allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

白いカラス(2003)

THE HUMAN STAIN

メディア映画
上映時間108分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ=ヒューマックス)
初公開年月2004/06/19
ジャンルドラマ/ロマンス/サスペンス
人はどこまで、裸になれるのだろう――。
[スマイルプライス] 白いカラス Dual Edition [DVD]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 2,980
USED価格:¥ 1,678
amazon.co.jpへ

 Photos
白いカラス白いカラス

【解説】
 アメリカにおける人種問題の複雑さをテーマに、偶然の出会いから互いが抱えた辛い過去を解き放っていく男女を描いたヒューマン・ドラマ。ピュリッツアー賞作家フィリップ・ロスのベストセラー『ヒューマン・ステイン』を映画化。監督は「クレイマー、クレイマー」のロバート・ベントン。出演は「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンス、「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマン。
 1998年、米マサチューセッツ州。名門アテナ大学の学部長コールマンは、ユダヤ人初の権威ある古典教授だった。だがある日の講義中に発した“スプーク”という一言が黒人学生への差別発言として波紋を呼び、辞職に追い込まれる。更にはこれにショックを受けた妻が間もなく亡くなってしまう。それ以来、怒りと失意の日々を送るコールマン。そんな彼はある時、フォーニアという若い掃除婦と出会い、恋に落ちる。夫の暴力から逃げている彼女は辛い過去を背負っていた。やがて、コールマンは妻にさえひた隠しにしていたある秘密を彼女に打ち明けようと決意する。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
23154 6.70
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ローランド投稿日:2016-08-18 10:50:38
  大統領のスキャンダルに言葉狩りや人種問題やベトナム戦争帰りの人間の苦悩などを散りばめて、読んではいないが原作がピュリッツアー賞作家の作品とのことだけあって志高そうな看板を掲げそれらしい体裁を整えてはいても、映画作りにどういう役割を果たすのかは知らん 『製作総指揮』 ばかりが8人もクレジットされていて脚本があってなきがごとくの支離滅裂な物語の出来の悪い作品になっている。  製作総指揮というのは名ばかりで作品の完成度を高めようという意志も能力もないのか、それとも船頭多くして船が山に登ったってことでしょうか?。   

  キッドマンは人格障害でセックスだけが行動指針になっているような女になっているし、出演者は脚本に目を通さないで引き受けたのかと首を傾げたのだけど、A・ホプキンスにしてみればキッドマンと裸でいちゃつくことが出来るならということで出演を引き受けたのかもしれない、スケベ爺いめが・・・ って、そのような下卑た邪推までしてしまう・・・笑。
投稿者:namurisu投稿日:2011-05-06 15:04:16
男と女の傷の舐め合い映画 PART 28。
投稿者:scissors投稿日:2011-04-05 18:13:45
これ70歳過ぎの爺様が若い女に手を出してセックスに耽るってのがもうアウトでしょ。
文章でなら誤魔化せても映像で見せられるとやっぱり引くよ。
そんなんで不幸話されてもね・・・。
50代くらいの男と30歳前後の女なら見れた話かもしれない。

G・シニーズとのダンスシーンは失笑モノ。
投稿者:uptail投稿日:2010-09-30 09:03:49
ニコール・キッドマン
投稿者:真壁 六郎太投稿日:2010-01-13 20:34:38
プロデューサーの数から言って、ベストセラーの原作なら客が入るだろうという、不純な動機からつくられたのは間違いない。脚本の読めないプロデューサーが作った映画ほど無駄なものは無いわけで、この作品はそのいい例である。日本側の配給担当者も同様でこの邦題アホッぽい。白か黒かがテーマなのではなくてそれによってついた傷がテーマなので原題通り「ヒューマン・ステイン」で良かったと思う。
投稿者:brilliant tomorrow投稿日:2006-08-10 11:13:31
ヒューマンドラマということで、物語の世界に入り込む心づもりをして、楽しみに見始めたのですが、最後まで傍観者として「ふーん、それで?」と筋を追うだけでした。出演者のだれのエピソードも、語られるだけで訴えかけては来なくて・・・・これは私が日本人だからでしょうか。
どうして彼と彼女が恋に落ちたのか、どうして彼が彼女だけには真実を語ろうという気持ちになったのか、理由付けではなく、心を納得させる手続きがほしかったです。日本公開版でなく、全米公開版というのを観れば、また違う作りになっているのかもしれませんが(そんな可能性は低いですね)、だとしたらこの日本公開版は失敗作だと思います。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2006-07-30 13:12:03
【ネタバレ注意】

進行する人間ドラマ。人は生まれてくる環境は選べないのだが、まさに人生とは選択と経験の結果である。
激昂するアンソニー・ホプキンス〜ニコール・キッドマン。そんな彼らの姿は、正論であるとか、お前の為だとか、云々かんぬん言う人間の嫌らしさ加減を語って余りあり。
オレンジな色彩と影、撮影は実に素晴らしいね。
そう、コールマンが背負ってきたものは、単に大学をクビになる(ってのも結構な事件かもだが)って事くらいでは、どうにも捨てられない重みを持つ。
フォーニアが背負ってきたものは、誰にも癒す事が出来ないもの…彼女は自殺して助けられた事を呪い、泣き崩れる…凄いよ。そんな演技派達が、人が人故に抱く感情、痛み、嘘、不安、殺意、打算、妬み、悟り、甘え、誰もが自分を理解しない孤独感…そして人を大事に思う気持ちと喪失感を散文的に描き出す…
僕的には、行動は考える為の情報を収集する手段であり、思考の敵とは思えないが…
ってマジメな映画が苦手な人は避けて通るべきかと。

蛇足だが、若きホプキンスの行動…これが人間の弱さなんだよ。不幸話はしたくないのだが、感情が引きずり出される瞬間があるんだよ。(そしてそれらが悪いとは誰も言えない筈〜そして彼らも何を言いたいのか伝えられない筈。〜白いカラスは仲間外れなだけかもだが、白いカラードはもう少し複雑かも…)

投稿者:けっけこ投稿日:2006-04-12 13:49:00
いまいち何が言いたいのか良く分からない内容。そもそもキッドマンみたいな都合のいい女がいるはずないじゃん。若きホプキンスの家族へやった行いは、とてもイヤですね
投稿者:りちゃちゃ投稿日:2006-04-08 22:22:06
N・キッドマンがいまひとつ苦しい。彼女の演じた女性もいちいち不幸話をしてたら付き合う男性もたまったもんじゃない。
投稿者:唐詩老投稿日:2005-06-18 12:02:46
いい映画でした。青年期の主人公のういういしさも良かった。父親の職業が車掌だったと言うシーンでは泣けました。
後半のダンスシーンはすばらしいかったと思います。
音楽も良かった。
でも誰かと一緒に見に行くと気を使ってしまうような内容です。
全体の印象は退屈なのですが、場面場面のエピソードはすばらしかったとおもいます。
たぶんそれはラブストーリーの意味がほとんどわからなかったからです。
白いカラスと言うタイトルの意味もピンときませんでした。
アメリカ黒人はほとんどが白人との混血(奴隷の体格を改善するために白人の種馬が使われたそうです)であるために中には金髪碧眼白肌の黒人がいると言う話を良く聴きましたが、自分は白人的ルックスなのに親戚はみんな黒人と言う状況にある人はやはり特別の人間ドラマをもっているのでしょうね。
投稿者:irony投稿日:2005-05-27 13:29:18
【ネタバレ注意】

実際そんな人いるのだろうか?甚だ疑問である。しかし、実際のアメリカにおける人種問題は深刻なのであろう。表装の言葉だけでもこの騒ぎだ。
人種問題を扱ってる作品なのに妙に主人公の心の葛藤が感じられない。
世捨て人カップルの自己完結?しかし主人公以外の人物は意味在るのかなぁ? エドとかゲ−リ-っていらないだろう?色々調べたらそういう稀な人がいるらしい…驚きだ。

投稿者:bond投稿日:2005-05-25 23:48:10
テーマやキャスティングはいいが、何を言いたかったのかよく伝わらなかった。
投稿者:ryopooh投稿日:2005-05-23 19:22:12
【ネタバレ注意】

キャストは文句なしに素晴らしいし、題材はかなりドラマチック。とても映像的に美しいシーンがいくつもあります。(特にラストの湖でのエド・ハリスの演技は秀逸)
それなのに、拍子抜けするほど淡々とストーリーが展開して、結局盛り上がらないまま終わってしまった感じです。ストーリーにぐいっと引き込まれる感じがまったくない。だからとっても長く感じます。
それから『白いカラス』という邦題はとてもいいです。映画の核を暗示しつつ、意外性もインパクトもあるし字面もなんとなくいい感じです。とっさにハカイダーを連想してしまいましたが、もちろん全然関係ないです。

投稿者:映画観覚投稿日:2005-03-21 22:29:32
 フィリップ・ロスの文学作品を、凝縮して映画化したため、わかりづらいところが残るかもしれないが、ホプキンス演じる大学教授と、なぞの女性キッドマンの二人が、互いの傷を摺り寄せることで癒しを得ていく様は、哀れで、そして美しい。
 アメリカ社会で取りざたされている問題がすべて投影されたこの二人のキャラクターと、クリントンの不適切な関係発言や、言葉の「道徳的正しさ」ばかりをピックアップして報道するマスコミとの対比に、原作者の意図を読み取ってもらえれば、幸いである。http://d.hatena.ne.jp/momochiki/
投稿者:FilmSeeker投稿日:2005-02-24 04:06:35
4大スター出演ということで楽しみにしていましたが、正直つまらなくて、よくわからなかったです。
投稿者:MARK投稿日:2004-11-07 17:25:51
アンソニー・ホプキンスのいつもの掘り下げた演技はどこに行ってしまったのだろうか?エド・ハリスは、このような凡庸な役の設定に腹をたてなかったのだろうか?ニコール・キッドマンは、『ドッグヴィル』の役のような独善ではあっても意志的な役どころをなぜ選ばなかったのか。これではすべてが深刻さを装ったソープオペラでしかない。
投稿者:バフ投稿日:2004-09-21 18:10:16
充実した俳優達と監督・・・ 期待しないほうが無理だけど これは なんという駄作! 失敗作としか言いようが無い。 俳優達もそれぞれ 浮いてしまって まったく 普段の深みがない。 ニコールキッドマンが むりやり 自分の名声のために 引っ張りこんだのではないか と勘ぐりたくなったほど。
白い黒人の問題も 扱いようでは もっともっと おもしろくなっただろうに まったく 表面的。 引きこもり、幼児虐待、ベトナム戦争症候群など どれも 型どおりの浅薄な 扱い。 ホプキンスとニコールの絡みも 途中で嫌気がして みていられなくなった。 まったく ウンザリさせられた。 正直 途中で何度も退席しかけた。 
投稿者:つぐみ投稿日:2004-07-25 15:06:17
俳優陣は、さりげない表情に含みや重みがあって、
本当に素晴らしい演技でしたが、
確かにストーリーは散漫で、盛り上がりに欠ける気はしました。
もっと絞ればいいのに…。

ただ、語られていない部分を、少ないシーンからいろいろ想像するので、
そういう謎解き的な見ごたえはありました。

妻が浮気(朝帰り)している間に例の事件が起きたのだとしたら、
元夫は随分可哀想な人ですよね…。
そう思うと、ラストの凍り付いた湖で、
一人釣りをしているシーンは切なかったです。
投稿者:敦煌投稿日:2004-07-23 01:23:11
 あれだけ自分を不幸がる姿を見せられては、同情する気にもなれません。
投稿者:黒美君彦投稿日:2004-07-15 21:22:11
巷の評判以上に良かった。
この作品に合理的な解決を求めると袋小路に入ってしまう。その意味では、わかりやすい安易な解釈を拒む作品だともいえる。
アンソニー・ホプキンスとニコール・キッドマン、エド・ハリスが、それぞれ喪失感を抱えた深い人生を演じ、ゲイリー・シニーズが「観察者」の立場でそれらを語る。
人種差別発言で職を追われた老教授・コールマン(A・ホプキンス)・・・深い心の傷を負ったフォーニア(N・キッドマン)との出会いによって生きる喜びを得ながら、一方で彼女との出会いがこれまで語り得なかった真実を引き出す。
人生の晩年になって初めて真実を――虚栄によって忘れようとしていた真実を語ることが出来る相手に出会った老教授。
フォーニアに没入していったのは単に若い肉体に溺れたからではない。
とにかくアンソニー・ホプキンスの自在な演技が素晴らしい。
時に傲慢に。時に弱々しく。
人生の終末に近づいて、初めて吐露する欺瞞の歳月と、失ってきた「過去」。
鳴けないカラスに心を寄せるフォーリア。
語れない老人に心と体を委ねるフォーリア。
そして白かったが故に家族を捨て、逆に捨てられたコールマン。
「結婚してくれる?」とフォーリアは黒いカラスに語りかける。

若きコールマンを演じたウェントワース・ミラーも悪くないが、コールマンの母親を演じたアンナ・ディーバー・スミスの存在感がいい。
母親との訣別のシーンは心に残る。

フォーニアの傷ついた過去の重さを辿るかのように見せて、実はコールマンの何重にもかさぶたが重なった傷を少しずつ明らかにしていくところなどはさすが。
真実と嘘と虚偽と・・・「真実を語る」ということがどれだけの重みを持っていることか。エド・ハリスはそうした「真実」が時として妄想であり、語られざるものであり、記憶の闇に埋もれるものだ、ということを体現する存在だ。冒頭から時折挿入されるクリントン大統領の研修生との醜聞も、コールマンが抱えてきたそれとは対極にある「真実」と「嘘」の提示かとふと気づく。

優れた作品であることは間違いないが、難をいえば、構成がアラン・J・パクラ監督(ウィリアム・スタイロン原作)の『ソフィーの選択』(82年)に余りに似通っている。『ソフィーの選択』の主要な人物の名前「ネイサン」が、この作品の語り手の名前として与えられている点などは、それを十分意識してのことか?
投稿者:Longisland投稿日:2004-07-15 01:14:30
秀逸な小説の映画化、A・ポプキンス、N・キッドマン、E・ハリス、G・シニーズの演技派俳優、寡作だがアカデミー賞受賞監督・・・・う〜ん素晴らしい要素満載なんだけどね、何を一番訴えたいのか解らない。
主要4役がそれぞに重い過去(人種詐称、幼年期性的虐待、子供の死、元夫ストーカー、ベトナム帰還ストレス、引きこもり)を持っているって詰め込みすぎでしょ。半分のキャスト&半分の過去で余裕に1本劇場用作品が出来そう。せっかくの演技派俳優(エド・ハリス、シニーズ)が生かされない、人種差別、白い黒人、日本人には理解し辛い。

良心的な作品だとは思うが、良作とは言い切れない。
配給会社の宣伝担当者のご苦労察します
投稿者:ぷるるん投稿日:2004-07-08 18:06:25
【ネタバレ注意】

物語全般として理解しがたかったし、感情移入も途中でさえぎられることが多かったが何とかお葬式の部分まではなんとなく把握できた。
しかし最後のネイサンとレスターの会話がどう考えてもわからず、きっと一番大事な部分なのかもしれないのだがその部分が一番わからずまったく理解できない映画となった。
人種差別への理解は経験がないものとしてはすべてがわかりきることができないのは充分承知の上だが、最後に違う方向へ向いた感があった。それがどのような展開でどのような意味づけであるかが一番興味を引いたにもかかわらず、まったく理解ができなかった。
はやく、DVDが発売されてほしいと思う。

投稿者:篭瀬山投稿日:2004-07-04 19:04:55
 カラスが鳴くのはカラスの勝手、なら鳴かないのも勝手かもしらんが、「鳴かしてみせる」のが映画では? 

 「最早この世に語るべき物語は存在しない」そんな認識から出発し、埋もれた物語を何とか掘り起こした風情、その点に関しては文句ないが、勃たない朕歩を無理やり勃たすのがバイアグラだとすれば、映画は精神のバイアグラでなければいけない。こんな映画じゃ、なんら物の役に立たない。4
投稿者:JJ投稿日:2004-06-15 16:35:20
ストーリーは、まぁまあでした。正直なところ、途中でダレました。
110分と短めの作品ながら、「長い!」って思ったぐらい。
題材は面白いし、主人公(アンソニー・ホプキンス)の心の秘密を知ったときにはおお!!!って、本当に切ない気持ちになったものの、ラブ・ストーリー的に仕立て上げた構成が、あまり好みではなかったです。
二人の「最後の恋」なんて、途中からは、すっかりどーでもいいって感じ。
彼が唯一秘密を打ち明けた存在として扱うにしても、
いくら情事をダラダラみせられても、心の絆が見えないんだよなー。
エド・ハリスなんて、登場させた理由すら謎。
ちょっと哀しいエド・ハリスを見てしまった気分でした。
誉めるべきは、「白いカラス」という邦題かな。
観終わった後、おお、なるほど〜、そういうことだったのか!と深く納得しました。
投稿者:エバ投稿日:2004-06-07 18:02:21
下にもあるとおり、豪華キャスト(しかも実力ある人たち)を揃えて、この出来。
アンソニー・ホプキンスも単なるエロオヤジにしか見えないし、
ニコールキッドマンも脱ぎ損。
ゲイリー・シニーズは、大好きな役者なのに、いつもコケ映画にしか出ていない。
もうちょっと出演作選べばいいのに…と思います
投稿者:籐四郎投稿日:2004-06-02 00:09:27
ストーリー展開がありきたりで、演出も古臭い。豪華な素材を使って、出来合いのラーメンをつくったような作品!「ノーバディズ・フール」を思いっきりダルくしたような感じです。
ありきたりのアクション映画も嫌だが、かといって変に芸術ぶった今回の作品は好きになれませんでした。
「クレイマー、クレイマー」や「プレイス・イン・ザ・ハート」を観て以来、ロバート・ベントン監督のことを尊敬しているのだが、この作品でほぼ監督のキャリアは終わりかも!
ただ、ゆっくりと丁寧に普通の人達が会話をするので、英語のヒヤリングの勉強をする分にはちょうど良かったです。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】白いカラス Dual Edition <期間限定生産>2006/04/28\2,381amazon.co.jpへ
 【DVD】白いカラス Dual Edition2004/11/05\3,980amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】白いカラス 日本公開バージョンレンタル有り
 【DVD】白いカラス US公開バージョンレンタル有り
 【VIDEO】白いカラス US公開バージョンレンタル有り
 【VIDEO】白いカラス 日本公開バージョンレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION