allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

トロイ(2004)

TROY

メディア映画
上映時間163分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2004/05/22
ジャンル歴史劇/アクション/アドベンチャー
300 <スリーハンドレッド コンプリート・エクスペリエンス>/トロイ ディレクターズカット Blu-ray (初回限定生産/お得な2作品パック)
参考価格:¥ 2,592
価格:¥ 2,071
USED価格:¥ 1,700
amazon.co.jpへ

 Photos
トロイ

【解説】
 一人の美女を巡ってトロイとスパルタの間で史上最大の戦いが繰り広げられたという、古代ギリシャの伝説的戦争“トロイ戦争”を壮大なスケールで映画化した歴史スペクタクル巨編。監督は「パーフェクト ストーム」のウォルフガング・ペーターゼン。出演は「オーシャンズ11」のブラッド・ピット、「ロード・オブ・ザ・リング」のオーランド・ブルーム、「ハルク」のエリック・バナ。
 紀元前12世紀。貿易の中心地として繁栄を極める都市トロイ。その富はギリシャ各国の標的となり、長年に渡って戦いが繰り返されていた。そしてある時、これまで敵対していたギリシャの強国スパルタの王メネラウスが和解を促してきた矢先、トロイ王子の弟パリスによってメネラウスの妃ヘレンがさらわれる事件が勃発する。パリスとヘレンは一目会った瞬間互いに恋に落ち、もはやその熱情を抑えることは出来なくなっていた。しかし、王の権威を汚されたスパルタの指導者たちは、王妃を奪還するため無敵の戦士アキレスと千隻もの船団をトロイへ差し向けるのだった…。
<allcinema>
【吹き替え】

日曜洋画劇場
※このデータは放送当時の情報です。
山寺宏一ブラッド・ピットアキレス
内田直哉エリック・バナヘクトル
平川大輔オーランド・ブルームパリス
岡寛恵ダイアン・クルーガーヘレン
磯部勉ショーン・ビーンオデュッセウス
石田太郎ブライアン・コックスアガメムノン
羽佐間道夫ピーター・オトゥールプリアモス
石田圭祐ブレンダン・グリーソンメネラウス
弓場沙織ローズ・バーンブリセイス
八十川真由野サフロン・バロウズアンドロマケ
放送2010/02/07 テレビ朝日 日曜洋画劇場
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 (2003)
[002]Aハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (2004)
[003]Aネバーランド (2004)
[004]Aスパイダーマン2 (2004)
[005]Aミスティック・リバー (2003)
[006]Aデイ・アフター・トゥモロー (2004)
[007]Aスター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (2005)
[008]Aシービスケット (2003)
[009]A“アイデンティティー” (2003)
[010]Aマスター・アンド・コマンダー (2003)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
94676 7.19
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2014-06-15 09:18:23
80年代に「U・ボート」や「ネバーエンディング・ストーリー」、
「第5惑星」など独特の視点の作品で楽しませてくれた
ペーターゼン監督作品ですが、アメリカに渡ってからは
凡庸さを感じます。CGの洪水の中では監督の個性も
あまり出せないのかもしれません。
それなりに見応えはありますが、平凡な作品という印象です。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-03-14 23:20:09
マッチョ野郎どものハダカ祭だ わっしょい!!
投稿者:カール犬投稿日:2013-12-30 04:58:41
ブラッド・ピット輝ける肉体改造お披露目映画。

鍛えた筋肉見てー見てーすごいでしょーって。

でもそれが最たる宣伝材料の映画って結局どーなの?

フタを開けてみるとどうしたって面倒くさいナルシズム抱えたアキレスより、
パーな愚弟のせいで苦労を背負い込んだヘクトルの方に関心が向くよね。

その後たるんで太って元通り。リバウンドって強烈。ホメロスもびっくりだな。
投稿者:has42120投稿日:2010-08-08 14:32:47
ブラット・ピット&オーランド・ブルーム
投稿者:EROZZA投稿日:2010-06-24 13:03:19
★エロ目的で映画を観たっていいじゃないですか★

(ただしディレクターズカット版のほうですが)ダイアン・クルーガー
投稿者:namurisu投稿日:2010-05-18 09:48:18
ブラッド・ピットの筋トレは認める。筋トレはツライ。痩せることよりも。
投稿者:karr投稿日:2010-05-17 13:12:11
【ネタバレ注意】

 神話のいいとこ取りに全精力を傾け、セリフを練りに練ってシンプルで分かりやすく仕上げた名脚本。デヴィッドベニオフこそが一番の功労者と、あえて言い切ってしまおう。この全編を覆う珠玉の名セリフが聞けるだけでも充分価値があると言えよう。
 また、ブラッドピットの上手さが光る一品でもある。例えば、怒りと悲しみのために常軌を逸してゆく時のその微妙な心情の変化を表情で表す(彼が得意としている代表的な演技手法の一つ)のだが、これが、武田鉄矢のあの大泣きの名演に匹敵するほどなのである(もちろん褒めてます)。そして、韋駄天のごとき素早さと毘沙門天のごとき強靭さで敵を打ち倒してゆくその美しさは筆舌に尽くしがたく、演出力によるところが大きいにしろ、それ以上に彼ならではのセンスの良さを感じずにはいられない。ロバートレッドフォード二世と騒がれ、美男子の代表として取りざたされていたのはもうすでに過去の話。「snatch」などでの一癖も二癖もある役柄の方がはまり役なのではと感じさせられてしまうほど、役者としての厚みがどんどん増していて、今では、普通にたんたんと語っている場面でさえ上手さを感じずにはいられないほどである。語り口しかり、表情しかりである。
 余談ではあるが、ヘクトルの息子を演じる赤ちゃんの名演には驚かされた。ヘクトルが妻子に別れを告げる場面である。父に別れのキスを受けた後のその赤ちゃんの表情。まさかの「別れを悟った?」的な表情なのである。一見の価値は有りますよ。
 しかし、一番驚いたのは、何千年も前の、それも神話を、見事な一本の人間ドラマにまとめ上げる事に成功した、ということである。原作が神話なだけに、かなり無理やりの作業だったに違いない。現代人が見てもつじつまが合うようにと、ああでも無いこうでも無いと苦心しまくったであろう。その苦労を酌んで上げようじゃないか、と言う意味で、「パリスとヘレンの事が無くてもいずれアガメムノンはトロイを攻めたであろう」という仮説を受け入れて、プリアモス一家のわがままに目をつぶる事を手始めに、私は細かい事には目くじらを立てない、という決心をした。そう、この手の映画を堪能するには、たとえどんなに良く出来た映画でも、多少なりともこの種の寛大さを必要とするものであるからして。
 それにしても、何度も言うようだが、セリフの秀逸さには心底、驚かされた。ストーリーの流れに乗っているし、無駄は無いし、なんと言っても含蓄があり、ユーモアさえあわせ持っている。
 しかもその名ゼリフを、かの名優たちが語るのである。偉大な王というよりは人間味あふれる王を好演するピーターオトゥールの口からこぼれる名ゼリフは数限りなく、特にブラッドピットとの「息子を返して」シーンは、すべてにおいて恐るべき出来栄えとなっている。そして、出番は少ないながらも心に染み入る名ゼリフを残したのはジュリークリスティ。また、悪に徹しながらもどこか愛嬌が漂うアガメムノンのブライアンコックスは、ブラッドピットとのからみなどでは滑稽なまでに自分をさらけ出す名ゼリフをはき、それがまた場面として心地よいアクセントとなって飽きさせない効果につながっている。ブレンダングリーソンは、名ゼリフは少ないが、しかしその存在感はさすがだ。エリックバナは出番のわりには名ゼリフは少なかった。その逆で、出番が少ないわりに名ゼリフが多かったのがオデュッセウスのショーンビーン、彼の語り口が知的だからこそ、という見方もある。オーランドブルームは、こんな情けない役をよくぞ引き受けたという意味で敢闘賞ではあるが、やはり名ゼリフは少ない。その分、情けな〜ゼリフは多い。女優の中では、やはりローズバーンがいい。ブラッドピットとのからみが多いおかげとも言えるが、その表情や仕草にうぶな輝きがあり、実に好印象。自分の名ゼリフが少ない代わりに、ブラッドピットの名ゼリフを引き出し、受け取る役目を見事に果たしている。
 はっきり言って、名画である。何度見ても飽きないのだから、名画としか呼びようが無いのである。

投稿者:gapper投稿日:2010-05-16 22:23:59
 ブラピの肉体改造自慢映画。

 最近少なくなったような気がする、大作映画でもある。
 大作映画でも、ヘストンのベン・ハーやオトゥールのロレンスなど面白いものも多かったと記憶する。
 スターウォーズは、実写とSFXは別で実写の撮影は短いそうでSFXと編集に時間を割くそうだ。
 拘束時間が長いと我侭な俳優が多いから上手くいかなくなるからだろう。

 CGが今ひとつで、特に船がCGで壮大な感じが削がれている。
 ブラピのアキレスだが、頑張ってはいるものの圧倒的な強さが薄いように思う。
 これは、先入観かもしれない。
 しかし、映画と言うものはそういったものも考慮して作らなければならないと思う。
 そういう意味でキャスティングミスである。

 その他は、女優陣も綺麗でバナもブルームも適役と思う。特筆的なのはブライアン・コックスでX−MEN2と同じく悪役を上手く演じている。
 原作をかなり改変しているので、もう少し絞って短くすることが出来たと思う。
 欲張りすぎだ。
 作り手はさまざまな思い入れがあるのかもしれないが、半商半芸の映画では見る方の事を十分考慮すべきで、30分程短くすればより見やすく入りも多くなったと思う。
投稿者:BMG投稿日:2010-03-05 22:34:58
何回でも行ける。
戦争も剣を使ったアクションも人の愛も悲しみもホント魅せてくれる。素晴らしいですね。
投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-03 09:52:38
アキレス役はもっと強そうな奴が相応しいとは思うが、全く知らんかったトロイ戦争についてその一端に触れることができただけでも収穫。

キャストでは特にエリック・バナが良く、これ以来すっかりファンになってしまったよ♪
投稿者:花男投稿日:2008-12-16 17:21:09
映像や役者(演技というよりどちらかというとビルドアップされた肉体)がよかったですね。

ただ戦争の描写がどうにも興ざめしてしまいました。 何万人という規模の戦闘が「1対1の戦いで敵の大将と間違って違う若者を殺しちゃったから今日は戦闘終了だ」で終結しちゃったり、夜中にこっそり敵の陣地に潜入し一番優秀な兵士のテントにまで見抜かれずに入っていける国王は、兵力で負けているにも関わらず、戦闘にはその抜け道を使った奇襲なんて方法はとらずに、正面攻撃に徹したり、あたかもルールブックに則って戦争が行われているようで、互いの陣地を両端としてその間のフィールドで行われるスポーツの試合を見ている感じでした。そんな中で命賭けの戦いを見せられてもちょっとばかばかしく思えてしまって・・・。
投稿者:hymitecs投稿日:2008-01-02 17:04:18
【ネタバレ注意】

イーリアスをちゃんと読んでないのだが、すごく悲劇的で面白いストーリーに心を奪われる。
無論、ヘレンとパリスのせいで戦争が始まり、民衆や兵や家族が死んでいくわけだが、この2人が自分等の行為を嘆くくだりは冗漫に感じる。
このあたり、どんなものにもアメリカ正義感を挿入せずにいられない米映画界の限界なのだろうか。
パリスは線が細くて、砂の惑星のカイル・マクラクランに似ているなあと思いながら見ていたが、調べてみるとレゴラスだったんですね。
最後に、ローズ・バーン演じるブリセイスが実に可憐だ、ということを言っておこう。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2007-10-26 14:57:56
1時間3分でリタイア。「アレキサンダー」の方がマシ。これは歴史に興味を持って貰おうとティーンエイジャー向けに作られたのだろうか。それはともかくこんなのは監督不在でも完成できた映画だと思う。ストーリー、キャラクター、映像に深みは無いし、CGも安っぽい。オーランド・ブルームも此処では只の馬鹿。
投稿者:ピンクガンスモーキン投稿日:2007-09-15 18:47:48
フツーに楽しめる、フツーに豪華で、フツーの超大作だから、フツーに5、6回に分けつつ、フツーにラストまで鑑賞できました。
ただ、何となく、終わりかたが地味だったので、画面の端に「つづく」とテロップが出そうな気がした。
たぶん、来月あたり、NHKで、この続きを放送してくれるのではないか?あ、教育テレビのほうで。そうなれば、ありがたいね。

私は、この作品をケナしているわけではない。正直言って、「もう一度観たい」という気持ちすら起こったのだから、合格点を付けているつもりである。
とにかく、160分余りの長さで、ホメロスの『イーリアス』をあらすじ通りに映像化している努力は買いたいと思うし、中高生の学習補助教材としても良さそうだ。

ただ、感動は少なかった。
いわば、興味のないスポーツ競技を観戦したときの気分に近い。
その代わり、学習意欲を刺激する。これは良いことでしょ?
じわじわとホメロスを読みたくなって来るのだが、それは、たぶん「一応、この謎のスポーツ競技のルールを知っておきたい」という感じになるのだと思う。

もちろん、何かが足りないという気持ちは残る。
たとえば、数千の大軍勢を一望のもとに収めねば気が済まないといった俯瞰シーンの多用に苛立ちを覚えたり(いちいち見せたがる姿勢が、逆にケチ臭い)、俳優たちのクローズ・アップの多さに対しても、TVドラマ的な安っぽさを感じた(身振り・手振りでも演技できるはずなのに、顔芸ばかりかよ!)。

さっぱり神々が出てこないのも不満。
望むらくは、いかがわしい神々の登場・活躍を見たかった。戦争中心の描写だけでは、スマート過ぎるのだ。
つまり、いかにしてゼウスやアフロディーテが、人間世界に介入したのか、ペーターゼンなりの解釈で、映像化してくれていれば、さらに満足度が高かったろう。
要は、異様なモノ、怪奇なモノを観たかったということだ。

私は、べつに、膨大な軍勢を見せつけられて「ちくしょう、多いぜ、多いぜ」と感心したいワケではないのだ。
監督は、そこを間違っていないだろうか?いや、『イリアス』には無いはずの、例の不気味な木馬を最後に出して見せたのは、分かっている証拠だとも思う。そして、分かっているなら、もっとやって欲しかったと思う。
投稿者:terramycin投稿日:2007-07-25 23:33:50
どこまで史実なのか調べたが、半分は神話のようなトロイの歴史だったので、作中で異常なまでに神々を信仰していたトロイの幹部たちの考え方にもうなずけた。

かっこいいアキレスとかっこわるいパリスが非常に対照的で良かった。
また、作品も、トロイ、ギリシアの双方の視点から描かれているので、一方的にならずに見ることができてよかった。

女好きの優男が女(美人)にうつつを抜かし、その後大事になるというのは現代にも通じるリアルなことと感じ、人間はこの部分では今も昔も変わらないなあと思った。

トロイの王様はあんなに長男のことを溺愛していたのに、意見は側近の方を採用してしまったのは、残念だし、器も足りなかったのかもしれないと感じた。

アキレスについて今回知ることが出来たのは収穫だった。
投稿者:william投稿日:2007-05-04 10:39:34
巨大スペクタクルの悪い作品の典型例!戦闘シーンに無駄が多すぎ!こういうジャンルは「グラディエーター」の様に分かり易くてスピード感がある方がいい。
投稿者:マーサ19投稿日:2007-04-29 23:07:43
【ネタバレ注意】

歴史物は結構好きですが、これはつまらなかった。
せっかく舞台がいいというのに・・。
歴史物は、いろんな意味で壮大であってほしい。
良かったのは、エリックバナを知ったこと(これからも応援!)、
ギリシャなどの景色が見れたこと、その時代のものが見れたこと(衣装他)。
年齢の高い(ヘクトルの父親とか)いい役者達がうまかったこと。

投稿者:なちら投稿日:2007-02-20 00:26:41
ローズ・バーンがいい。
やはりブラピは、現代劇の方が似合うのかなあ。。。
投稿者:まくらK投稿日:2006-08-29 13:30:35
木馬作戦に参加してんのが笑える。
全てぶちこわしやん。
オーリのヘタレぶりもナンジャソラって展開で。
ブラピのフライングアタック!はよかっただけに。
しかし最近この手の城攻めとか
古代の合戦とかよく見るなあ。
CGやったりちがったりするけど。
もうええって感じです。
取ってつけたアキレス腱攻撃とか
なさけない映画。
ゼニに目がくらんで
別の出演契約をけって出演したブラピ。
その情けなさがラストの画面からにじんでます。
投稿者:藤本周平。投稿日:2006-08-22 17:10:53
普通。
投稿者:fulcrum投稿日:2005-10-15 16:44:04
【ネタバレ注意】

ヘレネ:大戦争のきっかけになった美女、にはとても見えない。全然見えない。薄っぺらい尻軽なおねえちゃん。もっとソソる妖艶な女優をキャスティングできなかったものか。
アキレス:2枚目すぎる。しかし狂戦士っぷりはいい感じ。
メネラーウス:妻を寝取られた悲壮さのない、肉体労働専門の英雄。
パリス:ダメな人。そのダメっぷりがいい感じなのに、いかに神話通りとはいえ、この結末は蛇足だろ。でもまー、しゃあないか。
アガメムノン:全然威厳がない。しかし最初からアキレスの反感買っているのはなぜ?根拠不明。
ヘクトール:これも線が細く感じる。でも好きな俳優なので許す。ヘレネーに抱きつかれているとき、目が泳いでたのが印象的。弱っちいぞ。
ブリセイス:今回一番気に入った演技。神殿の巫女(処女)らしく、アメリカの女学生のようなイモねーちゃんなのが逆によかった。アキレスとのピロートークがけっこう色っぽい。
木馬:こんな小さな中にあの人数が入って丸一日隠れるのは、ちょっと無理では?しかも隙間だらけっぽくない?見れば見るほど無理のある作戦。しかも、これで敗れるトロイ側が木馬に輪をかけてバカに見えてしまう。
船団:膨大な数の船団がCGで参加。実は遠景の船は戦艦大和だったりタイタニックだったりする。と思って眼を皿のようにして見たが、やはりそんなことはなかった。残念。

この映画の考証がどこまでしっかり行われているのか知らないけど、「誰も見たこともないものを見せる」という映画の基本はバッチリ押さえていたと思う。壮大なムダのよーな気もするが。アガメムノンはブッシュ大統領の、戦いで死ぬアキレスやヘクトルはイラク戦線の兵士たちの、それぞれ隠喩なのか?と思ったが、この映画にかぎってそんな深読みはハズレだろうと思い直した。
個人的にはヘレネは絶頂期のデニース・リチャーズに演じてもらいたかった…。あるいは現在のドリュー・バリモアとか。そうだなドリューいいなドリュー。でもそれだとアキレスはいいとこマイク・マイヤーズだな…。やっぱり妖艶といえばローラ・エレナ・ハリングか叶姉妹のどっちかか。乳脂肪たっぷりでオーランド・ブルームが腹痛起こしそうだな。うーん難しい。この難しい映画を(外野うるさかっただろうに)、よく撮ったもんだよと思う>ペーターゼン監督
突っ込みどころは満載だが、正直これが1500円なのは安い。

投稿者:bond投稿日:2005-09-03 19:31:09
が得意なのね。大作だがいまいちピンと来なかったなー。史実に忠実なのかい?オトゥールは健在。
投稿者:irony投稿日:2005-08-21 21:58:49
 個人にスポットが当たり過ぎて何か本質が無いような作品ですね。戦闘シーンも迫力が無くて、人件費で予算が無いのか判りませんけど、映像にスペクタクル感とか血生臭とか汗とか感じられない、この監督に任せたのが失敗かも。私的にはTVMのトロイがお薦め、尺も変わらないし、あっちの方が見ごたえあります。
投稿者:るりは投稿日:2005-08-04 16:23:22
【ネタバレ注意】

去年劇場で見て最近またDVDで見てみたんですが、少し違った見方をするようになりました。一度目は、事の発端となったパリスとヘレンがのうのうと生き延びたところに憤りを感じて、「あんたたちこそ死んで償え!」と思ったんですけど、今回は、二人やアキレス、ヘクトルも含めて、それぞれの葛藤が理解できた気がします。16で野蛮な親父に嫁がなくてはならなかったヘレンにも同情の余地はあるし、アキレスが従兄弟の仇討ちを果たしたように、パリスも兄の仇討ちを果たしたわけだし。それによって悲しむ者たちもまた出てくるわけだけど…。万人の幸福なんて理想論ですよね。
皆さんも描かれてるように、男性陣は本当に素敵。そして女性陣はいまひとつ…。ただ、個人的にはローズ・バーンは役の雰囲気に合ってたし、頑張ってたなあと思いました。

投稿者:かえるさん投稿日:2005-07-03 20:56:34
 久々に良く出来た、魅せて、考えさせる映画だったと思う。もしも、自分が戦乱期に平和を目指すとしたら、何を機軸におき行動するだろうか。
アキレス、ヘクトル、パリス...と、それぞれの理想や理念が戦場という場でしかあらわせないという、人間の弱さ、脆さを感じさせた。その意味で、単なるアクションではなく、深い作品であったと評価したい。
さしあたって、権力主義、個人主義、博愛主義等が階層を越えて衝突し、最終的にトロイへと集中していくわけだが、その意味ではラストのシーンは、若干軽い感じも否めないが、全く失望させるほどでもない。
答えはないが、何が「平和」を生むのかを考えさせる、近年稀に見る大作であったといえる。
投稿者:J.M投稿日:2005-07-03 12:15:17
長さを感じさせないテンポで、奥深さはないが娯楽作品としてよかったと思う。ただ大好きなブラッド・ピットだが、アキレスの圧倒的な強い男像を表現するには美しすぎたと思う。ターミネーター2のころのシュワちゃんが演じてたら最高のアキレスだっただろうに…エリック・バナもかっこよくてファンが増えただろうけど歴戦の戦士を演じるには線が細かった。
投稿者:たこる投稿日:2005-03-26 11:45:48
原作と違うということの不満はすでにみなさんおっしゃっていますが、
私はラストのほうでパリスがアイネイアスに「君の名は?」と
聞いているのが許せません。
だって、彼の従兄弟で英雄ですよ。
後にローマにトロイを再建した人だっていうのに…
投稿者:takes投稿日:2005-03-22 20:02:52
まあ、悪くはない。同じ時期に公開されてた「キングアーサー」とよく比較されるけど、俺はキングアーサーの方がいいと思う。「アレキサンダー」もこんな感じかな〜。
投稿者:STC投稿日:2005-03-12 01:15:20
トロイ戦争を知らなかったので、勉強になりました。
アキレス腱ね〜
投稿者:バートレット投稿日:2005-02-04 10:56:46
【ネタバレ注意】

予告で迫力が凄かったので見ることにしました。(あと歴史物も好きなので)脇役にブライアン・コックスやブレンダン・グリーソンなど豪華すぎる。そして、戦闘シーンも申し分ない。木馬のシーンは、中に入ってる人は大変だなと思って見てた、結局外側からは強いが内側からは弱かったトロイの国あっけなさすぎる最後だった。面白かったので良かったが、近頃「キングアーサー」や「アレキサンダー」など歴史物が多いのはどうしてなのだろう。

投稿者:ApplePie投稿日:2005-01-24 12:34:11
歴史上の人物の相関関係が全くわからなかったので、
最初見ても意味がわかんなかった。
特に戦闘シーンでは誰がどれやらで。
後半になってやっとついていけるようになった。

オーランド・ブルームの役どころがちょっと情けなくって残念。
けど、女たらしの役多いね〜。
ジョニーディップのドンファンだっけ?彼が演じたら
どんな感じになるかな〜と、想像しながら見てしまいました。

エリック・バナが一番かっこいい役だったと思う。
ちょっと好きになった。
投稿者:てつやの爆談放送投稿日:2005-01-18 12:06:39
【ネタバレ注意】

トロイといえば木馬を連想するほど重要な存在の木馬。その木馬が出来あがり突入へとなだれ込むシーンに期待を寄せてはいたが・・・
それとは別に戦闘シーンの無駄が少々目立つ作品だった。2時間43分という時間の長さはさほど感じさせないのは、まずまずの編集と言えるだろう。
68点をつけた・・・

投稿者:お気楽極楽投稿日:2005-01-05 18:39:50
ギリシャ神話に詳しい人には、大作といえど、一本の映画のなかに長期にわたるトロイ攻防戦を入れることの難しさはわかるよね。
他には、「神」と「人間」の差が描ききれてない点が不満。アキレスにしてもこの映画の中では、だだえらく強いだけで、たとえば、斬りつけられても撥ね返してしまうような(ゲームで無敵アイテムをとった時のような)イメージがあったのですが。
といって、アエネーアスが老いたる父を背負って落ち延びていく(ローマの建国神話につながる)シーンをきっちり入れてるんですな。
投稿者:amen投稿日:2005-01-01 21:30:15
【ネタバレ注意】

まあ大作ですこと。でも主人公(ブラピ)のキャラクターに魅力がなく、状況演出も下手。何でいきなり木馬を作るというアイデアが生まれてくるのかが全く判らないし、何で木馬にアキレスが乗っているのかも理解できない。

似たような映画で言えばブレイブハートやグラディエイターの方が数倍マシ。無駄に長い映画だ。ああ、眠かった。

投稿者:Megamouth投稿日:2004-12-25 12:57:49
【ネタバレ注意】

映画館で未鑑賞のままDVDを買ったが、損はしなかったと思う。アキレスが殺されるシーンとかが気に入った。

投稿者:マスオ投稿日:2004-12-24 15:29:46
【ネタバレ注意】

極端な言い方をすれば『トロイ=木馬』という認識と知識しかなかったのですが、全く差障りなく観ることができました。白兵戦も一騎打ちも見ごたえがあったと思います。

ただ、タイトルの通り結末に不満というか、アキレスの火葬で終わってしまったことが残念です。アキレスとヘクトル、二人の英雄の物語というかんじがして、せっかく163分という長い上映時間で戦争の発端から描写してきたのに勿体ない、どうせならトロイの滅亡までしっかり描いてほしいと思ってしまいました。

投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2004-12-16 08:18:16
「トロイの戦争」は「現実」だった。でも、「神話」が「現実」なのか?
アポロンはいたのか?…いるかも知れない。信じる者は救われる。
が、もし「トロイの戦争」が「神」の介在しないものだったとしたら?
そこがこの映画の面白い所(ポイント)かも知れない。あと、俳優達の格好良さ。
絵は綺麗だが、割とあっさり目かも。それぞれの人間の性格/行動もよく理解でき、それなりに色々と思わせるのだが。
戦闘シーンもなかなかに魅せる(格好良い)。
が、「二つの塔(LOTR)」勝るとは思えない。(これはこれで悪い訳じゃないよ)
エオルの子らがガンダルフと共に朝日を浴びてヘルム砦の峡谷を駆け下りる。このシーンのカタルシスは特別だ。そんな事を考えなければ(考えるべきでない)、これはこれで面白い映画だ。
投稿者:oohlala投稿日:2004-12-13 10:27:50
テンポは良かったんだけど、登場人物の描写が浅薄。誰にも共感を覚えない。監督の演出と脚本がダメなんでしょうな。ともかく監督の演出がダメ。全く俳優陣の良さを引き出せてない。特にJ・クリスティの扱い。ありゃ、ないだろ。駄作の部類。
投稿者:yang.J投稿日:2004-11-24 19:49:22
私はこの映画いいとおもいました!!!オーランド・ブルームは頼りない男って感じでかっこよくなかったけど、ブラピがめちゃかっこよかったです。初めて「かっこいい!」と思いました☆ストーリーもおもしろかったです。一番印象に残ってるのは、ラストシーンでアキレス(ブラピ)がパリス(オーランド・ブルーム)に弓?でうたれるところ。今まで無敵だったブラピが・・・って感じでした。正直すごい悲しかったです。
投稿者:vampire投稿日:2004-10-30 19:15:45
DVDも購入したが、やはり面白かった。
特にエリック・バナの今後の活躍に期待したい。

ちなみに、ギリシャ軍勢でアキレスに次ぐ強戦士で有名なアイアス(ヘクトルに倒された大男)
を演じたのが、「X-MEN」でセイバートゥースを演じた元レスラーのタイラー・メインだったとは!
投稿者:ゆうじ投稿日:2004-08-04 20:39:31
歴史スペクタクルというには、えらく薄味の作品。テンポよく流れるストーリーのおかげで、長い上映時間にもかかわらず楽しむことができたが、見終わった後暫く後には、ほとんど印象に残るものが無い。もっと、人物の内面描写に力を入れないとね・・・。読みやすい歴史物語を読んでいるようだった。
男優陣の頑張りに比べて女優陣が精彩を欠いているのが、何とも残念。ブラピとタメを張れるくらいのビッグネームを持ってこれなかったのかね〜。
投稿者:敦煌投稿日:2004-07-23 01:25:58
 トロイの木馬とは「トロイ軍が作った木馬」だと思っていた者、正直に手を挙
げなさい。お友達になりましょう。
 ブラピはまったく気張った演技をしていないのに、不思議とかっこいいな。あ
の魅力がどこから来るのか、ぜひ知りたいものです。撮り方がうまいのか、素の
彼がかっこいいのか? たとえば兜をかぶると誰だか分からなくなってしまうエ
リック・バナなどと比べると、その輝きの差は明らかですよね。
 ブラピ然り、オーランド然り、冒頭で寝過ごしたアキレスを迎えに行った少年
然り。この映画のキャスティング担当者は、絶対に美形の男子が好きなんだと思
う。
 それとこの作品って、男女を問わずヌードの撮り方がすごくうまい。乳頭とか、
ヘアとかはまったく映っていないのに、男の筋肉や、女体のくびれがすごくセク
シーに描写されていてドキドキします。
http://homepage3.nifty.com/atsuo-m
投稿者:Cinema Trek投稿日:2004-07-11 01:53:17
トロイ戦争を描いた映画は過去にも色々あったが、これほど大画面にビジュアル的に描いた作品はなかったであろう。これもCGなど現代の撮影技術が為し得る技なのであろう。主演のブラッド・ピットがアキレスを演じたことによってアキレスの人物像やギリシャとトロイとの人間関係。あるいは弱点の意味もある「アキレス腱」。あるいは、コンピューター・ウィルスの代表格となっている「トロイの木馬」の語源が明確に描かれているのでギリシャ神話の一つであるトロイ戦争の知識を得る為の格好の作品となっている。大型スクリーン一杯に繰り広げられる戦闘シーンはビデオでは得られない迫力があるのでこの作品は映画館で観るべき作品でもあった。

200400619_Cinema鑑賞_80点
投稿者:セオ投稿日:2004-07-10 16:19:46
【ネタバレ注意】

「トロイ」はホメロスの「イリアス」、「オデュッセイア」を基にかなり脚色された作品だが、なかなか面白かった。観客を神々の目線で観せるとのことだが、そういった視点で観ると確かにいつの時代も人間とは愚かである。やっている事は今も昔も同じ、戦争とは権力を持った一部の大ばか者から始まるのだ。戦闘シーンを見て今のイラクのことを思い、涙が出てきた。王はいつも後ろにいて、戦うのはいつも戦士だけだとアキレスがアガメムノンに言うシーンがあるが、本当にそのとおりだ。そんなに戦いたいのなら自分で行け、アガメムノンよブッシュよ小泉よ。そういった意味ではヘクトルは理想的な王位継承者だった。後に王となる身の上だが英雄でもあった。まずは自分自身が第一線で戦ったのだ。今の時代に欲しい男である。現存するとある国(当時失業率0%、犯罪率0%!)の王が「私の幸せは民が幸せである事」と言った話を思い出す。王様の鏡だ。そう言える世界中のトップはどれくらいいるのだろうか?こんな事を考えながら映画を観ている私は集中できていたのか疑問だが、「トロイ」を観て時代は変わっても人の心の進化はないのだとつくづく思った。ただ、トロイ戦争が実際にあったのなら神々が登場しないのはごもっともなのだが、欲を言えばホメロスの叙事詩を基にした神々も描く完全版なる物を誰か製作してくれないだろうか。3時間弱では若干物足りなく、ベンハ―クラスの4〜5時間の超大作で観てみたい。製作費が大変な事になるだろうが…。しかし、やはりこの映画を観る前には、トロイ戦争のことをさらっと検索しておくと入りやすいかと思う。

投稿者:libra_as投稿日:2004-07-08 20:36:26
疲れましたね〜2時間50分・・・長かった

ブラピファンでなくても、男性の肉体美で目の保養をしたい人にはうってつけ。
でもそれだけ。ペーターゼンの映画にそれ以上を求めてはいけませんでした。
みなさんおっしゃってますが、とにかく女優陣が弱いですね。
監督の前作「パーフェクトストーム」ではダイアン・レインがよかったですが、今回は壊滅。

この映画がちっとも面白くないのは、俳優さんのせいではありませんので、どなたかのファンの方は見て損はないかと。
男優はそれぞれに味が出ていてとてもよかったです。
特にエリック・バナはなかなかおいしい役でしたね(^^)
投稿者:映画で元気投稿日:2004-07-07 18:49:40
コメントを読んでいて、余り評判が良くないのが意外でした。
戦のシーンはロードオブザリングより迫力があるし、敵も味方も応援したくなるようなストーリー展開はギリシャ悲劇ならばこそではないでしょうか。
勧善懲悪のファンタジーよりずーっと重みのあるスペクタルだと思いました。
投稿者:でにろう投稿日:2004-06-27 12:54:35
【ネタバレ注意】

周りの評判が良かったので、むりやりデイアフタートゥモローと二本立てのスケジュールを組んで見に行ったのに、やや期待はずれでした。
大軍の映像は迫力がありましたが、物語については、幅を広げすぎて何をメインにしたかったのかぼやけた感があります。
歴史(神話)の伝承?
アキレスの人(?)生?
「闘い」と「犠牲」?
男女愛、親子愛、隣人愛の愛憎劇?
バカは国をも滅ぼす?

木馬を城内に引き入れるに至った経緯について、もう少し説明があってもよかったんじゃないかと思う。普通に考えりゃ、敵の置いていった汚い木馬を城内に持ち込もうとは思わないし、作るほうも持っていってもらえる事を前提に作っている訳なんだけど....なんで? パンフにもちらっと書いてあったけど納得できない。原典読まなきゃダメかなあ。

投稿者:RD投稿日:2004-06-24 08:32:41
【ネタバレ注意】

前半アキレスが敵と戦ってる時、肩に剣を刺した所はカッコよかったし
パトロクロスの死、アキレス対ヘクトルの戦いも見物だった。
でも後半の戦いが長く感じ、退屈だった。
あとプリセウスの感情がもう少しほしかったかも。

投稿者:映子投稿日:2004-06-20 22:13:14
ヘレンとパリス王子の命をかけた恋愛描写が希薄な為、全体のストーリーがなんか軽く感じられてしまいました。決闘や戦闘のシーンは迫力があっていいのですが、敵なのに妙に距離が近いし。
感動したのはプリアモス王がヘクトルの遺体を引き取りに行く場面です。(?簡単に敵地に入れるのはおいといて)
ピーター・オトゥールのさすがの貫禄の演技を見せてもらいました。
あとはブラット・ピッドの肉体美に惚れ惚れ。アキレス腱のシーンはパロディぽくてなんか軽いです。・・・
投稿者:JJ投稿日:2004-06-15 16:41:54
面白かったです!!3時間という長さがあっという間でした。
名作とは言わないけれど、娯楽大作としては上出来じゃないかなーって感じ。
基本的なストーリーは、誰でもオチまで知ってるような有名な話だし
ハラハラどきどきなんてするわけないと思っていたけれど、意外にワクワク。
見所は、なんてったって男たちの肉体美。
この映画を作った人って、世間(私)のニーズをよくわかっていらっしゃる!!
近年、やたらと女優の裸ばかりが目に付く映画が多い中、
ここまで男の肉体美を徹底して追いかけている作品もめずらしいのでは?
個人的には、オーランド・ブルームの超へなちょこっぷりが気に入りました。
投稿者:hira投稿日:2004-06-15 01:24:22
 平日の最終回に・・・流石にもう空いてましたね。

 開始20分ぐらいでスパルタがトロイに攻め入っちゃった時には、「この作品、2時間45分ももつの・・・?」と心配になっちゃいましたが、あれよあれよという間に終わってしまいました。意外に政治だったり、恋愛だったりする部分が少ないので、テンポがいいです。ずっと戦ってる感じです。ピット扮するアキレスの妙な構えはツボでした。実戦的だったらごめんなさい・・・。
 さすが、嵐の最中船を出して死んじゃう男達を描いた映画を撮っただけの監督です。男の理不尽さが充満している作品です。しかし、残念ながらドラマ部分欠乏症の為、オスカーは難しいと見ました。
 ピットはカッコいいですね。『オーシャンズ・イレブン』の続編なんかに出ないで、こういう役をもっとやるべきです。折角、鍛えた筋肉が勿体無いよ!オーランド・ブルームの弓矢は初めはセルフパロディかと思いましたが、あんな重要な役割を果たしていたとは・・・。エリック・バナはピットとは違う意味でカッコいい。家族のため、国のためですな。ショーン・ビーン相変わらず渋いです。最後は目立ってました。
 ジェームズ・ホーナーのスコアは問題ですな。テーマ曲ぐらい作ってよ!って感じです。エンディング曲も『マスク・オブ・ゾロ』の曲と大差ないです。こんな大作で手を抜いてどうする、ホーナーよ!
投稿者:たつみ投稿日:2004-06-12 23:30:46

 ブラピは格好良かったけどね〜なんて言いながら帰ってきました。

 なんかカメラワーク、話の流れ、テンポがあまり良くなかった感じでした。
 あと、確かに不要なアップが多いですよね。ここは引いて映せよ!アップ続けるなよ!とか思いました。
 もうちょっと脚本面白く作れたんじゃないのかなぁ、センスが光らないなぁ、折角ここまで作ってるのに勿体無いなぁと思います。もう一息?

 でもブラピの腹筋は凄かった。一番の見所かも。と言うか一番印象に残った…。

投稿者:anemone投稿日:2004-06-12 00:47:23
【ネタバレ注意】

ホメロスの「イリアス」を読んだわけじゃないけど、トロイの戦争についてはちょっとは細かく知っていたので、映画の脚色ぶりにまず驚いた。だからそういうのを全く知らないで見ていたら、もっと楽しめたのかもしれない。映画の後に原作、はやっぱり鉄則。もっと神々に登場してほしかったな。だって、元々は人口削減のためにゼウスがこの戦争を起こしているんだから。エンド・クレジットでもinspire by ホメロス、となっているんだから、ある程度忠実にするか、もっと変えちゃうかしても良かったかも。
配役に関しては男性陣は良かった。ブラッド・ピットもただ強いだけの役だったらやらなかったのかもしれない。上と(アガメムノン)対立したりとか、そういうの好きそう。あとはピーター・オトゥール!すごくステキだった。これがもし歴史大作としてアカデミー賞に絡むなら、助演男優にノミネートされるかなあと思わせる感じがした。それに引きかえ絶世の美女役のへレンがいまいち。自分が戦争を引き起こしてるからしょうがないとは思うけど、いっつも暗くて、ああこれなら仕方ない、輝くばかりに美しい!と唸らせるシーンが全くなくて、その点が残念。
アキレスとヘクトルの闘いのシーンはすごくきれいだった。監督も自信を持っているというのを何かで読んでいたので期待していたけど、それを裏切らないシーンだったと思う。その時の音楽の使い方も、ドバーンと豪華絢爛な音ではなく、ただ太鼓だけ(だったかな、とにかくシンプルな音だった)というのが、さらに美しさに役立っていたと思う。

投稿者:アナトリー投稿日:2004-06-11 14:13:58
【ネタバレ注意】

オーランド・ブルームの演じるパリスがあまりにもショボ過ぎて、ガックリ来ました。なんか中途半端な田舎の若者という感じで、ヘレン役ともども絶世の美男美女カップルといううたい文句が泣いてしまいます。
それに対してブラピは、久しぶりに輝いていた。決闘シーンも美しく激しい。
長さを感じさせない面白さがあったけど、これで、ヒールがもっと個性的で、女優陣にもパンチがあれば、良かったのに。あとピーター・オトゥールは貫禄の演技でした。でも、このトロイの老王の判断違いで、トロイは滅んでしまうんだよねー!

投稿者:レミ投稿日:2004-06-10 11:34:14
【ネタバレ注意】

「ロード…」「パイレーツ…」でオーランドはヘッポコだと判断したので、
まったく眼中に無かったのですが、なかなかどうして「トロイ」では彼の存在感が
一際目立った。
最初画面に登場した時「奴ってこんなイイ男だっけ?」と思ってしまった。
セクシーで邪気がある表情はなかなか良いのではないかと。
また父兄の前では愛くるしいくせに、アッサリと回りを巻き込み我ままを通す所も
彼なら妙に納得できた。
あんだけ血気盛んな男達が日夜戦に明け暮れている中、1人だけ「僕は愛に生きるもんね〜」みたいな所も、ヘレンの旦那との決闘で見栄も外聞も捨てて、
生きたい一心で兄貴の足にすがる姿もとても人間らしくて良かったよ。
ただ、オーランド以外の役者だと少し嫌悪したかもね。
演技うんぬんはよく解らないけど、彼の人気が高いのが少しわかった。
今までヘボ扱いしててごめんね、オーランド。
(しかし後日「ロード〜」を見直したらやっぱりヘッポコだった…)

あとの役者は全然ダメ。特に女優陣。ブリセウスはオワッテルよ。
飲み屋のネーチャンみたい。コメントも出ない。

ブラピ、時代物は似合わないなぁ。まるでコスプレショー。
彼は現代人のカリスマ役がいいのに。マッチョな体も「ファイトクラブ」の時の方が魅力的だった。「アキレス」ってゆうより「コスプレブラピ」ってな感じ。

エリックバナは彼がカッコイイのではなく役柄がカッコイイのです。
彼じゃなくても「へクトル」はカッコイイのです。
あんなオイシイ役をやってかっこ悪かったら相当ダメな役者だろう。

結果、オーランドがこの作品に奥行きを与えていた。
CG、コスプレブラピ、新生オーランドがこの映画の魅力。
オーランドはヒーローや善人の役なんてやめて、どんどんこうゆう男を演じてもらいたい。

投稿者:kattachi投稿日:2004-06-09 13:23:45
無用なアップが多過ぎ。せっかくのCG使ったモブシーンが生きていない。ペーターゼンには昔の大画面史劇(シネラマのやつ)のアングルをもっと研究して欲しい。
バナとオトゥールが良い。ピットはミスキャスト。ギリシャ神話のアキレウスのイメージと違う。
投稿者:dadada投稿日:2004-06-08 22:54:16
歴史超大作...とは言うものの、やっぱりペーターゼン監督。予想通り、わかり易くて軽い風合いの映画に仕上げてる。つまりは、大味でインパクト無し。金と労力をもっと上手に使いなさいって感じ。トロイの木馬のくだりは、滑稽で笑える。
投稿者:巨人の星投稿日:2004-06-05 11:43:46
【ネタバレ注意】

期待していたほどではありませんでした・・・
予想以上にトロイ戦争のスケールが小さかったので・・・
9年の戦いを数日に絞った(?)のもそうだが、軍隊バトルに迫力がいまひとつ欠けた。
ギリシャ軍とトロイ軍、何万もの大軍がまるでトロイの箱庭で野外試合でもしたような戦いでした。
ロードオブリングといい、軍隊バトルをCGで描くのでも
もっと工夫を出来ないものか。ワンパターンなものばかり・・・
そして大勢が戦う中、都合よくバッタリと出会うヘクトルとアキレス(偽)。
都合よく1対1が始まって決着が付いたら、「今日はこれまで」。
オイオイ、それで終わりかい。一体何しに来たんだお前ら。まるでごっこだな。
どうみても100人かそこらで小さい喧嘩をしてるようにしか見えない。

アキレスVSヘクトルの1対1も大したことなし・・・
最初から最後まで勝つ者の見えた戦いなどに迫力などあるわけもない。
ヘクトルもトロイ最強の戦士と言う割にはイマイチ弱い。
アキレスには圧倒されるし、動きに無駄が多いし。
せめてアキレスの腕1本でも取ってみろとおもったが傷ひとつ与えられずに敗北。(鎧にキズひとつだけ)
戦いの最初のほうからぶっ殺されるのが見えてました。
ヘクトルのようなライバル役は、もっと何ヶ月も特訓するか、武術を心得た俳優を使って欲しかった。

とはいえエリック・バナは凄くカッコいい俳優だ。兜を掲げ「FOR TROY!!」と叫ぶシーンは最高!
高貴さが顔に出た素晴らしい俳優だが、体格的にいまひとつ強さが欠けてブラピに劣る部分が目立つ。
迫力ありのカッコいい顔だけでなく、肉体的・アクションの立ち回りにも力強さを出してくれたら完璧だった。
どうせ史実には程遠い映画ならせめてアクションに更なる迫力を与え、神話のごとく強さで観客を満足させて欲しかった。

結局、トロイ戦争というテーマはよかったが戦いにしては迫力が明らかに物足りない。
映画の限界を見せられたという感じ。
でも俳優陣の豪華さは素晴らしい!特に男優たちはまさに豪華絢爛!

アーサー、アレキサンダーの映画が後に控えてるが期待できるものなのか・・・

投稿者:charoro投稿日:2004-06-03 23:39:39
【ネタバレ注意】

まー、けっこう面白いんだけど、騒動を引き起こした張本人がのうのうと生き延びてメデタシってストーリーだけは、個人的にはどーにも納得いかん。どうせ史実をはずしてるなら、ちゃんと勧善懲悪にして欲しい。「おめーのために何人が死んだと思ってるんだっ」と突っ込みたくなる。ジュラシックパークシリーズもそうだったなー。

投稿者:amaten投稿日:2004-06-02 11:03:23
映画はスペクタクル、しかし、これでホメロスの世界を知ることは出来ない。
実際トルコを旅行した者としいては、舞台設定にも多いに疑問がおおい。
死ぬべき人が生き残り、生き残るべき人が死んで行くといった、全く資料的
には意味をなさない。
 これはやはりinspireとしか逃げようのないギリシャ神話に対してはかなり
冒涜的な作品となっている。
 長い戦争に疲れて木馬を作ったオデッセウスが、ここでは卑怯な戦士としか
描きこまれていないし、見ていて呆然となってしまった。
 子供には決して見せては行けない気がする。 神様をバンバンだして、ただの
ファンタジーとして作っていたなら、かなり許せた気がします
投稿者:NYY投稿日:2004-06-02 06:30:05
他の映画を観るために歌舞伎町に行ったら、広場に撮影で使った
という木のお馬さんがいて、感激のあまり予定変更、ミラノ座の
大画面で観てしまいました。
TVの宣伝等で、ま〜た〜ワンパターンのアメリカ映画だろ〜?
と思ってましたが、意外と面白いワンパターンのアメリカ映画で
した。
2時間40分の長さも感じなかった。
対決シーンもなかなか見応えがあったし・・・
良質の歴史娯楽映画(そんなジャンルあったっけ?)でしたね。
 
不満なのは、女優さんがあまりキレイでない点かな〜。
男は皆そこそこカッコイイのに・・・
あの程度の女のために国を滅ぼしたのかと思うと頭が痛くなり
ますね・・・
ラブロマンスは娯楽映画の花なのですから、しっかりと作って
欲しいものです。
この女のためなら国の一つや二つ滅んでもしょうがないかって
いうくらいの女優を探してこいって感じ。
 
ブラピもさあ、いとこを殺されたからって怒ることないじゃん。
お前だって何十人も殺したんだからさあ、いとこの1人や2人
どうしたっていうんだよ・・・
いとこもさあ、戦争しに来たんだろ〜?
最近流行の自己責任ってヤツだよ。
ブラピがホモで、最愛の男を殺されたって設定とかにした方が
良かったかもw。
投稿者:紅竜投稿日:2004-06-01 20:35:19
「王の帰還」以前に公開してれば、評価が変わってたかもしれ
ません。ロードオブ〜のような主人公達に100%感情移入して
観る戦闘スペクタクルを堪能した身にとってはトロイの登場人物
達はやたら人間くさいですね。誰にも共感できずに2時間40分
が過ぎ去ってしまいました。歴史大作としての風格を求めれば
おのずとこういう作りになるんでしょうがね。でも豪華さという点では
文句なしですし、今後も、史実を題材にした映画は作り続けられるで
しょうけど本作がその集大成と言えるんじゃないでしょうか。
投稿者:マーティン投稿日:2004-05-30 10:25:48
【ネタバレ注意】

私も劇場で見ました。すごい大作ですね。
ベン・ハーやグラディエーターのようなスペクタクルですね。

アキレスはどちらかと言うと悪い役ですね。日本人はヘクトルの方を同情するでしょう。

ブラッド・ピットを始め男優陣は頑張っていました。女優の中でも、トロイのヘクトルのいとこのブリセウス役のローズ・バーンは光っていました。
オーストラリア出身だそうですね、汚れ役もやり、背中も出していました。

トロイの木馬はだましの道具だったのですね、パリスが言うように海岸で焼いてしまえばトロイの陥落は起こらなかったかもしれません。

アキレス腱は最強戦士アキレスの唯一の弱点だったのですね。

ピーター・オトゥールは正面から顔がアップになりますが、目の動きがいいですね。
助演男優賞を贈りたいです。

ローズ・バーンはまだ新人のようですが、助演女優賞を贈りたいです。

投稿者:ひのぴ投稿日:2004-05-29 15:17:00
トロイ戦争の予備知識はほとんど無く、いきなりの鑑賞でしたが、十分に楽しめました.見終わって帰ってきた今、トロイア戦争について調べてます.史実から少々脚色しているようですが、大筋で忠実なんですね(細かい相違点をあげればキリがないでしょうが).アキレスとヘクトルの一騎打ちのシーンは皆さんご指摘の通り圧巻でした.難を言えば、ラブロマンスを強引にストーリーに組み込んだ感じがして違和感を覚えました.総大将ヘクトルの妻が女々しくて、もう少し気丈に振る舞うべきですし、ヘレナとパリスのべたべたしたのも質を落としてしまいます.あれだけのスケールで壮大な物語を描いたのですから、もっと叙事詩的なストーリー展開の方が良かった.
投稿者:Johnny投稿日:2004-05-27 01:39:31
期待以上でも以下でもなく予想どうりな
感じだったけど、十分楽しめました!
ギリシャ神話は、まったく知らないので人間関係の
詳細や設定などはよく分かりませんが
なぜ争いが起こるのかを考えさせられました。
愛の為、権力の為、名誉の為、国の為、主の為など
さまざまな理由で闘う人々が描かれていて
「争いがなくなるのは難しいのかなぁ」とも思えました。

1対1での対決などは、ただ剣をブン回すだけじゃなく
キメるところはキメていてメリハリがあって良かったです。
木馬のデザインも好き。ブラピのザ・ロックかと見間違うほどの
肉体(いいすぎ!)と鎧を着た姿はカッコ良かったです!
アキレスも完璧ではなく感情に流されるあたりなどは
人間味を感じました。いろいろ言われているオーランドも青二才
ぷりが合ってたし、まんま“レゴラスじゃん!”
などのシーンもあり楽しめました!エリックは
初めて見るけど高貴な感じが出ていて良かったと思います。

他の俳優の方々も役柄上、凄く際立っていたという訳では
なかったけれども光るものが感じられました。
久しぶりにブラピを観た気がした映画です。
投稿者:Bikke兄投稿日:2004-05-26 16:10:00
【ネタバレ注意】

重〜い剣、鎧でのあの立ち回りはスゴいです。
アキレスVSヘクトルを待つ場面はドキドキしました。
原作との違い…あるんでしょうけど、映画の世界ではOKでしょ。
木馬にアキレス、アリアリ!
人気俳優達を贅沢に使い、壮大さの中に娯楽性が充分に入っています。
それでいて愛、名誉、戦の循環等、深くはないけど描いているし。
期待はしてたけど、エリック・バナが良かった。
ブラピを魅せて、バナが引き立って、オーランドがオチ…スミマセン(笑)
ピーター・オトゥールは締めますねぇ!

投稿者:たあくん投稿日:2004-05-25 07:21:11
【ネタバレ注意】

 映画は、良く出来ているし、2時間以上の映画もあっとゆう間に過ぎてしまいました。前評判どうりアキレスとヘクトルの決闘シーンは最高で、アキレスの無敵の強さに感動しました。他の役者の方も頑張っていて、たいへん引き締まった映画でした。
 でも、なにかパリスの立場がちょっと微妙ではと思いました。ギリシャ神話を読んでからいったのが悪かったのか、あまりにも登場人物が簡単に死んでしまうので、映画の後半では、ポカーンとしてしまった。最後のオチも神話と違いすぎるので、エーと思った。私には、神話のエッセンスを取り入れたオリジナルのスペクタクル映画のような感じでした。(パリス弱すぎるし、ヘレン奪還も...。)

投稿者:右心室投稿日:2004-05-24 09:50:38
あちこちで悪い噂を聞いていたので嫌な予感を持ちながら行ったのですが、思ったよりよいデキで楽しめました。
登場人物、それぞれの愛と、それらを全て飲み込んでいく戦争の悲劇。
ドラマも戦争部分も、まあ見応えあるといっていいのでは。
ブラピの決めポーズは見てて普通に楽しかったです。
O・ブルームがへなっちい感じでハマり役だと思いました。
投稿者:常さん投稿日:2004-05-23 12:44:46
ホメロスが書いた世界最古の歴史物語「イリアッド」をもとに愛と名誉を軸として脚色しているようです。ギリシャの大軍をトロイの城壁が防ぎますが、退却したと見せたギリシャ軍が木馬によって城壁内部からトロイを破る戦記物語です。ブラッド・ピット扮する無敵の戦死アキレスの剣さばきは、「グリーンデスティニー」「ヒーロー」を思わせる無駄のない東洋的な動きで、力でブッタ切る西洋チャンバラとは異質なものを感じました。歴史物語としての重厚さと「名を残すこと」「家族を、国を、人を愛すること」などの主題がうまく描かれているように思います。おそらくCGではないように見えましたが、人海戦術だとしたらずいぶんお金をかけた作品ですね。歴史戦記物語としてしっかり作られているように感じました。http://www.katch.ne.jp/~oomoriya
投稿者:イドの怪物投稿日:2004-05-23 11:55:52
これはお勧めの一作で、久々に面白い史劇を見た。
久々のピーター・オツールがなんとも懐かしい。
この話(原作)の詳細は良く知らないけど、この戦いは確か10年続いて、アキレスは木馬以前に死んでいるかと思ったけど....
ともかくうまくまとめていたと思う。
投稿者:バフ投稿日:2004-05-23 01:12:59
ギリシャ神話で一番面白いお話だったとおもいます。 一人の美女を巡って、国家が戦うという・・・どんな絶世の美女かとおもうけど、映画のヘレンは 説得力に欠ける。 ヘクターは ピーターセン監督の Uボートの船長に似てるね。
ブラピのヌードも美しいし、戦闘場面も迫力がある。 ピーターオツールまで出演していたとは 驚きだった。 
あまり 深く考えずに楽しめる・・・かといって 時に キらリと光るせりふもあり、娯楽映画としては 上出来でしょう。 恋人と、夫婦で、友達と、一人でみるのも お勧めです。
投稿者:deborah投稿日:2004-05-20 00:23:47
パーフェクト・ストームには失望させられたんだけど、これはなかなか良かった。
何せ、時代が時代だし、半分神話だから、いかようにも話を作れる。
一応、イリアスを原作としてはあるけれど、かなり変えている部分が有り、おやおやと思ったのも事実。
アキレスの無慈悲ぶりがいい。なんの衒いも無く人を殺し勝利を手にする。
神も無い、情も無い、人間味などカケラも無いその戦いぶりが下手にうじうじ迷いながら“止むを得ず”殺していくのと違って、ぐいぐいと見るものをひきつけていく。
アキレスとヘクトルの一騎打ちは見事。
アキレスの美しい殺陣は良く練られており、超人的なアキレスの強さを表すに相応しい。
思わず、ブラピに惚れそうになった。
お気に入りのショーン・ビーンがお気に入りのオデュッセウスを演じるとあって、期待に胸を膨らませていったのだが、智将オデュッセウスがなんだか随分器量の狭い人物に描かれていて、不満。
パリスの描き方も映画の筋としては上手いんだけど、原作を知っていると、どうもね。
オーランドのファンは不満でしょうな。
女優陣は今百歩。
ダイアン・クルーガーは美しいがプラス・アルファの魅力が無い。
彼女の為に一国が滅びるとは、ちと虚しい。
それでも、スペクタクル映画の楽しさを味わわせてくれた。
投稿者:セラフJP投稿日:2004-05-19 00:39:27
90点ぐらい付けれる映画である。
予告編では「史上最大の愛のための戦い」というコピーがさ
れ、テーマが愛に絞られているが実際の映画では「名誉」と
か「戦争の残忍性」とか「政治」といったものもうまく描か
れている。主演もブラッド・ピットだけでなく、エリック・バ
ナ、オーランド・ブルーム、ブライアン・コックスの4人であることも
良く分る。
少し気になる点は「木馬作戦」なのだが、これは元々この話が全くの
架空の話であることに起因している。ホーマーの原作「イリアス」に
もこの話はなく、偽作ともいわれる「オデッセイア」にある物語で
ある。もっとも吟遊詩人によってホーマーに至るまでに400年間
謡い継がれているので確定は難しい。
「イリアス」は岩波書店のホームページを参考。
http://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/qsearch
「イリアス」と大きく違う点はイリアスは半分がギリシアの
神々の話なのだが、「トロイ」は人間たちの物語であるとこ
ろである。これはパンフにもあるように観客の視点が神の目
になることに起因している。神の視点で見ると戦争はこんな
感じなのかもしれない。「イリアス」を読んだ後に得られる
戦争に対する嫌悪感も引き継がれている。
シュリーマンのトロイ発掘は地層が上部で浅く、時代的なも
のは相違していたが、その後の追跡調査で可能性は高いとも
いわれている。歴史的に考えると、「トロイ」は原作「イリアス」
よりも歴史的再現性は高いかもしれない。そうはいっても映画のよう
な名前の人物はいなかっただろう。無名の王や戦史を神々になぞらえ
るのはどの国の神話でもいえることである。また当然、5万のギリシア
軍とか1000の艦隊はいなかったと思われる。それはロケ地がメキ
シコになった理由でもある。その十分の一ぐらいだろう。

映画の視点だが戦争映画によくある一方的な観点から書かれてない。
このことは、監督のヴォフガング・ペーターゼンが「Uボート」
で知られるドイツの出身者であることにも起因すると思う。
多少、トロイが某中東の国でギリシア都市国家連合軍が占領
統治軍の感じがするがハリウッド製作だからだろう。
パンフにもあるが、監督は人生における「愛」とともに生きる
闘いというものを描きかったらしい。ビジネスマンにも見れる
映画である。
***
映画「トロイ」と原作「イリアス」と言葉を分けたがトロイは
イリアスの別名である。
投稿者:T−2投稿日:2004-05-18 19:25:34
オーランドは個人的にどうでもいい役者だが(本人の言うとおり作品に恵まれているだけ)
スナッチ以来最近コケ気味でも、やはり嫌いになれないブラピの出演作。
12モンキーズやファイトクラブ級の印象を残して欲しい。
今回こそは久々に期待できそうな予感。(自分がスペクタル好きだからか?)
次に劇場に行ったら鑑賞予定。
投稿者:マイカル投稿日:2004-05-17 18:48:27
原作は嫌いだったので、どんな脚色をするのか気になりましたが、個人的にはとても良かったです、原作のファンは気に入らないでしょうが。
もともと、原作はドラマ的にも救いようのない物語だったんですから。
ヘレン王女は戦争後にすんなりメネラウス王と仲直りしてしまうし、戦争の原因は世界一の美貌をめぐる女神たちの醜い復讐劇だし、最後は何度か卑怯な行動に出た女神側が勝ってしまう。
話題になっている9年間の戦いですが、原作では開戦から終戦の10年目に一気に飛んで、経過はほとんど触れられずに終わってしまうので、十分納得できる脚色でしょう。
アキレスの自己中心的なキャラや、行動はまったく変わっていないけど、原作に不満のあった私には十分受け入れられる内容でした。
投稿者:カンタロー投稿日:2004-05-16 20:49:47
【ネタバレ注意】

この映画で、一番よかったと思うのは、アキレスVSヘクトルですね。
強い者同士の戦いは、すごいです。

そして、最後のアキレスが死ぬところは、半感動しました。
最後は、最強の戦士も人間なんだなーと思いました。
僕も、これを見て、戦争の怖さがわかりましたね。

でも、この映画は、前もって、どんな内容かを調べたほうがわかりやすいかもですね。
僕は、何も知らずに見たんで、最初のほうは全く意味がわかりませんでした。
今度、一般公開したら、もう一回見に行きたいです。http://www.geocities.jp/sinnkantaro/

投稿者:大衆的感性投稿日:2004-05-16 12:35:34
【ネタバレ注意】

イリアス、オデュッセウスと「トロイア戦争」だけ読んだことがあって鑑賞。
そういう設定を知って見ると、この映画のストーリーはわかりづらかった。
時間が短すぎて駆け足だったし、だったら説明を多くして、あの戦争の一部を描けばよかったのにとも思った。
9年続いた戦いをわずか数日?の話にしてしまったため、内容が薄くなった気がする。
神が出てこないので、イリアスのストーリーを描くのも無理だったとも思うけど。

トロイの木馬のシーンでアキレウスは生きてるし、パリスは戦争したことないとかで弓の名手でもないし、アガメムノンはアキレウスに殺されてるし。
何より、ヘレネ(映画ではヘレンだった?)がパリスを愛しすぎてるところに違和感。
「死んでしまえばよかったのに」って言ってもらいたかった。
まあ、メネラオスが突然ヘクトルに殺されるのでそれも無理な話だけど。

パリスがかっこよくなってて、私の中ではありえないので不満だったが、そういう話もありか。
オデュッセウスとヘクトルがよかったけど、もともとこの二人が好きだからかも。
オデュッセウスの「ゼウスに比すべき」才気はあまり描かれていなかったけど、アガメムノンがとにかく悪役なのでヒーローだった。

文句を言い過ぎたけど、映画に不満というか、イリアスとのあまりの違いに驚いただけでした。
オリジナルとしてみるという心構えをもって、もう一度鑑賞してみたい。
案外、人間なアキレウスとかに泣くことができるかも?

投稿者:みーのおねーちゃん投稿日:2004-05-15 22:36:12
【ネタバレ注意】

確かトロイ戦争って10年くらい続いた戦争だったのでは…?
映画では1ヶ月くらいで(それ以下か?)終わっているような感じです。
ま、この点は原作からエッセンスを持ってきただけなんだろうと好意的に解釈するにしても…。
あのブラピにどうやって感情移入すればよいのか?
名声のためだけに戦うと言いつつ敵の捕虜の女性を救ってみたり、従兄弟が殺されたとぶち切れて復讐に行く。(従兄弟が死んだのもあんたのせいやんと思わずツッコミ)
バナ兄ちゃんを殺したうえ、引きずって陣地に帰るなど戦士の風上にもおけん!
バナ兄ちゃんは礼を尽くしていたぞ。
せっかく肉体改造をしてもキャラそのものに魅力がなければどうにもならんと思うけど…。
どうせ死ぬんならヘクトルの役をやった方がおいしかったのでは?とまで思ってしまいました。せっかくブラピを出すのにもったいない。
バナ兄ちゃんみたいに家族や国など守るべきもののために戦うというはっきりとした考えがあれば共感できるんですが。ま、これは個人的好みかもしれません。
バナ兄ちゃんも身内(弟)に甘すぎるで…とは思いましたが。

しかしこの作品、ショーン・ビーンアニキの出番が思ったより多かったのが収穫です。
悪役ではないアニキを見られる珍しい作品かも。
今も昔も女性問題には気をつけろという話でしたね。



投稿者:minefujiko投稿日:2004-05-14 21:11:36
【ネタバレ注意】

グラディエーターと雰囲気が似てるわをおもいましたが、監督さんはぜんぜん関係ないんですね。 戦争もので残虐シーンが多いけどロマンチックで楽しめました。美男美女いりみだれ、神話のイメージも壊さず、好かったです。 トロイの木馬がいまひとつ唐突で説得にかけるかなあ。
英語で字幕なしで見ましたが、ストーリーをよく知っていたせいか、簡単な英語なのか 未熟な私でもよく理解できました。

投稿者:黒美君彦投稿日:2004-05-14 16:45:14
それほど大きな期待があったわけではないが、思わず引き込まれた。
最強の戦士の孤独感や疎外感がうまく描かれ、ブラピの演技もいい。戦闘シーンも、ブラピの「キメッ!」のポーズがピタッと静止していて、一年かけて肉体改造をしたという彼の努力が実った、という感じ。
あくまでブラピを描こうとする作品で、女性の描き方が多少甘い感はあるが、スペクタクル映画としてはよくできている。
エリック・バナとの一騎打ちも迫力があり、この作品はブラピの代表作になる、と直感した。
争いを好む男たちに対する挽歌のような味わいもあり、ペーターゼンらしい視点も好感がもてる。面白かった!
投稿者:アリョーシャ投稿日:2004-05-03 10:25:56
公開前で既にこれだけのコメントがあるのもすごいですね。昔のロバート・ワイズ監督作「トロイのヘレン」と見比べて見るのもいいかもしれませんね。ただ、「トロイのヘレン」はそのタイトル通りトロイ側からヘレンとパリスを中心に描かれていたけれど、今回の「トロイ」ではB・ピットがアキレス役で出演しているので、スパルタ側からの視点が強くなるのでしょうか? その辺を見てみたいです。
ロッサナ・ポデスタは「トロイのヘレン」では本当に綺麗で、正に絶世の美女を演じるのに相応しかったです。ただ、その後の作品がいただけなかった・・・。それと「トロイのヘレン」には確かパリスの妹カサンドラという脇役でブリジット・バルドーが出ていたはず。だから先輩のR・ポデスタをイタリアのBBと言うのはちょっと違うのでは?
投稿者:デボラを捜して投稿日:2004-03-14 14:08:23
女のために国を賭けて戦うというのは、この話が元になっているのでしょうか? 竹内マリアじゃないけれど、私のために戦わないで
ってかんじ。

ロッサナ・ポデスタってどんな女優さんなのでしょう?サイトを覗いて見ますと、1950年代から映画に出ている人なのだと判りました。51年から87年まで映画に出ているなんて随分息の長い女優さんですね。
今年70歳なのですか、20年くらい前に出てる映画の題名を見ると、なんかあぶない映画のようですね。母に聞いてみますと、

「目に特徴のある女優さんで、『トロイのヘレン』で共演したせいか、イタリアのブリジット・バルドーを狙ったみたいだけど、
BB程の存在感や色気を発揮できなかったみたいね。
あなたのお父さんがファンでね、BBよりこっちがいいって言っていたわよ。でも『黄金の7人』の後は、パッとしなくなってね
主婦業に専念したのでしょう。 最近迄、映画に出ていたなんて知らなかったねェ」

話が変わりますが、大泉逸郎さんの「孫」という歌、うちの母に言わせると、とてもいい歌だと言うのです。大泉さんの孫も小学4年生くらいかな?
投稿者:フリクリ投稿日:2004-02-05 01:18:58
かっこいい男たちの映画でしたね・・・
特にエリック・バナにはファンが増えたでしょう。
日本のいい加減な宣伝がブラピ、オーランド主演などと書いていたので、バナ・ファンの私は少しムカつきましたが
間違いなくこれはブラピとバナの映画ですね。
オーランドも出番は少ないものの奮戦してました、かっこ良かったです。
ブラピは最初のトロイ上陸戦が一番かっこ良かったです。
アキレスの槍投げがスゴイ!
久々に迫力ある面白い映画を観ました。
個人的にはもっとショーン・ビーンの出番(見せ場)があれば文句なしですが・・・
まあ、あの『キング・アーサー』よりは100倍面白いので、あと一回くらい見ようかな・・・
投稿者:たぁとぅん投稿日:2004-01-18 16:49:02
【ネタバレ注意】

トロイヤ戦争(トロイ、またはトロヤ)を取り上げるというのは大変画期的な試みなんですが、どうもブラピがアキレスという配役はどうかと? 個人的なイメージでは、ブラピはアガメムノンではないかと。木馬も出てくるそうですが、「ホメロス」だとアキレスの死後ですよね。アキレスは友情や、戦争、ギリシャの政治に悩む人で、ギリシャ一の勇士でありながら一時は戦争からも身を引いてしまう人。その辺りの葛藤するイメージがブラピと合致したのでしょうか。いずれにしても楽しみな作品です。
しかし、「愛のための戦争」というキャッチは凄いですね。殆ど神話の世界ですが、そういう言い方をすれば、この戦争自体は「愛の戦争」かもしれませんね。

投稿者:アガメムノン投稿日:2004-01-05 23:04:35
【ネタバレ注意】

この映画の原作は、超古典のホメロスの「イリアス」でしょう。岩波書店等から出てると思うので、読んで見るもよし、見てから読むもよしでしょう。アキレウスやヘクトル、パリスがどうなるかわかちゃうよ。半神半人のアキレウスの弱点は、・・・ですね。

投稿者:ちゃき投稿日:2003-11-30 15:51:15
話題沸騰のトロイです。これだけの大作を映像化するのは不可能と言われていたストーリーの映画化で、出演が、ブラピにエリック・バーナにオーランド・ブルームだったらいろんな意味で観るしかないか、といった感じの映画。でも実際に観てみて、なかなかよかった。

随所に出てくる”ブラピのプロモか!?”と言わんばかりのスローな決めポーズシーンが多かったことと、いまいちぶつ切りなシーンチェンジはあれ?と思ったけれど、ベースのストーリーを壊さずにできるだけ、エキゾチックな雰囲気で話を展開させた部分はよかったのかな?(この話はまったく知らないのです・・・)でも、「なんだ結局はオーランドのワガママなのね(笑)」という本当かどうか知らないけれどの歴史の単純さ。

登場人物といい、あまりにもロード〜にかぶるところが多くて、「(オーランドへ)あなたは剣は得意じゃないんだから弓にしなさいよ」とつっこんで本当になったり(密かに爆笑した)「エリック・バーナは怒ったら緑の巨人になるんだぞ(ハルク)」と楽しんだあたりで、純粋に映画が楽しめてないかもしれません。

でも女性は皆々きれいだし、男性は引き締まっているし、飾らない人の素の美しさに憧れます。「人々はあなたの名前をこれから先何千年も語りついでいくのよ」「人々は英雄の名前なんか覚えたりしない。王の名前だ。」という狙ったせりふ。3200年前の話で、すでに3000年は語り継がれているという意味では過去の英雄に敬礼です。最後にアキレス腱に刺さった矢がポイントなのかなぁ。この時代のことをもっと勉強したいなと思える映画でした。
(05/15/2003)

この映画にはまったく関係ないけど、予告でやっていた日本のShall we ダンス?のリメイクが気になった。リチャード・ギア(役所公司の役)とスーザン・サランドン夫婦。それにダンスの先生役がジェニファー・ロペッツだったら観たくてたまらん。竹中直人と渡辺えり子のへんてこカップルもいるみたいだし、完全なるハリウッドリメイク。アメリカでもうけそう。http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/1980/
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 衣装デザイン賞Bob Ringwood 
□ 男優賞ブラッド・ピット 
 □ 格闘シーン賞エリック・バナ ブラッド・ピットvsエリック・バナ
  ブラッド・ピット 
□ 外国作品賞 
【ニュース】
ウォルフガング・ペーターゼン監督、筒井康隆『パプリカ』を実写映画化か2009/08/12
ブラッド・ピット主演&ジョージ・ミラー監督で新たな「宇宙の旅」を製作か?2008/10/17
全米興行成績、「ポセイドン」首位獲得ならず2006/05/15
「ポセイドン・アドベンチャー」リメイク版、予告編!2005/12/14
全米興行成績、ブラピ&アンジー噂のカップル主演作が圧勝2005/06/13
MTVムービー・アウォード、作品賞は大番狂わせに2005/06/06
「ポセイドン・アドベンチャー」リメイク版、主要キャストが決定2005/06/06
全米興行成績、「キングダム・オブ・ヘブン」が首位2005/05/09
MTVムービー・アウォード、ノミネーション発表2005/05/06
クライヴ・オーウェン、「ポセイドン〜」リメイクに主演か?2005/03/04
アカデミー賞発表!!!2005/02/28
アカデミー賞、ノミネーション発表!2005/01/25
全米興行成績、「ミート・ザ・ペアレンツ」続編が首位2004/12/27
全米興行成績、超大作「アレキサンダー」、強力上位陣を倒せず2004/11/29
「X−MEN」のウルヴァリンがスピン・オフ作品に?2004/10/05
全米興行成績、「HERO」が首位を死守2004/09/07
「トロイ」コンビ、“最もセクシーな男性”上位を独占2004/08/04
全米興行成績、B・スティラーがT・ハンクス抑え首位2004/06/21
全米興行成績、「アズカバン」が首位を死守2004/06/14
「トロイ」監督、「ブリット」をリメイクへ2004/06/11
全米興行成績、「ハリポタ3」が好スタート2004/06/07
全米興行成績、「シュレック2」勢い止まらず2004/06/01
全米興行成績、「シュレック2」が記録的デビュー2004/05/24
全米興行成績、ブラピ主演「トロイ」が征服!2004/05/17
全米映画興行成績、「ヴァン・ヘルシング」が圧勝2004/05/10
「ポセイドン・アドベンチャー」、脚本家決まる2004/04/29
「トロイ」監督、「ポセイドン・アドベンチャー」をリメイクへ2004/02/24
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】300 <スリーハンドレッド>/トロイ <お得な2作品パック/初回限定生産>2014/11/19\2,400amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】トロイ ディレクターズ・カット <初回生産限定スペシャル・パッケージ>2014/06/04\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】トロイ ディレクターズ・カット ブルーレイ版スチールブック仕様 <数量限定生産>2013/06/05\2,838amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】トロイ ディレクターズ・カット2010/04/21\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】トロイ ディレクターズ・カット2008/06/11\4,743amazon.co.jpへ
 【DVD】300 <スリーハンドレッド>/トロイ <お得な2作品パック/初回限定生産>2014/11/19\1,600amazon.co.jpへ
 【DVD】トロイ ディレクターズ・カット <初回生産限定スペシャル・パッケージ>2014/06/04\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】トロイ2010/07/14\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】トロイ <限定生産>2010/04/07\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】トロイ <期間限定生産>2008/12/10\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】トロイ <期間限定生産>2008/07/09\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】【ワーナー・プラチナ・コレクション】 トロイ ディレクターズ・カット2008/06/11\3,790amazon.co.jpへ
 【DVD】トロイ <期間限定生産>2007/10/12\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】トロイ 特別版 <期間限定生産>2007/05/11\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】トロイ <期間限定生産>2007/05/11\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】トロイ <期間限定生産>2006/12/08\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】トロイ <期間限定生産>2006/01/27\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】トロイ <期間限定生産>2005/09/30\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】トロイ 特別版2004/10/29\2,980amazon.co.jpへ
 【UMD】トロイ2006/12/22\933amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】トロイ ディレクターズ・カットレンタル有り
 【DVD】トロイレンタル有り
 【DVD】トロイ ディレクターズ・カットレンタル有り
 【DVD】トロイ ディレクターズ・カット Disc 2レンタル有り
 【VIDEO】トロイレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 トロイ
新品:¥ 2,592
16新品:¥ 980より   14中古品¥ 1より 

【CD】 オリジナル・サウンドトラック『トロイ』
新品:¥ 1,296
14新品:¥ 1,090より   1中古品¥ 500より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION