allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

天国の本屋〜恋火(2004)

メディア映画
上映時間111分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月2004/06/05
ジャンルロマンス/ドラマ/ファンタジー
完成しなかったピアノ組曲…。
2度と上がらなくなった“恋する花火”…。
地上と天国が出逢うとき、
結ばれなかった恋人たちに、奇跡がおこる。

願いはかなう。
想いは伝わる。
あの頃映画 松竹DVDコレクション 天国の本屋~恋火
参考価格:¥ 3,024
価格:¥ 2,040
USED価格:¥ 2,629
amazon.co.jpへ

 Photos
天国の本屋〜恋火天国の本屋〜恋火天国の本屋〜恋火天国の本屋〜恋火

【クレジット】
監督:篠原哲雄
製作:久松猛朗
原作:松久淳+田中渉
『天国の本屋』(かまくら春秋社刊)、『恋火』(小学館刊)
脚本:狗飼恭子
篠原哲雄
撮影:上野彰吾
美術:小澤秀高
音楽:松任谷正隆
主題歌:松任谷由実
『永遠が見える日』
照明:矢部一男
出演:竹内結子翔子/香夏子
玉山鉄二健太
香里奈由衣
新井浩文サトシ
大倉孝二
斉藤陽一郎
かとうかずこ
あがた森魚
斎藤歩
鰐淵晴子
根岸季衣
塩見三省
吉田日出子
桜井センリ
香川照之瀧本
香川京子
原田芳雄ヤマキ
【解説】
 天国と地上で、ある一つの失われた恋に奇跡を起こそうと奔走する男女を描いたラブ・ファンタジー。松久淳+田中渉によるロング・ベストセラー小説『天国の本屋』シリーズの第1作『天国の本屋』と第3作『恋火』を基に映画化。監督は「月とキャベツ」「はつ恋」の篠原哲雄。主演の竹内結子は一人二役に初挑戦している。
 ピアノを弾く意味を見失い、オーケストラをリストラされたピアニストの健太。ヤケ酒で酔いつぶれ、つぎに目覚めた時、彼はたくさんの本が並ぶ見知らぬ部屋にいた。そこはアロハシャツの怪しげな男ヤマキが店長を務める“天国の本屋”。健太は死んだわけでもないのに、ここで短期アルバイトをさせられることに。そして、そこで彼は翔子という若くして亡くなった元ピアニストの女性と出会う。彼女は、健太が幼い頃に憧れ、ピアニストを志すキッカケになった人だった。一方地上では、その翔子の姪・香夏子が伝説の“恋する花火”を復活させようと、長らく途絶えていた商店街の花火大会再開に向け奔走していた。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aいま、会いにゆきます (2004)
[002]A笑の大学 (2004)
[003]A東京タワー (2004)
[004]Aビッグ・フィッシュ (2003)
[005]Aフラガール (2006)
[006]A下妻物語 (2004)
[007]Aシービスケット (2003)
[008]Aネバーランド (2004)
[009]Aスパイダーマン2 (2004)
[010]Aラブ・アクチュアリー (2003)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
19151 7.95
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:NYY投稿日:2009-03-22 17:58:47
【ネタバレ注意】

いまいち。ファンタジーの凡作ってとこかな。
どっかで見たような話で、予想通りの展開に終始してた。
恋する花火って・・・ はいはい、スイーツ花火ねw。
 
ここの天国って、なんかしょぼいんだな〜。もっと美女がいっぱい
いる酒池肉林な天国の方がいいなw。
ていうか、本ぐらい自分で読めよ。何なんだ、こいつらは?
作品としては中学生向けかな。
 
竹内結子が一人二役なのは、「ラブレター」あたりのパクリかな?
ボクは、愛する竹内がいっぱい見れて良かったけど。
下の方の人も書いてるけど、あの痛そうなビンタ合戦は良いね。
うーん、ボクもビンタされたい。
 
この頃の香里奈は、ピチピチしてて良いな。
あーゆー何考えてるか分からんネコみたいな女子は魅力的でもある
んだが、この人の話が凄く胡散臭かった。 
 
あと、大倉孝二って人はウザすぎる。いない方がいい。

投稿者:kinenchyu投稿日:2009-01-31 22:34:48
淡々と流れるストーリーですが、2つの世界を描いており、メリハリがあるなんともいえぬいい雰囲気のある作品になっていると思います。竹内結子が色気のあるいい雰囲気を出してました。
投稿者:brilliant tomorrow投稿日:2006-08-09 06:14:57
さらさらさらと、流れてゆくようなお話でした。
この手の映画を観るときには、思い切り感情移入して、怒ったり、泣いたり、笑ったりしたいのですが、それがまったくできませんでした。「ふーん、そういう筋なんだ」で終わってしまい、なんというか、まるで長い長いあらすじを聞かされた感じです。
竹内さんは好きですし、後味も悪くなんですが、それだけ。俳優や演出ではなく、脚本段階で自分の嗜好と合わなかったということでしょう。
香里奈さんの演技は初めて見ましたが、まだ女優さんという肩書きは…この映画的にいうと「アルバイト」くらいではないでしょうか。
投稿者:irony投稿日:2005-10-10 15:52:04
 は、もうそろそろいいのでは? こんな事じゃ邦画はお先真っ暗だろう。
ストーリーも色々詰め込め過ぎだし、姉と弟のエピソードもはっきり言って要らないでしょう。ヤマキなる人物もキャラを作り過ぎだし、軽すぎる。
 寿命100歳って言うのも102歳で死んだらいきなり2歳って多重人格者になるしかないよね(笑)。ラストもいきなり原っぱにピアノのがポツンと置いてあって、夜の空が現世と天国がリンクするってのもファンタジーだからいいってもんじゃないだろう。唯一の見どころは、竹内と香川のビンタの応酬、あそこだけは見る価値ありです。
投稿者:keith11投稿日:2005-05-07 22:05:40
映画というのは夢の世界でリアリティばかり気にすることはないと思う。邦画は殆ど見ないのだけれども、こんな映画があるんだったらこれからは見てみようと思う。
投稿者:アリョーシャ投稿日:2004-12-29 23:40:48
「天国の本屋」と「恋火」という二つの原作をベースに映画化しているが、それが上手く消化できず、結果として主題が絞りきれておらず散漫な印象を与えてしまっている。これは脚本の問題だと思うが、やはり竹内結子演ずるヒロインの話に絞り込んだ方がよかったと思う。
ただ、北海道を背景とした撮影は美しく、また俳優陣も総じて好演で、主演の竹内結子はやはり魅力があるし、相手役の玉山鉄二もまずまずの演技、そして助演陣が原田芳雄はじめ概ね手堅い演技で、作品としてはそれなりに楽しめる。
それと、竹内と祖母役の香川京子のツーショットは、私は竹内結子には香川京子のような女優になってもらいたいと思っているので、なかなか興味深いものがあった。
投稿者:ふじこ投稿日:2004-12-24 22:20:39
一応イケメン玉鉄くん目的だったわけですが、彼はあまりにも普通でしたね。
雰囲気はすごく良かったですが、自分的にはもっと深みが欲しかったかな。
とりあえず自分自身、与えられてるであろう残りの寿命をこれからがんばって生きていこう、なんて思いました。

自分としては竹内結子さんよりは香里奈さんの雰囲気の方がすごい好きです。彼女が弟と再会するとこはすごく良かったな。

あと、、何で芳雄の親父さんはいつも常夏パラダイスのような格好してたんだ?

花火を見上げる時ってのは、みんないろんな思いを心に描いて見つめてるんでしょうね・・・
投稿者:垣見五郎兵衛投稿日:2004-12-14 20:14:17
花火と本屋と天国。なんとロマンティックな出会いの設定か?あまりにも、現世風な天国だけど、それでいて観ているうちに「ありかな」とも思えてくる。夜空に広がる花火、人々の万感の思いをのせては輝いて、消えていく。感性豊かな作品と思う。油っこいディナーのあとには、このような涼風のデザートをお勧めしたい。
投稿者:jyunn投稿日:2004-11-11 13:28:59
まあ、僕は、竹内結子が昔から好きなので・・・
ただ、玉山鉄二の演技はひどいかと。
投稿者:ゆうじ投稿日:2004-06-20 10:13:51
登場人物の心情描写がすべて表面的だし、エピソードを詰め込み過ぎていて、何を言いたいのかよくわからない。特に、主人公である玉山鉄二が演じるピアニストの描き方は非常にあっさりしていて、彼が天国の本屋に行った理由やそこでどう変わっていったかがまったく観客に伝わらない。もう少し丁寧にストーリーを作って欲しかった。  

それでもまあ、何かほろりとさせるような雰囲気だけは持っているし、それ程観客に感涙を押し付けるような展開にはなっていないので、何も考えずに見れば楽しめないことはない。デート向けのファンタジー映画としてはまあまあの出来といったところか。

投稿者:籐四郎投稿日:2004-06-03 01:09:27
「黄泉がえり」を意識して柳の下の二匹目のドジョウを狙ったような、宮沢賢治の童話の世界に少し似ているファンタジー作品。
無理していろんなエピソードを一本に詰め込んだような脚本で、とってもバランスが悪かったです。
クラシック好きの身としては、主演の二人がピアノを弾くときに上半身ばかりに気をかけて、全くペダルを踏んでいないのがムッときた。
特に玉山鉄二に関しては、全然、演奏家に見えなかった。
花火好きの身としては、主演の二人が花火を打ち上げている最中に、無造作に現場に入って来るのは、安全性の面でどうかと思った。
それに打ち上げ場所の真下からは、あんなにきれいに見える筈が無いと思った。花火師の香川照之も自暴自棄な生活をしてる筈なのに、体が精悍すぎて不自然だった。
【サウンド】
『永遠が見える日』
歌 :松任谷由実
【レンタル】
 【DVD】天国の本屋〜恋火レンタル有り
 【VIDEO】天国の本屋〜恋火レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION