allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

野坂昭如 戦争童話集 凧になったお母さん(2002)

メディアTV Anime
上映時間45分
製作国日本
ジャンルドラマ/戦争
凧になったお母さん [DVD]
価格:¥ 2,476
USED価格:¥ 1,580
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:竹内啓雄
演出:根岸宏樹
企画:木村純一
加藤良雄
プロデューサー:太田賢司
増子相二郎
小倉久美
原作:野坂昭如
(作/『凧になったお母さん(戦争童話集 NHK出版 刊)』)
黒田征太郎
(絵/『凧になったお母さん(戦争童話集 NHK出版 刊)』)
脚本:藤本信行
総作画監督:市来剛
作画監督:木村文代
河内日出夫
美術監督:西田稔
岩城万里子
色彩設定:中島淑子
撮影監督:佐々木和広
編集:岡安肇
音響監督:大熊昭
音楽:相良まさえ
効果:武藤晶子
ナレーション:さとうあい
人物設定:関修一
声の出演:大久保祥太郎カッちゃん
折笠愛お母さん
加門良お父さん
宮本聖也一郎
勝生真沙子一郎の母
こおろぎさとみ敬子
亀井三郎加藤
二又一成河童
小関一爺さん
佐藤智恵婆さん
田口昂おまわりさん
江川央生町の人
【解説】
 毎年の夏に制作されている、反戦をテーマとしたTVアニメスペシャルの第二弾。原作は『火垂るの墓』でも知られる作家・野坂昭如。神戸の街に暮らすカッちゃんは5歳の男の子。父は兵隊に取られて南方で戦っており、母と二人暮らしだ。食べたい盛りの年頃に戦時下の食糧不足は厳しかったが、母はそんな息子のために福井の農家にまで遠出して野菜を仕入れに行く。その留守中、神戸の街に空襲警報が鳴ったがカッちゃんは防空壕には避難していなかった。帰宅後に青ざめた母が家を探すと、そこには? 劇中、河童が姿を見せるなど幻想的な場面がありつつも、終幕にかけての展開は一切救いの無いまさに悲劇。監督は武内啓雄、キャラクターデザインは関修一が担当した。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒猫にゃぼ投稿日:2004-08-31 00:46:42
【ネタバレ注意】

「戦争もの」は、悲しい作品が多いので、なるべく観ない様にしているのですが・・・、やっぱりこの作品も悲しい作品でした。
どうしても、猛火に包まれる場面から、最後の場面にかけての流れは泣いてしまいます。
一方、そんな悲劇のストーリーでありながら、キャラクターデザインは可愛いので、そういう意味でも楽しめた、というのも正直な感想です(もっとも今のアニメみたいな派手な可愛さではありませんが)。特にお母さんは色っぽくて良いです。逆に言えば、そんなに可愛いキャラクターだからこそ、なお辛いのですが・・・。
河童は・・・いらなかったかな?

【サウンド】
『童謡「あした」』(挿入歌)
歌 :尾崎千瑛
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】野坂昭如 戦争童話集 凧になったお母さん2004/04/23\2,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】野坂昭如 戦争童話集 凧になったお母さんレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION