allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

キル・ビル Vol.2(2004)

KILL BILL: VOL. 2

メディア映画
上映時間136分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ=ヒューマックス)
初公開年月2004/04/24
ジャンルアクション/犯罪/サスペンス
KILL is LOVE

 Photos

【解説】
 「パルプ・フィクション」のクエンティン・タランティーノ監督が壮絶なバイオレンス描写と日本ヤクザ映画へのオマージュを盛り込み話題を呼んだ「キル・ビル」の続編。愛する夫とお腹の子を殺され復讐の鬼と化したヒロイン“ザ・ブライド”と黒幕ビルとの因縁、そして最後の死闘が、マカロニウエスタンと香港カンフー映画への愛情いっぱいに描かれる。主演は「パルプ・フィクション」のユマ・サーマン。共演にベテラン・アクション俳優のデヴィッド・キャラダイン。
 かつて結婚式のリハーサル中にビルの襲撃を受け、愛する夫とお腹の子どもを殺された“ザ・ブライド”。昏睡から奇跡的に目覚めた彼女はビルへの復讐を誓い、襲撃に関わったかつての仲間たちを次々と仕留めていった。残るはバドとエル・ドライバー、そしてビル――。さっそく彼女は次なる標的のバドを倒すため、テキサスの荒野へ向かう。一方バドは、もはや殺し屋としての面影もなく、アル中に落ちぶれていた。彼にも与えられた服部半蔵の刀は質屋に出したと言い放ち、兄ビルの忠告も空しく聞こえるばかりだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
キル・ビル(2003)正編
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aキル・ビル (2003)
[002]A座頭市 (2003)
[003]Aスター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (2005)
[004]Aスパイダーマン2 (2004)
[005]Aロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 (2003)
[006]Aカンフーハッスル (2004)
[007]Aラスト サムライ (2003)
[008]Aパルプ・フィクション (1994)
[009]A007/ダイ・アナザー・デイ (2002)
[010]AX-MEN2 (2003)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
71475 6.69
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2015-10-04 19:37:29
復讐終了まで残り3人となったブライド。
クラブの用心棒をしているビルの弟バドの宿泊するトレーラーを発見するが、撃たれてしまい生埋めの目に遭う。
何とか脱出したブライドは仲間割れしてバドを殺害したドライバーと出会い戦闘を開始し、ラスボスのビルまで辿り着こうとするが・・・。

冒頭はブライドの結婚式に参加するビルとの親睦間溢れる場面から始まる。
そこからは前作からの続きだが、アクションとスピード感あふれる前作と違い、本作はドラマを中心に描いている。
戦闘シーンは前作同様、濃厚ながらも決着はあっさりしており冗長感を感じさせないのは凄い。
特にサーマンとハンナの長身同士の格闘シーンは迫力満点。
今更ながらDVDでの鑑賞だがdtsとシネスコが作品の大作感を表しており、エンドクレジットに10分以上も費やしているのに音楽で聞かせてしまうのも流石
タランティーノ。
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-08-27 22:12:23
タランティーノの中で2番目にきらいな作品。
投稿者:UFO投稿日:2013-11-04 22:29:55
十分楽しめる。
投稿者:なちら投稿日:2013-03-24 22:27:42
【ネタバレ注意】

若干、バカ度が下がってしまったのは期待外れだったが、五点掌爆心拳が超〜カッコえぇ!
あの場面だけ繰り返し見てしまった。ぜひとも習得したいと思う。
日本人的にはパイメイなどという謎の中国人の技ではなく、
胡散臭くとも服部半蔵の刀で決着をつけて欲しかったんだけどねー。

投稿者:jb投稿日:2012-08-05 22:43:53
どっちもどっちかな。
投稿者:nabeさん投稿日:2012-02-18 15:47:08
前作の続編である。
Vol.2とはいっているが、元々一緒に制作された作品を公開時に二本に分けただけである。しかし、エンタメ性が高い前作に比べ今回はしごくまっとうな作りであり、このギャップに戸惑ったスタッフの困った顔が目に浮かぶようだ。
基本的な復讐劇という点では変わりないが、本作の方がビルへの想いや実娘との思いがけない出会いを通して、結構レベルの高い作品に仕上がっている。それでいて、D.ハンナとの格闘やカンフーの特訓場面等エンタメ性も高い 
投稿者:ジーナ投稿日:2010-12-21 00:31:08
前作に比べると、だいぶドラマ性が増しています。
心情描写も多いですし、情緒もあって思いがけずしみじみしちゃいました(笑)
でも、修行のエピソードなんかは結構間延びしていて退屈だったかな・・・。
タランティーノ特有の無駄話も多く、くだらない会話を長々聞かされるため肝心のストーリーがなかなか進まず、、じれったくてイラッとしちゃうかもしれません。
これこそがタラちゃん印なんですけどね・・・。
やはり2部作となると比較して観ちゃうので、アクションやユーモアが減った上にテンポもテイストもガラッと変わってしまうと調子っぱずれな感じがしちゃいますね。

前作で一番気に入っていたキッチンでの死闘を思い起こすようなトレーラー内でのシャープな格闘シーンは良かったです。
個人的にダリル・ハンナ演じるエルのキャラが最大の魅力だったので見せ場が多くて嬉しかったです。

インパクトという点では前作に敵いませんが、哀愁漂う演出や効果音の使い方は見事だったと思います。
投稿者:nedved投稿日:2010-11-18 21:09:41
ユマ・サーマン
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-11-10 19:06:35
数年前に全編観た時もガッカリしたが、個人的にも好きな前作以上に、観る側に取ってはどうでもいいシーンが半分近くを占めていて、タランティーノのプライベートフィルムのような続編になってしまっていた。エンドクレジットの「ダリル・ハンナ・?」は笑った。
投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-03 21:35:57
本筋は1と変わらずさっぱり伝わってくるものがなかった。
ルーシー・リューとのバトルがない分こっちはさらにつまんなかったよ(>_<)
おバカ映画は基本好きなはずなんだが…残念だった。
投稿者:uptail投稿日:2009-05-23 19:25:19
ユマ・サーマン
投稿者:クリモフ投稿日:2008-09-03 23:34:29
【ネタバレ注意】

1に比べ画面が落ち着いて、本来の作風に戻りましたね。前作でタランティーノをはじめて知って、好きになった人は面食らったでしょうね。彼はもともとこういう人です。なんか日本での宣伝のされ方でアホ映画みたいになっていますが、シリアスさも魅力だと思います。
ビルとの不条理な愛を描いたラブストーリーといった根幹があるからこその物語だし。スーパーマンの話もよかったし、後半に娘が登場してからの展開は素晴らしいと思います。なにより死期を悟っているビルがかっこいい。キドー、ビルとも相思相愛にもかかわらず互いに殺しあわなければならない皮肉な運命というのもべた故に良し。冗長ですが、それも味。
パルプフィクション以降の集大成だと思います。母は強し。

投稿者:きゃる投稿日:2007-11-17 20:30:08
【ネタバレ注意】

「グラインドハウス」風な作りなんでしょうか、馬鹿馬鹿しさが面白い。
最後に、娘に悟られないようバスルームで「ありがとう」と感謝していますが、
子どもが授かる、家族が増えるって、ほんとうに感謝すべきことなんですよね。

投稿者:はるか投稿日:2007-04-24 12:12:00
そりゃ日本人は1の方が好きでしょ。バカさ加減が分かりやすいし。それだけで2を下に見ている人もいるような気がします。
投稿者:ガダラ投稿日:2007-03-14 01:33:27
【ネタバレ注意】

“vol.1"であれだけ煽られた期待を、ここまで裏切られるという例も珍しい。

なんかいまひとつ盛り上がらないな〜、と思いつつ迎えた最終章“ブライドとビルの直接対決”
そこで繰り広げられたのは、娘を間にはさんだ2人の“長話”だった…。
これにはさすがに辟易。

一体どうしちゃったの?タランティーノ。

投稿者:フェニックス投稿日:2007-02-10 20:22:53
1作目のクライマックスに象徴される日本刀による手足バッタ斬りの印象が強いためか、アクションシーンが少ないので、それを期待して観ると拍子抜けするかも。
まあラブストーリー的な要素が強いってことか。
マイケル・マドセンは1作目のラストで「自分たちのやったことは復讐されても仕方ない。」みたいなこと言ってたのでけっこう殊勝な人かと思っていたら、本作ではやっぱり悪党でした。しかも殺し屋やってる割りには(引退してた?)かなりの貧乏暮らしだし。
ところでパイ・メイは強いはずだが、簡単にエルに毒殺された。よっぽど信用していたのか?
投稿者:オリオンキャップ投稿日:2007-01-08 00:31:34
蛇足な感がありますね・・・・
ちょっとテンション落ちたかな、と思わずにはいられない。
ちょっと残念な作品です。
投稿者:ケラヒロミ。投稿日:2006-12-21 14:10:20
目をえぐり取るシーン・・・めっちゃ痛そうだなぁ。
ブライド不死身すぎ。
投稿者:NIMBUS投稿日:2006-10-02 14:23:46
未見でしたが、最近続けて1と2を観ました。
もう、解説関係は既に多くの方がしっかり書かれているし、いまさら似たようなことを書いても仕方ないので、ひとこと。

 彼のように自分の好きな映画へのオマージュ的なものを作りたくなった。

 映画の良し悪しに関しては、これは「趣味の映画」だから・・・。人の趣味にケチつけても仕方がないしネ。特にここまであふれてくる様な情熱ならなおさら。
 ただ、うらやましいなぁ。タラちゃん。
投稿者:田島雅之投稿日:2006-08-12 00:40:15
デヴィッド・キャラダインは優れた悪役俳優である。悪役専門の知識を併せ持ち奥行きのある芝居を見せる。タランティーノはキャラダインの過去の役を踏まえた演出をした。女たちを暗殺者に仕立て手玉にとる大ボスだが、嫌味がなくとてもチャーミングに映る。衣装は自前だという。サミュエル・L・ジャクソンやロバート・フォスターに次ぎ、タランティーノはまた優れた俳優を掘り出した。(Vol.1のギャバン大葉健二しかりだが)
投稿者:藤本周平。投稿日:2006-07-02 14:57:28
もっと暴れてくれ。
投稿者:りちゃちゃ投稿日:2006-04-12 14:36:24
【ネタバレ注意】

Vol.1で感覚が麻痺したせいか今回は普通に楽しめた。決闘シーンであんなに血が吹き出たり、物が破壊したりするのを観ると、ついつい一発勝負だったのかと想像してしまう。最後は何故、トイレで笑ってるのか不思議に思った。泣いてたのね。

投稿者:tanukun投稿日:2006-01-17 16:49:24
タランティーノは「問と答え」の答えの方だ、と言っていたが、この作品はそれほど高尚なものじゃない。私には「1」の続きにしか映らなかった。であるならば、この作品は“中途半端”である。“答え”になっていないし、「1」のようにエンタテイメントに徹してもいない。辛口だが、単純に「娯楽」として観れば、そうつまらない映画とはならない。辛口は、敢えて、であり、タランティーノ作品だからこそでもある。
投稿者:オメガ投稿日:2006-01-14 20:23:32
Vol.2の方が好きだ。Vol.1の方がアクションも多く、ハチャメチャ感
が強かっただけに、なんか落ち着いて観れた気がする。まあ、2作通し
て観るのがベストかも。それにしても、あの拳法の師匠が吐く「日本
バッシング」にはムカついた。
投稿者:bond投稿日:2005-07-20 12:13:03
インパクトはなかった、ちょっと惰性を感じた。それなりに面白かったが、1で完結させていたほうがよかったのでは。
投稿者:irony投稿日:2005-07-18 10:43:06
 師匠と対決するシーン。「はいっ〜」ってアンタ何人よ?(笑)
1に比べれば、まとめっちゃった感じはするが、1と2を合わせての作品だからね。私的には面白かったです。
投稿者:Flamingo投稿日:2005-05-02 04:56:27
1が良かった、イヤ2の方がよかったと、皆さんのコメントを見れば、本当、これ好みの問題ですよね、、、私が自分の好みから言うと、
殺戮シーンばっかりでうんざりした1よりかは2の方がずっとずっと
良かったです。自分の中で、1がもう見たくない映画のベスト10入り
してたので、2を見なかったらこの先もKillBillってやな映画だったな〜で終わってたでしょう。。。
でも時間があって嫌々だったけど2を見てよかった・・なんかちょっと
救われたようでした。。。。
Brideと彼女の子供の末に幸多かれと祈らずにはいれませんでした。。。
投稿者:young jump投稿日:2005-04-21 21:01:24
がっかりした。1は馬鹿を極めて
楽しかったが、2は必要だったのか?蛇足。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-06 10:23:16
元ネタ的にはこっちの方が好きです。パイメイ最高!
投稿者:STC投稿日:2005-03-12 01:16:24
前作より、音楽、ストーリー、演出ともに渋い印象があります。
悪くはないです
投稿者:映子投稿日:2005-02-12 00:37:08
はちゃめちゃな前作に比べて、タランティーノお得意のゴタク・ウンチクがセリフにちりばめられ、適度にアクションシーンが盛り込まれて、私的にはこちらの方が良かったです。エル・ドライバーのカッコよさにも満足。あの眼帯にはそんなわけがあったのかと。・・・最期のビルとの一騎打ちがちょっと尻すぼみでがっかりしたような感じはありましたが。・・・
映画オタクのある意味自分勝手な魅力爆発の映画だと思います。(オレ流)
投稿者:GRIFFIN投稿日:2005-02-11 17:49:41
なんだかなぁ、これが続編で完結とは。
公開待って、金払って、劇場で見た人は辛かったろうなぁ。
毛色が違うのは問題ないけど、台詞も見せ方もツマラナイのはどうしたものか。本当にQ・Tが作りたかったんだろうか、、、
http://www.geocities.jp/griffin0623/
投稿者:D.投稿日:2005-02-02 17:29:34
本作を観るにあたっては、まず前作『Vol. 1』の鑑賞が必須です。前作のキレた内容からはガラリと変わって本作は落ち着いた雰囲気です。観終わって印象に残ったのは、隻眼のエル・ドライバーのカッコ良さとビルの「スーパーマンが他のスーパーヒーローとどこが違うか」という話でした。アクションでは本作の唯一の見所とも言えるザ・ブライドとエル・ドライバーによる女性二人の死闘は迫力満点でした。D・ハンナ演じるエル・ドライバーははっきり言ってU・サーマンよりもカッコ良かったです。アクションは勿論ですが、ブラック・マンバについて淡々とうんちくをたれるのも渋い!後者のビルの語りは観てのお楽しみということで。他には、本作はマカロニ・ウエスタンと香港カンフー映画へのオマージュで溢れていますが、子供の頃に毎週土曜にテレビで放送されるカンフー映画を楽しみにしてマネ事までしていた者としては、いきなり顔アップになる演出等、思わず「あった、あった!」と懐かしんでしまいました。ただラスト(ケンシロウもびっくり)は、二作品にも渡って引っ張っていた割にはちょっと物足りなさを感じました。http://www.asahi-net.or.jp/~rn6d-hnd/
投稿者:amen投稿日:2005-01-01 21:45:47
これは及第点以下。10点満点でせいぜい3点。毒も何もないラストはタランティーノらしくない。
投稿者:suisn投稿日:2004-12-10 13:16:32
いや〜。1がスゴかっただけに期待してた分だけツライですね。

1のあのキレっぷりから、うってかわっての本作。

DVDを視聴して改めて感じたんですが、「エル」とのトレーラー内での

戦闘シーンで、当初の計画通り、二人が巨大化してたら物語り構成も

グンと勢いついたと感じただけ、残念でしたね…

出来たらこの部分だけ、編集しなしたバージョンとか出ないですかね…


☆は5点。  Vol.1は☆9点。  

ちなみにvol.2の「サンダとガイラ」バージョンが出たら、多分☆7点。
投稿者:ポッパー見習い投稿日:2004-11-11 02:05:08
vol.1とうってかわって寂しげで静かな映像が多くなった。
こういう雰囲気をもつ映画は個人的に好き。
でもあのハチャメチャなvol.1の続編となるとちょっと…
クライマックスが会話シーンと最小限のアクション。
ネットでも色んな人が言われてるけど、
2本とも同じハチャメチャでうるさいノリを貫くべきだったかと…
もしくはvol.2のような雰囲気が前で、vol.1の雰囲気が後であればよかったかも。
カンフーの修行のシーンだけど、
ああいった緑が多い茂る空気はさすがにアジアでしか撮れないとは思う。
でもせっかく中国まで行ったんだし、
前作の東京の街みたいに風景をもうちょっと撮ってほしかったかな。
文句ナシに楽しめた前作と比べて不満の残る続編になっちゃった…
でも、全然イヤな気がしない。
それは、以前にあったタランティーノ節はvol.2の方が出ているから。
どんなになってもやっぱりタラの映画って好きだな〜
投稿者:フリクリ投稿日:2004-11-02 17:27:05
とても面白い映画でした。
1,2共に大いに満足です。
タランティーノも人の子なんだし、自分の作りたい映画を作ったのではないでしょうか。
投稿者:たかのつめ投稿日:2004-10-29 14:41:43
天才・鬼才なら他人が精魂込めて作ったものをパクリまくって1本の作品に仕立てて商売することがゆるされるのでしょうか?
子供がオモチャ箱をひっくり返したようなだけの作品でこれだけのケンケンガクガクがでるのも不思議というか、それが鬼才の魅力なのかもしれませんが、あほらしいいといえばあほらしい。こんなメッキ人間が天才鬼才と褒め称えられるのはどう考えてもおかしい。日本にもそういうコメディアン兼監督がいましたっけ。
そうそうダリル・ハンナは凄かった!
投稿者:sundance投稿日:2004-10-23 09:59:54
無意味だけどユーモアにみちた会話の羅列。
一貫せず統合性を欠いたストーリー。
従来の映画文法を解体したこれらの手法を用いた
「パルプ・フィクション」で
タランティーノは一躍、映画界の寵児となった。

しかし、「キル・ビル」はヤクザ映画、カンフー映画、
そしてマカロニウェスタンへの偏ったオマージュによってのみ
構成された作品で、
上記したようなタランティーノの独自性は見受けられない。
忌憚なく申せば「キル・ビル」の価値はB級を超えたZ級の荒唐無稽さ
にしかない。

しかもタランティーノがパクった本家香港映画界には「キル・ビル」を
はるかに凌駕するデタラメでオフビートな作品があふれている。
「キル・ビル」を賞賛される方々は、せめてタランティーノが
オマージュを捧げている香港映画へ一言、言及が欲しいものだ。http://www.iris.dti.ne.jp/~jim-beam/
投稿者:ふじこ投稿日:2004-10-09 13:37:15
まぁVol.1ほどのインパクトは感じられなかったものの、それなりに楽しめたかな。タランティーノありがとう、って感じ。でも皆さん言われてるように、分けずに観たかった気がする。
エルとの決闘シーンが面白かった。ユマもかっこよかったけど、ダリル・ハンナもいかしてた。キャラダインが渋いです。
投稿者:t.ro投稿日:2004-10-09 11:37:17
【ネタバレ注意】

VOL.1の方が面白い。明らかに。今作のラストで娘が登場した時点で一気にテンションが低下。「復讐はもういいんじゃない?ビルと3人で幸せに暮らせば〜?」みたいな気持ちになる。無理矢理「五点掌爆心拳」を使うのも強引・・・。ラストバトルも数秒で決着だし。VOL.1でのオーレン戦の方がBGMも含めてまだ興奮出来たのにね。また、パイ・メイも元での修行シーン、エル戦など、メディアが事前に取り立てたほどの高揚感全く無し!エルの痛がりようだけは凄かったけど・・・。
しかしながら非常に残念。冒頭の教会シーンでは展開(謎解きなども含め)に大きな期待が持てたものの、見ていくうちに「単純」すぎて前作のような「キレ」がどこにも見当たらなかった・・・。

投稿者:Tom投稿日:2004-10-09 08:42:03
70年代のBアクシヨンによく出てた彼を使うところがいかにもオタク。
この映画の最大の面白さは脚本のセリフじゃないかな。
バイ・メイに『日本人はブタだ!!』とか言わすセリフに思わず笑った。
棺のシーンはルチオ・フルチの『ビヨンド』そのものだったね。
投稿者:やんこら投稿日:2004-07-24 11:29:06
2004年公開作で(今のところ)一番良かった作品。ユマ・サーマン、マドセン、キャラダイン、ダリル・ハンナ・・・。どの人もタランティーノの愛がいっぱいだった。彼らへの愛がこの映画を傑作にしている。
投稿者:スナフキン投稿日:2004-06-09 00:19:07
【ネタバレ注意】

正直な話“1”で無茶しすぎたのがたたった<感じ。
後になって収拾がつかなくなってまくす。というか、
まとめてるんだけど上手くまとまらず、テーマであ
る“愛”も今思えば印象薄し。前作のように笑えま
せん。とはいっても編集時に二つに分けただけのは
ずなんですけどね…。
前作をいい意味で裏切って欲しかった…。むしろ前
作とは正反対なまでにシリアス路線を突っ走って欲
しかった。2では前作の鬼のようなパクリも減り、
展開的にだらだらした感じが拭えません主人公の復
讐劇の過程のみが焦点になり北京・メキシコでロケ
をしたにも関わらず世界観が狭く、内容的にも突出
した点はありません。1.2と分けずに上映したなら、
そうまで思わなかったかもしれませんが…。極論と
しては“二つに分けたのは失敗だった(作品として
も興行的にも)”といったところです。主人公が“
虎砲(by修羅の門)”を修行するシーンが僕的には
好きです。おまけにマスターしてないし(爆)

投稿者:hira投稿日:2004-05-25 18:29:26
 やっぱり『レディ・キラーズ』と交代した後でも、続映館が出てきましたね。
 前編とはテンションが違うので、多少眠くなりました。でも前編より好きです。その理由はマイケル・マドセン、ダリル・ハンナ、デビッド・キャラダインが目立ってるからです。相当好きです、この3人。マドセンは実生活に反映させるようにバドを素晴らしい落ちぶれぶりで演じてくれました。でも、やるときゃやるカッコいい男です。最期はまた落ちぶれますが・・・。この役はミッキー・ロークでも面白かったかもしれません。ダリル・ハンナも素晴らしい。ハッキリ言って、ザ・ブライドより美しいです。デビッド・キャラダインはあのチャンバラシーンの他にカンフーシーンも撮っていたらしいです。しかも、相手はマイケル・ジェイ・ホワイト!カットされた、そのシーン観たいです、猛烈に!DVDで付けてくれる事を祈ります。
 前編はアクションはまずまずでしたが、役者がイマイチだったので、やはり後編の勝ちですね。緩急のあるアクションも良いです。DVD化して連続で観るときが楽しみです。4時間はちと辛いですが・・・。
投稿者:敦煌投稿日:2004-05-25 01:35:15
【ネタバレ注意】

 殺戮シーン過剰で、見ていてひどく不快な気分になったvol.1とはうって変わり、
本作でブライドが殺したのはビル1人。まさに“キル・ビル(ビルの殺害)”に
特化した作品となった。
 vol.1は日本がテーマだったが、vol.2のテーマは中国。ブライドがバドの魔の
手を逃れたのも、エルを倒したのも、そしてビルへの復讐を果たしたのも、すべ
てがカンフー技だった。
 偏屈な師匠が、ビルやエルには伝授しなかった秘技を、ブライドにだけは伝え
ていたというのがポイントですね。
http://homepage3.nifty.com/atsuo-m

投稿者:浄瑠璃2投稿日:2004-05-19 14:49:21
たった一つ残念だったのは、Vol.1で“ダルマ”にされたジュリー・ドレフュスが登場しなかったこと。高慢ちきなダルマ美女、ずっと愉しみにしてたのに。
投稿者:cement投稿日:2004-05-17 11:28:51
【ネタバレ注意】

関係ないけど、最近DVDでCUBE2を観て映画熱が上がって
劇場に見に行きました(1はDVD)
1はタランティーノの好きな映画のパロディを盛り込んだ感じ
2は今までのタランティーノ映画を盛り込んだ感じを受けました
いつもの無駄話が今回はストーリーに関係ある話になっていて
タランティーノ映画の中では入りやすい映画ではないでしょうか

エルが刀を抜けないテンドンに笑い声を抑えるのに必死でした(笑)

投稿者:☆ななこ☆投稿日:2004-05-15 16:04:42
【ネタバレ注意】

個人的にはvol2の方が好きかも。
vol1は日本が出てきたせいか「おいおい・・」と思う方が強かったので。
インパクトは確かにvol1の方があったけど映画らしくなったのは2jyないかなぁ。。
パイ・メイがヒゲを触るのがイライラしたけど・・・。
ビルの最後まで非道なやり方にイライラしたけど・・・。
vol1・2通して楽しめました。
エルの眼を足で踏み潰すシーンは・・・・鳥肌がたった(気持ち悪くて、笑)

投稿者:FFF投稿日:2004-05-13 00:36:13
【ネタバレ注意】

Vol.1以上に最高でした。これ以上の徹底したオマージュ映画はもう無理でしょう。
個人的には英語版「子連れ狼」のモノローグを聞いた後に、ゾンビーズねたの「She's not there」が流れた場面にカンドー。
妊娠検査計は誰もが経験する身近な恐怖(?)では。マドセンの死に方もOK。
何より映画としてしっかり面白かった点が素晴らしい。

投稿者:エバ投稿日:2004-05-11 21:45:50
【ネタバレ注意】

あのシーンがいちばんすき(笑)
ダリル・ハンナの痛がりよう(というんでしょうか)&暴れようが…
あれだけ服部半蔵の刀にこだわっていたのに、結局は北斗神拳?!とか、
ブライドの殺し屋のくせに動きがなんだか鈍かったり、
基本的にタランティーノのその有無をいわせぬセンスが好きなので
許せるし、普通に楽しめました。
結婚式の日の、ユマのウェディングドレスon裸足も、
足フェチのタラらしいです。
しかし、プッシーワゴンはどこへ行っちゃったんでしょーねー

投稿者:PAPA投稿日:2004-05-10 12:38:57
昨日(日曜の朝)、丸の内ピカデリーで観てきました。観客が少なくて、落ち着いて観ることができました。
1の血潮のイメージが強いので、少しビクビクしていましたが、まあ1程の「なにか」は無いけれども、おもしろかったと思います。音楽に期待していたけれども、ちょっとそこは自分の好みでなく、今回はサントラはやめようかな。
私は、「キャリー」をやったのだと思ったのですが、あの場面で噴出してしまいました。
投稿者:Johnny投稿日:2004-05-10 02:48:13
Vol.1と同様によい意味でも悪い意味でもやられました!
前作の疑問に対する回答編の様な
ストーリー展開で説明が多く感じた。
『ジャッキー・ブラウン』が好きな人や「Vol.1は期待とは
違った」と言う人にはすんなりと受け入れられそうです。
で、前作が好きな人にはファンタジーな世界から現実の世界に
引き戻された感じがして、寂しくなりそう。

キャラダインのベテランならではの風格、ムッチムッチなマドセン
冷徹なダリルなども良かったのですが、オーレン一味の
インパクトには及ばず3人のキャラ立ちが弱く感じました。でも、
ユマの愛情溢れる可愛らしい表情やゴードンのヒゲを“ハラ〜リ”
とするところなんかは、良かったです!
見どころは、やっぱエルかな。マイケル・パークスも
前作に引き続き、いい味でてます!
教会でのやり取り、雰囲気が好きです。
音楽は、ロドリゲスな感じでしたね。セリフ回しなんかは
コッチの方がタランティーノっぽい気がします。

個人的には好きなんだけど「うーん」って感じでした。
今回もタランティーノ映画が好きな人でないと
辛いのかなと思います。Vol.1で、がっかりしてた
友達(見るんかい!)は「前作よりマシだけど物足りない」
などと言ってました。『フロム・ダスク・ティル・ドーン』
みたく、一本の映画にまとめた方が
良かったかな?なーんて思ったりもしました。
投稿者:sakiぐりん投稿日:2004-05-09 00:00:55
「嫌悪感なく観れた」、これが通しで観た感想です。
前作ではアクション重視で得意の「タランティーノ節」が皆無でしたが、
今作は「台詞」のやりとりが絶妙、ちゅか、「ああ、タランティーノだ・・」
という安心感を覚えました。
瀕死の男に向かって「ここからが大事よ、聞いてね」
なんて言ってうんちくを披露するくだりはまさに真骨頂。

ただ、この作品は元々は二部にならずに一本の映画だったはず。
だとすると、どうバランスとったんだ・・・?
(正直、続編と考えると、駄目映画です。トータルバランスめちゃくちゃ)
投稿者:glamfreak投稿日:2004-05-06 01:45:24
映画界もネタ切れである。今さら目新しい筋書きは期待できない。
となれば、何に感動するかというと、
『キル・ビル1』に溢れる監督の「思い入れ」。
そして、『キル・ビル2』でまざまざと見せつけてくれる「役者だましい」だ。
中でもデヴィッド・キャラダインは凄まじい。
ウォーレン・ビーティーが自ら「もっと相応しい人がいるだろう」と
降板したのも頷ける。
ただし、視覚で迫った『1』に対して、
『2』では小意気なセリフが山とちりばめられているのを
字幕に反映しきれなかったのが惜しい(実際、かなり反映しにくいと思う)。
特にブライドの When will I see you again? というセリフに対する
ビルの反応にはウケてしまった。70年代万歳!
投稿者:ムーネルドンハ投稿日:2004-05-05 14:05:53
2にストーリもって行き過ぎたかな。1本にはならんかったのか。でも好きだから許す。ただ1で引いちゃったのか、客が少なかったな・・・
投稿者:kuss投稿日:2004-05-04 00:47:12
ハチャメチャさが面白かった前作とくらべてはダメですね。これはこれで単体の作品としてみなければ。そういう意味では非常にタランティーノっぽさが出ててよかったです。美しく強い女性の戦いをこんなにかっこよく撮れる人ってタランティーノしかいないかも。今度のチャーリーズエンジェルズはタランティーノで撮ったらどう?ユマ・サーマンかっちょいいねぇ。7点。
投稿者:トレマー図投稿日:2004-05-03 11:55:40
ドラマが退屈すぎる。冒頭の結婚式の場面でもうダレた。眠くて眠くてしかたがなかった
投稿者:幻巌堂投稿日:2004-05-01 15:38:50
巻頭のモノクロオープンカーシーンは、ヒッチ先生の名作「断崖」を思い起こさせてくれるし、中盤の中国拳法習得シーンでは「燃えよドラゴン」ばりの粗い粒子のカラー。さすがにタランティーノ、徹底してますな。二役目のマイケル・パークスの登場もご愛嬌だしね。
映画自体は、前編の劇画調から一転してマカロニウエスタンの香りを湛えたアクションてんこ盛りの超B級サスペンスといったところ。2時間18分 を充分に楽しませてもらいましたよ。中でも、ダリル・ハンナの悪女ぶりには、もうホレボレしてしまいますな。「燃えよカンフー」デヴィッド・キャラダインもなかなか渋い。5点爆心突きには笑っちゃったけどね。
これで、梶芽衣子がちょっと顔を覗かせてくれていたら、もう文句ないのにねぇ。
こりゃぁもう、次は全編一気に観るしかないね。
投稿者:Cinema Trek投稿日:2004-04-29 22:18:37
第1作目は、音楽も60年台後半から70年代にかけてのヒット曲を使用。演歌やわざわざ米国人同士においてもセリフを日本語にするなど日本にオマージュを捧げた血しぶきの多いスプラッター・ムービーであったのに対し、今回は、カンフーとアメコミにオマージュを捧げた作品となっている。過激なアクション・シーンはあるがカンフーの場面は少ない。アメコミにおいては会話によってうんちくを語られるので字幕についていくのが疲れる。前回のようなスプラッター・ムービーではなく普通の作品となっている。作品自体、単体として決して悪くはないが前作をイメージして観ると落差の激しい作品となり観なければ良かったとなりかねない。個人的には1作目をDVDで購入しても2作目は購入しないだろう。また1作目と2作目を逆にしてラストをスプラッター・ムービーにすればかなり盛り上がった印象になったかも知れない。

20040429_Cinema鑑賞_70点
投稿者:nehane215投稿日:2004-04-28 18:54:53
1と2を続けて観るべき(観たい)。っつうか、
もともと1本だった訳だし。ハイ。
3にイクかな?微妙。
投稿者:Longisland投稿日:2004-04-26 22:59:26
フィルム・ノワール風のオープニング、Bムービーサスペンス風、80年代の中国映画風のザラザラした映像、アメリカンコミックの薀蓄を語るK・キャラダイン、再びクラシカルなエンディングテロップetc ・・・タラちゃんのシネフィルぶりに再び共感しました。
個人的には前作の猥雑なお祭り騒ぎの方が好み、今回の(復讐される)3人はちと小粒か・・・ ダリルハンナは超かっこいい!!

タラちゃん続編作って、お願いだから続編、カンヌ審査委員長なんかいいからさ、キルビル3撮って下さ〜い。
投稿者:篭瀬山投稿日:2004-04-26 22:37:46
度を超したやんちゃ振りに芸がなく白けた前作と比べると、通常の洗練された語り口を取り戻しており、意識の流れを妨げずに見せてくれる。ただ相変わらずテーマとかなんちゃらはないので、ディテールへのこだわりがしつこく感じるところはある。特筆すべきは格闘シーンの切れのよさ。女性の細長い手足から繰り出される蹴りやパンチは鋭利かつ閃光の如しで、マーシャルアーツが刀(それも日本刀)の斬り合いのように見える。タランティーノがこういう境地へ到達したのは驚き。7
投稿者:ヒッチ先生投稿日:2004-04-25 21:15:58
前作のスプラッターがなくなり、おとなしくなったな。個人的には、墓からザ・ブライドが出てくるシーンがお気に入り。あれは「キャリー」か?「サンゲリア」か?
投稿者:プリズム5投稿日:2004-04-25 06:46:58
Vol.1はスプラッターでしたが、今回はラブ・ストーリー。全体的な派手さは少なくなりましたが、一応の完結編としてはなかなか良かったと思います。
投稿者:紅竜投稿日:2004-04-24 19:38:26
展開が散漫だったvol.1に比べると今回は各エピソードが密に絡み合って
いて復讐劇としてもヒロインの成長物語としても良くできています。
確かにビジュアル面での派手さは全くと言っていいほどありませんが、
タランティーノ監督の独特の語り口は十分堪能しました。
前作の狂騒ぶりにウンザリした方とかバイオレンス映画の苦手な
女性の方とか結構気に入るかも。
投稿者:ちゃき投稿日:2004-04-24 19:31:24
【ネタバレ注意】

謎に包んだまま半年引っ張られましたが、ようやく完結。思うに、1が好きな人は2にがっかりで、1がいまいちな人は2が好きだと思う。個人的には1より2のほうが好きだった。日本が出てこなくてもっとすっきり娯楽映画として楽しめたからかもしれません。違和感なくQTの世界に入り込めるという点で一般的に日本人は2の方が好きだと思う。1での日本語の?さはないし、中国語はしゃべれないし、アメリカ視点での昔の中国映画のおかしさが共感できるのでパロディー(ではないけれど狙いは分かる)も楽しめたし。

それよりもかなり細かく計算されたストーリーとか映像とかにうきうきしてしまって、すごく満足。キャラのマニアックさといい小道具のこだわりといい、よかったなぁ。各章に分けたシーン設定も、1と2があるから、という意味では効果的でさすが。QT独特の後から思い返せば・・・というストーリー展開も2を観てから改めていいなぁと思いました。ストーリーも待たせたのにも関わらず裏切られなくてよかった。ユマ・サーマンももちろんいいし、友情出演だと思われるサミュエル・ジャクソンも素敵でした。

飛び上がるほどグロいけれども、踏むという接点での目玉と金魚の繋がりがよかったかな。ブライドとビルの意外な展開な接点もよかったし、ブライドの殺し屋としての天性の話も○。http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/1980/

投稿者:ヘナチョコ投稿日:2004-04-24 18:48:09
なんか普通の映画になっちゃいましたね。タランティーノの作品じゃないみたい。期待が高かった分、ガッカリしました。
コレなら「レジェンド・オブ・メキシコ」のほうが数倍面白いです。
投稿者:キャメロンディアス投稿日:2004-04-24 15:58:20
アクションの部分に関しては同意見でインパクトがありませんが、ストーリーが
それを補っていたので普通に楽しめました。アクションがそれ程無いのにドラマ
の方に夢中になりますね、2は。爽快感はないもののスッキリした感動が本作
にはあります。エルとソフィの事が心残りですが・・・。五点掌爆心拳がかなり
かっこいいです。
投稿者:eiji_in_uk投稿日:2004-04-24 05:00:04
下の皆さんと同意見です。それなりに面白いものの前作の様なパワーが感じられずちょっとガッカリ。公開前にいろいろ煽り過ぎたのもいけなかったのでは?「凄い秘密が明かされる!」みたいに言われてたから。あとブライドの名前が最後まで明かされなかった事の意味が分からない。原語で見たので聞き落としたのかな?
投稿者:PEKO投稿日:2004-04-21 00:41:24
【ネタバレ注意】

前作と比べて真面目に(?)なった分インパクトと面白味が減った気がしますが、十分楽しめます。
今回はとにかくエル・ドライバーとブライドの闘いに限ります。二人の女の闘う姿がかっこいい!便器に顔をつっこむシーンが好きです。
あとはやはりパイ・メイ!髭をなでるのが気になって気になって。
2004.4.20観賞 8点

投稿者:右心室投稿日:2004-04-17 16:38:47
【ネタバレ注意】


期待以下ではありましたが、やっぱり楽しめました。1と2どっちが面白い?って聞かれたら「1」って即答するだろうけど、目ん玉引っこ抜いちゃうようなショッキングなシーンも健在だし、カンフー映画とかカートゥーンヒーローズへの超分かりやすいオマージュ(敬意の念)もあったりして、ソレが大好きな人はより楽しめると思います。

つーか、アメリカで北斗神拳が見られるとは思わなんだな。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 女優賞(ドラマ)ユマ・サーマン 
 □ 助演男優賞デヴィッド・キャラダイン 
□ 主演女優賞ユマ・サーマン 
□ 作品賞 
 □ 女優賞ユマ・サーマン 
 ■ 格闘シーン賞ダリル・ハンナ ダリル・ハンナvsユマ・サーマン
  ユマ・サーマン 
【ニュース】
MTVムービー・アウォード、作品賞は大番狂わせに2005/06/06
タランティーノ&ロドリゲスがホラー作品を競作へ2005/05/26
サターン賞結果発表2005/05/06
MTVムービー・アウォード、ノミネーション発表2005/05/06
サターン賞、ノミネーション発表2005/02/10
ゴールデン・グローブ賞結果発表!!2005/01/17
放送映画批評家協会賞、結果発表!2005/01/11
ロジャー・エバート氏トップ102004/12/21
放送映画批評家協会賞、ノミネーション発表2004/12/16
ピーター・トラヴァース氏ベスト102004/12/15
ゴールデン・グローブ賞ノミネーション発表2004/12/14
2004年の映画悪役大賞決まる2004/10/28
全米興行成績、「シュレック2」が記録的デビュー2004/05/24
全米興行成績、ブラピ主演「トロイ」が征服!2004/05/17
全米映画興行成績、「ヴァン・ヘルシング」が圧勝2004/05/10
全米興行成績、人気アイドル主演作が首位2004/05/03
全米興行成績、D・ワシントン主演作が首位2004/04/26
全米興行成績、「キル・ビル」続編が首位獲得2004/04/19
全米興行成績、「パッション」が復活祭に復活2004/04/12
「キル・ビル2」フルトレーラーがネットで公開2004/04/07
早くも「キル・ビル3」の構想が明らかに???2004/01/15
「キル・ビル2」オフィシャルサイトオープン!2003/12/29
タランティーノ、究極のパニック映画をつくる?2003/12/03
ロドリゲス監督、「キル・ビル」続編に楽曲提供2003/11/20
【レンタル】
 【Blu-ray】キル・ビル Vol.2 <USバージョン>レンタル有り
 【DVD】キル・ビル Vol.2レンタル有り
 【VIDEO】キル・ビル Vol.2 <日本語吹替版>レンタル有り
 【VIDEO】キル・ビル Vol.2 <字幕スーパー版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION