allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

キング・アーサー(2004)

KING ARTHUR

メディア映画
上映時間126分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ブエナビスタ)
初公開年月2004/07/24
ジャンルアクション/歴史劇/アドベンチャー
キング・アーサー ディレクターズ・カット版 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,678
USED価格:¥ 772
amazon.co.jpへ

 Photos
キング・アーサーキング・アーサーキング・アーサーキング・アーサー

【解説】
 大ヒットアドベンチャー「パイレーツ・オブ・カリビアン」を手掛けたプロデューサー、ジェリー・ブラッカイマーが西洋文史上最大の伝説“アーサー王と円卓の騎士”の物語に挑んだ歴史スペクタクル・ロマン。“救世主”となることを宿命づけられた英雄アーサー王の愛と闘いを壮大なスケールで映像化。監督は「トレーニング デイ」のアントワーン・フークア。出演は「すべては愛のために」のクライヴ・オーウェンと「パイレーツ・オブ・カリビアン」のキーラ・ナイトレイ。
 ローマ帝国の支配下にあったかつてのイギリス、ブリテン。そこでは帝国からの独立を求めるブリテンのゲリラ=ウォードと、残虐な侵略者であるサクソン人との間で激しい戦闘が繰り返されていた。ブリテンの血をひくアーサーは、この時ローマ軍の司令官として無敵を誇る<円卓の騎士>を率いて“ハドリアヌスの城壁”の死守に当たっていた。しかし、衰退の途にあったローマ帝国はブリテンからの撤退を決定、アーサーにはローマ教皇の名の下、サクソン人に包囲された北部の地からローマ人一家を救出せよ、との過酷な最後の指令が下される。しかしアーサーはそこでローマ人により不当に囚われていたブリテン人の美しく勇敢な女性グウィネヴィアを救出する。グウィネヴィアは、ローマ帝国に仕えてブリテン人と戦うアーサーを非難、サクソン人の前に滅亡の危機に瀕したブリテンのために一緒に戦うよう迫るのだった…。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aコンスタンティン (2005)
[002]Aターミナル (2004)
[003]Aトロイ (2004)
[004]Aスター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (2005)
[005]Aマスター・アンド・コマンダー (2003)
[006]Aミリオンダラー・ベイビー (2004)
[007]Aアイ,ロボット (2004)
[008]AX-MEN2 (2003)
[009]Aビッグ・フィッシュ (2003)
[010]Aボーン・スプレマシー (2004)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
53342 6.45
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2013-01-19 23:40:03
【ネタバレ注意】

凍った湖の上での戦闘シーンは見応えがあった。最後の結婚の義は微妙。

投稿者:scissors投稿日:2012-07-15 19:15:06
これはダメだ。
脚本がぜんぜんダメだしキャスティングも主役含め似つかわしくない俳優がほとんど。
映像も精緻さが感じられず迫力もイマイチ。
画面を見ているとどうも監督が雑な人のように思えるが、単に力不足で荷が重かっただけだろうか。
興行的にもずいぶんコケたんだな。
投稿者:gapper投稿日:2010-11-10 22:21:28
 ”真説アーサー王伝説”ストーリー。

 「円卓の騎士(1953)」「王様の剣(1963)」「キャメロット(1967)」と古くから作られてきたアーサー王の伝説の真の姿がこういったものというのは、昔から知るものには驚き。
 アーサー(クライヴ・オーウェン)とランスロット(ヨアン・グリフィズ)のグィネヴィア(キーラ・ナイトレイ)をめぐる三角関係がないのが残念だが、新鮮な気持ちで見れるのは嬉しい所。

 クライヴ・オーウェンのアーサーは、少々貫禄不足な気がする。 伝説の英雄にしては、ランスロットとの貫禄差をほとんど感じない。
 グィネヴィアが勇ましくなってしまっていることで従来の感覚が通用しないし、聖剣エクスカリバーもお話程度で従来からのファンとしては物足りない部分が多い。

 結局は、モブ(大勢で)の戦闘シーンが最大の見所で最近に有り勝ちな作品で終わっているのは勿体無い。
投稿者:mototencho投稿日:2010-04-15 08:26:48
定番のアーサー王伝説(「エクスカリバー」、「トゥルー・ナイト」)だとたいていランスロットと王妃が不倫しちゃって、失意のどん底に陥る惨めなアーサー王という図式になるのですけれど、新たに発見された史実を元に抜群の仕上がり。http://mototencho.web.fc2.com/2005/alexander.html#kinga
投稿者:ビジョン投稿日:2009-08-30 23:35:45
キーラが戦争のシーンで着てる服、本当は皮ビキニみたいなのだったんだけど、絶対に脚は出したくない、と言ってズボン履いたんだそうな。
気取ってんなぁ。トゥームのアンジェリーナ・ジョリーとかもそうなんだろうけど。これだからスターって奴らはイヤなんだ。
投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-03 09:44:40
登場人物のキャラ設定が描ききれていないので、イマイチ映画に入り込めなかった。
ダゴネットの死に様だけは好き。
投稿者:hymitecs投稿日:2008-11-01 11:05:44
【ネタバレ注意】

アーサー王物語は何でも、英国の古いお話くらいの知識しかなかったので、もっと煌びやかな王様の話だと思っていたが、なかなかの中世っぷり(日本なら奈良時代あたりか?)でエキゾチックな魅力があった。なかでも、氷の湖シーンは圧巻であり、是非、映画館で見てみたいものと考えた。戦闘場面が、残虐に落ちない程度に迫力があるのは良いが、お決まりの美女との交歓はこういった映画の定番とはいえ、蛇足である。

投稿者:おーじろー投稿日:2008-05-30 01:56:24
あんなに男臭くてカッコ良く見えたのに
結婚して好きなカノジョと一緒になったら
デレデレしてなんだか魅力半減〜。。
というところが残念でしたが、ココを見ると
別のラストもあるんですね。
いつも観終わってからじゃないとココのコメント
読まないようにしてるので損しちゃった!

でも男臭いのとか男の友情とか好きだし、
こういう時代の衣装も好きだし楽しく見れました!
投稿者:wonderboy投稿日:2007-06-02 14:03:21
単純に楽しめたw
戦闘シーンがいまいちなことと、ラブロマンスは要らないという点で減点。
投稿者:kerry投稿日:2006-11-04 23:58:26
たしかに、「もっとよくできたはず」とは思ってしまう。
でも好きな要素もたくさんあって、繰り返し観てしまうシーンもある。
良い映画と好きな映画ってイコールではない。私の好きな映画は、好きなシーンが積み上げられた映画。この映画は、好きな映画。

なんといっても騎士たちは男臭くてそこそこ個性も発揮されていてかっこいい。
ヨアン・グリフィズ扮するランスロットの二刀流。巻き毛とヒゲも○。
マッツ・ミケルセン扮するトリスタンは立ち居振る舞いと存在自体が美しい。
7人の騎士の中で存在感が出るような立ち方やキャラの立たせ方をしたんだろうなあ。
最初の戦いで馬からするっと降り立ち、職人的な剣さばきを披露。あのシーンが秀逸。
レイ・スティーヴンソン扮するダゴネットは気は優しくて力持ちな雰囲気。
ジョエル・エドガートンも薄い顔を引き立たせる長髪が○。
レイ・ウィンストン、ヒュー・ダンシーはそこそこ。
クライヴ・オーウェンは好きなんだけど、騎士や指揮官っていう役はあんまりハマってないかも。
彼にスポットを当てるよりも、群像劇のアンサンブルが観たかった。
ステラン・スカルスゲールドは悪役の存在感ばっちり。
母国以外の映画ではいつもひどい扱いをうけている(?)ティル・シュバイガーはやっぱりひどい扱いを受けていた・・・ドリヴンは悪くなかったけど。
問題はキーラ・ナイトレイだなあ。
男くさーい映画でよかったのに。
とってつけたようなアーサーとのロマンスなんていらなかったよ。
そんな時間あったら、ボースとダゴネットの関係をもうちょっと掘り下げて描いてほしかった。
投稿者:とろりん投稿日:2006-09-06 01:26:03
ほんと賛否両論分かれてますね!
この映画は公開初日に見に行ったのですが席はガラガラ・・・トロイの時は同じ映画館で初日に行ってすごい人だったのに。見たらやっぱり駄目だった。まず主人公が地味、王って感じじゃないし。ストーリーもイマイチ。迫力もイマイチ。ヴァンヘルシングよりもやられた感じでした。魅力的な俳優がこの映画の中で1人もいなかった。私は駄目でした。
投稿者:さとうただお2投稿日:2006-02-16 12:56:53
デレクターズ・カットを作る監督は基本的に信用できない.監督の個人的な言い訳であり,最終的に製作者が認めているにせよ,それは観るものに押し付ける自己愛の産物であろう.小説や演劇に二通りのあらすじが存在するか?
本作品は面白く,騎士ものとして優れており,魔女狩り以前の「森に住む民」が生き生きと描かれていて好感がもてる.
投稿者:witness投稿日:2006-01-02 18:03:41
寝る前に見た。
歴史ものとか戦争ものって見た後、疲れるイメージあるけど、ぜんぜん平気。「良かった、良かった」って思ったら、ぐっすり寝れた(笑)

あと、西洋史とかさっぱりわかんないけど見れる。知らない人のほうがかえって見やすいのかも。

パイレーツ・オブ・カリビアンも見たけど・・・ひょっとしてキーラ・ナイトレイって演技下手?
投稿者:コーベンちゃん投稿日:2005-11-06 23:10:35
【ネタバレ注意】

いわゆる「アーサー王と円卓の騎士」物語の延長線上の映画と思って期待して見た人には不満だったろうなあ。
主人公が「アーサー」というだけで伝説とは一切関係ない内容だもの。
おそらく祖国防衛の英雄として描きたかったのだと思うが、
部下の騎士たちとの友情、信義を強調するストーリー展開が、
アーサーが個人的な友誼を重んじることに苦悩するところにばかり視点がいき、
英雄譚として彼の偉大さを伝えるテーマが霞んでしまった感がする。
惜しい、と思う。
ここまで「伝説」とかけ離れたストーリーを展開するなら、
もっとスペクタクルな展開に終始したほうがすっきりした映画になったと思う。

投稿者:bond投稿日:2005-11-05 01:47:41
でした、本来の円卓の騎士の話からずれているし、個人的に主役のオーエンだが、昨今のサッパリ系男優陣が多い中で男臭いのはいいのだけれど、ドロン、ブロンソン、ベルモントのように洗練された感じがなく、アーシーさが強い。
投稿者:irony投稿日:2005-11-01 05:06:00
 コメントを拝読すると、これだけ賛否が分かれる作品も珍しいね。私は、はっきり言って駄作とまでは言えないが、全然ダメでした。主人公のアーサーの人物描写があまりに浅薄で、物語も起伏が無いし、演出も全然ダメで何一つ引き込まれるものが無い。話の展開も悪いし、戦闘シーンも全く迫力を感じなかったです。良かったと思える人達とは、この作品において感性がまるっきり違うんでしょうね。
投稿者:c:a投稿日:2005-10-16 11:44:07
4つ下のSoHさんが、書きたい事ほとんど全部書いてくれました。まったく同感。
胸が熱くなって、こめかみがビリビリするわ、目はウルウルするわ、大変でした。
最近のソード・アクション物で、かなり差を開けてダントツに好きです。
シンリック役のティル・シュヴァイガーが、敵だけどすごくカッコイイ!
本作を3部作構成にして、彼を仲間として引き入れてほしかった。。
投稿者:J.M投稿日:2005-07-01 02:22:58
時間的な問題もあり、登場人物の魅力がうまく描けてない…ランスロットを初めとして騎士達にインパクトが薄い。一番印象的なのが最初に死ぬダゴネットだなんて…
投稿者:etoile投稿日:2005-05-15 06:21:56
いろいろ批評する人もいるようですが、私はこの映画好きです。
エンディングには確かに違和感を感じましたが、氷原での戦いのシーンは見ごたえがありますし、キャスティングも良かったと思います。
物語の内容からすると126分の長さは短かいと思います。もう少し長くして、各登場人物の個性を細かく描けばもっと良かったのでは・・・。

投稿者:fairlane999投稿日:2005-04-02 12:33:22
だって監督が『リプレイスメント・キラー』の、
『トレーニング・デイ』のアントワーン・フークアなんですから!
皆さん、良くも悪くも「製作ブラッカイマーだから……」という
文脈からスタートされてるようで、逆に「ブラッカイマー印」の
影響力が知れますが、初めから「監督フークア」で入れば、
これは「このくらい面白くって当たり前!」という感覚です。
全部が全部、傑作という監督さんではないけれど、
逆に駄作はない監督なんですね。劇場版126分も監督版142分も、
どちらもケッ作ですよ!

キーラ・ナイトレイのファンは、ぜひとも
『穴』『ロビン・フッドの娘』もお忘れなく!
投稿者:SoH投稿日:2005-03-15 23:01:38
世に知られる「アーサー王と円卓の騎士」物語を、ジェリー・ブラッカイマーが製作。…正直、バカにしてた。「ブラッカイマー印の大作映画なんだろ」と。だけど、熱いぞ、この映画!ハンス・ジマーならではの雄大な音楽と、一面の草原、駆け抜ける馬、そして空撮。そんなオープニングから「いいなあ」と思う。その直後、いきなり「司教をウォードから救う戦い」でゾクッときた。妙にかっこいい。合戦による迫力を出しつつ、騎士たちにそれぞれ個性を持たせた闘い方をさせていて、それが見事にキマってる。個人的には周りの連中がドカドカ乱戦繰り広げてる最中に、背負った剣を抜き、静かに敵を斬るトリスタンの姿に惚れた!いかにも「剣の達人」って感じで、「七人の侍」の宮口精二さんを彷彿とさせてくれたよ!あとランスロットが二刀流で敵を「うりゃ」と突くカットもかっこよかったな。その、戦いの後で「女」について語り合うアーサー王と騎士たちのやりとりも、軽妙ですごく好きだ。ああいう「軽口を叩き合える友情」っての、個人的にすごくツボ。次なる見せ場、氷原の戦いの前の軽口も文句なし!かっこいいよねぇ。「逃げるのも飽きた」とかいっちゃってさ!8人対200人という設定はテンション上がるし、あのダゴネットの男気!思わず泣きそうになったよ。うんうん。敵が城壁に迫ってきた時のアーサーとランスロットの会話もグッときた。そして一番の泣き所、死地に赴く円卓の騎士たちの姿!言葉に頼らない、彼らの友情には参ったぞ!音楽のかけ方も最高だし、オープニングでランスロットのオヤジがランスロットに「馬は英雄の生まれ変わりだ」というセリフが見事に活きてきて、もう俺は「うお〜〜っ!」って気分になってたよ!「英雄の生まれ変わり」に誘われ、家族からも「行っといで」みたいな見送られ方をされ、その上、これから死地に向かうっていうのに笑顔を浮かべる!あれでグッとこない人間がいるのかね!?確かにベタだ!でもいい!ラストの結婚式も妙に泣けてくらぁ!ちくしょうめい!とにかく。物語自体は粗っぽい。結局生き残った円卓の騎士の中でも、最後まで見せ場のなかった奴もいる。それから殺陣は二刀流だったり、一人だけ日本映画的な殺陣を披露してたり、戦闘シーンでの燃える投石器の映像とかは、アニメ・マンガ的で、「史劇」ならではの「風格」とケンカしてる部分がある(嫌いじゃないんだけど)。まあ、でも最近の映画にはない、「直球ど真ん中!あんたの男心を刺激しまっせ!」タイプの映画だった。あ、それから、忘れちゃいけないのが、敵役揃いの役者さんたち!主人公のアーサーを演じるクライブ・オーウェンは最初地味だと思ってたのに、観ていく内に役柄とその強い意志を感じさせるお顔とが相まって、けっこうハマり役だと思った(ジェリー・ブラッカイマーがクライブ・オーウェンというあまり名の知られていない役者を主役に置き、それが見事にハマっていたのだから、ジェリー・ブラッカイマーがこの映画にどれだけ魂込めてたかがわかる)。ランスロットのヨアン・グリフィズさんや、トリスタン扮するマッツ・ミケルセンは顔立ちだけでもかっこいい。クライブ・オーウェンやレイ・ウィンストンといった「濃い」(よくいえば「男臭い」)役者を集めながら、脇をきちんと美男で固めてる。しかも、全員がハマり役なんだから、もう堪らん!ヒロインであるキーラ・ナイトレイも野性味と教養を併せ持ったキャラを巧みに演じてて、けっこう好きになっちゃった(最後の戦闘シーンの衣装が際どいぜ!)。それから敵役さんたちも最高だね。敵の頭領は無茶苦茶強くて、極悪非道(彼は彼なりの信念に基づいて行動してるとはいえ)。あそこまで突き抜けた敵キャラを用意されれば、そりゃ物語は盛り上がるわ!その頭領役の役者さんが見せる一番好きな演技が、最後の戦闘が始まる前のアーサー王と彼の会話シーン。アーサーが「俺の顔を覚えておくんだな。あんたがこの世で見る最後の顔になる」といえば、彼がボソッと呟く。「やっと殺すに足る男に出会えた」と。う〜ん、かっこいい!その後で胸をドンと叩くあの芝居も最高だった!あ、そういえばその頭領役の息子さんも男前だ(意外とこの人の出演作観てるけれど、あそこまでかっこよかったのは初めて)。いや〜、久々に熱い映画を観ましたよ!「伝説」のアーサー王を描いたのではなく、「史実に基づいての」アーサー王を描こうとしてるから、「こんなのアーサー王じゃないやい!」といいたくなる人もいる模様。でも、俺みたくほとんどアーサー王のこと知らない人が観たら、ホントに泣けるし、熱くなると思う。ディレクターズ・カットは16分ほど長くなってたようだけど、これだけ面白ければ、もっと長くしてもよかったぞ。
投稿者:STC投稿日:2005-03-12 01:13:26
キーラ・ナイトレイは美しいですね。
いい目をしてます。
投稿者:akimarine投稿日:2005-03-10 16:24:17
DVDを見る前の評価は散々だったので期待せずに見たのですが、私は非常によく出来ていると思います。アーサーが地味だという意見もありますが、私的には伝説の人物が派手すぎるのも何だかなと思います。適役だったのでは?
私は歴史関係の映画は大好きなのですが、これはストーリー設定もよく出来ていると思います。(ただ最後はなぜあのような結果になったのかいまいち疑問ですが)
投稿者:フリクリ投稿日:2005-03-05 00:46:08
DVDで見直したら、もうカットされたシーンの多いこと、多いこと!
ディレクターズ・カット版で観たら、なんや!まともな映画になっている。
なぜこっちを公開しなかった?
ディズニーのお偉いさんには芸術は理解できないのか?
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-02-27 18:54:33
【ネタバレ注意】

これまた、素晴らしい映画だが、大事な説明が一瞬で終わる。
これは“アーサー王と円卓の騎士”物語ではない。なので、そう思わないように、などというコメントは本来不要。
物語の最初に「アーサー王の伝説は神話だが、そのモデルとなったのは実在の英雄であり、これは彼の物語である」と語っている。ラストにも「彼らは伝説となったのだ」と。
ここで語られるアーサーは、ローマ人の父とブリテン島先住民であるケルト(=ウォード)の母から生まれる。騎士達はサルマートとしてローマに破れ、命を奪われる代わりにローマに忠誠を尽くした者達の息子達として描かれている。
つまり、わくわくするようなファンタジーを期待する向きには、がっかりムービーなのは仕方なし。変といえば変なのだが素晴らしい感性で作り上げられたジョン・ブアマンのムービーを楽しむべし。
が、この映画は傑作だ。戦争シーンは血まみれの迫力、累々と築かれる死体の山…(うっ、褒めるつもりが…逆効果か)
「動物でも生まれた場所で楽しく暮らしたいと思うわ」キーラ・ナイトレイは重要な役柄だ。勿論、彼女のいたずらっ子表情がたまらん、と思って観に行く人も期待しての起用であろうが…本作でも七人の侍+1が氷上で200人のサクソン軍に立ち向かうのだが、味方の矢が敵に届いた時の彼女の表情は素晴らしいね。…大人の演技もいけてる。フェイス・ペインティングに血を吐くシーンも良し。…腐りきった宗教家の餌食とならずに良かった。
“私なら助けなかった”と身を引くランスロットも格好良い。死にゆく仲間。そして悲しみの鷹は空を旋回する…
アーサーも渋い。…DVD特典である、もうひとつのエンディング、も素晴らしいが、僕は本編を支持する。別に剣にこだわらなくても良いのではないか?「強くなれ」というセリフは良いが。マーリンもケルトの王だし…それより、ちゃんと結末を付けて締めくくる本編の方が良かったと思う。
これは楽しめる。好きな映画だ。監督(&ブラッカイマー)には賞賛の言葉を感謝と共に贈りたい。

※そう、敵役のキャラも良いね…

投稿者:投稿日:2005-02-22 01:33:18
観始めて3分で嫌な予感はしていたが…
あまりの酷さに驚嘆しました。
何一つ得るものの無い映画、監督にはトマトと生卵を贈りたい。
投稿者:乱気流投稿日:2005-02-06 16:44:28
【ネタバレ注意】

DVDの特典映像「もうひとつのエンディング」を観たが全体のストーリー
とのバランスからもこちらが格段に上に感じた。
劇場用に採用されたエンディングは(あまりにハリウッド的ともいうべきか)
無理にハッピーエンドな演出で少々興ざめした。
「友の戦闘上の悲劇」からアーサーの瞳の中にイングランド統一への希望を
垣間見させる静かなエンディング(特典映像)の方が印象的だった。
 全体として、映像&スコアともども荘厳な雰囲気を受けたが
作品全体ではいまいちハートに伝わらない。人選ミスというべきか
個々の俳優(主演は特に)にも演技に魅力を感じなかった。

投稿者:D.投稿日:2005-02-02 17:39:01
娯楽作品としては十分楽しめました。第一印象はイマイチだと思ったアーサー役のC・オーウェンは途中からかなりカッコよく見えてきました。K・ナイトレイのキャラが唐突に戦士として戦うのは余計だと思いますが、それは彼女の可愛さでよしとしましょう(でもあの衣裳はちょっと・・・)。ただ、途中までの話の盛り上げ方は良くて引き込まれただけに、終わってみると何だか物足りなさを感じました。まず、各キャラの掘り下げやお互いの関係の描写が浅いこと。次に「アーサー王伝説」を取り扱っている割には作品全体のスケールが意外と小さいことです。凍った湖の氷上の戦闘シーンは面白かったですが、その後からラストまでがとてもあっさりで拍子抜けしてしまいました。大げさな音楽(曲自体はいいと思いますが)と「自由」とか「運命」というキーワードで無理矢理盛り上げようという演出もなんだかなぁ・・・まぁ、J・ブラッカイマー作品ですからね・・・(笑)。http://www.asahi-net.or.jp/~rn6d-hnd/
投稿者:TNT投稿日:2005-01-27 13:12:34
地味なアーサーや、存在価値のないヒロイン(名前忘れた)はどうでもいいとして、
騎士たちはかっこいい奴らばかり。
強くて男らしい、最近多いアイドル映画には見かけないマッチョな男ばかり。
若造など軽くひねり殺せそうだ。
これで予算もあって、上映時間も長く、さらにディズニーが作っていなかったら良い映画になってたでしょう。
「円卓の騎士たち」がもっと生かされた映画が他にまた作られることを祈っています。
キーラ・ナイトレイはストーリー上も全く不要のキャラでした。彼女いる意味あった?
ポスターやDVDジャケットにデカデカと出てる割には客寄せにしかなってなかった。
投稿者:deborah投稿日:2005-01-23 18:17:45
【ネタバレ注意】

歴史に興味がないと、とか、エクスカリバーについての知識がないと、とか、楽しめない理由が挙がっていますが、それ以前に映画の出来が悪いと思う。
クライブ・オーウェン、キーラ・ナイトレー、ヨアン・グリフィス、いずれもいい役者だと思っていますし、好きです。でも、衣装の質感、メイク、構築物の質感、そういうところがとてもじゃないけど、ローマ帝国の時代を思わせない。これがエクスカリバーそのものの物語だったなら、それはそれでいいように思うのだが、歴史的に考察をして・・・なんて事言っている割りにその辺りで手を抜いてしまったからなんだか幼稚なものになってしまったのね。
アーサーとグイネヴィアの恋が唐突で惹かれあう過程が描写不足(時間的にじゃなくて、脚本として)だからグイネヴィアがアーサーの寝室に行くシーンが「太古の昔から女は色仕掛けで男を動かそうとするのね」に見えた。
ランスロットとアーサーの友情もまた然り。説得力不足だ。
お馬さんに乗って突撃、のシーンが有るだけでワクワクしてしまう私でも、この映画はいただけなかったなあ。

投稿者:cinemagoer投稿日:2005-01-08 19:10:15
アーサー王伝説に馴染みが薄いせいか、特に日本の方からは批判的な意見が多いようです。確かに昔から親しまれている伝説からは全くかけ離れたエンディングだったし、キャラクターの設定にもキツイ所はありましたが、これはこれで良い映画だったというのが、英国人の若者の意見でした。要は、キャストがハリウッドスターで固められていなくても楽しめたという違いですね。ただし、円卓の騎士同士の絆や個々の性格の描写がおろそかになっていたという欠点は否めませんが。役者に関しては、C.オーウェンは他の映画の方が良い演技をしていたと思いますが、私が観た中でI.グリフィスの登場シーンがここまで多かった映画は初めてなので個人的には嬉しかったです。タイトルが"キング・アーサー"なのにK.ナイトレーがポスターの真ん中を飾っていたのは、(アーサーとランセロットとの三角関係を考慮しても)どうかとは思いましたけど。興業的にはどうであれ、ブラックハイマーの映画としてはまずまずの映画だったと思います。
投稿者:ラズベリーv投稿日:2004-12-05 15:57:08
【ネタバレ注意】

みなさんなんでそんなに評価低いんですか??
やっぱ私程歴史好きじゃないから?
私は英語で字幕なしでみたんですけど(都合により)めっちゃよかった!!
日本語なしでここまで感動させられるのはこれ以上ないと思う。
まぁさすがに最初ランスロットが出てくる時点で泣く人は私ぐらいだと思うけど・・・・。ってかキーラ・ナイトレイちゃんめっちゃかわいい&かっこいい!!!パイレーツよりも全然よかったです。全員2流どころの俳優さんだけどすごく味がでててよかった。最後の戴冠式もよさげ☆★(ハッピーエンド好きなので)はやくDVDが欲しいです。
ただ一言いうと歴史好きの人いがいはあんま楽しめないかな?って感じ。
トロイもそうだけどある程度基礎知識や思い入れがないとあまり共感できないと思った。

投稿者:お気楽極楽投稿日:2004-12-04 23:01:15
「エクスカリバー」ファンのぼくたちにとっては、やはり、ちょっと方向性の違いを感じてしまうんだな。
あくまで「アーサー王」については、伝説としての美しさ、神秘性などを求めてしまう。
嗜好、嗜好の違いでしょうがない。自分好みじゃないといって酷評するのも大人げないような。
投稿者:特機隊投稿日:2004-11-02 17:33:51
ホント何から何まで「安上がり」な映画です。
こんなストーリーじゃ盛り上がることも出来ませんよ。
私は「トロイ」のほうが数段上だと思います。(全てにおいて)
投稿者:hira投稿日:2004-09-10 01:54:35
 『LOVERS』と交代してしまいましたが、まだやってる所はやってました。自分は木場で観たんですが、平日の初回だというのに3割埋まってました。

 監督アントワン・フークア、主演クライブ・オーウェン。この2人でメガヒット映画を作るのは難しいですが(現にアメリカではコケました)、良作は十分に作れます。確かに少々地味な印象を受ける作品ですが、リアリズムとヒロイックな部分がうまく同居していて、心に残る作品です。円卓の騎士がが最後にアーサーを助けに行くところなんかいいじゃないですか。アーサーとグウィネヴィアの関係は説得力が少々欠けていましたがね・・・。
 中盤の氷原の上の合戦と、クライマックスのシーンは迫力満点でした。特に氷原の合戦は映像的に面白く仕上がっていました。切っても血が出ない、人体切断シーンがないなど、少々レイティングを気にしすぎていた部分が心残りです。子供も観れるようにしたかったんでしょうかね。
 クライブ・オーウェンいいです。ハッキリ言って地味ですが、そういう渋いところが良いです。何か、昔のティモシー・ダルトンあたりを思い浮かべてしまいます。『すべては愛のために』と本作と、成績は振るいませんが、頑張ってほしいです。ステラン・スカルスゲールドとティル・シュワイガーの悪役コンビは堂に入ってましたね。親子という設定にはビックリですが・・・。

 あのポスターだけは頂けませんな。キーラ・ナイトレイ主役かいっ!まあ、これも宣伝ですからね。彼女がいなかったら、客が来なかったかもしれないし・・・。どうしても『パイレーツ〜』と繋げたいようですが、こっちの方が出来は断然上なんですけどね。
投稿者:日本社会事業組合投稿日:2004-08-25 09:54:18
【ネタバレ注意】

従来のアーサー王物語とはだいぶ違い、王としてのアーサーより
戦士(騎士)としてのアーサーの生き方を描いた映画だったが
その描き方も満足に描ききれてなかったと思う。
どうせ逸脱して騎士の戦いモノにするなら
この時代の戦士たちの行き方、戦争をもっとリアルに描いて欲しかった。
「自由」とか「運命」とか適当な理由だけで、十年以上も殺しあってきた相手と仲良く戦うのか。
なんとも説得力に欠ける非現実的な映画でした。
まあブラッカイマーの映画に現実的な中身のある映画を期待すること自体無理な話ですが・・・
最近は、内容が浅い映画を適当に大量生産が流行ってるらしいですね。
映画を娯楽として観て評価するのは個人の自由だが、観客たちがもっと良い映画を求めようとしなければ
いつまでたってもこんな下らない映画しか出てこないと思う。

投稿者:takes投稿日:2004-08-22 22:12:45
結構不評が多くてビックリしたけど、俺の意見は変わらない。こんなに感動した映画は初めてだ。いつもみたいに欠伸で涙することも無かったし。仲のいい友達と見に行ったこと、デッカいスクリーンで見たこと、原作をあまりよく知らなかったことが良かったのかもしれない。戦闘シーンは迫力があって、かなりドキドキした。いろんな意味で胸が一杯になって、人が映画を見て感動するってこういうことなんだなって思って泣いた。原作とかなり話が違ってたから、疑問とか戸惑いを感じた人も多かったみたいだけど、この話はこの話でおもしろかったんじゃないすか?アーサー王の伝説はいろんな解釈があるわけだし、原作が全て正しい訳じゃない。まあ、とにかく最高だった。
投稿者:kimie投稿日:2004-08-19 22:24:25
今日キングアーサー見てきました。いろいろな方のコメントでは最悪だとか、そういった声が多かったけど、私的にはかなり面白かったけどな。あんまり、ムツカシイこと考えてはだめです。映画は基本的には娯楽であり、楽しければそれでよい。そら「ブレイブハート」の重厚さには及ばないかもしれん。ストーリーも薄いかもしれん。でも「ああ、見てよかった、カッコよかった」と私は思った。この日、リデックも続けて観た。でもリデックよりは絶対面白かったけどな。トロイの方が面白いという意見多いけど、トロイは私の周りの人間、誰に聞いても、ストーリーが理不尽である、観終わって釈然とせんかった、との意見多し。ほんま、トロイ、アホの弟のせいで滅びた国やニーチャンやひいてはブラビ演じるアキレスがマジかわいそうでした。話もどるけど、キング・アーサー面白いで。
投稿者:敦煌投稿日:2004-08-19 00:32:10
 なんだかヒロイズムが鼻につくなと思いつつ観ていたが、エンドロールが始ま
って納得した。ジェリー・ブラッカイマーの製作だったのか。自殺行為を過剰に
美化するのは、彼の映画の常套手段ですね。
 それにしてもイギリスの観客は、この作品をどう見たのだろうか。主演のクラ
イブ・オーウェン、キーラ・ナイトレイは英国人だが、演じる役柄はそれぞれ古
代ローマ人(ただしブリテン人とのハーフ)と、ブリテン島の先住民族である。
一方、現代イギリス人の祖であるサクソン人は、無慈悲な蛮族として描かれてお
り、その頭目を演じるのはスウェーデン人のステラン・スカルスゲールド。設定
といい、キャスティングといい、どうもイギリスの観客への配慮が感じられない。
マーケティング的にもあまり得策ではないのでは?
 キーラちゃん、あの衣装を着るのなら、もう少しバストがないと・・・。
投稿者:ポケモン・レッド投稿日:2004-08-18 16:10:44
アーサーはかっこ良くない。騎士たちは皆かっこいい。
「キング・アーサー」なんて大層な題名でなく
「アーサーと円卓の騎士」って題名でいいと思う。
(そのほうが日本では売れそうな題名だよ。)
・・・騎士たちのほうが明らかに活躍してた。
投稿者:かえる投稿日:2004-08-16 19:03:20
【ネタバレ注意】

私は単純に楽しめました。
わくわくする戦闘シーン、格好良い騎士たち。
ただし、もしもアーサー王伝説のファンタジーを思い描いていたら、期待に外れると思います。
聖剣、予言、魔術師、運命、聖杯、許されざる愛、信じていた人の裏切り、哀しい死・・・、今作品が描こうとしているものは、そういった神秘的な神話ではなく、等身大の悩める普通の人、アーサーです。
今作品のアーサーを、純粋に楽しんで観るか、物足りなく感じるかは、人それぞれだと思います。
個人的には正直少し物足りなさも感じましたが(宣伝から受けたスケールの大きさはなかった)、それでも十分に楽しめました。

投稿者:シネマ子投稿日:2004-08-14 07:53:37
【ネタバレ注意】

『グリーンフィンガーズ』でC・オーウェンの存在を知り、期待しつつ観たのですがはっきり言って彼より、他の戦士たちの方が印象に残りました。特に死んでいったダゴネット、トリスタン、ランスロットの3人・・・。

ラスト、戦闘シーンの余韻がぶっ飛ぶような終わり方に「なんじゃ、そりゃ!」って感じです。死んでいった3人っていったい・・・。

私が抱いていたC・オーウェンへの想いがちょっとしぼんじゃいました。こういう歴史大作っぽいものより、小品や脇役で演じる方が彼の魅力が生きると思うのですが。作品によって俳優の魅力を引き出せるものと、そうでないものがある事を知りました。

投稿者:Cinema Trek投稿日:2004-08-11 01:54:44
イギリスの伝説のアーサー王と円卓の騎士の物語。英国では誰もが知っている話だが日本では馴染みが薄い。「トロイ」にひけを取らない巨額な制作費をつぎ込んだ歴史大作と宣伝しているが、戦闘シーンは「ロード・オブ・ザ・リング」や「トロイ」で目に焼きついたシーンから比べると比べものにならないくらい小規模。なおかつ戦っているシーンは敵味方が明確に判断出来ない。宣伝ポスターにもある少年が“王様の剣”を抜く有名なシーンは見逃せば分からないほどのカット割り。予言者マーリンもみすぼらしい身なりで印象が薄く、新説かも知れないが1981年度作品のジョン・ブアマン監督の「エクスカリバー」の方がよほどまし。後半は映像的に黒澤明の「七人の侍」をイメージしてしまった。正直これはワースト・サイドのこけてしまった作品であろう。

20040730_Cinema鑑賞_60点
投稿者:ハリー・ハウゼン投稿日:2004-08-10 23:31:08
  予告編からだとスケールが大きな映画のイメージ。

  観たあとはしぼんだ。
投稿者:ano.レッチリ投稿日:2004-08-09 20:53:56
あまり期待していなかったのですが
つまんね〜の一言です。印象も薄いし、
戦闘シーンも薄いし、仲間との友情も
薄いと思います。パイレーツのほうが
娯楽性あり!
投稿者:さぃちゃん投稿日:2004-08-04 21:37:03
【ネタバレ注意】

ちょっとは期待して見に行きました。
感想は・・・薄〜いな。
一言で言うと地味な作品ですね。
美しい男も出てないし・・・
しいて挙げるとするなら「ダゴネット」と「トリスタン」かなぁと
思ってたら、2人とも死んでしまった・・・あ〜ぁ。
アーサーは「ヤクショコージ」より「ウカジ」に見えた。

投稿者:hanya投稿日:2004-08-03 01:38:11
英雄もの、愛に友情、正義に勇気に悲劇、三角関係まで絡む古典中の古典、
面白くて然るべきなのに、何故にこんなにも凡作つうか駄作になるのさ。
肝心のキャラの関係が薄〜いし、話も無理やりな展開のさせ方だし。
あ、“青”の時のグウィネヴィアは、最初の瞬間、超美青年かと思った。
ファンタジーものが売れてる今だから、お得意の便乗をしようとでもしたのか、
ブラッカイマー。
投稿者:塚口郵便局投稿日:2004-07-31 23:19:29
【ネタバレ注意】

ストーリーは言うまでもなく薄いのだから、その分キャラクターなどをもっと多く描くべきだったと思う。
2時間では明らかに短い。魅力的な登場人物をしっかり描かないのはもったいない。
宣伝だけは大層にされてたが、実際観てみると「ああ、こんなものか・・・」程度で終わる。
最近のアクション映画の典型的な例で、悪い傾向が染み付いてきてる気がする。

ラストの戦いも迫力があるとは思えない。
ボースなどの死なない組(アーサー、グウィネヴィア除く)はほとんど見せ場なかったし。
アーサーのセルディックの倒し方も簡単でひねりが全くない。

ストーリー、アクション、キャラクター設定、全てにおいて今ひとつ。
完全に「トロイ」のほうが上。(キャスティング、製作費から見て当然だが・・・)

ダゴネットの氷河割りが唯一迫力あった。あのシーンしか見所ないよ・・・
ランスロット役の人も注目されてるが、この映画だけではスターにはなれないでしょう。
それにしても氷河の戦いが終わったらすぐに最終戦なんだから本当に短かったよなー。

投稿者:篭瀬山投稿日:2004-07-31 22:41:38
【ネタバレ注意】

自由のための戦いに勝利してなぜ王様が誕生するのかいまいち分かりづらいが、ラストの大合戦がとにかく迫力満点。芋を洗う混雑度の合戦場が夏休みの市民プールを思い出させたから、という訳でもないだろうが、なぜかビキニ姿で走り回るキーラ・ナイトレイはまさにアマゾネス。あれだけ激しく動いているのだから、と”ポロリ”を期待したが、・・・芸能運動会ではなかったようだ。大雨とかで何処にも行けない夜にお奨め。6

投稿者:マーサ19投稿日:2004-07-31 15:09:27
不評多いね。私的には「良かったー」です。他のものを見てないせいでしょうが(ブレイブハートはよかったが、昔過ぎて忘れてしまってる)。
戦争の無意味さを、わからせてくれてるし。
確かにキーラナイトレー出すぎとか、いろいろあるけどね(笑)。
彼女きれいになりましたねー。
男同士のこういう世界、好きです。景色、背景も。
役者で「いい」と思ったのは、サクソン王(でいいのかな?)です。
こういうのは、やっぱ映画館です!
投稿者:kuro-toppo投稿日:2004-07-26 12:00:18
作り(脚本?)が浅くて、人間関係がよく分からなかった。アーサーとグウィネヴィアとランスロットは三角関係だったそうだが、映画ではぜんぜん分からなかった。アーサーと円卓の騎士の関係と円卓の騎士それぞれの特徴というか性格もよく把握できなかった。ランスロットはアーサーに直接意見したり、円卓の騎士の中では一番出番が多いんだけど、もっと奥が深い人物のような気がする。そこが描けてないんじゃないかな。ボースの性格は何となく分かったけど。

 エクスカリバーも、もっとファンタジックなすごい剣かと思ってたけど、ブリテンで作られた親父の持ってた普通の剣だし。ただし、ブリテンで作られたというところはアーサーの心を動かす1つの鍵にはなるんだけど。

この映画のテーマの1つに「自由」というものがあるようだけど、ローマ時代を背景に「自由」を主張するのはちと厳しい気がする。産業革命で機械化が進行するまでは、奴隷が絶対必要だったし、ローマ時代は敗戦国から奴隷を調達するのは常識だった。せめて産業革命前後の中世を舞台にしていれば違和感もないのだろうが。

役者さんで良かったのは、ボース役のレイ・ウィンストンが、なかなかいい味出してました。キーラ・ナイトレイは「パイレーツ・・・」や「ベッカムを・・・」の方が良かったです。
投稿者:座間投稿日:2004-07-26 11:20:01
アーサー王伝説を扱った作品として観ると最悪の想いをすることは,まず間違い
ありません.ジョン・ブアマンの「エクスカリバー」(1981)の足元にも及ばない
といえます.
音楽は,「ジークフリート」をそのまま流用した「エクスカリバー」より,評価
してもいいのですが(「エクスカリバー」が悪い訳ではありませんが,オリジナ
リティの意味で評価を下げます),他は全てにおいて見劣りします.

[以下,内容に触れていますので,注意]
「円卓の騎士」や「聖杯伝説」については,まるで無視されている状態です.
「アーサー王伝説を下敷きとした新解釈の歴史活劇」というところが本当のとこ
ろでしょう.
というわけで,ファンタジー系を期待する向きには,零点作品でしょう.
ガッカリする程度ならまだマシです.そうした覚悟なしに観れば,「金返せ/時
間返せ」ものになるでしょう.
こうした方達は劇場に行くより,ジョン・ブアマンの「エクスカリバー」(1981)
のDVD を購入して見た方がはるかに面白いし,「数倍」はお得でしょう.

歴史活劇ものとしても,同じフィクションである「ブレイブ・ハート」にもまた,
はるかに及びません.
主人公たるアーサー王は,まるでランスロット卿のわき役の様に印象が薄いです
し,ランスロット卿とグウィネヴィアの逸話もなく,まるで別の物語を見るよう
です.
マリーンは単なる抵抗運動の指導者として描かれており,伝説の面影はまるであ
りません.ただ単に登場人物の帳尻を合わせただけにしか見えません.
よくみても,せいぜい,4割引きの「ブレイブ・ハート」という程度です.
USA的解釈も鼻につきます.所詮は,アメリカ人の作った「アーサー王物語」
というところです.

私としては,「トラ・トラ・トラ」における「パール・ハーバー」の位置付けが
そうであったように,本作品は「エクスカリバー」や「ブレイブ・ハート」を,
より輝かせる以外の存在価値を認めません.

閑話休題.
私の場合,ジェリー・ブラッカイマーについてはアタリ/ハズレが極端です.
「パール・ハーバー」(私の観てきた1000本を超える劇場作品で最低評価作品)
のような,空前絶後のスカをやったかと思うと,意外に面白い「コン・エアー」
のような作品もありました.

※今回は「文句なくハズレ」です.
投稿者:円卓の騎士投稿日:2004-07-25 23:07:07
【ネタバレ注意】

結構、不評が多いみたいで・・・。確かに肝心な騎士一人一人のこと、エクスカリバーのこと、衝撃のラスト・・・。みなさんがゆうように微妙なところは多々ありました。とくにエクスカリバーを期待していたのに「えええっ!?親父の剣なんですかーー!!???」と、ほんとにショックでした。でも、ランスロットはかなりかっこよかった(双剣士だったところ)し、騎士同士の固い結束による丘の上での集合は、感動しました。ひさしぶりに心からかっこいいと思える映画にあえた気がしました!!彼らは熱かったです!!

投稿者:巨人の星投稿日:2004-07-21 11:55:49
【ネタバレ注意】

ブラッカイマー作品にしては迫力に欠けた映画でした。
ストーリーが薄っぺらなのは彼の映画らしいですが
その分、迫力でカバーしないと・・・
最後の戦いもほとんど単なるチャンバラのみ・・・
クライヴ・アーサーも結局、戦いでも見た目でも魅力を最後まで感じれませんでした。
やっぱり似た者のブラピ・アキレスやバナ・ヘクトルのほうがよっぽど魅力アリで、強くてカッコ良かった。
円卓の騎士たちも、ただのさすらいの剣士たちって感じで
色男と強そうなのぞろいなんだけど、映画のストーリー自体に迫力がないので存在感がイマイチ・・
とにかく、アーサーやランスロットなど、キャラクター個人個人に魅力を感じられない映画(ストーリー)だった。
あきらかに『トロイ』のほうが面白かった。『トロイ』は主役から脇役まで全員が魅力的なキャラばかりだった。(女優を除いて)
やっぱり予算が違うのかな?俳優にもセット(戦闘シーン)にもかかってる金が違うのだろう・・・
つまりブラッカイマー(ディズニー)作品にしては久々の期待薄な映画だったんだろう。
それにしては全米初登場2位という好調な出だしだが・・・
ブラッカイマー効果?それともキーラ・ナイトレイ効果か?
彼女の役、何かちょっと怖かったなあ・・・あの化粧とか。
『トロイ』はまあまあ、『キング・アーサー』はガッカリ。
この次の『アレキサンダー』はいかに・・・

投稿者:ポッパー見習い投稿日:2004-07-20 19:22:39
何だかんだ言ってブラッカイマーの映画は面白いから期待してたんだけど、
これは駄目です。
そもそも何で監督がアントワーン・フークアなんだ?
どちらかと言うと「トレーニング・デイ」みたいな、
こぢんまり系アクションが得意な人に、何で歴史劇を撮らせる?
セット規模がラストサムライ並みにデカイのに迫力が無い。
キャラを立てようとして、ストーリーを描くのは成功してるかもしれないけど、
この映画の場合は映像がダメです。最近では珍しい例。
せっかくワイドスクリーンなんだから。こういう映画は映像と、
迫力のある戦い、ムリならCG、そういう風にしてくれなきゃシラけますよ。
ビデオで十分な作品だと思う。
ただ、時代考慮は意外と徹底されていましたね。
投稿者:JJ投稿日:2004-07-20 09:27:23
弓を引いて戦っているグウィネヴィアの予告映像あたりでヤバいとうすうす感じていたが、
本当にとんでもなかった。ガッカリでした。
これを見た人が、これがアーサー王と円卓の騎士の物語なんだと思わないことを祈るのみ。
創作にしても限度ってものが・・・・。騎士道精神はどこへ???って感じ。
投稿者:イドの怪物投稿日:2004-07-19 07:06:02
英国の歴史なぞ殆ど知らないので、”史実”について語る資格は無いけれど、この映画は感動的な史劇であった。三国志演義で劉備が曹操に追われて呉に入るシーンを彷彿させる場面があったり、クロサワ・アキラの映画と錯覚させる様な雰囲気があったりと、実に満足のいった2時間であった。このアーサーを演じた役者は日本のヤクショ・コウジに似ていると思うのだけど....
投稿者:みーのおねーちゃん投稿日:2004-07-18 22:50:17
【ネタバレ注意】

評価低いですねえ。
ま、確かにブラッカイマーなんでツッコミどころは満載です。
相変わらず音楽は大仰だし。嫌いな人には苦痛でしょう。
ですが私は先日観に行って自分的には不完全燃焼だった某歴史大作よりずっと熱いものがこみ上げてきましたよ…。
確かにキャラも地味だしキャストも地味。ストーリーも「ええっ、こんなはずではなかったやろ…。」という幕切れです。(それは某歴史大作も同じか)
でもちょうどいいんですよね。クライヴ・オーウェンのアーサー王のヘナチョコさ加減(と言ったら語弊があるかもしれませんが)もちょうどいい。あれ以上弱くても強くてもダメだというぎりぎりのところです。他のキャラクターたちも決してしゃしゃり出てこなくて自分のポジションを守ってるって感じで、前半は「なんかぱっとせんなあ。」と思ってた騎士たちを映画の後半には応援してたりして、ちょっと自分でもオドロキでした。ブラッカイマーの思うツボか?
ただね、自分のお気に入りのキャラクターがバタバタ死んでいくのはちょっと…。
中でも「え、イゾルデはどうなるの?」とか「おいおい。アンタはこれから不倫をするはずでは…。」といったイケメン2人を殺された日にゃ…、ちょっと閉口しました。
あとキーラ・ナイトレイ。綺麗なんだけど。綺麗過ぎて若すぎるのではないかと。もちっと泥臭い(いい意味で)女優さんでもよかったのでは?
でもそうしたらますます地味になっちゃうか。ま、某歴史大作の女優陣よりは数段よかったんでこれでよしとすべきなんしょうね。

投稿者:右心室投稿日:2004-07-10 12:39:20
【ネタバレ注意】

作品のジャンルゆえ、どうしても「トロイ」と比べちゃいます。

俳優陣、群集シーン、バトルシーンとも、印象はトロイよりだいぶ地味。悪いとは思わないけどね。

最近どんな映画にも絡んでくる美男美女の愛とかに関しての描写はわりと淡白で、俺好みでした。

あと、敵役の悪そーーうな顔も気に入った。

ストーリーの浅さは、トロイといい勝負ですね。

キーラ・ナイトレイは、、、かわいいーーー♪

投稿者:kusanagi投稿日:2004-06-30 01:40:19
ブラッカイマー製作じゃ期待できそうにありませんな。
どうせ時代考証もおざなりで展開も適当なんでしょうからね。
アルマゲとかパール禿好きのミーハーならいいのでは?
カリビアンのジョニーデップの時のような偶然はそうないでしょう。
あとランスのヨアン共々アーサーのクライヴ・オーウェンは
明らかにミスキャストかと、二人ともオッサン臭過ぎ。
【ニュース】
全米興行成績、アメコミヒーローが大活躍2005/07/11
「アンタッチャブル」続編、デ・パルマ監督が再登板か?2005/06/28
クライヴ・オーウェン、「エリザベス」続編に出演へ2005/06/24
全米興行成績、「キングダム・オブ・ヘブン」が首位2005/05/09
クライヴ・オーウェン、「ポセイドン〜」リメイクに主演か?2005/03/04
全米興行成績、「ナショナル・トレジャー」がV32004/12/06
全米興行成績、超大作「アレキサンダー」、強力上位陣を倒せず2004/11/29
全米興行成績、N・ケイジ主演作が首位2004/11/22
K・ナイトレイ、英国の人気投票で1位に2004/10/01
K・ナイトレイ次回作、共演にM・スヴァーリ2004/09/29
「Closer」&「スピーシーズ3」予告編2004/08/26
イギリス女性の憧れNo.1はK・ナイトレイ?2004/08/05
K・ナイトレイ、次回作は実在の賞金稼ぎ?2004/08/02
全米興行成績、マット・デイモン主演作が首位2004/07/26
全米興行成績、ウィル・スミス主演SFが首位2004/07/20
全米興行成績、「スパイダーマン2」がV22004/07/12
全米興行成績、「スパイダーマン2」が記録更新デビュー2004/07/06
フークア監督、「アンタッチャブル」前章を監督?2004/06/29
ブラッカイマー最新作、トレーラーが公開!2003/12/24
ハリウッド注目の若手、キーラ・ナイトレイ2003/05/12
【レンタル】
 【Blu-ray】キング・アーサー ディレクターズ・カット版レンタル有り
 【DVD】キング・アーサーレンタル有り
 【VIDEO】キング・アーサーレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 キング・アーサー・オリジナル・スコア(CCCD)
新品:¥ 2,674
9新品:¥ 15,424より   7中古品¥ 803より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION