allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ラブドガン(2004)

LOVED GUN

メディア映画
上映時間111分
製作国日本
公開情報劇場公開(リトルモア)
初公開年月2004/06/19
ジャンルサスペンス/ドラマ
痛いほど、愛に撃たれる。
ラブドガン [DVD]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 3,980
USED価格:¥ 590
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:渡辺謙作
製作:孫家邦
石川富康
尾越浩文
プロデューサー:菊地美世志
脚本:渡辺謙作
撮影:安田圭
美術:吉村桂
編集:日下部元孝
音楽:Dhal
VFXスーパーバ
イザー:
石井教雄
照明:上田なりゆき
録音:柴山申広
柿澤潔
助監督:大津是
出演:永瀬正敏葉山田且士
宮崎あおい小諸観幸
新井浩文種田太志
岸部一徳丸山定
野村宏伸長谷川医師
田辺誠一葉山田明良
川合千春葉山田聖子
伊佐山ひろ子女教師
土屋久美子西園
飯田孝男
水上竜士菰田
狸穴善五郎八角
荒戸源次郎門脇組長
【解説】
 両親の死の原因となった父の愛人を憎む少女と、幼くして両親を亡くし育ての親によって殺し屋に仕込まれた男を軸に、それぞれに悲しい過去を背負った男女4人の運命が交錯していくさまを、工夫を凝らした演出で描いたヒューマン・サスペンス。主演は「クロエ」の永瀬正敏と「害虫」の宮崎あおい。監督は「プープーの物語」の渡辺謙作。
 父の浮気が原因で両親が無理心中し一人残された少女・観幸。彼女はある時、組織のボスを殺し逃げてきた男・葉山田と出会う。父の愛人に激しい憎しみを抱く観幸は感情にまかせて女の殺害を依頼するのだった。幼い頃に両親を殺され、ある凄腕の殺し屋によって育てられたという葉山田に、次第に自分の心を重ね合わせていく観幸。そんな時、葉山田の命を狙って2人の男が組織から差し向けられる。一人は若いチンピラ・種田、そしてもう一人は、身寄りのない葉山田を引き取り我が子のように育てた男・丸山だった…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
741 5.86
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Albali投稿日:2009-09-19 12:27:39
【ネタバレ注意】

 否定的な過去を背負ってしまった生き方。その中でしか生きられない。でも、自分の人生の意味を何か見つけたい。そんなときに、自分の死に方でしかそれを見つけられなかった殺し屋たち。
 「愛している人に殺されたい」というのは、まさに自分の人生の意味を肯定的なかたちで締めくくりたいという願望か。
 でも、過去にとらわれて生きるのが人間だとしても、人間の「生」ってそれだけのものでもないはず。
 深いテーマを含んだ映画なのに、こういうかたちの結末しか描けないとしたら、なんだかガッカリ。自ら設定したテーマに押しつぶされてしまったような映画に思える。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2007-01-20 13:12:50
殺し屋が主人公でヒロインが宮崎あおいだから観たけど、シュールな設定や映像が全体に貫かれてないし、しかも陳腐なので呆れた。シーンが変わるとジャンルが変わる二本の映画を観てるみたいな気分になるのだ。宮崎か永瀬のファンでも時間を無駄にします。
投稿者:as291投稿日:2004-07-26 18:46:14
なんとなく思わせぶりな映像がだらだらと続くだけの
とにかく見ていてイライラするだけの映画。
映画というより、これを映画というのが間違いなのだろう。
こんな脚本で映像化を決めた製作者たちのセンスのなさも
どうしようもないし、監督の一人よがりも気持ち悪い。
これでは韓国映画に負けるわ。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ラブドガン <期間限定生産>2006/07/19\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】ラブドガン2004/11/17\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ラブドガンレンタル有り
 【VIDEO】ラブドガンレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION