allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ファイティング×ガール<未>(2004)

AGAINST THE ROPES

メディア映画
上映時間111分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開
ジャンルドラマ/スポーツ/伝記
ファイティング・ガール スペシャル・コレクターズ・エデション [DVD]
参考価格:¥ 1,500
価格:¥ 1,068
USED価格:¥ 160
amazon.co.jpへ

【解説】
 ボクシングの世界でもっとも成功を収めた女性マネージャーとして知られるジャッキー・カレンの半生をメグ・ライアン主演で映画化したスポ根ドラマ。チンピラだった男の才能を見出し、二人三脚の末に一流ボクサーへと育て上げる姿を、ユーモアを織り交ぜ描く。監督は俳優として活躍し本作で監督デビューのチャールズ・S・ダットン。共演は「BROTHER」のオマー・エップス。
 ボクシング・トレーナーを父に持ち、幼い頃からボクシングに親しんで育った女性ジャッキー・カレン。自分もボクシングの世界に関わりたいと夢見ていた彼女は、やがてマネージャーの道を歩み始める。ある日、新たに契約したボクサーのもとに向かった彼女は、そのボクサーを殴りつける街のチンピラ、ルーサー・ショーに目を留める。ルーサーの才能を確信した彼女は、引退していたトレーナーのフェリックスを説得しルーサーのコーチを任せるのだった…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
639 6.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-10-26 23:35:49
大好きな女優のメグ・ライアン主演作という事で前々から気になっていた作品で、今回やっと中古ビデオを買って鑑賞しました。やっぱり良かったです!ロマコメでない作品で輝くメグは久しぶりだったのでファンとしては嬉しい限りでした!
物語もテンポも良いので引き込まれるし、ラストは感動的。ボクシングの世界をあまり知らない私でも十分楽しめました!実話というのも素敵な所だし、いつもとは一味違うメグのファッションや雰囲気、そして演技も素晴らしかったです。監督と出演もしているチャールズ・S・ダットンも素敵だったし、オマー・エップスもカッコよくて演技も上手い!なのでホント見てよかったでした〜!
それにしてもこの邦題は良いのかな?変とは思わないけど、原題とはあまりにも違い過ぎなのでは?なんて思っちゃいましたけど。。でもまぁもっと微妙な邦題つけられてる映画もあるのだから、これくらいはいいけどね。。後、日本では劇場未公開に終わってしまったのも残念ですね。でもDVDやビデオで見れるのだから良いですけど。。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2006-04-10 08:15:12
【ネタバレ注意】

ジャケ&タイトルから“メグ・ライアンのラブ・コメか?”と思ってたのだが、観てみると実に熱いのだな〜これが。
いやもう絶賛気分でいっぱいですよ。
軽いノリで気楽に観れて引き込まれる、汚い世界はどこも一緒かもだが、人間のプライドといやらしさ…の結果、実際はチャンプになるべき才能の持ち主が、道具として潰されようとする〜まぁあの最初のラウンドを乗り切ったのは、まさに才能でしょうか。調整不足とはいえ、そんなに簡単な相手ではなかったってこと。
そして、何の憂う事もなく信じて戦うものは……実に溜飲が下がる。
才能が有りながら認められない者…それが我々をイライラさせ、しかる後にカタルシスを提供する。
僕もおまけのインタビューは見たよ。枝葉はともかく間違いなく実話だ…これは。実に傑作な一本。

投稿者:irony投稿日:2005-09-13 18:44:29
 弱すぎる、いくらなんでも。作品は期待以上の出来です。単純だけど、結構引き込まれた。
投稿者:FilmSeeker投稿日:2005-01-23 07:16:15
思った以上におもしろくて、大変楽しめました。実話というのも驚きです。
メグ・ライアンがとてもいい味を出していて、すぐにストーリーに引き込まれました。
特に好きな女優ではないんですが、やっぱりハリウッドスターですね。演技に花があります。
投稿者:sakurasm投稿日:2004-10-04 16:42:03
「イン・ザ・カット」の次にこれなので、多少面食らいました。女優としてのキャリアと築き上げてきたペルソナ(イメージ)を前作で壊しにかかったことは明らかですが、今作品は更にラディカルな役柄で180度転回して今までの女優ニューヨークの恋人メグ・ライアンと対峙しているかのよう。本来の話しは別として、男女平等が当たり前の時代に色濃く残る男社会へ女単身切り込む、その筋の手法としては古いが、メグ・ライアンだからそこが新鮮かつその違和感が面白い。もっと適役がいるのでは、と思うなかれ。裏を返せば彼女だから批評する気にもなるというもの。http://www.enpitu.ne.jp/usr2/27068
投稿者:filmer 2004投稿日:2004-09-30 01:11:21
【ネタバレ注意】

誰も書いてないのね、なら書いちゃお。お話は分かりやすくて面白かったです。もっとも分かりやすすぎますけど。実話だそうで、DVD特典映像で本人のインタビューありで、へえという感じ。でもインタビューによると、本当は独身女じゃなくて、夫も子供もいるらしい。家族に支えられてたのか反対されてたのか分からないけど、そういった場面はむしろあった方が、奥行きが出るんじゃないかという気もしたけど。ボクシングに入れこんだ、それ一筋の女だと、ちょっと頑張り過ぎって感じで。メグ・ライアンは結構いいのですが、やっぱり線が細くて、実物見ると、デミ・ムーアくらい毒気ある方がはまったんでは、と思います。

【レンタル】
 【DVD】ファイティング×ガールレンタル有り
 【DVD】ファイティング×ガール スペシャル・コレクターズ・エディションレンタル有り
 【VIDEO】ファイティング×ガールレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION