allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

いつかA列車(トレイン)に乗って(2003)

TAKE THE A-TRAIN, SOMEDAY

メディア映画
上映時間103分
製作国日本
公開情報劇場公開(シネマ・クロッキオ)
初公開年月2003/12/20
ジャンルドラマ/音楽
人生は、忘れものをさがす旅。
いつかA列車に乗って [DVD]
参考価格:¥ 5,616
価格:¥ 5,205
USED価格:¥ 1,209
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:荒木とよひさ
製作:鍋島壽夫
企画:荒木とよひさ
プロデューサー:貝原正行
柴田耕二
協力プロデューサ
ー:
塩谷慶一
小林千恵
脚色:中島信昭
オリジナル脚本:灘千造
(「たそがれ酒場」より)
撮影:岡雅一
美術:丸山裕司
編集:大畑英亮
音楽:デニスアンドマミ
音楽監修:三木たかし
照明:清野俊博
録音:志満順一
助監督:中西健二
出演:津川雅彦梅田茂一郎
加藤大治郎丸山健一
真矢みきアンナ
栗山千明野口ユキ
真由子知恵
小倉一郎小倉
保積ペペ波島
春田純一岐部
愛川欽也志賀
神野美伽洋子
石田太郎山口
ベティベティ
中村育二谷口
渡辺匡江藤欽也
峰岸徹中小路一夫
小林桂樹平松
【解説】
 とあるジャズBARを舞台に、店を訪れた市井の人々の人生の一瞬を切り取った群像ドラマ。内田吐夢監督の1955年の作品「たそがれ酒場」の舞台を、現代に置き換え豪華なキャスト陣でリメイク。作詞家の荒木とよひさが映画監督に初挑戦。主演は津川雅彦。
 昭和の面影を残すジャズBAR“A-TRAIN”。ピアノとサックスがリハーサル中の開店直前の店内。常連客の梅田茂一郎が現われ、お決まりのカウンターの“指定席”に腰を下ろす。やがて、ジャズ・クラブの演奏に惹かれるように、ひとり、またひとりと客が集まってくる。恋人の志賀を待つ洋子は、ある決意を胸に秘めていた。現役を引退した元検事の平松は、大好きなジャズと酒に酔いしれる。銀行の支店長を辞め、新しい店のオープンに意欲を燃やすニューハーフのベティ。そして、店の従業員たちもまた、それぞれに悩みや不安を抱え日々を送っていた…。
<allcinema>
【関連作品】
たそがれ酒場(1955)オリジナル
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
19 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:座間投稿日:2003-12-25 09:21:36
喜びと悲しみが同居した一日でした.「喜び」は,こうした作品を生み出そうとする
製作者,スタッフ,俳優の存在を再認識できたこと.
監督荒木とよひさ氏の情熱には頭が下がる想いです.全編にあふれるセンスの良さは
昨今の過剰デコレーションのハリウッド作品を見せられ続けた目には新鮮にさえ写り
ます.参加している俳優陣の演技にも感動させられます.津川雅彦の好演は言うに及
ばず,加藤大治郎,真矢みき他新旧の演技は派手さは無いものの作品世界に溶け込み
一枚の絵画を見る如くです.また,栗山千明にも驚きました.
あたらの才能が,タランティーノのジョーク・ムービーに幻惑されて駄目になりはし
ないかとの不安も解消されて,ホッとしています.
EP版レコードを模したパンフレットも凝っています.
日本映画陣の静かな情熱を感じさせられる珠玉の作品です.
…「悲しみ」はと言いますと,私の観た12月23日の6:30P.M.の回の客の入りです.
確か336 名の定員だったはずですが,私を含めわずか7名.
無論,マナーの悪い客もなく最高の状態で鑑賞できたのは個人的には良かったのです
が,この「入り」はあまりに寂しい.もっと動員できていいはずです.
いつまで上映されているのか聞きのがしてしまったのですが,2度3度と劇場に観に
行くつもりです.歳末になってみつけた宝物のような作品です.

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】いつかA列車(トレイン)に乗って2004/09/21\5,200amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】いつかA列車(トレイン)に乗ってレンタル有り
 【VIDEO】いつかA列車(トレイン)に乗ってレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION