allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

river リバー(2003)

メディア映画
上映時間109分
製作国日本
公開情報劇場公開(クリエイティブオフィスキュー)
初公開年月2003/11/29
ジャンルドラマ/サスペンス
映倫PG-12
水面に輝くあの光。いつしか僕らは忘れてしまっていた。

river リバー

(C)「ROCKERS」製作委員会


 Photos
river リバーriver リバー

【クレジット】
監督:鈴井貴之
企画:鈴井貴之
プロデューサー:鈴井亜由美
麻生栄一
原案:鈴井貴之
脚本:鈴井貴之
撮影:藤原秀夫
美術:中原芳雄
編集:小島俊彦
音楽:佐々木秀夫
エンディングテー
マ:
太陽族
『戦友』
照明:吉村雅治
録音:横山達夫
助監督:平林克理
出演:大泉洋佐々木耕一
安田顕藤沢聡
佐藤重幸九重達也
音尾琢真横井茂
森崎博之川塚剛志
中村麻美須藤裕子
佐藤誓探偵・佐藤
田中護
小橋亜樹
河野真也
藤尾仁志
【解説】
 北海道の人気テレビ番組「水曜どうでしょう」の企画・構成・出演を担当する鈴井貴之監督が、「man-hole」に続き“北海道”にこだわり描く長編映画第2弾。北海道を舞台に、それぞれ暗い過去を背負った同窓生4人の人生の行く末を追ったシリアスなサスペンス・ドラマ。主演は同番組の看板出演者でもある大泉洋。スタッフ・キャストには道産子をはじめ、ほぼ9割方北海道に縁のある者たちを集めて製作した。
 警察官の佐々木は、その実直さがあだとなり、ある日、人質を取った通り魔を捕り逃してしまったうえ、人質の救出にも失敗する。藤沢は、2ヶ月前に警察の不手際で婚約者を通り魔に殺されてしまう。彼は、その時の担当警官を探し出し法的手段に訴えるつもりでいる。ススキノの外れでバーを経営する九重は、将来有望なジャンプ競技の選手だったが、交通事故で選手生命を絶たれた。製薬会社の課長、横井はエリート街道を走っていたが、小学校時代にイジメにあったことを未だに忘れられないでいた。そんな4人は、小学校の同窓会で再会するのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
654 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:BLADE投稿日:2009-06-18 17:27:23
北海道を舞台に、北海道のロケということもあり、町並みが道産子としては「あそこだ!」という発見がある。

話の構成も鮭の放流と彼らの行く末をかけているのも面白いが、現代のシーンが暗い画でいってるためか、暗く感じてしまう。
それは仕方がないとして、物語の都合上、クリアしないといけないがために消化しきれずに終わった箇所、ご都合主義なところも見受けられた。
結局鍵になるかと思った殺人犯や、事故のことも触れることもなく終わったし。

やっぱ、いじめは良くないということかなw
あの過去があったから、それぞれ傷を負い、復讐劇へ繋がることになってしまう。
でも過去の虐めが、ここまで膨れ上がってしまうのも、やりすぎかな。
シーンの一つ一つはいいんだけどね。
復讐を果たそうとする音尾の後ろにある多くの「友情」。
大泉の彼女とその子供へも、心の傷が受け継がれてしまうのかな。

それにしても、オクラホマの河野はよくわからんww
投稿者:GRIFFIN投稿日:2007-07-08 10:41:35
【ネタバレ注意】

惜しいなぁミスター。テーマがよくわからない。
サスペンスとしては明快さが欲。ちょっと凝りすぎたかな。
(そういえば、「水曜どうでしょう」でもホラーを扱った連続ドラマを作っていたのを思い出した)

でも1作目のファンタジーに比べて、かなり映画っぽい演出になってきた。
過去は明るく(喪失する前の少年の心)、現在は暗い(色々背負った大人)画質。そして閉幕に向かってセピア色になり、過去と交錯していく映像表現は、TVではなく映画として成立していた。

でもやっぱり、テーマとして消したい過去の復讐劇だけでは弱い。
物語の論理性として、サケの遡上=産卵=死 と 帰郷=復讐=死 を重ねるのも一要素として北海道らしさが出ていて面白いけれども。

ただ、友情という習字が壁一面に貼られた廃校の教室で、銃を構え復讐を語る場面は秀逸で怖かった。

次に期待したい。http://www.geocities.jp/griffin0623/

投稿者:irony投稿日:2007-03-18 03:53:12
 誰にでも葬り去りたい過去はある…よね? 寝た子は起こすな
投稿者:柚羽投稿日:2005-01-10 16:28:05
【ネタバレ注意】

ストーリーも映画のトーンも暗いです。
お日様の下のシーンが非常に少ないせいでしょうか?
DVDパッケージに「逆説的な真の友情」とありますが、
友達だから許せないことってあるよな〜、と共感。
でもちょっとやりすぎでは?!あ、いいのか、映画なんだから。
テーマソングの「戦友」by太陽族までひっくるめて、
1つの作品ですね。(この歌とてもいいです)
テーマソングって大事ね。

鈴井監督第3作目はハートウォーミングコメディ「銀のエンゼル」
ですが、「river」の色調からは想像付きません。
どんなんだろ・・・・?

【レンタル】
 【VIDEO】river リバーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION