allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

茶の味(2003)

メディア映画
上映時間143分
製作国日本
公開情報劇場公開(クロックワークス=レントラックジャパン)
初公開年月2004/07/17
ジャンルドラマ/コメディ
みんな夕焼けみてた、宇宙のはじっこで。
茶の味 グっとくるBOX [DVD]
参考価格:¥ 8,208
価格:¥ 5,980
USED価格:¥ 1,280
amazon.co.jpへ

 Photos
茶の味茶の味

【クレジット】
監督:石井克人
エグゼクティブプ
ロデューサー:
飯泉宏之
プロデューサー:滝田和人
和田倉和利
原作:石井克人
脚本:石井克人
撮影:松島孝助
特殊メイク:中田彰輝
美術:都築雄二
編集:石井克人
音楽監督:ANIKI
音楽:リトルテンポ
音楽プロデューサ
ー:
緑川徹
VFXプロデュー
サー:
石井教雄
アニメーションデ
ィレクター:
小池健
(マッドハウス)
効果:坂本典之
照明:木村太朗
録音:森浩一
助監督:志賀研介
ナレーション:和久井映見
出演:佐藤貴広春野一
坂野真弥春野幸子
浅野忠信春野アヤノ
手塚理美春野美子
我修院達也轟木アキラ
土屋アンナ鈴石アオイ
中嶋朋子寺子アキラ
(特別出演)
三浦友和春野ノブオ
轟木一騎轟木一騎
樹木希林オバア
森山開次ダンサー(守山モリオ)
加瀬亮浜田山六太郎(流星警備員)
水橋研二星野マキ(流星警備員)
庵野秀明春日部(アニメ監督)
岡田義徳大宮(アニメ監督助手)
寺島進刺青の男
武田真治CMディレクター(ジュン)
和久井映見女性患者(山田映子)
草なぎ剛映写技師
相武紗季美少女(ホタル)
堀部圭亮東京ドンビコンビ・男(ドンビ)
野村佑香東京ドンビコンビ・女(コンビ)
田中要次検察課の男
久世浩安田
三木俊一郎カメラ小僧/司会者(もち田もち夫)
櫻井映子マンガ編集者(サクライさん)
田中星児たくらぶ小学校・教頭(出口)
尾野真千子進行役の女の先生
村田貴輝村上
松山ケンイチ不良学生(マツカン)
志賀廣太郎担任の先生(ガシ)
高橋一生囲碁部部長(ウッチー)
森下能幸ドンコ刑事
関根大学バン刑事
【解説】
 「鮫肌男と桃尻女」の石井克人監督が、一見普通に見える一家のちょっとおかしな日常をユーモラスに描いた異色ホームドラマ。それぞれ心にモヤモヤを抱えた家族が繰り広げるユニークなエピソードの数々を、アニメやCG映像を織り交ぜつつ、美しい田園風景をバックにゆったりとした時間の流れの中で優しく綴ってゆく。2004年カンヌ国際映画祭の監督週間オープニング作品。
 山間の小さな町に暮らす春野家の人々。彼らはそれぞれ悩みを抱え悶々としていた。内気な高校生の長男・一は恋に悩み、小学校に入学したての妹・幸子は時折ふと現われる巨大な自分の分身に困惑している。母・美子は子育てが一段落したことでアニメーターに復帰しようと奮闘中。催眠治療士の父・ノブオは、そんな美子に不満な様子。東京で音楽ミキサーをやっている叔父のアヤノは元恋人に未練タラタラ、ノブオの弟で漫画家の轟木一騎は仕事に行き詰まっていた。それでも春野家の祖父・アキラはそんな家族をいつも温かく見守っていた…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1590 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:陸将投稿日:2011-10-29 18:57:49
「雰囲気」や「空気感」というのは、映画を語る際に便利な言葉だと思う。
映画全体に流れる独特の世界観を指して、それを褒めるために用いられる。
近年の邦画はそんな世界観で魅せる作品が増えてきているように感じる。

本作も田舎に流れる空気感が特徴の作品ということになるのだろう。
しかし、そんな抽象的な観点から映画を語るのは逃げの姿勢と捉えられることもある。
さらに言えば、なんとなく面白かったということは、その世界観しか褒めるところがないということでもある。

だが、本作はその世界観さえ違和感を覚える。
まず田舎に住む3世代家族を描いているが、「田舎=よき所」という前提が作り手にあるため、物語に何の起伏もない。
家族1人1人に克服すべき課題は設定されているが、その問題があまりにも小さすぎること、克服する過程で乗り越えるべき障害がほとんどないことによって、こじんまりした身内の世界に止まっている。

しかも、家族自体の人数が多く、さらに関連する人々も中途半端に描こうとするため、人物描写や人間の物語が極端に薄くなっている。
「ほのぼの」した田舎で、「ほんわか」として温かい人々に囲まれて、「のほほん」とする作品に2時間30分はあまりにも長すぎる。
映画的な見せ場もなく、クライマックスは田舎の物語であったにもかかわらず、それを「ヒマワリ」の巨大化というチープな映像で、無理やり世界を拡大しようとする強引さ。

褒めるところが全く見つからない、現代邦画界の欠点を凝縮させたような作品だ。
投稿者:ひめ投稿日:2008-10-17 13:07:23
ものすごーくシュールな笑いです。
投稿者:kinenchyu投稿日:2008-01-05 16:25:44
独特の世界観で展開される物語で、やはり好みがあるのかなぁと思います。映画好きなら見ておくべき作品だと思いますが、私はちょっと微妙な判定です。片田舎のほのぼのした風景の中で、まったりと進む物語。ぐっとおさえた自然な演技でストーリーは進みますが、ところどころに非現実的なシーンがちりばめてあり、不思議な雰囲気に包まれる作品です。ゆっくりと進む作品ですが最後まで飽きず、なんともいえない後味を残してくれる作品でした。お爺ちゃんが残した家族全員のぱらぱら絵は感動しましたが、もう一つ何かインパクトが欲しかったなぁと思ってしまったので☆三つにしました。
投稿者:シェフ中西投稿日:2007-08-30 00:00:22
いろんな俳優さんがでてる、監督のカラーがどこにあるのかよくわからない、没個性的でありながら、CG、アニメーション、歌etc.の使い方が見てる人間に非日常、というか違和感を気持ちよく押し付けてくるほんわかムービー。
スタイリッシュであるということは、引用が巧いということですが、それだけだと退屈になるので、自分の世界に嵌め込みきれない浅野忠信のような俳優を起用しながら、彼らを自由に泳がせる度量を監督が持ち合わせていたことが勝因かもしれませんが、なんにせよ、土屋アンナがめちゃくちゃ可愛いということは述べておかなければなりません。
ストーリーがありがちでも、パクリであっても、味付け次第で面白くなるということが良くわかります。面白いうえに、きちんと礼儀をわきまえて、しょーもない悪ふざけに走らない節度を守った姿勢が、ラストシーンの夕焼けに「本気」が見える説得力を持たせています。
肩の力をぬいて、昼間にゆったりと見るのに最適の映画ですね。
投稿者:ヤマゲロ投稿日:2007-05-18 14:20:10
なんか気になってたのですが、やっと見ました。結構忍耐が必要と思いつつ見ていて、気がついたら引き込まれていた、シュール・SF・ヲタク・ホーム・コメディ・青春・ヒュマン・ほのぼの・ゆるゆる・後からジンワリ映画。デス。
クサナギくんはじめチョイ役に豪華出演者。 浅野忠信&蛍ちゃんシーンサイコー。
息子のヒロインは土屋アンナだったのか(カァイカッタ
♪なんであなたはさんかくじょうぎなの〜
♪やーーまーーよーー やーまっよ!(パンパン)やまよやーまっよ! (パンパン)
やまはい〜き〜て〜い、るっ!
投稿者:カマタアキヨシ投稿日:2007-02-26 12:56:03
菊地凛子もハジメの同級生として出演してます。

データの更新の方をよろしくお願いします。
投稿者:ショーンファン投稿日:2006-05-12 22:37:36
岩井俊二、是枝和ひろに続いてフェイバリット監督が追加されて本当にうれしい。
かなりいい。
この映画を見て、日本に生まれてよかったなぁと思った。
キャスティング、演出、ナレーション・・・かなりいい。この監督は天才だ!何回も観たい。
草薙剛を発見した時はマジビビッた。あれでギャラ、いくらなんだろう・・・と考えるといやらしいか。キリンさんは見つからなかった。残念。
随所で笑えた。このキャスティング。上手いとしかいいようがない。
続編でもあったら見たい。
ラスト辺、ひまわりの花が宇宙に広がっていくところ、あれは見たほうがいい。あれだけでも人生観が変わるかも。私らなんてちっぽけなのだ。と、監督は伝えたかったのだろうか。それは永遠の謎である。(きっとね)
投稿者:スクワイヤー投稿日:2006-03-08 02:16:20
とにかく面白い!笑えました。
投稿者:ぬらり−ひょん投稿日:2005-10-04 14:53:26
長くてだらだらしてしまう。芸達者な人達がたくさん出てきて、それは観ていてとても楽しいし、映像もそこだけ取り出してみればカッコいいんだけど、でも結局何も残らない。自宅で観たので、私が集中していなかったせいもあるかもしれませんが。
投稿者:Campo del dio けん投稿日:2005-06-02 12:57:24
かなりシュールでいて癒されるという、独特の作品ですね。
我修院達也の歌の数々!
ものすごく歌がうまくて、その歌唱力で笑わすことができるのは彼だけじゃないでしょうか。
浅野忠信の自然体演技はすごい!!
刺青の男の話をしているシーン、中嶋朋子との会話のシーンは格別です。

とにかく今後の石井監督からは絶対に目が離せません。
http://www.campodeldio.com/
投稿者:palpal投稿日:2005-04-17 11:17:58
ロケ地の栃木県茂木町いってきました。映画で見たとおりの桜が鮮やかできれいでした。浅野さんと中嶋さんが再会したお店近くの橋もすばらしいかったです。
投稿者:surikire投稿日:2005-03-14 14:32:14
劇場での観客の反応は大変好評だったのできっと良い作品なのだろう。自分は複数の人間のドラマがリンクしてる作品、というのが苦手なので、どうしても評価が低くなってしまう。高校生、一(はじめ)に関する部分に限ればもう満点といっていいくらい好きなのだが。しかし、アオイが「下妻〜」の苺と同一人物だとはエンドロールまで気がつかず。野村佑香?田中星児?出てた?どこに?
投稿者:フンボルトペンギン投稿日:2004-10-24 06:29:55
『鮫肌男』などと違ってインパクトに欠けるのは、今回の物語自体がさほど非現実なものでないせいだろう。田舎の家族物語、このようなテーマはありふれているが、映像の切れや物語周辺の小ネタ(教頭とか)のおかげで独自の鋭さをもっているところがすばらしい。も一回は観て、細部の監督のデフォルメの仕掛けというかこだわりを感じたい。
浅野忠信&中嶋朋子のやりとりは、ぐずぐず感が出ていてキュート。

投稿者:かっこう投稿日:2004-08-15 00:09:45
鮫肌男は、シュールなギャグだけでなくかっこ良さが大好きだったんだけど、こちらはシュールなギャグだけだったんですね。
正直、後半は早く終わらないかなって気分で見てました。
山よ山よ、は結構好きです。耳からはなれないし。
投稿者:阿里不哥投稿日:2004-07-28 04:56:56
全体的には良かったんだけど、自分が石井克人という監督に対して抱いている悪い印象の部分が結構出ててどうも入り込めなかった。
面白いところは面白いんだがしらけるところはしらける。

土屋アンナ高校一年生は無理だろ。
投稿者:ピープル江川投稿日:2004-07-21 22:25:48
前作なイメージでハイプな映画かと思いきや。
けっこう直球なホームドラマ。
ギミックは多いけど・・・

ちょっと泣いてしまったよ。http://d.hatena.ne.jp/pegawa/
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】山よレンタル有り
 【DVD】茶の味レンタル有り
 【VIDEO】茶の味レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION