allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

タカダワタル的(2003)

メディア映画
上映時間65分
製作国日本
公開情報劇場公開(アルタミラピクチャーズ)
初公開年月2004/04/03
ジャンルドキュメンタリー/音楽
ドキュメントよりも生々しく
フィクションよりも笑劇的な物語
タカダワタル的 memorial edition [DVD]
参考価格:¥ 5,076
USED価格:¥ 4,970
amazon.co.jpへ

 Photos
タカダワタル的タカダワタル的

【クレジット】
監督:タナダユキ
製作:桝井省志
小形雄二
プロデューサー:土本貴生
撮影:長田勇市
編集:三橋寿美代
録音:郡弘道
出演:高田渡
柄本明
【解説】
 1969年のデビュー以来、『自衛隊に入ろう』『ごあいさつ』など多くの名曲、ヒット作を世に送り、いつの時代も変わることなく今なお精力的に活動を続け、根強い人気を誇る伝説のフォーク・ミュージシャン高田渡の魅力に迫る音楽ドキュメンタリー。俳優・柄本明をナビゲーション役に、2003年春の下北沢でのライヴを中心にオフステージでの素顔を交え構成。監督は前作「モル」でデビューした新鋭タナダユキ。
 映画は1970年<中津川フォークジャンボリー>で『ごあいさつ』を歌う高田渡の秘蔵ライヴ映像で幕を開ける。以来30年以上に渡ってマイペースで活動を続けてきた高田渡。歌と酒をこよなく愛する彼は、現在、吉祥寺をホームタウンとし、益々意欲的なライヴ活動を続けている。そして2003年春、東京・下北沢<ザ・スズナリ>、京都<拾得(じっとく)>、大阪<春一番コンサート>などでワタル的音楽ライヴが炸裂する。カメラはそんな笑いの絶えないライヴの模様に加え、彼のアパートにまで押しかけるなど禁断の日常生活にも密着していく。
<allcinema>
【関連作品】
タカダワタル的(2003)
タカダワタル的ゼロ(2008)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
217 8.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:QUNIO投稿日:2009-03-11 16:56:00
伝記としてはちょっと物足りないドキュメンタリー映画ですが、高田渡の人柄が良く伝わってきて東京の下町や商店街などの温もりのある風景が見所です。プロデューサーでもある柄本明が昭和の影の世界へ案内してくれる。
投稿者:well投稿日:2007-03-06 22:42:57
高田渡という人の歌っている姿を見たことがなかったので、面白かった。
こぎれいにまとめた作品になっていない点も好感が持てる。

苦渋を覆い隠したような鷹揚な歌いっぷりには、やはり圧倒されます。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2007-02-21 11:15:07
高田渡の伝説に全然踏み込んだ物になっていない。撮影中は存命中だったのだから、インタビュー映像が殆ど無いのはおかしい。よって無星。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ ベスト10第9位
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】タカダワタル的 memorial edition2005/06/24\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】タカダワタル的レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION