allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

グッド・ガール(2002)

THE GOOD GIRL

メディア映画
上映時間93分
製作国アメリカ/オランダ/ドイツ
公開情報劇場公開(UIP)
初公開年月2004/04/17
ジャンルコメディ/ドラマ
映倫PG-12
グッド・ガール [DVD]
参考価格:¥ 1,620
USED価格:¥ 63
amazon.co.jpへ

【解説】
 田舎で退屈な人生を送っていた主婦が、年下の青年との情事に淡い夢を抱いたことから抜き差しならない状況に追い込まれていく様を、毒気を散りばめ描いたコメディ・ドラマ。監督・脚本はインディーズの秀作「チャック&バック」のコンビ、ミゲル・アルテタとマイク・ホワイト。主演はアメリカを代表する人気女優「フレンズ」のジェニファー・アニストン。
 アメリカの小さな田舎町に暮らすジャスティン・ラストは地元のディスカウント・ストアで働く30歳の主婦。町を出たいと思いながら、いつの間にか平凡な仕事に就き、退屈な男と結婚してしまい、同じコトを繰り返すだけのウンザリする毎日を送っていた。そんなある日、ジャスティンはふとしたことから同じ職場で働く文学青年ホールデンと打ち解け合う。やがて2人の関係は不倫へと発展していく。2人は連日のように愛し合うようになるが、鈍感な夫が気づく様子はない。それでも次第に罪の意識を感じ始めるジャスティンだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
635 5.83
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:hide投稿日:2014-08-13 02:29:33
二者択一を迫られ結局、現状維持を捨てきれない、という話は枚挙に暇がないと思うが、ふと思い出したのはズルリーニの傑作『高校教師』。
シチュエーション的には男女が逆で選択も逆なのだが、なぜか通底するものを感じた。
どちらを選ぼうが、また同じことの繰り返しになる、ということに気付いている点では同類なのだ。
しょせん、それが人生なのだ、と分かっていることにおいても。
その昔、師匠筋に当たる某脚本家の言葉が忘れられない。
―人間は何でも自由にできると思っているが自由にできるのは選択することだけだ―
投稿者:ひろちゃん2001投稿日:2010-11-10 16:27:49
シリアスベースのラブコメ。
アメリカの片田舎の中での「何も起こらない」退屈な町、
そのスーパーの無気力さが印象に残る。
薬中のペンキ屋の夫(アメリカでは、麻薬は普通に容認されているのが
日本とは意識が違う)のがさつさに合わない主婦の、空虚な
生活を淡々と描く。
そんな不満を、青年との不倫で・・・・・
リアルな描写で、一風違うラブコメであるが、結局、「解放感」もないままに
不倫相手もおこちゃまで一人よがりで魅力もないので、
盛り上がらないままで終わる。
投稿者:ひつじめえめえ投稿日:2008-09-16 12:18:26
【ネタバレ注意】

これはコメディと思って見るべきなんでしょうね。悲喜こもごも。実にブラックです。というより、過去のこの手の不倫映画・恋愛映画のパロディ集な感じもします。

主人公は父親の口はふさいだし、浮気相手は自殺した。夫はちょっと足りないから自分の子どもと信じている。仕事も続けられる…と一番得をしたのでありました、表面的には。ジェニファーのうじうじとした演技、よかったです。浮気相手のジェフのアホだらな感じもナイス。見ていて殴りたくなりますよね。

こういう渋い映画もきちんと作られているのがアメリカ映画の懐の深いところかもしれないですね。佳品です。

音楽について、2回しか流れないというコメントが下にありましたが、大勘違いです。ここぞというときに頻繁にかかりましたよ。あのギターの曲は誰のだろう? ドローンみたいな沈んだ曲はペンギン・カフェ・オーケストラ。

そういえばペンギン・カフェの音楽が映画に使われているのを聞いたのは初めてだなあ。いかにも使いやすそうなんだが。サイモン・ジェフスが断っていたのだろうか?

投稿者:irony投稿日:2005-10-03 18:02:23
 オツムのちと弱い女性(アニストン)が、精神の病んだバリバリのナルシストで、ある種ストーカーチックの男性(ジェイク)と不倫に落ちて、その後の事の顛末を描く作品だ。
 結末は見てのお楽しみ、御賞味あれ。  
投稿者:chacha投稿日:2005-06-25 20:12:31
ラストが悲しすぎでした。最初ジャスティンがホールデンに誘われた時に「誰も傷つけたくないから」と拒んだけど、結局はたくさんの人を傷つけてしまったみたいな・・・
でも旦那が浮気を知った時てっきり大暴れするのかと思ったら、優しさにビックリでした。ちゃんとアンテナつけかえてたし。

鬱々な不倫関係にトキメキ度満点★★
ぜひもう1回みたいです。
投稿者:ちゃき投稿日:2004-03-25 17:52:47
ブラピの彼女でおなじみのジェニファー・アニストンの恋愛ドラマ。といっても、ラブストーリーとはとてもいいがたい内容ですが、一人の女性に起こりそうで、起こらなそうな、そんなお話。

アメリカでの評価はよいみたいなんですが、私は残念ながらストーリーがまったく好きではなかったです。もともとこういう話は好きじゃないんだけど、終わり方がひたすら嫌い。ポイントは映画中に音楽が2回しか流れないこと。それはスーパーで流れる、追悼のための古い曲。それ以外は音楽なしです。(06/26/03)http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/1980/
投稿者:SYCO投稿日:2004-02-10 23:18:58
この映画地味だけど感動します。 やっと日本で公開ですね。
「フレンズ」のジェニファー・アニストンが鬱気味のスーパーの店員の役で名演技をしてます。 いつものキャピキャピの彼女とは大違い。こんな役もこなせるのかと、改めて感心しました。 http://www.geocities.co.jp/Hollywood/2568/index.html
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 監督:ミゲル・アルテタ
 □ 主演女優賞ジェニファー・アニストン 
 □ 助演男優賞ジョン・C・ライリー 
 ■ 脚本賞マイク・ホワイト 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】グッド・ガール <期間限定生産>2005/10/21\1,500amazon.co.jpへ
 【DVD】グッド・ガール2004/08/27\3,980amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】グッド・ガールレンタル有り
 【VIDEO】グッド・ガールレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION