allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

戦場のジャーナリスト<未>(2000)

HARRISON'S FLOWERS

戦場に消えたカメラマン(WOWOW)

メディア映画
上映時間123分
製作国フランス
公開情報スターチャンネルで放映
ジャンルドラマ/戦争
戦場のジャーナリスト [DVD]
USED価格:¥ 1,480
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
324 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:hide投稿日:2011-06-05 20:11:10
なんじゃこの映画は!

ビッグネームが出演しているから多少はまともな映画かと思ったら、さにあらず。
いまどき(といっても一昔前の作品だが)映画学校の卒業製作でも、こんな低レベルなセンスはお目にかかれないだろう。
あざといというか、お間抜けというか、要はバカなんだな作り手が。
格好つけてるだけで、底が浅く、表現も未熟で、つじつまが合わず、イライラのしどおし。
そんなんだから事実認識も大甘だし。
よく、エイドリアン・ブロディやアンディ・マクダウェルが出たな、という印象。

ちなみに観賞はDVDだったが、字幕が最悪。
素人か? と思うほど酷い。
タイミングを考えず、リアクションの台詞も同時に表示するから、読みづらいのなんの。
しかも、訳す必要もないあいさつまでいちいち字幕にする。
果ては「は」と「わ」を間違える単純ミス。
たった一度のチェックすらおこなってないということだ。
なめとんのか!

ま、その程度の作品だと分かってんだろうな、DVD売ってる側も。
投稿者:マンチカさん投稿日:2010-10-13 20:35:13
【ネタバレ注意】

人種が異なるだけでこんな非道が罷り通りなんて。
ニュース映像で観た連行される夫の後ろ姿だけで後先考えず紛争地に飛び込んだサラ。あなたは素晴らしい。
しかも実話だなんて。役者は皆、良い演技をしてます。中でもエイドリアン・ブロディーが光ってました。
良い映画です。未公開です。確かに一般受けはしないでしょう。そこをナントカ!
かつて、『キリング・フィールド』のロードショウを2回観に行った物好き(私とカミさん)も居たりするのです。
配給会社に気骨の有る人種は死滅してしまったのか?所詮商売優先だから仕方が無いのか?
良い映画だと解っていても、配給側の課長や部長は、子供の学費や家のローンを考えると冒険は出来ない。って事でしょうね。
35年前、『ローヤルフラッシュ』の劇場公開に向けて気を吐いた配給人(サムライ)の事を脈絡無く思い出してしまいました。

出演者に、件のハリソンを演じたデヴィッド・ストラザーンも入れてあげてください。

投稿者:ワム投稿日:2008-11-13 13:05:16
この映画は物語という形式をとっているが、
ほとんどドキュメンタリータッチに創られていて、
それに、紛争が起きてから10年経つか経たない時期に、
製作されているだけに、描写がやけにリアルだ。

多分、紛争地域に足を踏み入れるといううことは、こういうことで、
そこには、安っぽいヒューマニズムやジャーナリズム精神も、
吹き飛ぶぐらいの、ただ『生き残りたい!』という、
生存本能が支配する世界なんだろうなという様を、
まざまざと見せつけられたような気分になる、重い映画だった。
投稿者:どらみ投稿日:2008-04-12 04:41:56
今日、深夜枠で放送されるのを偶然知り見ました。
実話に基づいているので余計に入りこんで見てしまいましたが
かなり悲惨で残酷で、辛い映画です。
今も世界のどこかで同じような事が起こっていると改めて考えさせられた。

劇場未公開でビデオやDVDが発売されていないようですごく残念ですね。
投稿者:anemoneruby投稿日:2005-08-14 18:10:16
【ネタバレ注意】

エイドリアン・ブロディ目当てで見たけど、残酷で、悲惨な映画だった。悲惨さでは、「戦場のピアニスト」、「プライベート・ライアン」を上回るかもしれない。戦争描写が激しかった。

サラの、「夫が生きているという信念」よりも、最初に書いたように、戦争の悲惨さがリアルで苦しく印象に残った。カメラマンたちが、真実を伝えようとしながら、でも精神的にやられていく様子もリアルだった。

タイトル(原題)がとてもいいと思った。原題は「HARRISON'S FLOWERS」。ハリソンは庭に温室を持っていて、花の栽培をしているの。彼が行方不明の間、息子が世話をしてくれていた。彼は戦争でのストレスから帰国後も精神的にやられいていて、口をきくこともできないままだったけど、その息子の行動に助けられて復活するんだ。また、その息子が、出かける前は何となく父親ともしゃべりづらいのか、そっけなかっただけに感動的。

ところで、ジェラード・バトラー、どこにいたんだろう?http://www.geocities.jp/anemoneruby/

投稿者:bond投稿日:2005-01-08 13:58:15
【ネタバレ注意】

プライベートライアンばりに迫力あった。あの妻の愛情に脱帽。うちのカミさんだったら、そのままにされるな。

投稿者:シェンカー投稿日:2004-04-10 17:04:31
WOWOWで観たら、とっても迫力あって、感動的だった。
こんなに良い映画を未公開にしたなんて、配給会社の目を疑ってしまう。
エイドリアン・ブロディはここでも光る演技をしていたのに。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】戦場のジャーナリスト2012/05/09\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】戦場のジャーナリスト2010/08/04\1,429amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION