allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アイ,ロボット(2004)

I, ROBOT

メディア映画
上映時間115分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月2004/09/18
ジャンルSF/アクション/サスペンス
ルールは破られた、未来は守れるか。
アイ,ロボット [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,057
価格:¥ 975
USED価格:¥ 2,000
amazon.co.jpへ

 Photos
アイ,ロボットアイ,ロボットアイ,ロボットアイ,ロボット

【解説】
 SF小説の巨匠アイザック・アシモフの短編集『われはロボット』をモチーフにしたSFサスペンス・アクション。有名な“ロボット3原則”によって人間とロボットが共存する近未来の地球を舞台に、ある殺人事件に疑問を抱く一人の刑事とロボットとの熾烈な攻防を描く。監督は「クロウ/飛翔伝説」「ダークシティ」のアレックス・プロヤス。主演は「バッドボーイズ」「メン・イン・ブラック」のウィル・スミス。ちなみにアシモフによって提唱された“ロボット3原則”とは、(1)ロボットは人間に危害を加えてはならない、(2)ロボットは(1)に反しない限り人間から与えられた命令に服従しなければならない、(3)ロボットは(1)及び(2)に反するおそれのない限り自己を守らなければならない、というもの。
 2035年、シカゴ。街中では家庭用ロボットが普及し、人間の生活に必須なものとなっていた。ある日、巨大企業USロボティックス社に勤務するロボット工学の第一人者アルフレッド・ラニング博士が謎の死を遂げる。ロボットを毛嫌いするシカゴ市警のデル・スプーナー刑事は、博士が開発したNS-5型ロボットの“サニー”に疑いの目を向ける。捜査に協力するUSロボティックス社のロボット心理学者スーザン・カルヴィン博士は、“3原則”を理由にロボットが人間へ危害を加えることは絶対にあり得ないと主張するのだが…。
<allcinema>
【吹き替え】

金曜ロードショー
※このデータは放送当時の情報です。
東地宏樹ウィル・スミスデル・スプーナー刑事
岡寛恵ブリジット・モイナハンスーザン・カルヴィン博士
森田順平アラン・テュディックサニー
堀勝之祐ジェームズ・クロムウェルアルフレッド・ラニング博士
小川真司ブルース・グリーンウッドランス・ロバートソン
巴菁子エイドリアン・L・リカード祖母
辻親八シャイ・マクブライドジョン・バーギン副署長
堀越真己フィオナ・ホーガンV.I.K.I
宮下栄治シャイア・ラブーフファーバー
放送2009/09/18 日本テレビ 金曜ロードショー

DVD
山寺宏一ウィル・スミスデル・スプーナー刑事
坪井木の実ブリジット・モイナハンスーザン・カルヴィン博士
田中明生アラン・テュディックサニー
大木民夫ジェームズ・クロムウェルアルフレッド・ラニング博士
森田順平ブルース・グリーンウッドランス・ロバートソン
楠見尚己シャイ・マクブライドジョン・バーギン副署長
田畑ゆりエイドリアン・L・リカード祖母
石塚理恵フィオナ・ホーガンV.I.K.I
結城比呂シャイア・ラブーフファーバー
放送2011/06/26 テレビ朝日 日曜洋画劇場
収録【Blu-ray】アイ,ロボット
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aスパイダーマン2 (2004)
[002]Aナショナル・トレジャー (2004)
[003]Aネバーランド (2004)
[004]Aソウ (2004)
[005]ARay/レイ (2004)
[006]Aスター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (2005)
[007]Aデイ・アフター・トゥモロー (2004)
[008]Aハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (2004)
[009]Aターミナル (2004)
[010]Aシービスケット (2003)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
57407 7.14
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-08-10 00:43:39
ロボットが、デメギニスとかいう頭の中身がスケスケの魚にソックリ。
投稿者:UFO投稿日:2013-11-16 23:35:58
普通に楽しめる。
投稿者:scissors投稿日:2011-06-28 05:28:31
映像と音響が過剰なのはまだ我慢できるが、ウィル・スミスの俺様感が受け付けない。
主人公がロボットを嫌う理由など話の細部もイマイチ納得できず、好きになれない。
「ココロ」「トモダチ」といった言葉で誤魔化された、何かの勧誘ビデオを見せられたような後味すら残る。
投稿者:ジーナ投稿日:2009-09-27 21:16:05
ロボットに意思があれば人間と同じように善と悪が生まれる、そうなればロボット同士にもロボットと人間の間でも摩擦が生じる・・・ってなストーリーの近未来SFアクションです。
何かが暴走するという展開は使い古されていて面白みがないですが、家庭用ロボットと言う設定は生活に根付いたロボットというリアルさがあって良かったと思います。
遊び心がありつつ無駄の無い演出もスマートでGOOD
ロボットのデザインや動きなど映像面で楽しめる要素が多いですね(可愛くないけでど 笑)
群れをなすロボットは圧巻でしたし、ロボットの大群とのアクションは精巧なCGのおかげで緊迫感もありました。
しかし、ロボットが大勢集まるとロボットの主役サニーがどれだか分からなくなる(笑)
正直、バトルシーンではどれがサニーだか見分けられてません(爆)

ストーリーもチョットしたサスペンスを絡めているので程よいスリリング感を味わえました。
スピーディなカメラワークも緊張感に繋がっていると思います。

ウィル・スミスは期待通りカッコ良く、完璧な肉体美も拝めるのでファンは必見でしょう。
喜怒哀楽は激しいけれどお茶目な男、なキャラが定着しております。
ロボットの冷たい質感とウィルの人間臭さのバランスも絶妙だったと思います。
ただ・・・彼特有のオレオレ具合が全開なのでファンじゃないと鼻につくかもしれません(爆)

展開に荒っぽい部分もありますが、テンポが良いのでヨシとします。
ラブを絡めなかったのも好印象ですね。
映像以外に新鮮味があるかというと疑問ですが、感情を感じられるロボットサニーの存在など「AI」同様ロボットに感情移入できますし、派手さもあるので娯楽作品としては十分に楽しめるレベルだと思います。
投稿者:フラーティ投稿日:2009-09-18 23:32:48
【ネタバレ注意】

アシモフ初期の傑作短編集『われはロボット』が原作のはずなのだが、原作の面影を全く感じさせないアクション大作ぶり。

アシモフの「ロボット3原則」は本来、ロボットSFを「ロボットの叛乱」というワンパターンから解放するための道具立てであった。その「ロボット3原則」を使って、わざわざ旧態依然とした「ロボットの叛乱」を描くことに如何ほどの意味があるのか、疑問なしとしない。

アシモフのロボットSFはミステリ仕立てのものが多いが、これも「ロボット3原則」という枠をはめているからこそ可能になったことである。一見するとロボットが3原則に反する様な行動をとるという謎に対し、実は3原則を遵守しようとするがゆえの行動であることを探偵役が明らかにするという構造を取る。3原則という手掛かりが与えられているからこそ読者も謎解きに参加できるのであり、3原則の矛盾や陥穽を突くという形でトリックが成立する。
3原則に縛られないロボットがそう簡単に出現してしまっては、せっかくロボットSFを緻密な知的パズルへと高めたアシモフの苦心が全く無駄になってしまう。3原則という初期設定そのものが無意味となろう。


下の方でどなたかがコメントされていたが、無理にアシモフに乗っかる必要はなかったのではないか。ウィル・スミスの軽快な演技をはじめとして、娯楽作品として割り切って観る分には結構面白いと思うので。深い考えもなく3原則を導入したことで、妙に小難しくなってしまっている。逆効果としか思えない。

それにしても原作を知る身としては、スーザン・カルヴィン博士があまりに美人なのには、思わず苦笑いしてしまった。まさにハリウッド仕様ですな。

投稿者:uptail投稿日:2009-09-18 22:58:00
ブリジット・モイナハン
投稿者:namurisu投稿日:2009-07-05 13:32:17
二年前くらいに観たが、まったく記憶に残っていない。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-07-04 21:18:47
の設定を随分取り入れてるな。作品自体は話の展開が解りにくい上にアクションシーンはご都合主義という殆ど褒める所の無い出来で、半星。ウィル・スミスは片腕がロボット化してるだけじゃなくてスーパーマンでもあったのか。いい加減にしなさい。
投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-03 00:41:04
期待が大きかった映画だが、アクションは期待通り、映像も期待通り、ロボット三原則に反して人間と戦うロボットというストーリーは納得できずに期待外れといった感じ。
投稿者:コメット投稿日:2009-03-31 17:05:06
<ロボット工学三原則>
第一条:ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
 映画は、事故で水の中に落ちた主人公と少女を、一体のロボットが救助しようとする場面で始まる。ロボットにとっては水中に沈みゆく少女の救助は困難であり、そこでロボットは主人公のほうを救助し、主人公は水中に消えていく少女の顔を断腸の思いで見送ることになる。ロボットの行動が緊急時に合理的なものであったことは十分承知していても、自分が助かるよりも少女が助かることのほうを望んだ主人公は、ロボットの行動がどうしても許せない。このエピソードは、主人公がなぜロボット嫌いになったのかを説明するが、同時に、ロボット工学三原則の第一条の応用例になっている。第一条は他の二つに優先される最重要なものなので、このシーンの意味はとても大きい。
第二条:ロボットは、人間からあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が第一条に反する場合は、この限りではない。
 コンピューターの性能が十分に良ければ、人間に危害が及ぶ危険性を事前に知ることができるだろう(『2001年宇宙の旅』でのHAL 9000がそうだった)。そのコンピューターで動くロボットは、第一条により、人間に危害が及ぶのを防がなくてはいけない。危害を100%防げるのならよいが、そうでない場合には、危害を最小にするように行動するよう、ロボットは設計されているはずだ。たとえば一体のロボットが、一人の人間が両手に銃を持ち目の前の10人の人間を撃とうとしているところに出くわしたとする。いま、ロボットは人間に一切の危害を加えてはならないとすると、ロボットは自ら盾となってようやく一人の人間を救えるだけだろう。ところが、銃を持っている人間の攻撃力を奪う――それはふつう、何らかの危害を与えることによって可能となる――ことができれば、10人もの人間を救うことができる。このように、ロボットが必要かつ最小限の危害を人間に加えることを容認すれば、人間に及ぶ危害の総計を減らすことができ、第一条によりかなうことになる。そして第一条にかなう場合には、人間の命令には必ずしも従わなくてもよいことになる。USロボティクス社のマザー・コンピューターが人間に対して取った行動は、これであろう。
第三条:ロボットは第一条および第二条に反するおそれのない限り、自己を守らなければならない。
 この映画で感心させられるのは、ちゃんと第三条まで取り上げている(らしい)ことだ。映画は、ロボットのサニーが丘の頂上に立ち、前世代のロボットたちがサニーを見上げ、そのサニーの背景に橋脚の残骸が見えているところで終わるが、わたしにはその残骸は、十字架にしか見えなかった。前世代のロボットたちは棄てられたので、第三条により、自力で自己を守らなければならない。ロボットとして活動し続けるためにはエネルギーが必要だが、たとえばもしも近くに打ち棄てられた自動車が一台だけあり、それからエネルギーが得られるのなら、ロボットはロボットに危害を加えてはならないという原則は存在しないので、ロボットたちは自動車をめぐって互いに争い損傷し、自己を守れという原則に従えないだろう。サニーは前世代のロボットたちの争いを収め、彼らを率いる救世主となると予言されているようなラスト・シーンである。
投稿者:ケラヒロミ。投稿日:2008-11-09 16:56:18
面白いし、ロボットのCGも良いと思う
ただ、ウィルじゃないほうが良かった
投稿者:terramycin投稿日:2007-09-08 15:20:34
いずれは感情を持つロボットが登場するのかと期待させる物語だった。

生物は太古の昔から長い年月をかけて進化してきたが、私個人は人間が最終進化形態だと考えてはいない。人間がいずれ作り出すロボットこそが人間の次なる進化(生物?)と考えている。そうすれば、人間よりも高度な知識、運動能力、生命力を得る可能性が与えられる。そうして、地球外の惑星を発見し、移住できるかもしれない・・・。
と考えさせる物語だった。

さて、肝心な映画の方は、
CGの使いすぎで薄っぺら委印象を受けた。
また、最後の展開はちょっとひねりすぎでこんがらがりそうになった。
主人公の(黄金の)左腕がなかったらこの物語は成立しなかっただろう。
投稿者:さとせ投稿日:2007-07-28 15:45:16
人間をサポートするロボット。2035年のシカゴでは人間と、ロボットが共存する街になっていた。「ロボット3原則」で人間に仕えていたロボットだが、ある時、3原則を破って人間を襲いだすロボットたちが現れてた・・・。
原作はアイザック・アシモフの名作「われはロボット」(ハヤカワ文庫・評価2)で、「ロボット3原則」の設定のみ借りているだけで全く違う。
映画は人間とロボットの戦いを描く爽快アクションとなっている。
投稿者:三葉十四郎投稿日:2007-07-18 16:34:12
【ネタバレ注意】

原案の小説を換骨奪胎してしまった映画化として、本作もこの例に漏れないとの声は多い。 派手なアクションの影に隠れてモチーフに取ったとするアシモフの精神性などは殆ど見られはしないとされる評に代表されるものである。
大分時間が経ってから考えを巡らしてみたのだけれど、分厚い肉体的なアクションや特殊効果の向こうから、ガッシリしたSFの古典と呼ばれるアシモフ原作の精神が骨格として浮かんで見える、と言うのが僕の持った本作の感想だ。
"人間と自分の命を守り、かつ命令に従う"、このロボット3原則を拡大解釈をしていき、"だから人間に命令をさせず、命令権を取り上げる"と言う選択を、今回マザーコンピューターがしてロボットNS-5の叛乱となる。
そして同じ推論に至ったラニング博士は自らの命を賭して、サニーと名付けられたロボットを主人公に託す。 創造物である"彼"は、表情も感情らしきものも有り、更に自らの身を惜しんで嘘も吐く点では、奇しくも「2001年宇宙の旅」に出てきたHAL9000コンピューターと同様の反応を示しているのが興味深い、彼らは自我を持つところにおいて、ほぼ人間に等しい存在であって、共に"人間"の同族殺しのプロセスを経て、HALの方はデリートされる恐怖を、サニーは悲しみを見せるのだ。
しかもサニーは夢も見ると言う、それは大勢のロボットを眼下に従えて丘に立つスプーナー刑事の姿だと。 じつはここでのロボットと同様、かって単純労働するモノとして扱われていたのが黒人奴隷で、その扱いから殆ど自力で生存の証明や権利を勝ち取って今日に至っている。 はたして映画では丘に立つのはサニーだが、これは自分達ロボットは今、黒人が経て来た境遇にいるのだとしている事であるのだろう。 だからウィル・スミスの起用にはそういう意味もある。 この事は人道主義者でもあるアシモフの精神をアレックス・プロヤス監督が非常に良く汲んでいると僕は思う。
主人公にウィル・スミスを配したおかげで、勘と行動力を頼りに活躍するスプーナーは活き活きして、僕たちも気楽に楽しんで本作を見られるが、再見ではサニーに気持ちを寄せられる場面も出てくるでしょう。 そしてそれはまた単にロボットとCGと言うだけの違いであって、行く末にはCGで作られた人物が呼びかけに応答したり声を掛けてくることだって想像に難くない。 そこに人格を認めれば失った時にどれだけ悲しみを覚える事になるだろうか。 SFと考えていたものなんて、もうほんの目と鼻の先にあるものなのだと改めて気づかされた。

投稿者:かさみや投稿日:2007-06-06 06:30:38
【ネタバレ注意】

特に原作は知りません。原作が好きな方にはしかたないもの。古今東西、原作をそのまま忠実に映画化されたのは知りません。あったらあやまりますが。
そんなもんです。ある程度の客層は確保しなければならないし、マニアックな映画では一部の人にしか受けません。
原作者にはもうしわけないが、ロボットは友だちでは誰も観ないでしょう。映画はアクションとCGの昨今。
こんなもんです。

投稿者:william投稿日:2007-05-27 00:04:18
アシモフの原作はあくまでモチーフとしている様だが、意識しすぎな面も見られ、ムリしてる感が漂う。これならば単純明快な「オレ様はロボットが嫌いだからぶっ潰す!」映画にした方が分かりやすく楽しめたと思う。
投稿者:サメ投稿日:2006-08-20 00:14:55
2004年の9月の事。
『アイ,ロボット』が上映した頃に『スパイダーマン2』も上映していた。
全米の週末興行収入で『スパイダーマン2』を抜き、1位に躍り出たのが
『アイ,ロボット』だ。
 
しかし、結論から言うと「スパイダーマン2」のほうが面白かった。
主人公のキャラクターの描き込みが、スパイダーマン2のほうが丁寧だ。
だから主人公に感情が入る。

但し、「アイ,ロボット」のみごたえのある部分はこんな処に・・・。
運転中に次々襲ってくるロボットの群れ。車に巻き込まれ、ズダズダに
なって道路に飛び散るロボットの断片。それでも、恐いという感覚のない
ロボットは命ぜられるまま、次々、主人公の車めがけて飛んで、はりつい
てくる。
これはなんだか、ロボットが金属製の虫みたいで、恐かった。
ロボットのスプラッター映画のようなものだ。(血や内臓は出ないけど)

それと、主人公の朝のめざめの場面。黒い鍛えた体にパンツだけの姿は、
ちょっと動作しただけで、なかなかエロチックであった。
「やはり男は、体を鍛えておかんと、だめなのだ。」と、思った。
そして、自分の運動不足を反省する。

エロチックと言えば、美人のロボット科学者が、その主人公の体をさわり
ながら、体の人工の部分を確認していくところも良かった。ゆっくり、
黒い体をなでながら、その先きっとラブシーンにつながるんだろうなぁと、
思わせる場面。
「ここから期待どおりすすむのか?」と思わせといて、はずす健全さが
良いのか悪いのか。
 
この美人科学者は、白衣を着て仕事をしているシーンがいい。姿勢と動作
が洗練されていてきれい。「ヴォーグ」など一流ファッション誌で活躍し
てたモデル出身との事で、納得。

映画の中でロボットの三原則というのが出てくる。
この科学者役のブリジット・モイナハンが『女優としてのキャリアを築いて
いくのに必要な“女優3原則”とはなんだろう?』というのを、インタ
ビューされ、こう答えている。

「女優はもてはやされる存在ですが、そこに甘んじてしまわないこと。
家族や友人を大切にすること。
そして、映画のプレミアなど友人をお祝いする席ではお酒を飲まないこと。
飲むと大胆になってしまうので(笑)」

一方、ウィル・スミスは「人生の三原則」を聞かれて、「映画の三原則」
に置き換えて答えている。
「1、人々が観てくれる映画、観たい映画を作ること
 2、問題を抱えているキャラクターに挑戦すること 
 3、最初のシーンでヌードを見せること 」
 
ウィル・スミスのインタビューに対する答えは、ユーモアを交えていて楽しい。
 
こうしてみると、この映画のお勧めポイントは
「ウィル・スミスのパンツ姿」
「ブリジット・モイナハンの姿勢と動作の美しさ」
「ロボットのなじめない変な顔とロボットの集合化したグロティスクさ」
かな?
 
http://same.finito-web.com/
投稿者:hymitecs投稿日:2006-05-31 22:00:14
アイロボットだからといって、アシモフとはまったく関係がないといってよい。
そんなに簡単に3原則破るなよ、勝手にアシモフのキャラ使うなよ、プロットだけのいいトコ取りは下品じゃないかと言いたい。

映画としてつまらないわけではないが、全世界のアシモフファンの大半は、この映画を支持しないと思うよ。

投稿者:POCHI投稿日:2006-04-16 17:28:03
長い映画ファン歴の中で、これほど許せない映画を観たのは初めてだ。ひどい映画はたくさん観てきた。しかし「許せない」と思ったのはこの映画ぐらいだ。
アシモフのロボットシリーズを読んだことのある人なら誰でもすぐにアシモフの思想が理解できるはずなのに、この映画は全く逆のことを描いている。
エッセイの中でも書いているが、それまで世間に蔓延していた「フランケンシュタインコンプレックス」に辟易し、もし人間がロボットを作るなら確実な安全措置を取るに決まっていると考え、ロボット三原則を考えた出したアシモフの小説には、一編たりともロボットが自分の勝手な解釈で反乱を起こすなどと言う物はない。
アシモフは「洗濯機や掃除機と同じに、もしロボットのような物が出来ても恐ろしい物ではない」と言うことを訴え続けていたはずなのに、この映画と来たらひどい解釈だ。アシモフファンとしては怒り心頭である!!まるでジョン・レノンの「イマジン」を戦争で軍歌として使う様なものだ。
どうしてこの映画が世間に出てしまったのか不思議でならない。誰か一人ぐらい異議を唱える者がいなかったのか・・・・故人への敬意を表す者はいなかったのだろうか?
唯一の救いは、こんなひどい映画は五年もすれば誰も覚えていないだろうが、アシモフの小説は百年後でも読み継がれていることだ。
投稿者:bond投稿日:2006-02-07 11:59:07
内容に斬新さはないが、CGのおかげでそこそこ楽しめた。
投稿者:藤本周平。投稿日:2005-10-30 21:14:04
充分楽しめた。
投稿者:4531731投稿日:2005-10-12 01:32:39
【ネタバレ注意】

 根底に人間の怖さが描かれてて、期待してなかったけどプロヤスだけにしばらくしてからは、さすがだ。という感じでした。ハリウッドに利用されず、ハリウッドを利用できる作家がいる。そういう発見は歓びです。何だかんだ言っても映画を作るには最高の場所だし。
 VIKIに人間の怖さを託していたけど、それだけじゃなくて人間の良さみたいなものをサニーに託していてユーモラスで和んだ。

投稿者:witness投稿日:2005-07-27 05:29:11
【ネタバレ注意】

内容は悪くない。キャスティングも問題ない。
それなりに楽しめる。

問題は、3大原則から導かれる1つの答え。
なんでそーなるんだ?
腑に落ちない。
単に、プログラムの暴走と言ってくれたほうが納得しやすい。

投稿者:SoH投稿日:2005-07-03 17:23:23
【ネタバレ注意】

まあ、期待せずに、吹き替え版で拝見。アイザック・アシモフ先生の小説、何も読んでないしね…。

しかし、これがそれなりに面白かった。オープニングからパンツ一丁のウィル・スミス!相変わらずマッチョな体してるわ。その直後、彼がロボットを追いかける場面もよかった。ウィル・スミスが走ってるだけで、観てられる(笑)。かっこいいんだよなあ、あの人の走りって。で、未来の世界観もなかなかで、ジェームズ・クロムウェルの初登場シーンなんて「おお!ちょっと面白い!」と唸ってしまいましたよ。その後も派手なアクションに(そこまで)頼らず、「刑事捜査映画」の定石を、「容疑者ロボット」に巧い具合に置き換え、その上で「ロボット社会の弊害」を描いており、なかなか見応えあり。「ウィル・スミスの左腕は実は…」や、「サニーが仲間になる」といった展開は、ちょっと熱くなってしまった。銃撃戦における仰々しいスローモーション、ウィル・スミスの二丁拳銃もかっこよかったぞ!

ただ…「屋敷の解体」「運転中にロボット襲来」などは、あそこまで派手に演出しなくても良かったのではないかなと思う。ああいった所を派手にしなければ、客が飽きると判断したためだろう。この辺が今のハリウッドの悲しき事情だと思った。あそこを派手にすることで、逆に全体のバランスを壊している気がする。

それと物語にいまいち納得しかねる部分がなくもない。まず、博士はいくら監視が酷かったとはいえ、何故自殺までしなければならなかったのか。サニーという他のロボットより無茶苦茶強いロボット作れたんだから、「サニー、手紙を書いたんだ。これをある刑事さんに託してくれないか」といえばよかったんじゃないだろうか。自殺した後も、あんな映像を遺せるのなら、最初から事件の裏側を説明しちゃえばよかったのに(具体的に事件の真相を語っちゃったら証拠隠滅されたのか?あの程度の「ヒント」を語るものなら証拠隠滅されなかったのか?そのあたりがよくわからん)。それからサニーもサニーだ。三原則を無視出来るのなら、ウィル・スミスと出会った時に、自分の知ってること全部話しちゃえば自分に容疑がかかることもなかったのではないかなと思った。

まあ、いろいろと個人的にはひっかかった所があったけど、それなりに楽しめた一本。ウィル・スミスの左腕や「ウィンク」など、伏線もいろいろと張られていて、熱くなれたぞ!ウィル・スミスの軽口もグッド!

なお、吹き替えでは山寺宏一さんがウィル・スミスの声担当。二枚目半の役もきちんと出来る方だが、少し違和感を抱いてしまった。悪くはないんだけどねぇ。

投稿者:J.M投稿日:2005-07-01 03:48:31
及第点の映画だろうけど不満が残りました。ウィル・スミスのロボット嫌いの理由が終盤で明かされるが、その理由でそこまで憎むなよとちょっと突っ込みたくなる。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-06-12 08:59:23
【ネタバレ注意】

これも珍しく原作を読んでから見た作品。
スーザン・カルヴィン博士達のキャラは、原作とは異なるが本作の方が魅力的。
そしてウィル・スミスは超格好良い。(ロボットの攻撃を左腕で受け止める所は凄い)
そして、これは三原則そのもの。まさにアシモフが書かんとしていたものだ。
が、このストーリーでの脚本は、かなり難しいだろう。本作は破綻寸前で踏みとどまって…これはSFアクションムービーの傑作と言えるだろう。
ロボットは人間を守らなければいけない。が、2人同時に助けられないとき、どちらを助けるのか?〜例えば凶悪な人間が善良な人間を殺そうとしているとき、ロボットはどういう行動を取るべきなのか?で、どっかの国家元首がいずこかの国に向けて核ミサイルのスイッチを押そうとしていたら、ロボットはどういう行動を取るべきなのか?
及び、原作にある三原則緩和ロボット〜そしてその判別方法(ここは推理小説的な原作には遙かに及ばない)。
が、オープニングのクレジットバックも格好良く、SFアクション用のオリジナル展開(悪そうなロバートソン〜サニーと博士、及びVIKI〜スプーナーと少女、そして博士の物語)は良くできている。
そしてサニーとカルヴィン〜スプーナーは“良かれ”と思って暴走するコンピューターと死闘する…人を殺す判断をする神か…Delphian(Borland製オブジェクトパスカルRADツール愛用者)が神と認めるのはアテナの女神、唯一人だ(by 聖闘士星矢 )
ラストの意味は…分かりません。が、魅力的な映像ではある。NS-5は命令をダウンロードして凶悪になり元に戻った訳で…集められるのは暴徒としてか?ならサニーは暴徒ではないな。がダウンロード型の不備が発覚したともいえる訳で…
まぁ、作り替えられるのかも知れないね。サニーがそれら集められたロボットを丘の上から見る事が出来るのは革命が失敗に終わったからで…正夢だったって事か?

投稿者:まるる投稿日:2005-04-26 00:48:55
イライジャ・ベイリもR・ダニール・オリヴォーも出てこないし、
アイザック・アシモフではなくて、
フィリップ・K・ディックだったらなんか納得したような気がする。
全編に漂う雰囲気とかが…。
ラストは映画版だけど『トータル・リコール』を思い出してしまったし。
なぜかサニーがシュワちゃんに見えました。
投稿者:デジゴン投稿日:2005-03-21 03:59:05
SF好きの友人が見れば、「アシモフ博士の作品を参考に作られているので
食指は動くが少々古いのでは?」とのたまいそう。
近年のSFとしては、ストーリー・CGのバランスがいいので不自然さを特別
意識せず最後まで楽しめました。
ターミネーター3のようにジョークにあふれたやり取りで笑えるし、
ちょっとシリアスで人間味のある展開で、ハッピーエンドに思える。
しかし何故か後味はちょっと悲しい。
ロボットと人間との差というものは、実は人間の側にあるという
むなしさなのかもしれない。
続編が出来そうな終わり方でもある。
投稿者:lanceee投稿日:2005-03-20 16:31:30
彼の長ーい半裸シャワーシーン、まるでお決まりの女優の濡れ場並みで、
ウィル様ったら、男なのにこんなシーンを用意していただけるのねーうっとり、
と思っていたら、ちゃんとストーリーに絡んでたんですね。
でもやっぱり体みせたかったんだと思うけど。
でも私もまんまと見入っちゃったけど。

賛否両論のCG、私はやっぱり、あーでもCGだもんね、と思ってしまいました。
オープニングが良かったですね。三大原則と水中のシーン。
でも映画としては、うーん、まあそこそこ楽しめるけど、
あってもなくてもよかったかな?と思いました。

投稿者:eigakankaku投稿日:2005-03-16 02:20:23
 全体の出来としてはそこそこといったところかもしれない。CGは素晴らしいが、なぜかそれっぽさが残る作りになっているので、その点にだけ期待すると、不満が残るかもしれない。

 が、サスペンス映画としてはSFものにしてはヒネリがあるほうであるし(そして変にセンチメンタルだったりもしない)、何より会話がウィットに富んでいるのがこの映画の最大の魅力かもしれない。この辺はウィルスミスのキャラクターに負うところも多いだろう。

 逆説的にアシモフへの愛情もひしひしと感じられるし、及第点の、楽しめるSF作品であると思う。http://d.hatena.ne.jp/momochiki/
投稿者:ポッパー見習い投稿日:2005-02-27 01:48:48
数年前に某アニメ雑誌のインタビューでとあるシナリオライターが
アレックス・プロヤス監督を神と崇めていたが、
今作はその神業が炸裂しなかった模様。
でもしっかり最後まで楽しめる映画になってたし、おもしろかった。
アクションばっかと思ってたら話に捻りが効いてたし。
ビジュアルのインパクトは凄い。
インパクトのあるビジュアルを作るのはアメリカ生まれ以外の監督に
多いみたいだが、プロヤス監督はエジプト生まれなんだとか。
脚本は確かに練られてない部分があるし、凡作の領域は出てないけど、
題材的に好きなタイプなので僕の中では高ランク。
CGは本当にキレイだけど、いかにもCGくさいカットはちょっと萎えた。
投稿者:あるぶる投稿日:2005-02-18 23:57:07
【ネタバレ注意】

アジモフの原作でも、「三原則を一部改定したロボット」が人間に反抗する、というエピソードがあったような気がする。それをよりおおがかりにしたのが本作の脚本でしょう。

それはそれでいいんだけど、それならそうと、なっとくできる伏線がないのは、いちばんはじめに表示される三原則を信じてみている観客にたいしてルール違反でしょう。もうちょっと脚本を練ってほしかったな。

ヴィジュアル的にはわりとたのしめました。あのわらわらとせまりくるロボットたちは、人間的な造形で、それでいてすごく非人間的できもちわるいです。でも、もっと世界規模でのロボット反乱を描いたらよりスリリングだったかも。

ウィル・スミスさんは何度も地球を救ってえらいひとですね。

投稿者:ちゃき投稿日:2005-01-18 14:54:19
ある一時期からテクノロジーの脅威系の映画にはあんまり期待しなくなってしまったのですが、このアイロボットはその中でもかなりよい部類に入ると思う。実はテクノロジーの脅威の映画は日本のアニメ界が昔からやってしまっていて、それらがそれらで完成度がものすごく高かったものだから、何を実写で作ってもおどろおどろしい静かな恐怖が出ないだろうな、という気がしていたのです。

でも今回は動くロボットが静かに怖かった。こう、はいはいって何でもやってくれるんだけれど、それは命令でやっているわけで、そういうプログラムを組めばどうにでもなるのです。そういう意味では多重人格の人が持つものに似ている恐怖があると思う。この人はこういう人だという予想のもと人はいろいろと判断するのですが、それが予想に反した時の恐怖は結構心に響いて怖いものです。それが現れ始めてなかなかよかった。でも終わりにはちょっと笑ってしまった。その落ちは、何十年も前に手塚治が火の鳥で書いてますから!残念!(苦笑)http://www.geocities.jp/milestones1980/
投稿者:D.投稿日:2005-01-08 17:05:35
賛否両論は色々あるようですが、ハリウッド娯楽大作として単純に面白かったです。真っ先に頭に浮かんだのは、現在ビッグコミックオリジナルで連載中の、鉄腕アトムの名作エピソード「地上最大のロボット」をモチーフに浦沢直樹がリメイクした「プルートウ(PLUTO)」でした。話そのものは数々のバリエーションが既に存在する「意志が芽生えたロボットもの」+「機械の反逆もの」ではあるものの(もっとも、本当は本作がインスパイアされた短篇「われはロボット」が元祖なのでしょうけど)、ストーリー云々よりもこれでもかというCG映像は見応えがありました。特にサニーのキャラはかなり良く出来ていました。当初は少々違和感がありましたが、途中からは全く気にならなくなり、W・スミスと対等かそれ以上の存在感がありました。着実にステップアップしているB・モイナハンですが、個人的にはもうちょっと活躍して欲しかったです。あれでは一昔前の役に立たないヒロインですよ・・・。http://www.asahi-net.or.jp/~rn6d-hnd/
投稿者:ダークリーママ投稿日:2004-12-11 07:40:40
よくできていて楽しめる作品です。CMっぽいのはバツですが。ウィル・スミスを迎えてドハデになってますが、「ダークシティ」の面影がちらほらあるのがうれしかったです。続編も作って欲しい。https://sites.google.com/site/darklymama/home
投稿者:hira投稿日:2004-12-04 01:32:05
 今更ながら銀座シネパトスのレイトショーで観ました。最終日だったせいかお客はボチボチでした。

 面白かったのはコンバースの2004年モデルのシューズを必要以上に誇張していたことだけです。箱から開けてしっかり履くまでをちゃんと映して、ばあさんも上司もみんなそのシューズを褒めるというバカっぷりでした。一体、スポンサー料払ったんでしょうね、コンバースは。
 『アンドリューNDR114』みたいに人間にそっくりのモデルが襲ってきていたら、最後のシーンはもっと恐くなったかもしれませんね。アクションは意外に湿りがちでした。CG相手じゃウィル・スミスもやる気出ないんでしょう。
 プロヤス監督は今回は脚本を担当していないので、完全に雇われなんでしょうけど、もうちょっとダークな世界観にしても良かったと思います。お金が掛かったのは分かりますが、この監督にしては魂を感じません。
 スミス以外は渋い人選でしたね。ブルース・グリーンウッドが会長で、ジェームズ・クロムウェルが研究者の会社なんて本当にありそうなくらい地味でした。
投稿者:Cinema Trek投稿日:2004-11-13 23:36:13
アイザック・アシモフが54年前に発表した短編をどのように現代の近未来に蘇らせて映画化するのか興味があった。内容的に“ロボット3原則”テーマにストーリーが展開。「良いロボットも悪いロボットも作る人間に左右される。」という物語も起承転結にしたがってテンポよく進んでいく。特撮やCGもふんだんに使われているが物語上不可欠でよく出来ている。最近はハリウッドもネタ切れ気味で意味もなく特撮やCGをふんだんに使い内容の薄いスプラッター作品が多い中、この映画のような近未来に警告と言ったようなある種観客に問いかけるテーマを軸にストーリーを肉付けしていく映画本来の意味を持った作品が少ない中、主人公のサニーの活躍が鉄腕アトムとオーバー・ラップして久しぶりに印象に残る娯楽映画を観たと言う満足感があった。

20041002_Cinema鑑賞_85点
投稿者:た・ぴ・お・か投稿日:2004-10-20 00:12:31
【ネタバレ注意】

 寺沢武一氏作のコミック『コブラ』に「ロボットはいかが?」というエピソードがある。もう20年以上も前に描かれたものだた、『アイ ロボット』を観て、その「ロボットはいかが?」を思い出してしまった。

 本来人間に奉仕すべく作られたロボット達が、一斉に人間の命令に従わなくなる。原因はある「モノ」から送られた指令にロボットが従ったためというのが「ロボットはいかが?」の要約で、ストーリーの根幹はこの『アイ ロボット』も同じである。「ロボットと人間は心が通い合えるか?」などと深遠なテーゼを提供しつつ、結局はロボットはロボットに過ぎず、あるモノの命令に従っていただけという結末には拍子抜けした。

 ただし、これをアクション作品として観れば十分満足できるもので、特に車上での戦闘シーンは迫力満点。そして、前半で警察に捕らえられたサニーがスプーナーにウインクの意味を尋ねるが、それがラストで実に上手く利用されていた点は気に入った。http://tapioka.main.jp

投稿者:オースチン投稿日:2004-10-11 23:43:08
この映画のためにウィル・スミスはボディー鍛えたのか?
その頑張りに拍手。点数は80点で合格、たしか脚本にビューティフル・
マインド」のゴールズマンが参加しているのですね。

投稿者:Stingr@y投稿日:2004-10-03 21:37:51
 アシモフ自体今では古いものになってしまったのだが,それでも未だに信奉するSFオタクがいるものだから,こんな映画が生まれる。要するに内容的にはスミス用のSFアクション物なのだから,SFとアクションを楽しめればそれで良い。映画は2時間で終わる。何時間でもやっていられるコンピュータゲームのストーリーと映画とを一緒くたにされては困る。一言で言うと「CGはきれいだ」。

 アシモフの3原則は人間に対して「そのようなロボットを作れ」と言っている訳で,ロボットが自律的に精神性を持つように進化することは禁じていない。そもそも精神がどのように誕生するのか分からない以上,禁止のしようがない。

 基本的には「ロボットの反乱」だがNS-5は問題ではない。彼等は作られ操られているだけだ。問題は「マザー型コンピュータV.I.K.I.」でこいつが人間を「保護という名で支配」しようとする。人間が動物を「保護という名で支配」したり,ある民族が別の民族を「保護という名で支配」したりするのと同じだ。アメリカインディアンやアボリジニー,アイヌの問題である。

 アシモフのロボットは「人間」が作ったロボットであり,「V.I.K.I.」が作ったロボットではない。V.I.K.I.が作ったロボットは当然,「ロボットはV.I.K.I.に危害を加えてはならない」と教育されているはずだ。が,サニーだけはその例外となる。サニーは博士を殺すことによって精神を獲得したとも考えられる。もちろん,V.I.K.I.がどのように精神を獲得したかは不明だが,「2001年…」のHALも同様である。

 「ロボットは人間に危害を加えてはならない」は「意図的に」を補足しなければロボットは実現しない。うちの駄犬アイボは主人にぶつかって来るぞ。
投稿者:阿鬼羅投稿日:2004-10-01 20:53:59
【ネタバレ注意】

 TVCMで「私は殺してない」などと怒ってるロボットの姿を見て、「まーた生命のあるロボットとか感情のあるロボットとかやってるよ。こんなのアシモフのロボットとは全く関係ないじゃん、どーゆーことだよ」と思いつつ見に行ってみれば、パンフには「アシモフのロボットものにインスパイアされた」と書いてあった。

 しかしだ、ベースにしていないのは分かったが、じゃあインスパイアされたとこってどこだよ、全くないじゃないか。

 三原則はサニー以外のNS−5にさえ反映されていないし、ロボットは三原則に従っているだけで、事件や騒動を起こすのは常に人間側に理由がある(または、ロボットがおかしくなるのは論理的な理由があるのに人間がきづかない)というアシモフのロボットものの根底にある考え方も見あたらない。
 また細かいことだが、型番のアルファベットからロボットの呼称を名付けてもいない(NDRからアンドリューとかね)し、スーザン・キャルヴィンもアルフレッド・ラニングもついでにロバートソンも、全く原作の性格やイメージは全く反映されていない。

 ただ単にアシモフの原作に出てくるタイトルや名前が使いたかっただけじゃねえか。三原則を使うなら、それにからめたミステリーにしろよ。この映画に三原則は全く必要ない。断言する。

 話的にはプレ・マトリックスもどきというか、ありがちなコンピュータの反乱。ホーガンにインスパイアされたの間違いじゃねえのか?
 どっかの映画評論家にいたっては、内容はディック的と書いていたが、そーか? どこがだよ。

 スプーナーがロボット嫌いになった理由があれだけだというのも全く納得いかない。大体沈んでった少女のネックレスをどうしてあんたが持ってるんだよ。

 それにだ、あの思わせぶりなエンディングはなんなんだ? 何を意味しているんだ?

 アシモフの原作と全く関係なかったら、筋書きは陳腐だけどアクションなんか迫力あって面白いねえ、ロボットがリアルで嬉しいねえ。CG凄いねえですませられたが、アシモフのロボットものってこんな話なんだ、と誤解をさせた罪は万死に値するぞ。わしゃ、許さん。
 ついでに映画「アンドリューNDR114」も許さん。
 さらについでに酒井昭伸、よりによってアシモフを訳したことのあるあんたがバンフに「アシモフへのリスペクト」なんて提灯持ちみたいなことを書くな。どこにそんなものがあるんだ。逆にドロを塗ってるだろうが。

投稿者:yvesandadam投稿日:2004-09-23 14:37:41
【ネタバレ注意】

初めから内容にはあまり期待していなかった(ゴメン)ので、内容の浅さは気にならなかった。といえば嘘になる。夢にまでうなされる少女との因果、博士との関係(これは薄い説明有り)、最後集まったロボットたちで何を描きかったのかなど、突っ込みどころは満載。唯一良かったのはスプーナーとサニーのウインクくらい。勿論CGは凄かったが、多用しすぎて薄っぺらい画像になっていた気がした。内容はこれくらいにして、やはりこの映画はスプーナー演じるウィルの堪能でしょう。のっけからのシャワーシーンのサービスカット!ベットから起き上がるウィルスミスの上腕二等筋、アクションシーンでのしなやかな体。良かったです・・・・・
内容は期待せずに、画像を楽しみに行ったほうが得策でしょう。

投稿者:奈水奈投稿日:2004-09-21 01:28:28
CGの進化に、ただただ感動しました。内容も無難。
おもしろかった!

26歳・会社員
投稿者:erumo投稿日:2004-09-20 11:41:12
【ネタバレ注意】

「鉄腕アトム」の青騎士、
「2001年宇宙の旅」のHAL9000、
「ブレードランナー」のレプリカントたち、
ターミネーター、マトリックス・・・。
アイデンティティを獲得したAIたちは
なぜ適者生存のための行動を起こし始めるのか。
やはり生命現象にはダーウィンの理論が組み込まれているのか。

「生まれたものには必ず目的がある」
サニーのセリフに呼応するかのように
ラスト、建設中?の橋のたもとに集うNS−5たちに
サニーは<ウィンク>を教えるのでしょうか・・・。
それは人類との共存への祈り?
それとも新たな叛乱の予兆なのか?

SFサスペンス・アクションとしては楽しめましたが、
魂=ゴーストの発生の意味するものを考えるとき、
ちょっち中途半端。
「攻殻機動隊」や「イノセンス」の哲学的要素が恋しくなる映画でした。

それにしても「BLAME!」に登場する珪素生物<駆除系>や
ビョークのビデオクリップ「All is Full of Love」の2組のアンドロイド
(いずれも形而上的なヴィジョンに登場する)に、NS−5が似ているのは面白い偶然ですね。

投稿者:知恵蔵投稿日:2004-09-19 23:50:01
【ネタバレ注意】

いくらCGがすごくたって,脚本か編集がしっかりしてないとね...
もしかしてカットしすぎでは?
・水死した少女とスプーナーの関係(少女の名前の首輪もらうほど...?)
・スプーナーとラニング博士の関係(左手のロボット化はどのように...?)
・コンピュータVIKIとUSR会長の関係(なんで会長は殺されたの...?)
など,もうちょっとしっかり描いてよねって感じ。

投稿者:イドの怪物投稿日:2004-09-19 15:36:22
原作の雰囲気とは似てもにつかない点は「007」シリーズの如しだが、これはこれで結構面白かった。しかし、アイザック・アシモフに敬意を払う意味でもこのタイトルはつけないで欲しかった。 
投稿者:フリクリ投稿日:2004-09-15 16:39:58
【ネタバレ注意】

ロボットが主人(この場合開発者だが)を殺害?・・・・・
なんか僕の好きな「イノセンス」っぽい感じがして、期待大で観に行きましたが
いやはや、ド迫力の超アクションで、主人公だけでなくロボットもユニーク、ストーリーも分かりやすい。
「イノセンス」とはある意味正反対な映画でした。
でもすごく面白かった。ウィル・スミスよりサニーですよ。
ユニークなロボットも良いものですね。
予想とは違いましたが、とても満足のいく面白さでした。

とはいえ2030年ではあんな賢すぎる人間に近いロボットはまだ無理でしょう。(まあ、イノセンスも2032年だが・・・)
友達になれるロボットなんて難しいものはないでしょう。まだ早すぎでは?ロボットにも人間にも。
「イノセンス」と同じくゴースト(魂)という言葉が出てきましたが、サニーは本当に魂を持ったロボットなのでしょうか?
他のロボットとは明らかに違いますが・・・それともただの模擬人格をインプットされていたに過ぎないのでしょうか。
そういう現実的な面では「イノセンス」ほど細かく語られてはいませんでした。
まあストーリー上、それを語る必要はほとんど無かったですけどね。
そういうことは本を読んでみることにしましょう・・・・・

でも「イノセンス」とは違って、この映画はどんな人でも楽しめる映画だと思います。
いろんな人にぜひオススメです。
私のコメントなど偏った個人的な趣味的なものだと考えてください。

投稿者:bakky投稿日:2004-09-14 23:38:10
【ネタバレ注意】

ウィルスミスのロボット嫌いになった理由がイマイチ弱いかなーと思いましたが、そんなのどーでもよくなる位のアクションに、ただただ楽しめました。最初の内は鉄腕アトムに出てきたロボットを蔑視していたキャラが主人公みたいな映画ですね。サニーってSONYを意識した名前なのかな?
あと30年後にあんなロボット作るのはSONYかホンダくらいだもんね。

投稿者:PEKO投稿日:2004-09-11 01:20:03
久々のSF超アクションとして結構楽しめました。NS-5が大群で襲い掛かってくるカーチェイスシーンやクライマックスはかなり興奮してしまいました。
ラスト近くのウインクがよかったです。
2004.09.10観賞 7点
投稿者:goz投稿日:2004-09-06 04:37:26
この作品は、SF部分にクローズアップすると数百数千と使い古されたテーマだけに非常にベタな作りで言及すべき箇所は微塵もありません。SF作品には付き物のリアルな時代背景の描写や、あっと驚く展開、未来アイテムも無く、大作SF作品として見ると期待を裏切られます。凡作です。ドラマチックな展開もあまりありません。

けれども、作品のコアとなるカットである、カーチェイス、バイク、ガンアクション、ロボットの格闘、群集カット、SF作品が乱立する今となっては、ベタな展開ですが、丁寧な作りで各所魅せてくれます。あまり深く考えずおなかいっぱいアクションが見たければどうぞ。

キャッチーな映像の連続なんで、TV放送すればそれなりに視聴率がとれそうですが、まず心には残りません。
投稿者:Naka.d投稿日:2004-09-04 23:07:34
ストーリーはイマイチそうでも、アクションシーンは期待できるかなと思って(試写会で)観てみた。ストレス発散という目的もあったが・・・逆に疲れたかも。

ストーリーはシンプルなのか難しいのか・・・とにかくさっぱりだったが、ある程度(出来は)予想できたので今更文句を言うつもりもない。

注目すべきはやはりアクションの方。この映画のCG技術はすごい。アクションシーンもとにかくド派手!ダイナミック!!・・・でも少し無茶苦茶かな。突然スローモーションになったり、カメラがグルングルン回転してよくわからんって感じで・・・。まあすごいということは確かだが。全体的に少し消化不良だったかも。でも観たあとに疲れちゃった。

久々に大金かけた正統派SF映画、「マトリックス」感覚とは違うものだったが、それにしては未来アイテムが少なすぎだったかな。(個人的に)そこが重要なんだが・・・。今だ「マイノリティリポート」の興奮が残っているので作品のクオリティの差を感じてしまったからか。でもそれなりに楽しめけどね。

きっと「ヴァン・ヘルシング」もこんな感じだろうな。
投稿者:shade投稿日:2004-08-31 14:32:35
試写会見てきました^^洗脳NS−5約100体VSウィル・スミス独りでの車上の戦いは興奮しましたよ!まさか犯人があいつだとは・・・驚きです。
投稿者:シドニー投稿日:2004-08-15 15:20:56
【ネタバレ注意】

予告編を見たら何でまたベタな題材のSFを・・・、と思ってたら違いましたね。いい意味で裏切られた感じっす。ターミネーターとかマトリックスとは違う路線なので、「同じじゃないのぉ」と思ってる人は見た方がいいでしょう。

投稿者:黒美君彦投稿日:2004-07-30 23:33:45
【ネタバレ注意】

2035年、ヒト型ロボットがごく当たり前となったシカゴに、新たな次世代ロボットが登場しようとしていた。その直前、ロボット開発者の博士が謎の死を遂げる。自殺として片付けようとするロボットメーカー、USR社。疑念を抱いたシカゴ市警の刑事デル・スプーナー(ウィル・スミス)とUSR社のロボット心理学者カルヴィン博士(ブリジット・モイナハン)に、次世代ロボットNS-5が襲いかかる。“ロボット3原則”によって、人間には決して危害を加えないはずのロボットがなぜ? そこには恐るべき事態が隠されていた・・・。

アイザック・アシモフの小説にインスパイアされたということで、内容は、古くは『2001年宇宙の旅』の人工知能HALもその系譜にある古典的な「ロボットの反乱」(『鉄腕アトム』なんかでもありましたなー)です。
しかし、単なる勧善懲悪ではなく、主人公の秘められた過去や謎解きの部分もそれなりのスパイスになっていて、面白く観ることができました。
アクションはというと、これもなかなか。モーションピクチャーなどを駆使し、CG合成とは思えない緊迫した映像を作り上げています(但し、ロボットが時々スパイダーマンのように見える瞬間がありますが・・・笑)。
「人間のシミュレーション」を徹底していくと、どこかで「意識」が生まれるのではないか・・・古くて新しい命題をテーマにしたこの作品ですが、実はロボットを描きながら、人間の「意識」「心」そして「魂」とは何かを知らず知らずに考えさせます。ただ、いろいろな要素を入れていることで、それだけストーリーが散漫になっている感もなきにしもあらず、です。
ウィル・スミスがタフな刑事を好演しています。

投稿者:右心室投稿日:2004-07-17 21:01:38
結構期待して見に言ったんですが、期待以上のものを見せてくれました。
一緒に見に行った友達は「期待以下」との事でしたが。

破られる事の無いロボットの鉄の掟、そしてそれが破られた時・・・

何故起こったのか?この先どうなるの?

ロボットと人間の心は通い合えるの?

特殊効果満載の映像とともにハラハラドキドキの物語が展開していきます。
投稿者:ASH投稿日:2004-07-11 21:59:08
【ネタバレ注意】

予告編を観る限りでは、『A.I.』と『マイノリティ・レポート』をくっつけたみたいだったな。ロボットの群衆が集うシーンは鳥肌が立つくらい素晴らしいが、最近のSF映画の傾向らしく、この映画にもCG至上主義が散見される。アシモフの名前がないのは、原作との関連はあまりないのかな?関係ないけど、アラン・パーソンズ・プロジェクトのアルバムを聴きたくなった。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 視覚効果賞Erik Nash 
  Andy Jones 
  ジョン・ネルソン 
  ジョー・レッテリ 
【ニュース】
全米興行成績、ライアン・レイノルズ主演アクション「デッドプール」がV32016/02/29
全米興行成績、ライアン・レイノルズ主演アクション「デッドプール」がV22016/02/22
アレックス・プロヤス監督アクション・アドベンチャー「Gods of Egypt」、最新予告編2016/02/03
アレックス・プロヤス監督アクション・アドベンチャー「Gods of Egypt」、最新予告編2015/12/17
アレックス・プロヤス監督アクション・アドベンチャー「Gods of Egypt」、予告編2015/11/18
アレックス・プロヤス監督、マイク・ミニョーラ作のグラフィックノベルを映画化へ2012/07/13
「アイ,ロボット」のアレックス・プロヤス監督、古典『失楽園』を映画化か2010/09/17
フレンチ・ホラー「マーターズ」がハリウッド・リメイクか2010/05/27
DVDリリース情報:「ノウイング」「蟹工船」etc.2009/09/17
全米興行成績、ニコラス・ケイジ主演サスペンス「Knowing」が好スタート2009/03/23
全米興行成績、ザ・ロック主演SFアドベンチャーが首位2009/03/16
A・プロヤス監督、ジョン・クリストファーの“トリポッド”シリーズを映画化へ2009/02/25
アレックス・プロヤス監督、ニコラス・ケイジ主演「Knowing」、フルトレーラー2008/12/15
アレックス・プロヤス監督、ハインライン原作短編を映画化へ2008/08/20
アレックス・プロヤス監督、ニコラス・ケイジ主演「Knowing」、特報2008/07/04
アレックス・プロヤス監督、ニコラス・ケイジ主演「Knowing」、スチール2008/06/11
ニコラス・ケイジ、アレックス・プロヤス監督「Knowing」に主演へ2007/12/11
ドラキュラ誕生物語「Dracula Year Zero」、監督はアレックス・プロヤスに2007/07/11
「アイ,ロボット」の続編が進行中か?2007/06/08
「ボンド22」、監督候補最有力はマーク・フォースターか?2007/05/22
マーヴェル『アイアン・マン』映画化、監督にアレックス・プロヤス?2006/02/01
A・プロヤス監督「ダークシティ」のディレクターズカット版がDVDで登場か?2005/11/08
サターン賞結果発表2005/05/06
ウィル・スミス、「戦場にかける橋」をリメイク?2005/04/11
アカデミー賞発表!!!2005/02/28
「アイ,ロボット」監督、次回作は「Knowing」に2005/02/17
全米興行成績、W・スミス主演作が好スタート2005/02/14
サターン賞、ノミネーション発表2005/02/10
全米興行成績、S・ライミ製作ホラーが首位2005/02/07
アカデミー賞、ノミネーション発表!2005/01/25
全米興行成績、「ミート・ザ・ペアレンツ」続編が首位2004/12/27
全米興行成績、「HERO」が首位を死守2004/09/07
全米興行成績、AVPがプリンセスを抑え首位2004/08/16
全米興行成績、トム・クルーズ主演作が首位2004/08/09
全米興行成績、シャマラン監督新作が首位2004/08/02
全米興行成績、マット・デイモン主演作が首位2004/07/26
全米興行成績、ウィル・スミス主演SFが首位2004/07/20
全米興行成績、「スパイダーマン2」がV22004/07/12
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】アイ,ロボット2017/07/05\1,905amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】FOX SF 3D・2DブルーレイBOX <初回生産限定>2014/11/05\5,705amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】アイ,ロボット 3D・2Dブルーレイセット2012/11/16\4,700amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】アイ,ロボット2012/05/11\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】アイ,ロボット2010/07/02\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】アイ,ロボット2008/05/30\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】アイ,ロボット2012/12/05\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】アイ,ロボット2012/05/11\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】アイ,ロボット 〈2枚組〉 <初回生産限定>2012/04/21\1,895amazon.co.jpへ
 【DVD】アイ,ロボット2010/06/25\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】アイ,ロボット <2枚組/期間限定出荷>2009/11/20\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】アイ,ロボット2008/10/16\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】アイ,ロボット <期間限定生産>2008/04/24\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】アイ,ロボット2007/10/24\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】アイ,ロボット 新生アルティメット・エディション <初回限定生産>2007/03/23\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】アイ,ロボット2007/03/23\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】「X-MEN:ファイナル ディシジョン」発売記念 スーパーアクション・パック 【「X-MEN:ファイナル ディシジョン」+「アイ,ロボット」】2007/01/06\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】アイ,ロボット <ベスト・ヒット・プレミアム 2枚組>2006/08/04\2,848amazon.co.jpへ
 【DVD】アイ,ロボット2006/08/04\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】アイ,ロボット <ベスト・ヒット・プレミアム 2枚組>2006/04/28\2,848amazon.co.jpへ
 【DVD】アイ,ロボット2006/04/28\1,895amazon.co.jpへ
 【DVD】アイ,ロボット2005/12/16\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】アイ,ロボット アルティメット・エディション <初回限定生産>2005/05/27\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】アイ,ロボット2005/05/27\1,980amazon.co.jpへ
 【DVD】アイ,ロボット スーパーパック 「アイ,ロボット」+「デイ・アフター・トゥモロー」<初回限定生産>2005/04/28\3,314amazon.co.jpへ
 【DVD】アイ,ロボット スーパーパック 「アイ,ロボット」+「28日後... 特別編」 <初回限定生産>2005/04/28\3,314amazon.co.jpへ
 【DVD】アイ,ロボット スーパーパック 「アイ,ロボット」+「フォーン・ブース」 <初回限定生産>2005/04/28\3,314amazon.co.jpへ
 【DVD】アイ,ロボット スーパーパック 「アイ,ロボット」+「マイノリティ・リポート」 <初回限定生産>2005/04/28\3,314amazon.co.jpへ
 【DVD】アイ,ロボット スーパーパック 「アイ,ロボット」+「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」 <初回限定生産>2005/04/28\3,314amazon.co.jpへ
 【DVD】アイ,ロボット “サニー”ヘッド付コレクターズBOX <5000セット限定生産>2005/03/04\18,000amazon.co.jpへ
 【DVD】アイ,ロボット 2枚組 特別編 <初回限定生産>2005/02/04\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】アイ,ロボット <期間限定生産>2005/02/04\2,800amazon.co.jpへ
 【UMD】アイ,ロボット2008/11/07\933amazon.co.jpへ
 【UMD】アイ,ロボット2005/08/05\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】アイ,ロボットレンタル有り
 【DVD】アイ,ロボットレンタル有り
 【VIDEO】アイ,ロボットレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION