allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

世界で一番パパが好き!(2004)

JERSEY GIRL

メディア映画
上映時間101分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東芝エンタテインメント)
初公開年月2005/03/26
ジャンルコメディ/ドラマ/ロマンス
すべての女の子の
最初の恋人はパパです――
世界で一番パパが好き! [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 6,449
USED価格:¥ 509
amazon.co.jpへ

 Photos
世界で一番パパが好き!世界で一番パパが好き!

【解説】
 「チェイシング・エイミー」「ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲」の鬼才ケヴィン・スミス監督が、盟友ベン・アフレックを主演に迎えて贈るハートウォーミング・コメディ。突然妻を失い悲嘆に暮れる男が、残されたかけがえのない一人娘の世話に奮闘する中で、再び人生を取り戻していく。共演は「ロード・オブ・ザ・リング」のリヴ・タイラー。
 ニューヨークに暮らすオリー・トリンキは、華やかな音楽業界でヤリ手宣伝マンとして活躍、完璧な人生を歩んでいた。だがある日、不幸にも彼の最愛の妻が出産直後に急死してしまう。悲しみを忘れようと、娘の面倒もそこそこに、より一層仕事に没頭するオリー。しかし、大事な仕事でヘマをして職を失ってしまう。ニューヨークをあとにし、娘と共に父のいるニュージャージーの実家へと戻ってきたオリーは、心機一転、いい父親になろうと決心する。7年後。ブルーカラーの仕事を真面目にこなすオリー。娘ガーティも、おしゃまなところはあるものの素直で愛らしい少女へと成長していた。おまけに最近、レンタルビデオ屋でバイトしている大学院生マヤと出会い、久しぶりに胸をときめかせたりと、ささやかながらも幸せな日々を送るオリーだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1174 6.73
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Da-1投稿日:2016-06-05 19:53:06
【ネタバレ注意】

レンタルで鑑賞。
お話自体はありがちで展開も予定調和。K・スミスはそれをド直球で演出するのを嫌ったのか、L・タイラーをちょっと変なキャラ設定にしたり、学芸会の出し物を敢えて感動物にしなかったりといったヒネりのせいでもう一つ盛り上がらず。出産後すぐ亡くなった設定のため、お母さんを思い出して泣くとか、それを知られまいと健気に振舞うとか、親子ものにありがちな感動ポイントが無かったってのもあったかな。

投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-11-03 16:01:22
この作品は監督の父に捧げられている。
投稿者:uptail投稿日:2014-08-18 12:22:13
演出:7
演技:7
脚本:7
音響:6
投稿者:なちら投稿日:2011-02-09 22:07:18
ファミリー映画ってそんなに興味ないし、あんまセンスを感じない邦題のせいもあって
気乗りしないまま見始めたんだけど意外と面白かった。

ベンアフが生き方や子育てやAVレンタルに悩む姿が良かったな。
生まれたばかりの子を邪魔者扱いする様子なんて何だか逃げ出したいみたいで気の毒でねー。

ちょいエロなL・タイラーや、爺さんなんかの脇役もイイ奴ばかりで泣かすよ。
たぶん子供の出番が少なめだから良かったんだろうなあ。
投稿者:kinenchyu投稿日:2008-07-27 21:57:56
お決まりのぶなんなパターンで物語りは進行し、そしてよそうどおりの結末。でも、ほのぼのとしていてとても心が温まるいい作品だと思います。
投稿者:エバ投稿日:2006-06-11 14:21:21
って、この邦題、何とかならんかね。そういう話ではない気が…
どっちかっていうと娘の観点よりもベン君の成長をフィーチャーしてるしね。
ケヴィン・スミスの作風が変わってしまって非常に残念ですが、
あったかファミリーものとしては形になってるようななってないような…
ビデオ屋でベンがバイものをむりやり手にとるシーンとか
ウィル・スミスに人生語られるところとかありえないんですが〜(ま、いっか)
あと、ベニファー共演の「ジッリ」はズタボロに批評された上、
ラジーとっちゃったけどこのベニファーはいいんでない?と思った。
ジェニファー、出番少なめだけど、インパクツあっていいよ。
投稿者:irony投稿日:2006-06-11 08:50:32
 こういう作品には無条件に降参してしまうね〜、親子モノってツボなんで。

 確かにこのジャンルにしては毒が盛ってあるけど(エロビデオとかスウィーニー・トッドとか)まぁそれを差し引いても良かったけど。スウィーニー・トッドを挿入したのは監督に聞いてみたいものだね。意図する意味は多分あるとは思うけど、でなきゃヒゲそり殺人者を登場させる理由はあるまい。
投稿者:oohlala投稿日:2006-01-28 09:41:46
凡庸。もちっとどうにかならなかったのかなぁ。
投稿者:佐々木投稿日:2006-01-02 00:18:07
【ネタバレ注意】

評価6点
個人的には十分楽しめた映画
テーマも良いし各登場人物の役割や心情もシッカリ描写していて解り易く
話自体も変に捻らず観やすい
1つ欲を言えばラストの面接を受けに行って戻ってくる一連の見せ場は
もう少し盛り上げれたと思う、一工夫欲しかった

投稿者:ASH投稿日:2005-11-22 23:11:53
【ネタバレ注意】

 なんぞ、さんまとヒロスエのドラマもこんなタイトルだったよな。
ケビン・スミスは一応、前作『ジェイ&サイレント・ボブ』でいままでのスタイルを卒業したのかね。

投稿者:メンタイ投稿日:2005-04-04 09:14:30
“すべての女の子の最初の恋人はパパです”

全世界の娘を持っている父親の何人がこのキャッチに刺さったでしょうか?
もーおいらなんか、刺さりまくりで、それはまるで
「フラッシュゴードン」のラストで飛行機の先端が
皇帝ミンに刺さっちゃうってくらい刺さった。(わかんねーよ)

おいらの娘と同じ7才の女の子。
可愛さも元気さもませたところも、ほぼ一緒!
なんとも共感しまくりの内容。
よほどのことが無い限り、その絵を観てるだけでも楽しめる。
うんうん。そこは楽しめた。結構、かわいい子だし。
「男親にとって女の子の可愛さけはどうしょもねーよなぁ」
等と思いながら観れる楽しさはあった。

しかし!監督はあのケビン・スミス!
「うひゃあ〜!娘と観に来なくてよかったよ」
っていうシーンも多々あり!必ず作品に毒を盛るな、この監督は。

元々、この作品は
“ベン・アフレックとジェニファー・ロペスの恋人ムービー第2弾”
という話題が先走りしてた。
第1弾は「ジーリ」そう、一昨年のラジー作品。
公開前に別てちゃって、しかも作品もウンコだったもんだから
「ベンとJ-roの映画はダメだ」
ってなっちゃって・・・第2弾がこれ。原題「ジャージーガール」
そんなバッドイメージを消す邦題の上手さには拍手したい♪

しかし、一番の問題は・・・・・・・・・・・どーしょもねー脚本が全て台無し。
どう考えても絶対に盛上がるシーンを音楽で誤魔化したり、
ラストの一番感激するシーンも「・・・そんな簡単に?」みたいな
チープ感が物語を安くしている。
もったいない!あ〜〜もったいない!だから誰も泣いてなかったよ。
いい題材だったのになー。うむむ、惜しい。 http://www.h4.dion.ne.jp/~mentai23/
投稿者:籐四郎投稿日:2005-03-10 23:12:47
 この映画に出てくる子ども達は、みんな子どもというよりも、まるで世慣れた小さな大人みたいなのばかりなのが気になったのですが、基本的には悪くないプロットで、笑いのセンスも洒落ており、何度も試写会場を沸かせていました。
 ただ、今回もベン・アフレックは主役としてのオーラが全く出ておらず、あのノッペリした顔が出てくるだけで、どうしてもB級的な雰囲気が充満してくるような印象を受けました。
 リアリティーのかけらもないリヴ・タイラーの役柄にも、どうしてもっとふさわしい女優を選ばなかったのかと、不思議に思いました。
 唯一健闘してたのは母親役のジェニファー・ロペスにとてもよく似た女の子でしたが、それだけでは作品的に救いきれなかったような気がします。
 最後の学芸会のシーンで、かろうじて沈没はまぬがれたような作品でした。
 
投稿者:フリクリ投稿日:2005-03-08 00:57:30
自分はどうも楽しめない作品でした。
最近のベンのダメぶりは観るに耐えない。
アクションさせてもダメ。ドラマさせてもダメ。
才能のない俳優なのかな・・・。
投稿者:マイカル投稿日:2004-12-18 14:16:02
夏休み中に海外からの帰りの機内上映で見ましたが、
「スウィーニー・トッド」に執着する娘や、アダルト・ビデオを借りるシーンがあるなど、どう考えても子供向けじゃない内容でした。
内容は結構フツーですが、リブ・タイラーのL・O・T・R以来初めてのコメディエンヌぶりが見られたのは新鮮かな。
前半のベンの奮闘は別に飛ばしちゃっていいよって感じでしたけど。
主役のベン・アフレックとリブ・タイラーは「アルマゲドン」に引き続きワースト・スクリーン・カップル賞にノミネート。
よっぽど相性が悪いのかな、あの二人・・・

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト主演男優賞ベン・アフレック 「SURVIVING CHRISTMAS」に対しても
 □ ワースト助演女優賞ジェニファー・ロペス 
 □ ワースト・スクリーン・カップル賞ベン・アフレック ベン・アフレック&ジェニファー・ロペス、もしくはベン・アフレック&リヴ・タイラー
  ジェニファー・ロペス 
  リヴ・タイラー 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】世界で一番パパが好き!2005/11/25\3,800amazon.co.jpへ
 【HD DVD】世界で一番パパが好き!2006/08/25\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】世界で一番パパが好き!レンタル有り
 【VIDEO】世界で一番パパが好き! <字幕版>レンタル有り
 【VIDEO】世界で一番パパが好き! <吹替版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION