allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アフガン零年(2003)

OSAMA

アフガン・零年:OSAMA

メディア映画
上映時間82分
製作国アフガニスタン/日本/アイルランド
公開情報劇場公開(アップリンク=ムヴィオラ)
初公開年月2004/03/13
ジャンルドラマ
少女は生き延びるため少年になった
アフガン零年 [DVD]
価格:¥ 3,590
USED価格:¥ 1,000
amazon.co.jpへ

 Photos
アフガン零年アフガン零年

【解説】
 タリバン政権崩壊後の復興アフガニスタンで製作された映画第1作。日本のNHKが機材などのハード面を中心に全面サポート。タリバン政権下のアフガニスタンを舞台に、女性の置かれた過酷な状況を切実に描いたヒューマン・ドラマ。実話をヒントに、働き手を失った一家を支えるために少年に成りすまして働く少女の姿を通して、アフガニスタンの重い現実を描く。主人公を演じたマリナは実際に内戦で2人の姉を失い、5歳の頃からストリートチルドレンとして生き延びてきたという。第61回ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞受賞。
 長年の戦争の末、タリバンが政権の座についたアフガニスタン。イスラムの教えを厳格に守ろうとするタリバン政権下では、女性は身内の男性の同伴なしには外出が許されなかった。そんな中、生計を支えるべき男たちを全員戦争で失い、祖母と母親、そして12歳の少女の3人だけになってしまった一家があった。彼女たちは外出も出来ず生活の糧を失う。母親は仕方なく少女を男の子に変装させて働かせることを決意。バレた時の恐怖に怯える少女をなだめると、そのおさげ髪をバッサリと切り少年の姿にして、亡き父の戦友だったミルク屋に働きに出すのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
542 8.40
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さち投稿日:2006-09-28 15:21:06
よかった
投稿者:黒美君彦投稿日:2006-03-04 12:49:35
乾いた大地。蹂躙される女たち。
タリバン支配下のアフガンを見事に描いた傑作。主人公のマリナ・ゴルハバーリの強い目の力と、反面弱々しい肉体にやどる緊張感と絶望が痛々しい。
神話に宿る虹の物語を借りて、セディク・バルマク監督は希望を描こうとしたが、撮影中幾度となく戦争を思い出して泣き出すマリナの姿を見ているうちに、「今はまだ希望を描けない」と虹のカットをすべて落としたという。
家族の男たちはみな戦争で命を落とし、女たちは教育も受けられず、働くことも許されない。反発すれば容赦ない弾圧が待っていた時代。

イスラム原理主義の非人道性を唱えるのは簡単だが、歴史はそう簡単ではない。共産主義政府を守ろうとしたソ連の侵攻を食い止めるために、ゲリラに武器を大量に提供した米国。その後勃発した内戦から国民の支持を得て登場したのが、イスラム原理主義に基づくタリバンだった。アルカイダのオサマ・ビン・ラディンの例を挙げるまでもなく、彼らは国際社会が育てたゲリラから派生したという側面もあるのだ。

ただ、そんな現実とは関係なく、オサマと香屋の少年に名付けられた少女は、自らどうしようもない道に進まざるを得ない。その残酷な運命・・・。「男の子だよ・・・」と泣く香屋の少年の思いが胸に迫る。
バルマク監督は語る。「この映画の少女はアフガニスタンの悲劇そのものなのです。そして、世界がアフガニスタンを忘れれば、悲劇は再び繰り返されるかも知れません」と。

今もまたこの地球上では確実に、マリナのような少女が泣きじゃくっているだろう。この無力感をどうすればいいのか・・・。
投稿者:irony投稿日:2005-12-23 17:30:53
にて拝見。ショックの一言しかありません、アフガンの事など日々のニュースや垂れ流しのメディアで少し触れるだけ、映画に至ってはランボーシリーズの怒りのアフガンでアメリカ万歳の映画しか知らない程度だ。胸くそが悪くなる内容に放心したままエンディングを迎えてしまった。こういった映画を見る事でアフガンに少しでも触れる事はとても重要だと思いました、いい意味?でも悪い意味でも・・・。
投稿者:Ikeda投稿日:2005-12-23 15:21:35
混乱のアフガニスタンでの苦難に満ちた少女の物語として感動的な作品でした。特に縄跳びのカットなどが印象に残ります。一般的に七光りでない子役には名演が多いですが、少女役マリナ・ゴルバハーリも素晴らしいです。それにドキュメンタリの意味で価値のある作品だと思います。日本のマスコミはアフガニスタンやその周辺の情報は、たまにしか報道せず、断片的な知識しかないので、このような映画を見る事に意味がありました。
とは言っても、経済的優位にいる我々と比べて、このように格差がある社会に対して何ができるのかとなると、どうしようもない無力感に襲われます。この映画ではタリバンの原理主義を批判していますが、問題はもっと深い所に根ざしていると思います。タリバンにしても当初は国内で歓迎されたようですし、石油利権にからんでアメリカも支持していた組織です。それがアルカイダを匿ったとしてアメリカがその政権を破壊した訳ですが、その際にも巻き添えを食った一般人も多かったと思います。
宗教的な意識や国内外の利権などが絡んでいるようで、我々には理解できない所も多いですが、差別や貧困がなくならない限り問題は解決しないと思います。その意味で、この邦題は希望を表しているだけの気もしますが、「オサマ」という題名にすると、たまたま日本語表記では「オサマ・ビン・ラディン」と重なってしまうのが気になります。
投稿者:Tom投稿日:2005-08-04 09:03:53
つけた人間はセンスがあると思ってるらしいが、最悪だね。ロッセリーニの『ドイツ零年』とは根本的に違う。原題『オサマ』でいい。少年(男)ではなくイスラム教における少女(女)の扱いをテーマにしてるんだから。
投稿者:エバ投稿日:2005-04-16 00:16:59
少女が生き延びるために男装する涙モノ(勝手に)3部作?と軽〜く思いきや
わずか80分の中に、言葉にしたら安っぽくなってしまうほどの
とても深みのある映画だった。
当初、セディク・バルマク監督は「虹」というタイトルで、
アフガンの希望を描こうとし、撮影を進める途中で
戦時下を思い出すたび涙の止まらないマリナの姿を見て、
「アフガニスタンの悲劇はまだ終わっていない。」
と、悩んだ末に虹のシーンを全てカットしたそうです。


投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2004-09-19 10:18:45
【ネタバレ注意】

 本当に衝撃的だ。これがアフガニスタンの悲劇そのものかどうかなんてことは「映画」とはいささかも関係ないことであって、ただひたすら全編に「映画」が息づいていることに感動する。提示した複線の回収も見事だが、全カットに亘って、これこそ映画の画面としか云いようの無い力強い造型。セディク・バルマクという監督はキアロスタミやエリセと名を連ねるに相応しい監督だ。

 プロット展開の整合性、提示した伏線の回収−例えば冒頭で香屋の少年を写したジャーナリストの顛末、例えば縄跳びのカットのリフレイン、例えば浴場での夢精に関する授業と悲痛なラストカット−も信じられないくらい見事なのだが、それ以上に全カットに亘って、これこそ「映画」の画面としか云いようの無いフォトジェニックな力強い画面造型。アフガンの政治経済情勢にあってこれだけ完成度の高い映画を撮り上げられたという事実こそ奇跡かもしれない。
 人物を隠蔽するという画面上の主題はジャン・ルノワールの『スワンプ・ウォーター』を想起させる。それはイスラム特有の女性が顔を隠すという習慣にとどまらず、例えばラストカットで繰り返される風呂で頭までお湯に浸る所作など。
http://cinema.intercritique.com/user.cgi?u=3449

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ カメラ・ドール(特別表彰)セディク・バルマク 
■ 外国語映画賞セディク・バルマク アフガニスタン
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】アフガン零年2004/11/26\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】アフガン零年レンタル有り
 【VIDEO】アフガン零年レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION