allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

丹下左膳 百万両の壺(2004)

メディア映画
上映時間119分
製作国日本
公開情報劇場公開(エデン)
初公開年月2004/07/17
ジャンル時代劇/ドラマ/コメディ
ずっと一緒にいたかった。
丹下左膳 百万両の壺 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 2,792
USED価格:¥ 540
amazon.co.jpへ

 Photos
丹下左膳 百万両の壺丹下左膳 百万両の壺丹下左膳 百万両の壺丹下左膳 百万両の壺

【クレジット】
監督:津田豊滋
プロデューサー:江戸木純
川崎のり子
原作:林不忘
脚本:江戸木純
オリジナル脚本:三村伸太郎
撮影:津田豊滋
編集:津田豊滋
音楽:大谷幸
出演:豊川悦司丹下左膳
和久井映見お藤
野村宏伸源三郎
麻生久美子萩乃
金田明夫柳生対馬守
武井証ちょび安
坂本長利弥平
かつみ・さゆり
市田克彦茂三
(かつみ・さゆり)
市田小百合ハチ
(かつみ・さゆり)
中山一朗与吉
山下徹大森山平蔵
柏原収史鈴川十郎
荒木しげる高大之進
渡辺裕之七兵衛
豊原功補用心棒
田中千絵お久
坂本三佳お滝
由樹お光
高橋渡上州屋
吉間亮勝坊
中谷由香女中
峰蘭太郎町人
MIKE HAHN門弟
渡辺篤史音吉
(友情出演)
堀内正美峰丹波
【解説】
 早世の天才映画監督・山中貞雄が隻眼隻腕のチャンバラ・ヒーロー丹下左膳を題材に人情喜劇として撮り上げた日本映画史上屈指の傑作と誉れ高い「丹下左膳餘話 百萬兩の壺」を、豊川悦司主演で完全リメイク。子ども嫌いにもかかわらずひょんなことから一人の孤児を面倒見るハメになった左膳が、戸惑いながらも親子の情を育んでいくかたわら、柳生家伝来の秘宝“こけ猿の壺”争奪戦に巻き込まれていくさまをユーモラスかつ軽快に綴る。
 主君に裏切られ、右目と右腕を失い侍を捨てた男、丹下左膳。いまは矢場を営む勝ち気なお藤の伴侶となり、その矢場の用心棒として暮らしていた。一方その頃、柳生の里では藩主、柳生対馬守が先祖伝来の“こけ猿の壺”に莫大な軍資金の隠し場所が塗り込まれていると知り大喜び。ところが、その壺は江戸へ婿養子に行った弟、源三郎がそうとは知らず持って行った後だった。見た目の汚いその壺は、やがて回収屋の手を経て5歳の少年、ちょび安のもとへ。しかしその夜、ちょび安の面倒を見ていた祖父、弥平が左膳とチンピラの喧嘩沙汰に巻き込まれてしまい、彼は左膳にちょび安を託すとそのまま息を引き取るのだった…。
<allcinema>
【関連作品】
丹下左膳餘話 百萬兩の壺(1935)オリジナル
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
963 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:バナナミルク投稿日:2014-02-21 23:20:46
洗練さが損なわれてしまった感じだ。芝居のテンポが間延びした印象だ。安坊の出生の秘密の設定を足したのは良いが、唐突だ。伏線が十分ではなかった。説明セリフが良くない。評価できるとしたら、萩乃役の麻生久美子が良かった。
投稿者:mototencho投稿日:2010-06-08 16:04:17
山中貞雄監督のオリジナルはすごいのだそうです(ほめない人いないからね)。確かにこのリメイクを観れば、納得の面白さ。剣劇ヒーロー丹下左膳なんだけど、感動の人情劇で号泣。実にありがちな話と、巧みなプロット。“おまけ部分”にヒーローの活劇があるという優れもの。
http://mototencho.web.fc2.com/theam/famim.html#sazen
投稿者:ujiki_blues投稿日:2007-01-06 16:55:29
【ネタバレ注意】

2004年、山中貞雄のオリジナル(カットされていた)フィルムが見つかり、再上映された時期に公開されたものだと思います。丹下左膳、オリジナルを知るきっかけになったという意義はありますが、一本の映画として観ると、出来がいいとは思えないです。

まず、ロングショットが多いのが何故のか分かりません。オリジナルの縦構図という訳でもなく、ただ観辛いだけです。次いで、トヨエツの殺陣をみせてくれるのはいいのですが、カメラやカット割が悪く、こちらも非常に観辛かったです。ちょび安(武井証)が自分の祖父の死を知らされて泣くシーンがありますが、オリジナルは後ろ姿の1カットだけ、しかも泣き声は聴かせないのに、本作は2カットで、横から涙する表情を捉え、泣き声もしっかり聴かせます…この辺りもセンスないなあと思います。

他にも、回収屋のキャラや彼らの姿をカットインするタイミングも含めて、オリジナルから変更を加えた部分は全て面白くなくなっています。何だかテレビドラマの『水戸黄門』を観ているようです。

投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2006-12-31 21:11:24
これは面白い!

トヨエツ演じる丹下左膳と、お藤(和久井映見)の掛け合い(或る意味ケンカ)が、その成り行きと相俟って最高に笑える。お藤のキャラもだが、麻生久美子(萩乃)と野村宏伸(源三郎)の関係(と性格)がまた楽しいのだな。
ってコメディが主体となるのだが、あんなに子供嫌いの左膳とお藤が最後は泣かせてくれる。
暗闇のチャンバラアクション、派手な衣装、剣の抜き方、収め方…アウトローな様で人間が優しい、そしてとんでもない剣の達人で遊び人(あ…用心棒か)の左膳〜魅力全開!です。
ラストも凝ってて実に笑わせてくれる超傑作。
オリジナル(大河内傳次郎)と同じセリフ、同じシチュエーションが多いリメイクらしいけど…これはオリジナルのファンも結構、納得の仕上がりなのでは?と思ってみたりして。(うちの親爺は「まぁまぁやな」って言ってたが…つまらなくは無かったね、って事か?)

それと、有名な近江八幡の明治橋界隈がロケ使用されてます…美しいね。

※オリジナル観ました。確かにのっけの樹木を写すカメラ〜全編お洒落で楽しい…それは「幻のシーン」が浮くほどに。あのクズ屋の荷物が2回に渡って撒き散らかされるのも面白いね〜ってシーンは本作にはないのだが、代わりに左膳の隻眼隻腕にされる〜お藤登場エピソードや滅法強い立ち回りシーンが浮くことなく填っていること。その辺りの事情もわかりやすく、ラストもきっちり締めていること…勿論、オリジナルは偉大かもだが、本編は、娯楽時代劇として、かなり良く出来ている…それは間違いない。http://agua.jpn.org/film/f108.html
投稿者:shin-hk投稿日:2006-08-15 18:20:50
面白かったです。これ。左腕一本でバッタバッタと敵を斬る!!コメディタッチなテンポも娯楽を良く分かってます。痛快面白チャンバラ映画、、なんかこんなに良く喋るトヨエツ初めて見たやもしれぬ。
投稿者:Longisland投稿日:2005-07-07 01:58:34
山中貞雄監督のオリジナルを、変にいじくることなくほぼ完璧にリメイクしたんだから面白く無いはずがありません。
個人的意見&時代もありますが、大河内伝次郎より豊川悦司の丹下左膳の方が人情脆いけどアウトローの感じを上手く演じている。(反対にお藤はオリジナルが良い)
本作品をリメイクした江戸木純の発想と企画力は、この手があったかと脱帽。

どうでもいいことだが、本作品のキャッチコピー『恵比寿ガーデンシネマが選んだ初めての日本映画』は??確か『深呼吸の必要』がレイトとはいえ数日前に上映してたよね〜。その上ちょうど『華氏911』と上映時期が被りあっというまにレイト&モーニングの落ちちゃった…悲劇の作品。
投稿者:R・K投稿日:2004-12-18 22:05:18
 全体的にコメディタッチで面白かった。最近、暴力的な作品を観てばかりいたから、こういうほのぼのとした映画はかえって面白かった。もちろん、アクションもあったけど、血なまぐさいものじゃなかった(血なまぐさいものは血なまぐさいものとして面白いのだが)。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】丹下左膳 百万両の壺 <初回限定版>2005/01/01\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】丹下左膳 百万両の壺レンタル有り
 【VIDEO】丹下左膳 百万両の壺レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION