allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

NITABOH 仁太坊―津軽三味線始祖外聞(2003)

メディア映画 Anime
上映時間100分
製作国日本
公開情報劇場公開(ワオワールド)
初公開年月2004/02/21
ジャンルドラマ/音楽/伝記
人まねでない 自分の三味線を弾け!

NITABOH 仁太坊―津軽三味線始祖外聞


 Photos
NITABOH 仁太坊―津軽三味線始祖外聞

【クレジット】
監督:西澤昭男
アニメーション監
督:
高岡淳一
演出:下司泰弘
ゼネラルプロデュ
ーサー:
村上匡宏
制作プロデューサ
ー:
鷹木純一
原作:大篠和雄
脚本:西澤昭男
キャラクターデザ
イン:
高岡淳一
総作画監督:釘宮洋
美術監督:工藤ただし
音楽監督:クリヤ・マコト
演奏:上妻宏光
(三味線)
声の出演:日野聡仁太郎(仁太坊)
花村さやかユキ
勝生真沙子タマナ
平田広明留吉
今井朋彦菊之助
Yaeおきぬ
山本与志恵お松
大塚明夫三太郎
納谷六朗和尚
谷育子イタコ
中庸介検校
田島康成田原坊
村田貴輝仁太郎(少年期)
古川裕美ユキ(少女期)
【解説】
 若い奏者の活躍で新たなファンを拡大しつつある津軽三味線。そんな津軽三味線の始祖・仁太坊の壮絶な人生を描いた音楽伝記アニメ。仁太坊が三味線に魅せられ、封建的な三味線の世界でそれまでの慣習や考え方を次々と打ち破り、自らの力で革新的な奏法を極めていくまでを、史実とフィクションを織り交ぜて綴る。監督・脚本は、全国ネットの総合教育企業ワオ・コーポレーション代表・西澤昭男。若手三味線奏者・上妻宏光が劇中の三味線演奏を担当。
 幕末の青森県・神原。仁太郎(後の仁太坊)は、貧しい船渡しの子として生まれ、間もなく母を失った。そして彼は8歳の時、天然痘に冒されて失明してしまう。だが、好きな音楽に触れながら、めげずに将来を模索していく仁太郎。やがてある時、彼はゴゼという盲目の女吟遊詩人たちのひとり、タマナの三味線演奏に魅了され、教えを請うことに。しかし、仁太郎11歳の時、父・三太郎も他界。独りとなった仁太郎は三味線で生計を立てることを決意する。こうして門付生活を始め、独学で腕を磨いた仁太郎は、次第に界隈で名を上げていくのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Stingr@y投稿日:2004-02-20 14:58:50
 「アニメ版日本偉人物語」といった所だが,頭に「学習塾経営の社長の趣味と実益で作った」という字句が付く。政治力を駆使し,すでに文部省の「選定」(推薦ではない)や,日本PTA,各地教育委員会の「推薦」を取り付けていて,各地の学校を巡回するそうである。この作品が学校巡回を戦略に入れて作られていることは疑い様がない。
 ※なにせ塾は塾でも「オンライン学習塾」だから社長としては日本各地隅々から児童生徒を集めたいのだ。学校巡回は大いに宣伝になる。

 「野口英世」や「ヘレン・ケラー」などの偉人伝で育った大人達にとっては,「子供に見せたい映画」と思うのだろうが,「子供が見たい映画」とのギャップを感じさせる。金を出してでも見たいと思う大人はいざ知らず,学校で見せるということは,子供は拒否できないということだ。これはどうだかな。今後も幾つかの「偉人物語」を作るそうだが,「怒涛のXX」のような怪しげなキャラが出てきて洗脳したり,最後は社長自身が「偉人」になって登場,なんてオチにならないように願いたい。
【サウンド】
『道』(挿入歌)
歌 :Yae
『新生』(主題歌)
歌 :Yae
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION