allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

リアリズムの宿(2003)

メディア映画
上映時間83分
製作国日本
公開情報劇場公開(ビターズ・エンド)
初公開年月2004/04/17
ジャンルコメディ/ドラマ
立ち止まったり、
道草したり。
それでも
明日が見えてくる。
リアリズムの宿 [DVD]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 4,024
USED価格:¥ 1,647
amazon.co.jpへ

 Photos
リアリズムの宿リアリズムの宿リアリズムの宿リアリズムの宿

【クレジット】
監督:山下敦弘
製作:奥沢邦成
大島満
企画:高野慎三
プロデューサー:定井勇二
富岡邦彦
岡本東郎
原作:つげ義春
『リアリズムの宿』『会津の釣り宿』
脚本:山下敦弘
向井康介
撮影:近藤龍人
美術:宇山隆之
編集:山下敦弘
定者如文
音楽:くるり
照明:向井康介
録音:古谷正志
助監督:高倉雅昭
出演:長塚圭史坪井小助
山本浩司木下俊弘
尾野真千子川島敦子
多賀勝一タクシー運転手
サニー・フランシス一番目の宿男主人
天野公深子一番目の宿女主人
瀬川浩司食堂の店員
川元将平ケチャップの少年
康すおん喫茶店の中年男(ポンちゃん)
石川真希ヤンキー男の母親らしき女
(特別出演)
山本剛史船木テツヲ
【解説】
 成り行きで出会ってしまった男女3人のアテのない旅を描いたロード・ムービー。つげ義春の原作漫画『リアリズムの宿』と『会津の釣り宿』を基に、「ばかのハコ船」「どんてん生活」の山下敦弘監督が映像化。旅の道中で3人が遭遇するささいな出来事の数々をオフビートな笑いで綴ってゆく。
 冬のある日、駆け出しの映画監督・木下俊弘と脚本家・坪井小助は、共通の友人である俳優の船木テツヲに誘われ、東京を離れて旅に出ることに。ところが肝心の船木が寝坊で来ない。顔見知り程度の関係でしかない木下と坪井だったが、仕方なくそのまま2人だけでやって来たのは鳥取のとある温泉街。意味もなく日本海を眺めていた2人は目の前を流れていく女性の下着を目にする。不思議に思っていたところ、若い女性が裸同然の格好で走ってきた。この寒い中、海で泳いでいたところ荷物を全部波にさらわれ、着替えもお金もなくなってしまったという…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
15124 8.27
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:68生男投稿日:2018-08-11 04:11:28
つげの映画化なら見ないわけにはいかないか、と、ある日、いやいや見てみたが、原作と違っていてもずいぶんと面白かった。ほんとに面白い。
山本浩司氏を本作で初めて見てファンになった。山下敦弘氏も本作で知ってファンになった。
それがたしか2013年だった。10年遅れているが、本作のおかげで新しいものに関心がもてたのでよかった。
投稿者:幸村和投稿日:2009-09-20 13:31:52
原作の茫洋とした感じを漂わせながらも現代的にアレンジしているのがなかなかよくできていると思いました。カラオケスナックのシーンで繰り広げられる会話もなんとも情けなさに侘びしさが漂いつつも、どこかでまあいっか、と開き直るようなあるいはトボケたような感もあり、そのユーモラスな感じが人間くささを表してて可笑しかったです。その辺の人間の「哀愁を帯びた可笑しさ」もつげ作品らしくてきちんと表現できていると思いました。ラストのくるりの音楽がまた本当に良い。今までくるりいいよーと言われても何故かいまいちピンと来なかったのですが、これを聞いて、確かにいいかも、と思いました。
投稿者:燃えるアクション魂投稿日:2007-05-30 08:25:54
こんな形でつげ作品が生まれ変わって、再び世に出るとは、とても感動しました。つげ義春の漫画は、以前にも何回か映像化されましたが本作が最高ではないかと思います。原作を独自の解釈で主人公を現代の二人の若者に置き換え、原作にも出てきたエピソード、新たに付け加えられたエピソードが見事に交錯し、異様で、おかしくて、ちょっとかなしい、まったく新しいロードムービーに仕上がっています。映像がすばらしい。主演の二人が良い。一人は竹中直人を彷彿とさせるし、もう一人は長塚京三の息子さんですか?!この監督さんはこれからどんどん活躍して日本映画を盛り上げてくれることを期待します。
投稿者:はこまる投稿日:2006-11-03 23:21:27
何回観てもそれしか言えない。


投稿者:エバ投稿日:2005-06-04 11:04:09
あまり面識のない二人が繰り広げるロードムービー。
なさそうでありそうな、ありそうでなさそうな設定だが、
上記のセリフなど、日本人ならではの文化?くすくす笑いがこみあげる。
ジムジャームッシュにも似た流れを感じるが
私は以前ジャンプで掲載されていた「王様はロバ」?
あれを思い出してしまいました。それにしてもくるりはいいなぁ。
投稿者:ピープル江川投稿日:2005-03-02 07:29:29
大好きっす!
これぞ21世紀の青春ノイロゼ!
あの砂浜のロングショットはナイスシーーーンhttp://d.hatena.ne.jp/pegawa/
投稿者:ジャンクフード投稿日:2004-08-21 21:49:26
映画あんまり観ないんですけど、くるり好きなんで行ってみました。
あの平熱な感じが良いなって思った。あと風景っていいなぁとも思った。
パンフに載ってたシナリオ見てたら「……。」っていうせりふがやたら多くて面白かった。無言って説得力ある。
投稿者:PEKO投稿日:2004-03-30 02:40:55
【ネタバレ注意】

つげ義春さんの原作もよいけど映画も明るい感じでよいです。
女の子がバスに乗って去ってゆくシーンは登場人物と同じく唖然としてドキッとしました。
最後のリアリズムの宿も嫌ですけど、その前の金髪の兄ちゃんちも絶対に泊まりたくないなぁーと思いました。
全体が独特な雰囲気に包まれて見飽きない作品でした。
2004.1.19観賞 8点

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ ベスト10第2位
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】リアリズムの宿2004/12/22\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】リアリズムの宿レンタル有り
 【VIDEO】リアリズムの宿レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION