稿者:dadada投稿日:2005-08-08 21:49:06
昔、田舎だった私んちの周囲には放飼いの犬やら野良犬やらが結構居た。そいつらに追いかけ回された少年時代の記憶がよみがえった。あぁ〜怖かった!
投稿者:オメガ投稿日:2005-08-07 17:00:45
ゾンビが出てきた背景や原因がわからず、ストーリー性に欠ける。
主人公を含む生存者達が、中盤まで余裕たっぷりというのもどうか。
後半は結構ハラハラもので良かった。あと、エンドロールを最後ま
で見る必要があるので、まだ見てない方はお気を付けください。(笑
投稿者:bond投稿日:2005-08-07 12:28:53
のシーンがうまく使われ印象的だった、内容もテンポよく進み良かった。ラストの小細工はいらなかったが、サンゲリアと一緒か。
投稿者:J.M投稿日:2005-07-01 03:07:09
つっこみどころ多いが、ちょっと暇な夜にホラーでも見ようかなって人にはお勧めです。ただ、急にゾンビが現れた理由とかなんも解明されてなくてそこが不満。
投稿者:南セントレア市投稿日:2005-06-12 20:27:24
まあ、メジャー作品にしちゃあ血の量は多かったと思うぞ。
投稿者:D.投稿日:2005-06-09 17:39:40
オリジナル版は未見なので比較は出来ませんが、本作はこの手の作品にしては珍しくダレずに一気に観ることができ、サバイバル・アクション・ホラーとしては結構楽しめました。

少なくとも、最近の作品では同じく走るゾンビが登場する『28日後・・・』(こちらは正確にはゾンビ映画ではありませんが)よりは面白かったです。多少のグロが大丈夫な方は是非お薦めです。ゲーム「バイオハザード」シリーズが好きな方は間違いなく本作は楽しめると思います。ある意味、映画版『バイオハザード』よりも「バイオ」らしいので(まぁそもそもゲームの元ネタがロメロのゾンビ作品だった訳ですけど)。

なお、エンド・クレジットまでちゃんと観ると、一行がその先どうなったか少し観ることが出来ます。http://at-the-movies.ameblo.jp
投稿者:Johnny投稿日:2005-06-02 19:25:27
予告の少女や車にワラワラと群がるゾンビを
観た瞬間から興味津々で、やっと観れました。

評判が高かった?ので、想像以上の期待で観たせいか
何か普通で予告以上のものを得られなかったです。
展開、アクション、映像ともに申し分ない出来だったけど
予告のインパクトが強烈すぎでした。
『ランド・オブ・ザ・デッド』も予告ヤバイね〜!
投稿者:FFF投稿日:2005-05-26 16:31:47
例によってカットの応酬とがたがた揺れる画面で何がおこってるのかさっぱり解らず。恐くもなく緊張感も持続せずユーモアも中途半端。役者は好演ながら演出不足で感情移入できず。走るだけなら「28日後」の方がまだましでした。
投稿者:美調投稿日:2005-04-25 17:23:38
最近DVDで見ました。

ゾンビものってあんまり好きぢゃないんだけど、なんかノリで借りてしまった…。



見てみたら案の定グロイすぎ…チェーンソーのシーンとかもう見てられなかった。


ストーリーもツッコミ所満載で、自分的にはまだ『28日後』とかのが好きでした。


『ゾンビ』も見たほうがいいんだろーか…??
投稿者:RM投稿日:2005-04-24 01:16:41
押せ押せで作ってる。なんせゾンビに気合いが入ってる。

でも、監督、キャスト、人物描写すべてに魅力を感じず。乾いてた。
ベルトコンベアーに乗って作られた工業製品のような映画。
ストーリー運びも、どうにもちぐはぐです。
念のため、DVDでも観ましたが、やはりなじめませんでした。

監督さんは、パンフレットのインタビュー記事を観る限り、
自己満足なコメントをしており、好感が持てませんでした。
この出来では、しおらしくしてたほうが良いと思う。。

この作品は、確かに話題性はありました。
でも、一発もので、後世には残らないと思います。
投稿者:SoH投稿日:2005-03-15 22:41:22
【ネタバレ注意】

「ゾンビ」観てないのに、観ちゃいましたよ。まあ、それはそれで正解だったのかな。いつか「ゾンビ」も観なければいけないなあ。まあ、いいや。オープニングから、なんか画の色彩が鮮明すぎるというか、でもちょっとザラついてて、その上、画面の構図が凝ってて、なんだか独特な雰囲気醸し出しててマル。んで、最初のゾンビ襲撃(映画が始まって5分もしたら主人公が襲われる!なんかすごく無駄がないと思った!)から、「うお〜っ。監督の演出、ハッタリ効かせまくってて良いね!」とワクワク。しかもゾンビのくせに素早いってのが、もう堪らん。「バタリアン」もそうだった。ゾンビが走ってくるってのは…やっぱりズルいよな。勝ち目がよりなくなるもの。そして、オープニング・クレジットに流れる歌と映像がすごく良い。あれもインパクトある。その上、銃の扱い方やら、ドキドキさせる手法が「バイオハザード」(ゲームの方)を思い出させてくれましたよ。アクション演出もかっこよく、編集もスピーディ。それにハッタリも効いてるから、アクションはけっこうかっこよくて面白かったぞ。ドラマもね、ツボを押さえてて、物語を盛り上げてくれる(内部抗争や、自分がゾンビになることを知ってしまったオヤジとか、噛まれたことを隠す奴とか)。それから効果音の使い方も重畳。今回、吹き替え5.1CHドルビーサラウンドで拝見しましたが、DTS音声だったらもっとワクワクドキドキしたかも。重低音や銃声がなかなかいい感じ。中盤はショッピングモールで生活を楽しむことをやってる登場人物が斬新だった(流れる音楽もいいね)。と、そこまではかなり楽しく観れたんだけど…その後からちょっと興醒め。登場人物が多く出過ぎてたためかな。なんかキャラの心情がしっくりこななくて、置いてけぼりくらった気分になったのよ。例えば「ゾンビになった奥さんが産んだ赤ちゃんを取り上げる兄ちゃん」とかがそれ。確かに「生まれてくる子供にはきちんとした暮らしをさせてやりたいんだ…」みたいなこといってたけど、セリフでさらりと流した心情だから、なんか観てて「う〜ん…。例え赤ちゃんがゾンビでも、それを受け入れちゃうんだ…。そこまで大切に思ってたのか…」って具合に置いてけぼり。あと、唯一生き残った肉親がゾンビになっちゃったという娘さんが、犬を助けるのも、どうか。確かに肉親がいなくなって、あの犬を可愛がってたのはわかるけど、それでも単身、犬を助けにゾンビの群れに突っ込むあたり、これも犬と彼女とのやりとりが突込み不足なため、「え?そこまでやる?」って具合に置いてけぼり。大体、キャラが多く出てるくせに、中には「無残な死に様を観客に見せたいがため」という悲惨な役割しか与えられていない人もいる(金髪のセックス好きそうな姉ちゃんなんて正にそれ。セックス大好きっ子はホラー映画の犠牲になるってのはお約束だけど、終盤まで生き残ってるくせに、役割がそれだけってのは、さすがに酷い!なんかよくわからんが、胸クソ悪くなった…)。後半で好きだったのはアクションシーンと、C.J、マイケルの死に際くらいかなあ。あ、でもプロパンガスが爆発した際の音声がすんごい迫力だった!それとバスに乗り込んで、ゾンビの大大大大群に囲まれた時のビジュアルもとんでもないインパクト!斬新なエンドクレジットはなんだかチャラついてて、「ほらほら、こういうの面白いでしょ?あはははー」って、製作者たちが勝手に喜んでる気がして、あんまり好きじゃないデス。

投稿者:4531731投稿日:2005-02-13 14:03:59
 小学校時代のあてっこを思い出しました。それにしても、ゾンビ。一生懸命走りすぎじゃないですか。みんな必死こいて走ってるトコに後からイカンガーが余裕で抜いてくギャグとかどうですか。あああ、殺人シーンもプライベートライアンと一緒でつまらない。
投稿者:バートレット投稿日:2005-02-04 11:23:42
【ネタバレ注意】

最初の冒頭15分は、引きながら見ていた。(警官隊が武装してゾンビを射殺したり、国会議事堂の前でブラックホークに乗った海兵隊員やシークレットサービスに守られながらヘリに乗ろうとする政府高官、そこへゾンビが来てマスコミや一般人も含めて全て射殺銃撃する兵隊、何十台ものパトカーが一列にサイレンを鳴らしながら進むシーン)世界の終わりが淡々と流れているのもある意味コワイ。ショッピングモールに立てこもる生存者達、個人的にはCJが段々いい人になるのが面白くて好き、あと警備員の優しい青年も。最後は可愛そう過ぎる内容だった。DVDの特典で、完全武装した銃愛好家が殺し方をカメラで撮るシーンや国防長官の非常事態宣言の発令シーンも映画に入れて欲しかった。大統領と閣僚が秘密基地で最後の演説で最後「合衆国に栄光あれ」というが国民が全滅して、自分達は逃げ何が栄光あれだ。

投稿者:emattoh投稿日:2005-02-02 13:07:13
【ネタバレ注意】

期待せずに見て、正解でした。
人間たちの選択があまりにアホすぎて、さめてしまいます。
チェーンソーのシーンはえぐかったですが、
他はそんなに怖くないし。
なんでいきなり島に行こうということになるのかもおかしいです。
それに何といってもなぜゾンビがいきなり発生したのかが知りたかったです。
ウイルスとか、霊とか、そういう脈絡が全くなくて、
しっくりきませんでした。

投稿者:ファンタオレンジ投稿日:2005-02-01 16:33:00
【ネタバレ注意】

ゾンビ映画の中でずば抜けて一番面白かった!!
ゾンビ映画なのにアクション性が高く、すごい斬新でした。
初監督でリメイク映画っていうのは99%失敗すると思ってたんだけど
それを吹き飛ばしてくれました。
最初の夫が襲ってくるところは最高に怖かった!
でもそこが一番怖かったせいか、そのあとは少し怖さの勢いが落ちちゃったかな。
それでも十分怖かったけど。ぜひ続編が観たい!!

投稿者:vegirama投稿日:2005-01-29 19:31:41
【ネタバレ注意】

今までにない展開があってよかった。でもいきなり全開だと、あとは落ちていく方向なような.....。

赤ちゃんゾンビと、血の伝言(屋上で)と、妙にりっぱな脱出用トラックが、冷めた。

投稿者:ふじこ投稿日:2005-01-07 16:59:00
おもしろくなくはなかったけれど、やっぱりゾンビものは個人的に合わないと思ってしまった。何だか生々しい感じで観終わったあと少々気分が悪くなってしまった。
ごめん・・。でも最後の最後まで見応えはあります。
投稿者:大友投稿日:2005-01-01 01:15:05
【ネタバレ注意】

 初監督作品だからかいろいろと甘さが目立つ。よってオリジナル版と同じようなことを期待せずにみるのが正しい鑑賞法である。一番思ったのがショッピングモールについてである。オリジナル版では主人公達は最後までショッピングモールに留まっていた。それが大量消費社会への皮肉などのメッセージを生んでいたのだが、本作ではあっさりとショッピングモールを手放してしまう。結局オリジナル版ではショッピングモールは重要な存在意義があったのだが本作ではまったく存在意義がなく、主人公達がショッピングモールに立てこもる必要性がなくなってしまっているのである。だが娯楽映画としては充分水準を上回るものであり、充分楽しめるので見て損はない一本である。http://hp.kutikomi.net/hywaystar/?n=top

投稿者:マイカル投稿日:2004-12-30 17:05:45
 またもや新監督が出来の悪い脚本とお偉方のへっぽこエディターにいじめられて突っ込みどころの多くなった映画が出来てしまった、という印象。しかし、監督は非常に頑張っており、同じゾンビ映画では「28日後」よりはゾンビの撮り方がうまいし、何より冒頭のタイトルデザインでCM監督としての才能を発揮できていると思う。
 アクション映画としては文句なく面白かった。「走るゾンビ」というのがアクション映画としてのテンポの良さを引き出しており、個人的には成功だと思う(確かにマグナムなどが出るくだり「バイオハザード供廚茲蠅皀丱ぅハザードに似た映画かもしれない)。
 冒頭の5分間の演出も、ただテレビで世界の崩壊を伝えるのではなく、平凡な日常が呆気なく崩れていくという現実味のある見せ方をしていたのは興味深かった。
 問題なのはストーリー展開の強引さ、オリジナルの特徴なのはわかるのだが、冒頭でゾンビにガラスを割らせてしまっているのだからゾンビが何らかの形でショッピングモールに進入してきてしまうか、モール内にもっとゾンビがいた設定の方がよかった。オリジナルよりも早く主人公たちが平和を手に入れてしまうため中だるみの状態に陥ってしまっていた。そして後半の一連の騒動にいたってはフツーに皆でアンディを救出に行く展開でもいいと思うのだが。ここらへんを見ると脚本は一日で書き上げられたようにも思えてしまう。設定が設定だけにモールの使い方など工夫できそうな要素がいっぱいあるのに、使いこなせたのは走るゾンビだけ、ということになってしまっているのだ。
 何よりも登場人物の個性を描ききれていないのは問題だろう。マイケル(リーダー的存在として)とCJ(徐々に連帯感を持つものとして)はおいしいキャラだったが、どうせなら、アナとマイケルを中心にストーリーを進めたほうがよかった気がする。後半でちょっとしたミスも見られることからこれは編集が悪いせいでもあるのだろう。「アイデンティティー」のように、登場人物が多くても人物描写を可能にした映画はあるのだが。
 ラストは生き残ったとも考えられるラストだと思う。

 とりあえず、ザック・スナイダー監督のこれからの活躍は期待できそうな気がする。制作会社に編集権を握られる事なく新作を撮ってほしい。
 追記;ディレクターズ・カット版も見たがこちらの人物描写はより丁寧になっている。やはり初監督作に完全版は不可欠だと思った。

↓あれはもともとビデオに録画されていた映像だと思うのだが。
投稿者:nehane215投稿日:2004-12-29 05:58:56
【ネタバレ注意】

↓噴水でのケネスとゾンビとの格闘は、
ケネスの腕が水の注ぎ口にぶつかってケガしただけで、
感染とは関係ないんじゃないかと思われます。
けれど短いカットであまり印象にも残らないことから、
「あれっ?、もしかしたらケネスの腕の傷は
 本当はゾンビに噛まれた痕で感染してる〜?」と観る者に、
疑心と不安を抱かせる狙いがあったのではないかと考えます。

それよりも!

エンドロールの後半でゾンビの方々がパッ、パッと映りますが、
その中で1カットだけ、ゾンビとはまったく関係ないような
女性のキスシーン(緑色の画面)がサブリミナル映像のように映ります。
次の瞬間、またゾンビの方々がパッと映るのですが、その中の女性ゾンビが―!!
“サラ・ポーリーゾンビ”(似ている!)ではないかと思われるのですが…。
みなさん、どう思います〜?

投稿者:石田未来ファン投稿日:2004-12-16 12:12:21
走るゾンビというのはバタリアンやデモンズのころからあったわけで、
この映画の見所は群を抜く大量のゾンビたちにあると思う。
28日後のように、都市まるごとゾンビになったにしちゃ、どこにゾンビがいるのか姿が見えないみすぼらしいゾンビ映画と比べ、この数は圧巻。
やっぱりゾンビは頭数そろえてナンボのもんだと。

1点よくわかんなかったのがあって、噴水でゾンビと格闘したとき、ゾンビの血が
水の流れを通して傷口から感染したような模写があった感じがしたんだけど、その後、それが原因で感染したというようなものはなかった気がする。
そのへん、どうだったんでしょうか?
http://park2.wakwak.com/~kotone/
投稿者:追筆者投稿日:2004-11-25 19:01:38
【ネタバレ注意】

面白いか、面白くないかといえば面白いです。でも「28日後」を観た後のせいか真新しさは感じませんでした。あの「ゾンビ」を現代の技術で作り変えたらこうなるの限界を超えてはないですね。(まあ「ゾンビ」よりは全然良いですけど。)個人的には最初パッとしないサラポーリー(主人公)が困難の連続でやつれずなぜか綺麗になってゆく点が良かったです。^^ 1つ残念な点。やっと海に出てこれから!と期待してたのがバッサリ終わった点。28もそうだけど、終わりがあっけなさ過ぎる!被害が甚大だし、なんとか脱出!で終わらせるのが順当ですが、やはりそこはゾンビ映画、とことん
まで苦しみ、なにか考えや光明なり絶望を描かないと。もの足りないです。主人公だけでなく生きてる1人、1人の人生、話に決着つけさせないと映画として完結してないと思います。全員死んだ、終わりじゃあまりにお粗末ですよ。若い2人の恋の行方や愛し始めた異性を突然失う主人公の苦悩は終わってない筈です。やはりクライマックスは色々な事情があるにせよ、手抜かずに描ききって欲しかった。この手のスタイリッシュな演出のゾンビ映画もそろそろ飽きられるんじゃないですか?
ゾンビの出るミュージックビデオじゃ駄目なんです。かなり面白いだけに残念です。マジで。。

投稿者:みどり投稿日:2004-11-24 14:18:24
展開は早くて良かったんですが、観終わって心には何も残りませんでした。
28日後の方が人との関わりが切なくて良かったです。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2004-11-17 20:03:31
【ネタバレ注意】

 
あの「ゾンビ」のリメイク、しかもメジャーのゾンビ映画は久しぶりということで、この映画にはすんげー期待してました。
封切翌日に映画館で見て、今回またDVDで見直したうえでの感想です。
オリジナルを神格化するつもりはありませんし、そもそもオリジナルと比較すること自体意味がないかもしれませんが、それでもやはりずいぶん安易・安直にリメイクされてしまったな、と思います。

オリジナルの持っていた「自分の周りで世界が滅んでいく」という寂寞感や、自分の親友や愛する者が同じような姿のままで全く違う何かに変貌してしまうという不安感。死の後も安息を与えられず、本能のまま彷徨う「生ける死者」のペーソスとブラックユーモア。
そういう、オリジナルを25年後の今見ても面白い作品たらしめている要素がことごとく軽んぜられ、「ゾンビが人を襲う」という表面をなぞっただけの単なる「アクションホラー」…というよりは、ぶっちゃけ「怪獣映画」にされてしまったことが、個人的にはとてもとても残念です。

それでも一本の恐怖映画として面白ければ全然OKなのですが、生前よりも元気に全力疾走するゾンビには劇場で笑いが起きてました。
登場人物の造形はどれもペランペランで感情移入しにくく、全編を通してただビックリさせたいだけの軽薄なコケ脅し演出ばかりが鼻につき、やたらけたたましく騒がしいばかり。腹の底からの「恐い」「面白い」という感情は残念ながら全然湧きませんでした。ホラー映画としては駄作も駄作だと思います。

気を悪くされた方にはお詫びしますが、この映画にすんげー期待してたホラー映画ファンの一人として正直な感想を書かせていただきました。

投稿者:じろっさん投稿日:2004-11-07 17:40:56
 DVDの未公開9分の映像はより劇場版と融合してハードコアに仕上げっていますのでオススメです。特典映像も楽しめました。
投稿者:ring投稿日:2004-11-07 13:18:58
【ネタバレ注意】

劇場で見逃してしまい、DVDで観たけど、面白かった。
全力疾走するゾンビといえば、「バタリアン」とか思い出すけど、やっぱコワくて最高
オリジナルを踏襲したノロノロしたゾンビから設定を変えたのが逆に良かったのかな

ゾンビヘビーが産まれるあたりで、「デモンズ2」みたいな展開になるのでは、と、一瞬ヒヤリとしました

やっぱ劇場で観たかったなー

投稿者:varo投稿日:2004-11-04 16:03:33
ゲーム「バイオハザード」をプレイしたことがあるんですが
この映画みたいに、あんなに素早くゾンビに動かれたら
たまったもんじゃないです!!即ゲームオーバー!

個人的には犬が唯一の心の救い(?)でした。
投稿者:フリクリ投稿日:2004-10-09 17:56:48
NC−17指定(18禁)回避のために削った9分間のシーンが、
11月発売のDVDに入るそうな・・・
本編のシーンよりもかなり過激な残虐描写を含んでいるそうです。
この映画自体、そこそこ面白かった(ジェイク・ウェバーのおかげ)ので、
DVDでもう一度観てみようと思います。
投稿者:ノイン投稿日:2004-09-12 04:43:33
【ネタバレ注意】

スローな動作が生み出す真綿で首を絞められるような恐怖、そして人肉食というタブー無くしてなにが『ゾンビ』か!とやや斜に構えてみたが、現代の映画らしいハイテンションにうまく乗せられ、結構楽しんでしまった。モールを舞台にした意味も希薄で、閉鎖状況が生み出す人間性の修羅場も描けていない(当初は警備主任がそれらしいエゴを剥き出しにしていたが、ラストでは自爆ヒーローになったしまった)などの欠点もあるが、“世界の終わりの始まり”をパノラマ的に見せる冒頭、有無を言わさぬ屍どものド迫力、モンスタートラックで屍を蹂躙し、ショットガンで薙ぎ倒す爽快感溢れるアクション・シークエンスなどが魅力的。百貫デブのババアゾンビの目を抉るカット、チェーンソーで仲間をまっぷたつにしてしまうカット、余韻のかけらも無い絶望的なラストなど、随所にばら撒かれた悪趣味ぶりもいい。

投稿者:チューイ投稿日:2004-08-06 00:32:13
やっぱオリジナルには敵わんかね
ゾンビものってあの低予算ぽいのがイイのかも?

それと賛否両論の走るゾンビね
う〜むコレは「バタリアン」で最初出てきたときは
「走るのイイねぇ」なんて言ってたけど
ロメロ系のゾンビ達は走ってほしくなかったかな?
だってあんなに動きがイイと
泳いじゃうもんね。。。(笑)http://blog.livedoor.jp/chewie23/
投稿者:hira投稿日:2004-06-23 01:59:17
 最終週の平日に池袋で鑑賞。さすがにガラガラですね。でも、人がギュウギュウいるより、スカスカの映画館の方が怖い映画はより怖くなるわけです。

 冒頭の10分で観客を引きずり込み、それからタイトルが出ます。007と同じ感じです。この手法、好きなんですよね。ほっと一息つけます。
 『28日後・・・』で”走るゾンビ”が嫌いになりましたが、実は”走るゾンビ”が悪いのではなく、全ては『28日後・・・』がいけなかったんです。この映画のせいで”走るゾンビ”が嫌いになるとこでした。
 こういうリメイクは正解ですね。現代風という捕らえ方がされていますが、後半のアクションと爆破の連続は80年代から90年代にかけてのアクション映画を匂わせます。とてもハラハラドキドキしました。アクション・ホラーのお手本のような作品です。
 地下道を使って、銃砲店に行くシーンはまるでゲームの「バイオハザード」ですね。その映画化の『バイオハザード』よりバイオハザードチックだったと思います。
 一つだけ欠点が。サラ・ポーリーとジェイク・ウェバーが好き合ってるというシーンをもう一シーンだけでもいれれば、最後のシーンはグッときたと思います。DVDの未公開シーンに入ってるかもしれませんが・・・。
投稿者:CC投稿日:2004-06-16 16:06:43
「そんなこと言うと、ゾンビばりに追いかけるよ」って言うこと。
・・・夢に出ます。
投稿者:すう投稿日:2004-06-13 01:13:30
ホラーもアクションも普段ほとんど見ない私がこのたび友人の付き合いで気の進まないまま見たんですが、面白かったなぁー。
テンポがあって全然ダレないし、ブラックなシーンでは何度も笑ったし。
最後まで画面に釘付け状態でした。こんなに面白いのに劇場にあんまり人が入ってなかったのはなぜだろう?

投稿者:Longisland投稿日:2004-06-11 02:01:20
ホラー嫌いの不肖私、とある理由からホラー作品を観ないといけない状況に・・・大枚1800円を投じて観た本作品はかなり楽しめました。オリジナル未見なので比較対照できないものの、娯楽作品としてはかなり良かった。
あんまり溜めることなくすぐゾンビ登場は解り易い。サラ・ポーリーの繊細だが力強い女性って魅力。
投稿者:Ca投稿日:2004-06-10 08:43:49
『ドーン・オブ・ザ・デッド』の観たので、日記風にしました。

5月23日、立川の映画館に『ドーン・オブ・ザ・デッド』を観に行く。物凄く、おもしろい映画だ。25年前、高校生のときに故郷の岡山で観た『ゾンビ』のリメイクだ。

5月24日、『ドーン・オブ・ザ・デッド』のゾンビ発生について考える。原因はどうやら、ウィルスらしい。そのウィルスの出自はどこだ?太古のむかしからあったものが現代に目を覚ましたのか?宇宙から来たのか?それとも生物兵器か?

5月25日、『ドーン・オブ・ザ・デッド』のショッピング・モールに立てこもる生存者について考える。あのゾンビ軍団に捕まらなかったなんて、ホラー映画史上、最高に幸運な人たちだ。

5月26日、『ドーン・オブ・ザ・デッド』の登場人物について考える。あの破滅的な状況の中で生き残ろうとすることに共感する。人間はそいうものなのだ。

5月27日、『ドーン・オブ・ザ・デッド』の素晴らしさに気づく。何も答えを見出せない映画だが、それこそが答えなのだ。この映画を観た人々は今後、ゾンビが世界にあふれたとき、自分がどうやって生き残るかを考えるだろうから。

5月28日、『ドーン・オブ・ザ・デッド』に出てくるゾンビの戦闘能力について考える。今度のゾンビはあなどれない。いや、奴らに生身の人間は太刀打ちできないだろう。人類の滅亡は間違いない。おそろしいことだが、避けられない事実だ。

5月29日、『ドーン・オブ・ザ・デッド』の世界が現実のことになったら、自分はどうなるかについて考える。考えた末の結論は次の3つのうちのいずれかだ。 
1、ゾンビ化する。 2、ゾンビに食べられる。 3、人間どうしで争い、殺される。 悲しむべき結論だ。

5月30日、『ドーン・オブ・ザ・デッド』を再び観に行く。『ゾンビ』を観て25年、この25年の歳月が『ドーン・オブ・ザ・デッド』を観るためにあったのだと気づく。25年後が楽しみだ。

長々と書いてすみませんでした。気持ちが伝わったでしょうか?
投稿者:にゃあ投稿日:2004-06-07 03:34:50
コメント題の通りで、色んなゾンビ映画のさわりを盛り込みましたって感じ。今出ているスパロボMXが「何でそんなマイナーなロボットアニメまでパクるの?」という驚きに満ちていると同じように、ロメロのゾンビ3部作だけじゃなくて『サンゲリア』とか『バタリアン』とか『バイオハザード』とか、最近のものでは『28日後』の走るゾンビとか、所謂ゾンビ映画のショーケース。出だしはちょっとシナリオ的に難があるものの、ゾンビそのものが出てきてからは、久々の正統ゾンビ映画ということもあってワクワクしながら見ることが出来ました。トム・サビーニのご尊顔も拝めたし、全体的には満足です。
投稿者:bakky投稿日:2004-06-05 01:12:15
【ネタバレ注意】

結構楽しめました。
バイオハザードも次回からスピーディーなゾンビにすれば
マンネリ打破できるかも。。(かなり難易度高そう)
始めはCJ逝ってよしみたいな感じだったが、
最後じゃCJがんばれ!と思わせるあたりは俺だけですかね?(笑)
DVDでたら買おうっと。

投稿者:チバッジョ投稿日:2004-06-04 15:28:02
オリジナルの「ゾンビ」ではゾンビは決して走らず、その「緩慢さ」をバカにしているうちにその「緩慢さ」にやられてしまう恐さがあった。また一方ではショッピングモールに行けば自由に欲しいものが手に入るといった「夢」もあった。だから(あり得ないことだけれども)もし現代にゾンビが現れたら、ここに逃げ込んで、ここにバリケードを作って、武器はこれを使って・・・等と空想の世界に浸る楽しさがあったのだが・・・。またゾンビは、顔を灰色に塗っただけのシンプルなゾンビの方が断然恐い。また同種のものでは「バタリアン」の方が結末も優れている。
投稿者:映画っ子投稿日:2004-06-03 14:37:28
ドーン・オブ・ザ・デットは、あまりゾンビ映画などをみたことない人には、そこそこ楽しめる映画と思うけど、ゾンビ映画好きには微妙ですね・・・
自分的にはリメイク版のする前の「ゾンビ」が好きですけど
投稿者:さゆぽん投稿日:2004-06-01 05:53:15
もともとホラー映画は一切見ないんですが、(怖がりなので)
この作品は最後までちゃんと観れました。
わざと明るい曲を流したり、途中笑えるところもあったりしたので、
ゾンビシーンはジェットコースターに乗っている感覚で楽しめました☆
DVDが出たらまた観たいです。
投稿者:ムーネルドンハ投稿日:2004-06-01 00:28:17
こりゃホラーじゃねー!ましてリメイクでもない。怖くないし。やっぱオリジナルは偉大だな。3人出演してリスペクトされてるもんね。人の命も、ゾンビの存在も近頃軽くなっとりまっせ。
投稿者:ブル510投稿日:2004-05-30 16:05:42
スプラッターらしくないところがいい。
ゾンビが走るというのもいい。
クルマで逃げるヒロイン(主人公)を走って追いかける、ゾンビと化したそのダンナ。必死こいて走ってるんです。おもいっきり腕振って。
その顔が演技ではなく、素でした。
心の中で、大爆笑でした。

投稿者:clarice投稿日:2004-05-28 00:34:25
見て来ました。怖くなかったし、考えさせられるようなところもなかったし、何だかなー、ぐちゃぐちゃどろどろしたものを見ただけだったような気が。
怖くないホラーっていうのもアリだとは思うけど、タイトル一緒だしリメイクってことだし、期待しすぎました。
投稿者:一番星投稿日:2004-05-27 05:25:10
走るゾンビ。これが不安だったけど、走る事が全体のテンポになっていて簡単に言えばカッコイイ映画になってた。でも人間描写をする余裕も同時に失ってしまっている。これが現代的であるとも言えるので結果オーライ。
投稿者:ゆうじ投稿日:2004-05-26 20:18:57
まさに、「ゲーム感覚」のホラー映画という感じ。何かに襲われる恐怖感や
血飛沫が飛ぶ残酷さは無いけれど、軽くてテンポのよいアクション映画として
見ればそこそこ楽しめる。現代に対する皮肉のようなメッセージや、細かい
人物描写を排除している為、スピーディーな展開を実現させているところを
個人的には評価したい。
まあ、オリジナルと比べるとゾンビの造形は平凡(というか、インパクトが
無い)だし、ストーリー上も他の作品と特に変わった展開は無いので、全体
に薄味の印象が残る作品ではある。
投稿者:投稿日:2004-05-26 00:20:05
ホラーファンにしてみれば、怖くないアクションもの、という印象。
あまりに期待を込めすぎました。退屈はしませんでしたが。
厳しい見方をすると、ゾンビ映画としての新鮮味が無いこと(Return of the living deadを連想した)、登場人物に対して感情移入できないこと、ゴアシーンがあっさりしすぎなこと、などが私のポイントを下げました。
パンフにも記載されているとおり「ゲーム感覚」なのでしょうね(誰が死のうが生きようが、どうでもいい感じ)。
人間側が工夫してゾンビをバタバタやっつけてしまう、という場面が個人的には欲しかった。ゾンビが強すぎて、なすすべもなしですからね。
そういう意味で銃砲店のオヤジには活躍の場が欲しかった。
68点
投稿者:やんこら投稿日:2004-05-21 16:23:41
【ネタバレ注意】

一本の映画としてはなかなかの佳作なんじゃないかと思います。ただ、ゾンビのリメイクとして考えるから色々な意見があるわけで・・・。


オリジナルを考えなければ人物描写が希薄すぎると思います。
オリジナルのことを考えるとゾンビの描写に問題があルト思います。つまり人間のメタファーとして成り立っていない。もしゾンビそのものに恐怖を感じさせたいのであれば、リメイクとしてやるべきではないのではないでしょうか。(そもそもオリジナルってそんなに恐怖を追及してないと思う。)多分、オリジナルにこれといったきょうみがなかったり、「バイオハザード」が好きな人は楽しんだんじゃないですかね。なんだかんだいっても結局はメジャー映画の域を超えていないし、オリジナルの足元にも及んでいない。
トム・サビーニがリメイクしないかなー。

別にゾンビ映画においてゾンビが走ろうと何しようといいんですが、本作でゾンビが走ることによってゾンビそのものに恐怖の対象がいってしまうと「ゾンビ」のテーマとそれてしまうのではないかと思います。

投稿者:はるぼー投稿日:2004-05-19 23:06:16
【ネタバレ注意】

「やられたー」って感じ…。
去年からずっと期待して公開を待つ事半年以上…
やっと本編を観る事が出来て、まずはそれだけで感無量(笑)
TVの緊急特番は、かなり肩すかしな内容だったので
ひょっとしたら「バイオ」よりヘボいかも…なんて。

ところが、見事に期待に応えてくれたのがザック・シュナイダー!
やはり、ほとんどの方々が「ゾンビ」を意識して観ていたのかも知れないけど、
これはぜひ全くの別物として観るべき作品。眉をひそめながら
「コレのどこが…ブツブツ」言ってるのはナンセンスです。

かく言う僕もロメロ崇拝者なもので、初めは「走ったらデモンズじゃん★」的見方だった。
「ヒト食べなきゃ、ゾンビじゃないじゃん★」とか。
本当に劇中ではゾンビの食事シーンは皆無。
逆に人がゾンビを破壊している方がバイオレンスしてる感じ。
頭が吹っ飛んだり、車に轢かれたり、真っ二つに…。
その辺は、やっぱりエグかったかなと。

オリジナルと違い食料品の乏しい近代モールじゃ長期戦は難しい…
ってなもので、こっから完全に話はオリジナル(もちろん違う意味で…)
に突入しますが…ハッキリ言って「あの犬っころさえいなけりゃ…」???
的なストーリー展開&ラスト★

食人族風(つうか、モロ)ラスト…僕もソレは感じたけど、
個人的にはコレが最高のラストじゃないかなーって思いました。
Disturbed の 「Down With The Sickness」もハマり曲だったし。

「人がゾンビに喰われない(そういった残酷描写)
から怖くない」ってのあるみたいだけど、
僕には本当にあの救いようのない世界観、怖かったです。
「あぁ、結局みんなダメだったのかぁ…」みたいな。

ま、しかしやっぱゾンビ映画は、うじゃうじゃ出て来てなんぼだろーと。

ロメロのオールドな「ゾンビ」も好きだけど、
このニュースクールな「DOTD」もハマりました(笑)

疾走感&テンポ良い展開はこれからのトレンドになってもイイと思うし。
変にオリジナルに忠実なのもねぇ…とも思うようになったし、
僕はこの監督に撮らせて正解だったと思います。
全編MTVのビデオクリップみたいでカメラワーク良かったし☆


皆さん、柔軟性を持って観ましょう☆




投稿者:Naka.d投稿日:2004-05-18 19:14:49
【ネタバレ注意】

まず僕もオリジナルと比べた部分をいうと、あんまり“世界の終末”って感じがしなかったという点。話題になった「走り」だが、確かに「走った」ことでスピード感、緊張感はオリジナル以上(もともとオリジナルにはないが)だったが、そのせいで、やはりアクション映画って感じが強かった。

しかしそうだとわかってしまえば、あとは映画のノリにのっちゃえばいいので存分に楽しめる。オープニングからショッキングで、いかにもこの後“恐怖”がやって来るという雰囲気が出ているし、冒頭からアクション観せまくり!
まあ逆に“ある程度の設定は観客は知っているだろうから”という作り手の考え(?)のせいか、次々と起こる恐ろしい事態に主人公達が易々と収拾をつけてしまう展開が不自然にも思えたが・・・。

とはいえゾンビの襲撃シーンを観れば、そんなことなど気にもならない。ストーリー展開もコンセプト以外はオリジナルと全く違うので、新鮮な気持ちで楽しめる。
“死んだまま生まれてくる”赤ん坊が生まれてくるところが強烈だし、人数も多いから、誰がいつ死ぬのかの駆け引きも楽しめた。成功の鍵はスターを使わず、印象強い個性派俳優陣を揃えたというところか(←最近多いね)。

とにかく最初から最後まで全編“ハラハラ、ドキドキ”感でいっぱいの出来。たまたまストレスがたまっていたので、よりスカッとした!!終わったあと、また観たくなってくる気分だった。

・・・けどそれはやっぱあのラストのせいだな〜。エンディングにしてもあれだけテンポよく進んできて、「バーンッ!」の音だけで終わっちゃうのもちょっと寂しい。エンドクレジット中の「その後」にしても微妙。大どんでん返しが待っているのかと期待したが、ちょっとワンパターン。あれじゃ余計といわれても仕方がない。しかも観づらい・・・。

結局全滅ってことでいいのかな〜?あ〜!気になる〜!DVDでなんか明かされるかな?

ま、とにかく楽しめたことは事実だ。最近のホラーの中でも良作の方。一番ビビッたシーンは、やっぱ特報のラスト、女の子の・・・・・・・・・

「ギャーッ!!」(あれはマジ、ビビったよね!)

投稿者:ミャミ投稿日:2004-05-17 11:42:47
【ネタバレ注意】

オリジナル知らないからか、比べるとかいう感じでみてないので
全然楽しめました★

全然怖くはなかったけど、テンポよく飽きずに見れた。
★は7くらい。

メキ・ファイファーがあんな早く死ぬのはがっかりした。
最後までみたかった。

投稿者:H投稿日:2004-05-16 09:19:29
どうしてゾンビが出て来たのか
死ぬ前より何故あんなに元気なのか
そんなこと考えても無駄
昔のゾンビと比べても意味は無い
そこで起きている事をこの目で観る
それが映画の面白さ
投稿者:ZERO投稿日:2004-05-16 02:43:41
【ネタバレ注意】

オリジナルを超えるのは不可能、てのは個人的にこの映画でも正論でした。
リメイクだから、現代的解釈なども仕方のないこと。
しかし、リメイクを謳った以上、これでは納得いかないでしょう。(原題そのままだし)
オリジナルは好きだが、正直ちっとも怖いと思わないし、なんか、アメコミぽい印象を受けてた。ところがリメイク版はどうでしょう。
ジョークぽい場面もあるにはある・・・でも笑えない。
みんな襲われても、噛まれて伝染して終わり?
食べないの(そういう感じのシーンはあったが)?なんだそれ?
ショッピングモールもなんで?別に他の場所でもいいじゃん。
舞台が生きてない。
変にリメイクするならゾンビというモンスターを借りてオリジナル脚本でやればいいじゃん。そのほうがよっぽど潔い。(バイオハザードとか最悪だけどね)
スピード感?あるねー走るし、編集細かいし。
ゾンビじゃなくていいと思うけどね。スピード感は。
テキサスチェンソーもしかり・・・こんなことだからホラーはだめになるんだね。
あぁ、別にオリジナル崇拝してないです。私。(笑)
10点中3点で。(テキサス〜よりはいいね(苦)

投稿者:ゴン投稿日:2004-05-15 23:52:25
オリジナルはまだ観てない。結構グロいのを想像してたので、初め少しビビりながら観たけど全然大したことなかった。「28日後」のゾンビ(?)とほとんど変わんないでしょ。ハリウッド映画ということで演出を派手にした感じかな。ホラーというよりアクション映画だな。まあ、それなりに面白かった。

あんな狭いとこでチェーンソー振り回しちゃ危ないよ、おじいちゃん!!(笑)
投稿者:紅竜投稿日:2004-05-15 22:57:41
オリジナル「ゾンビ」のテーマはズバリ人体破壊スペクタクルにつきる。
今でこそ消費社会を批判した映画とか言われていますが、
少なくとも公開当時は残酷ホラーとして宣伝されていた筈。
今回のリメイク版は生ける死者達の動きが早くて、正直、画面上で何が
起こっているのか分かりにくい。その上編集が細かいのでますます
特殊メイクが見づらい。しかし陰惨な雰囲気は十分伝わってきます。
リメイク版で力を入れてると感じたのは出るぞ出るぞと焦らしに焦らし
いきなり不意打ちをくわせる脅かしのシーンとやたらしょっぱい
人間ドラマとかですね。生ける死者達を射的の的に見立てて射撃に興じる
ブラックな場面とかありますが、冷徹さとか絶望感ではオリジナルには
遠く及びません。
しかし反面、ドンパチ系のサバイバルアクションとして見た場合、
これらの欠点が全部プラスに作用し、結果ホラー映画としてはイマイチ
でもアクション映画としては見応えのある快作になっています。

投稿者:プリズム5投稿日:2004-05-15 21:59:38
個人的にロメロのゾンビ3部作では、今一不評な「死霊のえじき」が一番好きで、「ゾンビ」にはそれほど強い思い入れがないこともあり、リメイク作ながらとても面白かったです。猛スピードで走り来るゾンビ。良いじゃないですか。警察官と銃砲店主との間の束の間の交流も、心が和みます。
投稿者:Kt投稿日:2004-05-15 09:56:09
【ネタバレ注意】

スピードあふれる展開と、走るゾンビに追い詰められる恐怖感が
なんとも言えないです
ただ、暗くてよく見えない場面が多かったのと
導入(モール侵入まで)の展開が強引に思えました

リメイクと言うことですが、完全に別の作品じゃないかな?
まだの方は、ぜひ原作のDawn of the deadを見てほしい、
主役はもちろん、ゾンビや脇役にすら移入してしまう
不思議な描写が魅力的です

投稿者:aszem投稿日:2004-05-03 23:21:18
本家「ゾンビ」に思い入れがある人ほど、評価が厳しくなると思ったのは、予想通りですね。

リメイクと言う冠が付いているので、しょうがない事でしょうが、それさえ頭から離せば、これ以上無い位に良い出来であると思います。

「社会性が無い」「ドラマ性が薄い(とは思わないが)」と言っても、それは、本家との比較論であって、一個体としての作品評価では無いし。

全く別の物と考えれば、これ以上無い位にテンションが高く、スピード感があり、且つ、とびっきりのスリルもある極上の娯楽作。

まあ。「ゾンビ」ファンと言うより「バイオハザード」が好きな人向けだなと思うのは、正直な処だけど・・・。
投稿者:nightwing投稿日:2004-05-01 11:18:32
【ネタバレ注意】

オリジナルがバイブルになっている私にとってこの作品は
別モノのハイテンション・アクション・ホラーとして捉えたい。
キシャーーーッ!!って全速力で追っかけてくるゾンビはゾンビではない!

登場人物が多いせいか人物描写が希薄で感情移入が出来ず
ドラマ性に欠ける。
もっとゴアシーンを見せて欲しかったし、ラストの食人族みたいな
終わり方はヤケクソ気味でイマイチ。
タイトルロールまでのパニックシーンはもっと凝って見せて欲しかったなぁ。
日常に世紀末的な怖さが襲い掛かったリアリティーがあったから。


冒頭の爆発画像から頭蓋骨のレントゲン写真にシンクロするシーンに
CM出身の新鋭監督の技量を垣間見たが・・・。

投稿者:まっどぼんば投稿日:2004-04-27 16:00:16
水準以上ではあるが、どうも何かが足らない感じがするのは予告編で
期待しすぎたせいか。オリジナルではショッピングモールの全商品が
自分たちの物っていう楽しさを感じたが、このリメイクであまりそれを
強調してないのはやはり時代のせいかな。
CGのおかげで大量ゾンビのスペクタクルが描けるようになったものの、
特殊メイクもCGだとどうも安っぽく軽い。それでも最近の大作ホラーでは
残酷度は高い方なので安心した。バイオハザードみたいに、ゾンビ映画の
クセに残酷シーンが欠如してると物足りない。
オリジナルにあったテーマ性はかなり薄くなってはいるが娯楽物としては
合格か。超傑作「ゾンビ」のリメイクなんだから、とにかくヒットして
欲しい映画ではある。
投稿者:ヘナチョコ投稿日:2004-04-16 11:39:26
この映画を見る前にオリジナルをもう一度見直して予習してから劇場に向かいましょう。
よく研究してつくってあると思います。
投稿者:NAKED CAPTAIN投稿日:2004-04-14 21:40:50
 大手製作、しかも監督は新人。色々と不安はありましたが、実際に見るとかなり出来がいいので驚きました。オリジナルよりもずっとテンポがよく、随所にアクションとユーモアが織り込んであって、ゾンビ映画を全く見てない人でも楽しめるんじゃないでしょうか。登場人物が多いせいか人物描写が浅い気がしますが、その分、派手な見せ場の連続で飽きさせません。
投稿者:mimica投稿日:2004-04-09 12:53:49
 オリジナル「ゾンビ」をほとんど覚えていないので 比べようにも比べられませんが、私は、リメイク版「ドーン・オブ・ザ・デッド」、現代風でなかなか楽しめました。
 いつも ホラー映画については 血や肉が飛び散るだけでストーリーのないものだと かなり 低評価している私ですが この映画は、気持ちの悪い映像で見せるだけのホラーではなく ストーリーにもメリハリがあって 飽きさせず ジョークあり アクションあり 友情、家族愛ありで ほろりとさせられるシーンもあって ホラー映画にしては よくできていたと思います。
 恐いかどうかの評価は ホラー映画でめったに悲鳴をあげないので難しいですが あえて言うならば 一箇所だけ 思わず大声で叫んでしまったシーンがありました。
 おそらく オリジナルと異なるラストの展開は、少々難ありといったところでしょうか。
 この映画を観た後で、オリジナル「ゾンビ」をもう一度観てみたいと思いました。http://withu.gaiax.com/home/mimi_tsukko
投稿者:映画大好き投稿日:2004-04-09 08:49:04
アメリカで観て来ました。オリジナル「ゾンビ」と比べると世紀末感が無くキャラクターも多かったので感情投入するのが難しいかも。でも、スピード感が有って思った以上に楽しめた。クレジットが始まっても最後まで席を立たないで下さい。
投稿者:eiji_in_uk投稿日:2004-03-27 03:41:18
【ネタバレ注意】

オリジナルに特に何の思い入れもないのでこのリメイクを充分に楽しめました。と言うよりもオリジナルよりも遥かに良い出来だと思います。
大手のスタジオが関わっているという事で「バイオハザード」みたいな駄作になるんじゃないかと心配してましたがゴアなシーンも満載でゾンビも凄くリアルでしたよ。大金が掛ってるのでエキストラもビックリするくらい大勢います。あれだけの数のゾンビ(それも素早い動きで)が押し寄せてきたらひとたまりもないって感じ。登場人物が増えてるのも物語にメリハリを付けて良いと思いました。
難を言えば今回はあまりショッピングモールにいるって事が生かされてなかったし、エンドクレジットに流れる「その後」の映像は余計。あの銃声で終わりにして欲しかった。

投稿者:ゆこ投稿日:2004-03-25 20:10:41
【ネタバレ注意】

リメイクだということも内容も全く知らず、ホラーだっていうことすら知らないで観たもんだから最初の恐怖はハンパなかった!
前半モールに逃げ込んだ辺りまでの絶望感の表現はなかなかいい。途中から少しコミカルな部分も含まれてくるから安心した。ただ少しコミカルすぎのような。。
ゾンビ赤ちゃんが「ギャーッ!」って泣くとことか、車を取り囲んだゾンビがプロパン爆発でフッ飛ぶシーンとかかなり笑えました。
劇場内からも頻繁に笑いが起きてたんで、全くの恐怖映画ではないかな。「ファングルフ」みたいに笑いと恐怖両方を取り入れたスタイルのように感じましたが、あくまで恐怖を全面に押し出しつつ肩透かしの笑いを入れる展開はおもしろかった。

投稿者:sakiぐりん投稿日:2004-03-17 20:17:50
トレーラー、観ました。
「オリジナルを越えられる訳がない」とか思っていた気持ちが若干揺らぎました。
確かに「走るゾンビ(もしくは感染者)」って多いですね、最近。
スピード感ある展開にするにはそれが一番てっとり早いですが。
ゾンビのメイクなんかはかなりイケてると思いますが、最近のゾンビ系映画では描写を避けていた「カニバリズム」が、果たしてこんな大作で直接描写できたのか・・
そこ次第では「28日後..」とあまり変わらないかも。
※「28日後..」は好きです。最近のホラーではダントツです。

あ、あと、人間同士の争い。これが「ゾンビ」を恐怖映画から1ランク上がった作品になった大きな理由ですしね・・

なんだかんだ、色んな意味で、公開が楽しみな作品ではあります。
投稿者:ムーラン投稿日:2004-03-16 18:15:30
「SHOWBIZ COUNTDOWN」で映像を観ました。凄まじいことになっているようで思い切り期待しています。ただ、やはり“ゾンビ”は走っちゃいけないでしょうと思うのは世代の差ですかね。
投稿者:ヒッチ先生投稿日:2003-10-20 01:07:38
ゾンビ映画ファンとしては公開が楽しみ。観てもないのにコメントするの反則やと思ったけど、映画館で予告観て書かずにはおれまへんわ。お許し下さい。(でも何で点数入ってんの?)
投稿者:ASH投稿日:2003-10-18 16:10:28
【ネタバレ注意】

ゾンビ化の原因が感染症っぽいのが現代的だね。オリジナル版と同様、どうしてゾンビが繁殖したのかが一切の説明がないのが怖いのだ。ああいう状況に置かれた場合の人々のサバイバルの様子が上手く描かれていたと思う。リメイク版らしくモールに立て篭もる人の数が増えて人間模様の描写もグッと増えた。ダベったり、SEXしたり、DVDを観ていたりと、退屈しのぎにやりそうなことをちゃ〜んとみんなしている。

しかし、そんな状況から出て行かなければ映画として成り立たない。人間関係の対立や、銃器店のオヤジの救出劇など、割とハラハラさせられる展開もまずます。改造車で逃げるシーンの迫力も文句ナシだ。アクションとスリルとゴアなシーンの素敵な融合とでも言おうか。チェーンソーで切り刻まれる女の子は哀れだなぁ。

MTVやCM出身の監督は作り込みすぎた流麗な映像が鼻に付く場合もあるが、この監督が持つ映像のザッピング感覚はいいように作用していて効果的だった。オープニング・タイトルにジョニー・キャッシュ(今は亡きC&W界の大御所)、エンド・ロールにジム・キャロル・バンド(歌の内容は「みんな死ね死ね」って感じ)を使用する音楽センスもイイ。

★★★

【ニュース】
ザック・スナイダー、『ガフールの勇者たち』のアニメ版を監督へ2008/04/15
ザック・スナイダー監督、再びゾンビ映画に着手?2007/03/27
全米興行成績、フランク・ミラー原作「300」が爆発的デビュー2007/03/12
全米興行成績、トラヴォルタ主演コメディが大ヒット・スタート2007/03/05
ユニバーサル、「遊星からの物体X」のリメイクに着手へ2006/11/21
フランク・ミラー原作「300」、最新予告編2006/10/05
フランク・ミラー原作「300」、予告編2006/09/22
「遊星からの物体X」に前章製作の動き?2006/09/07
「死霊のえじき」リメイク、一部キャストが明らかに2006/07/11
全米興行成績、「アイス・エイジ2」がビッグ・オープニング2006/04/03
全米興行成績、「インサイド・マン」が初登場首位2006/03/27
トム・クランシー『容赦なく』映画化、主演にP・フェニックスか?2006/02/24
T・クランシー『容赦なく』映画化、監督はジョン・シングルトンに2006/01/19
ジェームズ・ガン初監督ホラー「SLITHER」、予告編2006/01/16
ロメロ監督の「死霊のえじき」リメイク、監督が決定2005/11/02
ジェームズ・ガン監督ホラー「Slither」、予告編2005/10/21
「X−MEN3」、監督選びが再び混沌2005/06/03
ロメロ監督の「死霊のえじき」がリメイクへ2005/05/23
サターン賞結果発表2005/05/06
ロメロ監督「Land of the Dead」、サマーシーズンに公開へ2005/04/13
トム・クランシー『レインボー・シックス』映画化、「ドーン・オブ〜」監督を起用へ2005/03/28
サターン賞、ノミネーション発表2005/02/10
ライミ監督の「死霊のはらわた」はリメイクと続編が同時進行中?2005/02/04
ロメロ監督ゾンビ最新作、来月撮影開始決定2004/09/24
ハリウッド、別のロメロ監督作品もリメイクへ2004/05/18
全米興行成績、アメコミ・ヒーローが初登場首位2004/04/05
全米興行成績、大ヒットコメディ続編が首位2004/03/29
全米興行成績、「ゾンビ」リメイクが初登場首位2004/03/22
「ドーン・オブ〜」主演女優、演技の秘密語る2004/03/15
全米興行成績、「パッション」3週連続V達成2004/03/15
「ドーン・オブ・ザ・デッド」、新予告編登場!2004/01/09
ロメロ監督の“リビング・デッド”4作目の行方は?2003/10/30
「ドーン・オブ・ザ・デッド」トレーラー、Online!2003/10/17
サラ・ポーリー、「ゾンビ」リメイク版に主演?2003/05/09
「ゾンビ」リメイク版、監督決まる2003/03/07
【レンタル】
 【DVD】ドーン・オブ・ザ・デッドレンタル有り
 【VIDEO】ドーン・オブ・ザ・デッドレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION