allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

OPEN HOUSE(1997)

メディア映画
上映時間114分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月2003/12/13
ジャンルドラマ
きっと見つかる 幸せの鍵
あの頃映画 「OPEN HOUSE」 [DVD]
参考価格:¥ 3,024
価格:¥ 1,750
USED価格:¥ 1
amazon.co.jpへ

 Photos
OPEN HOUSEOPEN HOUSE

【クレジット】
監督:行定勲
原作:辻仁成
『オープンハウス』(集英社刊)
脚本:行定勲
白川多喜子
樽谷春緒
撮影:篠田昇
美術:都築雄二
編集:掛須秀一
照明:中村裕樹
出演:椎名英姫ミツワ
川岡大次郎トモノリ
南果歩ユイコ
村田雄浩ミヤケ
川越美和マキ
小木茂光
塩見三省
光石研
利重剛
津田寛治
加藤登紀子トキコ
【解説】
 「GO」「贅沢な骨」の行定勲監督が1997年に製作した劇場長編監督デビュー作。辻仁成の同名原作を基に、いつの間にか共同生活を始める男女に犬一匹、離婚が元で説明のつかない行動をとってしまう女性、それぞれの物語を淡々と叙情的に描く。主演はモデルの椎名英姫、「タイム・リープ」の川岡大次郎、「エンジェル・ダスト」の南果歩。本作は98年に映画祭で一度上映されたきりとなっていたが、2003年12月、待望の一般劇場公開が実現。
 “ミツワとトモノリ”――折込みチラシの仕事ばかり回ってくる売れないモデルのミツワは、なかなか日の目を見ない自分に苛立ちを募らせていた。そんな彼女は泥酔した夜に、泊まり場所を求めて行く当てのないトモノリという男性と出会うのだが…。“ユイコ”――離婚して間もないユイコは、その影響からか奇妙な姿で倦怠感のある日々を過ごし、夜になると体中のジンマシンに悩まされている。彼女のもとには、熱烈な想いを寄せてくる男や別れた夫の恋人が押し掛けてくるが、ユイコは心を閉ざす一方だった…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
212 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:koro投稿日:2003-12-18 01:33:34
けっこう面白かった。
まず映像がきれい。きれいな絵を切り取るのがうまいと思った。
光が印象的。光の演出がファンタジックな雰囲気を高めている。
話はたんたんと進む。時に印象的なエピソードがある。文学をうまく物語にできていると思った。
一応、終わり方も納得できるし、何というか、この映画に対して、とてもいい印象を持った。後味もよい。この好感は何なのだろう。嫌なやつが出てこない話だからか。やはり映像がきれいだからか。
辻仁成のエンディング曲。めちゃくちゃ音が小さかった。それにまったく映画に合ってなかった。いろいろ事情があるんでしょうが(笑)。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】OPEN HOUSE2012/01/25\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】OPEN HOUSE <期間限定生産>2005/12/03\2,667amazon.co.jpへ
 【DVD】OPEN HOUSE2004/05/25\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】OPEN HOUSEレンタル有り
 【VIDEO】OPEN HOUSEレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION