allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

女王フアナ(2001)

JUANA LA LOCA
MAD LOVE
MADNESS OF JOAN

メディア映画
上映時間117分
製作国スペイン/イタリア/ポルトガル
公開情報劇場公開(角川大映映画)
初公開年月2004/03/06
ジャンルドラマ/歴史劇
狂女と呼ばれてもいい。
あなたへの愛をつらくぬために。
女王フアナ [DVD]
参考価格:¥ 5,076
USED価格:¥ 2,122
amazon.co.jpへ

 Photos
女王フアナ女王フアナ

【解説】
 本国スペインで国民的大ヒットを記録した歴史ドラマ。大航海時代に君臨し、狂気的で一途な愛に生きた女王フアナの壮絶な人生を描く。監督は「アマンテス/愛人」のヴィセンテ・アランダ。主演は本作でゴヤ賞とサンセバスティアン映画祭の主演女優賞を受賞した新星ピラール・ロペス・デ・アジャラ。ちなみに、“FANATIC(熱狂的、狂信的)”の語源はこのフアナから来ているという。
 15世紀末。スペインを統一した女王イサベルの16歳になる娘フアナ王女は、政略結婚のため大艦隊を従えてハプスブルク家へと嫁いだ。彼女は、夫となる美貌の貴公子フェリペに出逢った瞬間に魅了され、全てを捧げる。だが、政略結婚と割り切るフェリペは浮気を繰り返し、彼女の嫉妬は激しさを増していく。そんなある日、イサベル女王が崩御。彼女の遺言は王位継承者に夫フェルナンドではなくフアナを挙げていた。これに従いフアナが王位に就くが、フェルナンドのみならずフェリペまでも権力奪取をうかがい、やがて王位継承問題は三者の対立へと発展していく。
<allcinema>
【関連作品】
愛と王冠の壁の中に(1947)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
529 5.80
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:gapper投稿日:2010-12-12 23:27:31
 コロンブス時代のイザベル女王の娘、フアナの狂気にも似た愛情物語。

 ピラール・ロペス・デ・アジャラ走らなかったが、美人。 というより”かわいい”。
 色欲がらみで大胆な表現もある中、彼女のかわいらしさがこの作品の”キモ”となる。
 ヌードこそ殆どないものの大胆に股を開いて夫を誘う彼女は、衝撃的。
 彼女の世話をする官女も美人が多く、不美人がいない状態なのはうれしい。

 最近の作品では珍しくないとはいえ、タイトルなど繊細な美しさもうれしい。
 時代考証なども気になる部分も無く良好。
 男からするとドラマ的には、弱く感じる部分もあるが十分な出来だろう。
投稿者:ひろちゃん2001投稿日:2010-11-09 14:47:15
イギリス王室の女王の悲劇ものが一時期流行ったのであるが、
スペインもそんな映画を作っていましたね。
どうも私は、この手の女王様映画は好きでない。
「王室だった人間であり悲劇もある」的な話であるが、
「だから?」と思ってしまう。
で、結局、王女側はひたすら良い人であって、周りは悪者だらけの
普通の勧善懲悪ものでしかないので、悲劇がそんなに悲劇に
見えてこない。
投稿者:nomopage投稿日:2007-06-11 21:12:57
Juana la Loca は歴史的な重要人物。スペインの歴史を語る上で欠かせない。それほどまでの人物を取り上げるからには、それなりの歴史的な位置づけ・関連・国政上の影響等々が論じられるのかとおもった。
結果は、一介の女。こんな女に仕立て上げるのなら、スペインの女王にすることはない。もっと、もってポルノグラフィー的な脚本にすればよい。そのほうが客もはいる。
要するに、国家のレベルの題名を使っていながら、場末の女としか描ききらない脚本(原作)ひどさが目に付くだけ。
駄作!
投稿者:travis投稿日:2007-06-07 00:03:54
フアナの演出がすさまじかった。夫が浮気したとき、口を震わせながらEstoy Loco!と叫び続けるシーンは印象に残った。普通フェリペみたいに、あんな狂信ぶりの女王を裏切って浮気する気にはとうていなれないだろう。実際はどうかは知らないが、あんな美しい皇女に愛されるのなら幸せではないだろうか?しかしフアナの発狂振りには映画を観ている間、身震させられた・・・・
投稿者:ふじこ投稿日:2004-12-25 13:36:04
【ネタバレ注意】

何だか引き込まれた。大航海時代スペインに君臨してた女王フアナの愛と情熱の生涯。
ピラール・ロペス・デ・アジャラ(名前、長い)が、はじめ初々しく16歳でフェリペに嫁いで彼に対する一途の愛を注いで狂気の女と呼ばれるフアナを実に情熱的に演じていて見応えがあった。
もともと情熱的な性格であったろうが、妊娠することが多く常に精神的に不安定だったろうに・・。
フェリペにとってはもともと浮気心を持ってる男のようで、フアナの一途な愛でよけい彼女との間に溝ができてくる。
彼女は生涯フェリペへの愛を貫いたが、どんな男性と再婚しても相手は早死にしそうだなと思った。
「アデルの恋の物語」を思い出しました。

フェリペ演じるダニエレ・リオッティ(イタリア人らしい)・・・フェロモン爆発でちょい眩暈がしそうでした。(アルバロ役のエロイ・アソリン君の方が好みだが)
ピラール・ロペス・デ・アジャラの美しさと熱演はとても素晴らしかった。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】女王フアナ2004/09/15\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】女王フアナレンタル有り
 【VIDEO】女王フアナレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION