allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

死に花(2004)

メディア映画
上映時間120分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映)
初公開年月2004/05/08
ジャンルコメディ/ドラマ/犯罪
なんだかワクワクしてきましたよ。

もうひと花ふた花
ボクらの花を咲かせましょう。
死に花 [DVD]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 2,000
USED価格:¥ 214
amazon.co.jpへ

 Photos
死に花死に花

【クレジット】
監督:犬童一心
製作:横溝重雄
大里洋吉
早河洋
プロデュース:伊藤満
企画:遠藤茂行
宮下昌幸
木村純一
プロデューサー:木村立哉
橘田寿宏
福吉健
西口なおみ
松田康史
原作:太田蘭三
『死に花』(角川書店刊)
脚本:小林弘利
犬童一心
撮影:栢野直樹
美術:磯田典宏
編集:阿部亙英
音楽:周防義和
照明:磯野雅宏
録音:浦田和治
助監督:谷口正行
出演:山崎努菊島真
宇津井健伊能幸太郎
青島幸男穴池好男
谷啓庄司勝平
長門勇先山六兵衛
藤岡琢也源田金蔵
松原智恵子明日香鈴子
星野真里井上和子
森繁久彌青木六三郎
(特別出演)
【解説】
 老境に差し掛かった男たちが、一人の仲間の死をきっかけに世間をアッと言わせる大きなことをしでかそうと奮闘する痛快活劇コメディ。亡き友が遺したノートに記された大胆不敵な17億円強奪計画の実行へ突き進む老人たちの姿を、高齢化社会を迎えた日本の抱える諸問題を織り込みつつ描く。太田蘭三の同名原作を「ジョゼと虎と魚たち」の犬童一心監督が映画化。山崎努、宇津井健をはじめベテラン俳優たちが豪華に共演。
 東京郊外にある高級老人ホームで悠々自適な毎日を送っていた菊島ら元気な老人たち。ところが、そんな彼らに仲間の死という突然の出来事が訪れた。亡くなった源田は『死に花』というタイトルのノートを遺していた。そこには穴を掘って銀行から17億円を強奪するという驚くべき計画が書かれていた。しかもその標的は、仲間の一人伊能が理不尽なリストラにあった銀行だった。老人たちはこの練り上げられた大胆不敵な一大計画にすっかり魅了され、これを実行することを決意する。さっそく道具を揃え、工事を装って計画通りに穴を掘り進む彼らだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1386 6.62
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:痛風投稿日:2008-09-15 09:45:07
テンポ悪く盛り上がりも中途半端な印象。すでに出演者が何人も亡くなっているのがリアルです。星野真里の下手さと浮き具合が目に付きました。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2006-12-12 07:19:23
凄いキャスティングだな。
映画だから良いのですがやや安易すぎる気も。
投稿者:理陽投稿日:2006-10-15 04:00:40
ちょっと遊びすぎてる感はありますが、面白かったです。こんだけの大御所を気楽に見れるのは中々ないですからね。
投稿者:kuss投稿日:2005-12-28 20:18:03
そこそこ面白かったですが、ビデオのパッケージほどは洗練されていませんでした。
穴掘ってる彼らほどワクワクできなかったですな。もっと犯罪計画とかそのへん
ちゃんと描いてくれていると面白かったのかも。         5点
投稿者:bond投稿日:2005-10-07 12:28:46
期待しないで観たからか、そこそこおもろかった。森繁のオチもあったし、脚本が良かったか。長門勇が最高。
投稿者:irony投稿日:2005-09-23 09:47:51
 あり得ない話だけど、いいんじゃないのか?ある種のファンタジーって事で。
投稿者:垣見五郎兵衛投稿日:2004-12-09 10:14:36
映画とは言え、70歳を過ぎたであろう老人に、都会の地下にトンネルを掘らせたらダメでしょう。肉体的にも、観てて苦しかったなぁ。それよりも、「若者には負けない」と「昔とった杵柄」ならぬ熟練の技術を持った老人を出演させて、もっとスマートに、頭脳的にドロボウして欲しかった。熟練工が長門勇さんだけとは、少し寂しすぎだった。でも、あのとぼけた長門さんの健在ぶりが分かっただけでも収穫ありでした。
投稿者:hira投稿日:2004-06-04 02:00:34
 今週で終わってしまうので急いで観に行きました。

 予想したより若々しくない作品ですね。まず、物語の走り出しが遅いです。もっと藤岡琢也の死ぬシーンを早くして、銀行強盗計画の場面に行くべきです。あと、星野真理演じる生意気な女はいらないと思いますよ。彼女が出るたびにイライラしてました。もっと年寄りに敬意を表せ!ってな感じで。ビルの倒壊シーンがやけに力入ってます。こんなことなら、スペクタクルなシーンを増やしてほしかったです。
 青島幸男は明らかに演技してますね。筋金入りの天然です。4人の中では宇津井健が良かったです。
 
 劇場内は自分の他は本当にみんなお年寄りでした。自分は年取ったら、こんな作品観たくないなぁ。
投稿者:世界氏投稿日:2004-05-24 22:34:49
ポスターの生き生きした4人の姿につい見たくなりました。想像以上にいい作品でした。主人公の4人をはじめ脇役の方もそれ以上に丁寧にキャラクターが描かれていました。些細な出来事に子どものように無邪気にはしゃいだり、その反対に「老い」も引きずりながら野望を成し遂げようとする姿がとても微笑ましかった。最後は(おいおいっ!)って思いましたが、それもまた良し。館内が明るくなったとき観客のあまりの年齢の高さに驚きました。皆さんとても嬉しそうで、たくさん元気もらったんじゃないですか?
投稿者:hanya投稿日:2004-04-28 00:46:26
期待してなかったけど、意外と楽しく観れた。
時々ん〜?とか、オイっと思うけども。
洋画風だな。
山崎さんの表情や声の演技はさすがだなあ。
エピソードも意表をつくこと多くてグー。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】死に花2004/11/12\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】メイキングオブ「死に花」〜それぞれの「生き様」〜2004/04/21\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】メイキングオブ「死に花」〜それぞれの「生き様」〜レンタル有り
 【DVD】死に花レンタル有り
 【VIDEO】メイキングオブ「死に花」〜それぞれの「生き様」〜レンタル有り
 【VIDEO】死に花レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION