allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

深呼吸の必要(2004)

メディア映画
上映時間123分
製作国日本
公開情報劇場公開(日本ヘラルド映画=松竹)
初公開年月2004/05/29
ジャンルドラマ/青春
あたしで、いいんだ。
深呼吸の必要 (初回限定版) [DVD]
参考価格:¥ 6,480
価格:¥ 6,000
USED価格:¥ 855
amazon.co.jpへ

 Photos
深呼吸の必要深呼吸の必要

【クレジット】
監督:篠原哲雄
製作:坂上直行
久松猛朗
川城和実
安田匡裕
企画:小滝祥平
岡田惠和
エグゼクティブプ
ロデューサー:
遠谷信幸
高野力
黒坂修
熊田忠雄
プロデューサー:千野毅彦
古川一博
森谷晁育
加藤悦弘
脚本:長谷川康夫
撮影:柴主高秀
美術:都築雄二
浅野誠
編集:奥原好幸
音楽:小林武史
主題歌:My Little Lover
照明:長田達也
制作担当:白石治
録音:白取貢
助監督:中西健二
出演:香里奈立花ひなみ
谷原章介池永悠一
成宮寛貴西村大輔
金子さやか川野悦子
久遠さやか辻元美鈴
長澤まさみ土居加奈子
大森南朋田所豊
北村三郎平良誠(おじぃ)
吉田妙子平良ツル(おばぁ)
【解説】
 沖縄の離島を舞台に、サトウキビ刈りのアルバイトに集まった若者たちの姿を描いた青春群像劇。広大なサトウキビ畑を前に悪戦苦闘し、互いに反発・葛藤しながら次第に新たな自分を見出していくさまを沖縄の美しい自然を背景に綴る。監督は「月とキャベツ」「はつ恋」の篠原哲雄。なおタイトルの「深呼吸の必要」は映画製作の発端となった詩人長田弘の同名詩集から採られた。
 2月。沖縄のとある離島。本土とは比べものにならない陽射しが降り注ぐこの島に5人の男女がやってくる。彼らはみな“キビ刈り隊”の募集に集まった若者たち。それは、人手の不足した農家を手伝いサトウキビを刈り取るアルバイト。5人を迎えるのは年老いた平良夫妻と“キビ刈り隊”の常連・田所豊。彼らは豊の指示の下、これから35日間で約7万本のサトウキビを刈り取ることになっていた。だが、全くの初心者である5人は慣れない仕事にもたつくばかり。おまけに、先輩ヅラして偉そうに振る舞う豊にも苛立ちを募らせていく…。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]A誰も知らない (2004)
[002]A25時 (2002)
[003]A殺人の追憶 (2003)
[004]A下妻物語 (2004)
[005]Aラブ・アクチュアリー (2003)
[006]Aスネーク・フライト (2006)
[007]Aフリーダ (2002)
[008]Aおばあちゃんの家 (2002)
[009]Aミリオンダラー・ベイビー (2004)
[010]Aそれでもボクはやってない (2007)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
20165 8.25
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:迷探偵カランヴォー投稿日:2010-12-02 12:45:22
この作品の特徴は、群像劇でありながら登場する男女5人すべての人間の「悩み」を意図的に描いていない事。さらに一切ロマンスが出てこない事。非常に好印象だと私は受け止める。誰が主人公というわけではないのも特徴。

こういうジャンルの作品は、「批評する」のではなく「心で感じる」作品であって、ゴチャゴチャ言う作品ではない。自分とどうリンクしたか。単にそれだけである。
投稿者:ひろちゃん2001投稿日:2010-10-30 22:27:57
二回目の観賞である。
今見ると、当時若手であった香里奈、谷原、成宮、長澤が、
今ではすっかりと売れっ子になっているのに吃驚とする。
監督が、先見の明があったのであろう。
再見で感じたのは、
・ナチュラルというよりも、ドキュメントに近く、上記の派手な役者を
 ひたすら地味に描くので、役者としての個性は殺している位。
・なので、あの谷原の気障っぷりもなく、成宮は、陰に籠っているので
 今のイメージとかなり隔たりがある。
・主役=香里奈であるのに、特別目立つようには描かれていない。
・そうやってキャラを演じさせないで、「今、ここでバイトしている若者」を
 際だたせる事に成功している。
投稿者:かっこう投稿日:2009-08-10 00:21:53
最初の気まずい空気が、段々と温かい空気に変っていく、のんびりと温かい話。ただ、豊という先輩風を吹かす男がどうにも最後まで気に入らずイラッとくる。出て行った2人が戻ってくるのは早すぎでは?下の方にもあるが「無くなったらやり直せばいい」というおじいのセリフがいい。あと、もっと人を雇うべき。
投稿者:ヘナチョコ投稿日:2008-07-27 02:20:33
題材はすごくいい。
つくりようによっては、名作になっただろうに残念。
もう少し個々のキャラクターを丁寧に描写したほうが良かったんじゃないかな。

投稿者:ミリアム投稿日:2008-02-18 17:16:48
【ネタバレ注意】

遊びがない。脚本も冗長で頭の中だけで構築された感じ。だから、大人が子供を諭すような説教くささがどうしても抜けない。それは、冒頭に登場する、ありえない化粧をした25歳の女を見ただけで分かる(誇張しすぎだろう。一体どこにいるんだ、こんな女)。
ただ一人、大森南朋だけが健闘している。それと、長田弘の詩は素晴らしいので、映画を観て興味を持たれた方は是非手にとっていただきたい。

投稿者:terramycin投稿日:2008-01-26 23:52:08
長澤まさみと沖縄。涙そうそうより前の作品だが逆に見たので両者との違いを感じながら見た。

男性陣に比べ女性陣のエピソードは少なく薄っぺらい人間像だった。香里奈は主人公の割には存在感がなかった。

前半は淡々と話が進んでいくだけで何の面白みもないと感じながら見ていた。
後半はそれなりに見せ場もあったが、前半部分が長すぎると感じた。

出演者たちはこの映画を通して現実もサトウキビ刈りが上手くなったことだろう。

おじい・おばあの優しさが皆に伝わって最終的には一体感をもたらした。
投稿者:well投稿日:2005-10-07 00:21:58
【ネタバレ注意】

ドン詰まったら、単純肉体労働だよね。やっぱり。
何も考えずに、体動かして、動かして、動かして、くたびれて寝る。
そうして、例え何かが解決しなくても、何も事態は変わらなくても、まったく違う気持ちになってるということ、あると思います。

見た目ふつうにキレイな人たちが、医者や野球選手の挫折だとか、妊娠だとか、古典的なドラマを披露しだすと、雲行きが怪しくなりますね。薄っぺらな印象に傾いて行くような、、。そこで、ひなみが自分の事情を語ってたら、まるで陳腐な作品になってしまっていたでしょう。
彼女が黙ってただ立ってるときの姿がいいですね。何かを占っているような、推し量っているような、決断しようとしているような表情。
どんな悩みかはわからないけれど、深呼吸が必要なほどの悩みは、彼女もいま抱えているということでしょう。
いい年した大人が、ラジオ体操第一風のきちんとした深呼吸をするというのも、ちょっと妙だけど。さりげない深呼吸でもいいような、、。水泳大会の体験にこだわってるからということでしょうか?

野球つながりで、フィールド・オブ・ドリームスが持ち出された途端に、この人たちの人生よりも、ケヴィン・コスナーの人生が気になり始め、、、“いけない、いけない!”と、雑念を振り払った。

投稿者:sanctuary投稿日:2005-08-21 23:01:37
せぇしゅんぐんぞーげき・・・か・・・
ストーリー云々以前に、役者どもの稚拙な演技をどうにかしろと言いたい。


投稿者:T/N投稿日:2005-05-10 17:00:00
「あんたたちが心配することないよお」「なんくるないさー。みんな随分うまくなったさー」あと10日しか残ってなくて心配する悦子(ホントはいい子だったって金子さやかおいしいキャスティングだったね)に対し、どの程度役に立ってるんだか分からないけど自分を認めてくれる、褒めてくれるおじいとおばあ。せちがらい日常の中で他人事ながら涙がでそうになったさー。感謝って大切だよねやっぱと優しく教えてくれる作品。
のどかな民家や青空と海とサトウキビ畑などがたっぷり見れて久しぶりにワイド画面の良さを実感。ストーリー的にはあのエンディングもありかと思うが、それぞれのその後も見てみたい気にさせる秀作。長澤まさみのキュートさが生かしきれてないのは非常に残念だったが、美しすぎる香里奈の存在感で作品のイメージが品良く仕上がった感じですた。かしこ
投稿者:AKIRA-G4投稿日:2005-04-01 11:03:10
語り過ぎずに,少しの台詞と,笑顔を取り戻す姿で,
癒されてゆく彼らを,静かに感じさせてくれる演出が好き。

空,海,風,時間,人情が,あたたくて爽やかで気持ちがよくて,
観終わって心がすーっと健康になるような映画でした。http://blog.livedoor.jp/ykyama_g3/
投稿者:jyunn投稿日:2005-02-08 16:13:54
【ネタバレ注意】

のんびりしていて好きな映画。
何か重い事情がある人もそうでない人もみんなで沖縄にやってくる。
それぞれのキャラクターは立っていて面白い。そこまで詳しくそれぞれの事を描写しすぎない点も良かったと思う。それは歯を磨くシーンや食事の時など、生活の様々な場面でこちら側が想像すればいいことだと思う。人それぞれのペースがあり、初めて出会う若者たちがそのペースをハナから合わせようとしてもうまくいかない。しかし、素晴らしい沖縄の風景とおじいとおばあ、サトウキビ狩りという仕事などを媒介として少しづつ心を通い合わせていくが、そういったところでも押し付けがましくなく必要以上にべたべたしたりしないあたりにとても好感を持った。
それにしても、おじいやおばあが本当に暖かい人たちに感じられる。今でも、地方に旅行に行くと、こういった触れあいを感じる。それはもしかしたら沖縄などの人々が良い人という事以上に、都会の人間が冷たいのではないだろうか。
この島が好きで、毎年来てしまう男は球児に痛い所をつかれながらも2005年もこの仕事を続ける。しかし、きっと去年までとは又違う心境でいることだろう。
そして、ほかの仲間たちはきっと自分の場所に帰っていったのだろう。
人は皆、どこかで立ち止まって何かを考える時間が必要だと思う。そして、そこにとどまり続けることも時には必要かもしれない。
日常において何かに縛られずに生活する事などできないに等しい。だからこそそういった何も無いところにあこがれるのは当然だと思う。
しかし、本当に何の制約も無いところなど存在するだろうか?桃源郷のように見えるおじいとおばあのところにも仕事があり、事情があるし、サトウキビを刈る仕事もいきなり来ていきなり出来るほど簡単な物でもない。
はじめは本当にダメだった五人も、徐々に仕事に慣れていき、サトウキビを刈りながら、おじいやおばあ、そして仲間達と触れ合いながら、自分の心の中を整理するように無心でキビを刈っていく。無心で何かに没頭するという事は一つの心理的なセラピーになるのかもしれない。ましてや、あれだけ空気も景色もきれいなところならなおさら。
個人的にはあまり香里奈が魅力的には見えませんでした。全体的に演技がつたないように感じたのも残念です。
それでも、十分に素敵な映画でした。

投稿者:メルモちゃん2号投稿日:2005-01-05 01:17:19
【ネタバレ注意】

若者たちがサトウキビ刈りをするだけの話なのに
2時間を飽きさせずに見せる演出がみごと。
近作にはない見終わった後の清々しい思いに浸れた秀作だ。

ただ、シネスコの画面を活かすためにロング・ショットが多い。
サトウキビが徐々に刈り取られていく変化をロング・ショットで
とらえるのは効果的だけど、キャラに焦点をあてたシーンまでも
ロングショットで撮るのはどうかなと。

表情分かりずらいのが欠点だ。

加奈子が初めてしゃべる場面では
彼女の表情をきちんととらえるべきなのに、ここもロングショット
だったため、加奈子の感情の部分が伝わってこない。

最後のサトウキビをひなみが刈り取る場面は、感慨深いものがあるけど
多少誇張してもよかったから、もっと感傷的な場面にしても良かったと
思う。

投稿者:Longisland投稿日:2004-05-29 15:25:43
【ネタバレ注意】

額に汗した労働のあと皆で囲む夕餉シーン、砂糖キビ畑での昼飯(ちょうど飯時に観た為か)沖縄料理を無性に食べたくなった。
都会の生活、悩みから逃げ出した若者が時に反発し合い、団結し、お互いを認め合って困難な目標にチャレンジしていく・・・まあ、よくある話なんだけど、沖縄の日差しとおじい・おばあのやさしさに包まれ、実にすがすがしい映画になっている
 
音を排した最後の砂糖キビを刈る印象的なシーンは秀逸で思わず落涙、
都会のしがらみにどっぷり漬かった中年♂としては観終わってチョット切ない気分
おじいの『みんな無くなっちゃったら、もう一度はじめからやり直せばいい』(正確なせりふは失念)は堪えた。

 沖縄の日差しのもと はじめからやり直しちゃおうかな〜

追記 2005年3月 本作品は私の04年邦画ベスト2でした。

投稿者:さゆぽん投稿日:2004-05-13 04:02:09
香里奈は素敵です。どう映しても綺麗でした。
しかし、主人公のわりにまったく魅力的なエピソードがないため、
他の人物より何のためにキビ刈りに来たのかわからなかった。
全体的にはさわやかな映画になっているが、
後に残らない作品だった。
ビデオを借りてまで観ようとは思わない。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】深呼吸の必要 プレミアムディスク <初回限定版>2005/01/28\6,000amazon.co.jpへ
 【DVD】深呼吸の必要2005/01/28\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】深呼吸の必要レンタル有り
 【VIDEO】深呼吸の必要レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION