allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

キャットウーマン(2004)

CATWOMAN

メディア映画
上映時間104分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2004/11/03
ジャンルアクション/アドベンチャー/サスペンス
すべての女には
野生の猫が棲む
キャットウーマン [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,050
USED価格:¥ 612
amazon.co.jpへ

 Photos
キャットウーマンキャットウーマンキャットウーマン

【解説】
 1992年の映画「バットマン リターンズ」ではミシェル・ファイファーが演じて好評を博した原作コミックの人気キャラクターを主人公に据えたアクション・ファンタジー。今回新たにタイトル・ロールを演じるのはオスカー女優ハリー・ベリー。キャットウーマンとして生まれ変わったヒロインが巨大企業の陰謀に立ち向かう。監督は「ヴィドック」のピトフ。
 巨大な化粧品会社ヘデア社でグラフィック・デザイナーとして働くペイシェンス・フィリップスは内気で極端に控えめな女性。才能がありながら自分を主張できないばかりに冴えない毎日を送っていた。そんなある日彼女は、ヘデア社が恐ろしい副作用がある老化防止クリームをその事実を隠したまま発売しようとしていることを偶然知ってしまう。その結果、秘密を守ろうとするヘデア社によって殺されてしまうペイシェンス。しかしその瞬間、不思議なことが起こり、彼女は超人的な猫の能力を有した<キャットウーマン>として生まれ変わったのだった。
<allcinema>
【関連作品】
バットマン リターンズ(1992)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18104 5.78
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-07-27 00:53:08
ハル・ベリーのコスプレ姿目当てで観たが・・・
内容が酷すぎる。
投稿者:gapper投稿日:2011-06-29 00:43:15
 「007/ダイ・アナザー・デイ(2002)」のジンクス、あるいは「X-メン(2000)」シリーズのストームのハル・ベリー主演作品。

 エジプトの猫からの冒頭の説明など雰囲気作りに気を配って入るものの、出会いのシーンなどもう少し工夫がほしい。
 一応理屈はあり、伏線と成っているものの殆ど感じるものはない。

 結局は、自身の女優業を思わせるシャロン・ストーンの執拗な執着が良い意味ではないが見所と言える。
 肝心の弱気で夢のない生活を送っていた女が猫によって目覚めるというテーマが、上手く処理されていない。
 イケ面刑事と上手く付き合えては、台無し。
 「キャット・ピープル(1942)」の様な二律背反と言ったテーマを前面に出すべきだった。
投稿者:なちら投稿日:2011-05-30 21:20:44
ウチの猫がまだ野良だった頃、いつもいた駐車スペースに鳥の頭が転がっていた事があって、
食べちゃったであろう鳥の体の大きさを想像しながら街で暮らす猫のたくましさに感動した事がある。
飼ってみて分かったけど、猫って魅力的な生き物だね。
キャットウーマンっていうキャラクターが生まれるのも分かる気がする。

ワイルドさの点ではH・ベリーはピッタリだと思う。
彼女が短毛の外猫なら、M・ファイファーは室内飼いの長毛種って感じだね。
投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-04 19:22:51
『バットマン2』で登場したミシェル・ファイファーのキャットウーマンが好きなんでついつい見てしまったが、評判通りのつまらなさだった(>_<) 
ハル・ベリーのファンなら見てもいいかも??
投稿者:歌王投稿日:2008-02-24 18:31:23
【ネタバレ注意】

ハル・ベリーはやっぱりストームの方が似合うんであって、キャットウーマンといえば断然ミシェル・ファイファーに限るわけです。ハルの場合ちょっと猫度が低いというか、どうにも陽性で、猫科のベタついた妖しさが足りません。

そんなわけでキャットウーマンというよりは、なんだか猫又かキャッツアイに見えてきます。特に設定がかなりキャッツアイとかぶるんだよねえ。それでも、猫憑き状態のハル・ベリーはやたらと可愛く、無駄に露出の多いコスチュームももちろんイイです(ただしマスクとメイクは変)。

要はこれ完全なアイドル映画なんで、ハルを鑑賞する目的であればそんなに悪くないと。ストーリーがつまらんとか短い上映時間の割にダレるとか、別にいいじゃないですかこの際。

投稿者:にゃんにゃん投稿日:2006-12-31 08:13:39
【ネタバレ注意】

何度も途中で見るのをやめようか考えたが、一応最後まで見た。想像よりも酷かった。
脚本も最悪で演出も酷い。ここまで酷いと、ある意味面白い。

思いっきりCGの猫が現れてキャットウーマンにしてくれる場面なんて
見てるこっちが恥ずかしい。全編チープな演出とCGのオンパレード。
他の場面でも“皆知らないけど実は超人”な設定を楽しんでくれとばかりに
どうでもいい「アクションシーン」をわざとらしく用意してくれる。
さらには変貌した主人公がいかに「痛快」であるかを「楽しませる」シーンも、
恥ずかしいくらい見え見えな演出でわざとらしく見せてくれる。
キャットウーマンを知ってる胡散臭いおばさんが登場するわ、
化粧品で肌が大理石のように硬くなったとかで話もめちゃくちゃ。
小学生が書いたような脚本とはまさにこのことだと思った。
それを流行りの曲にのせて見せてくれるからなお安っぽくに見える。

評価はもちろん最低だが、酷すぎて結構面白かった。
これを機にハル・ベリーのキャリアが低迷しているのが残念だが、
それも仕方ないのかもしれない。

投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2006-04-21 08:16:35
…的な身のこなし&性格の変化は凄いけど、カット割りがスピーディーに過ぎる。
殆ど超能力者だよ。…まぁ、スタイリシュ・アクションって事で。
いや、演技は悪くないのだけど、「リターンズ」と比べるのは無謀、ってくらい熱いストーリー&演出はない。〜が、ハリー・ベリーファンにとっては泥んこハリーやら、かなり頑張っているので価値無し、って事はないと思う。…研ナオコには見えんなぁ。マイケル・ジャクソンとか…
シャロン・ファンもどうぞ。…まぁそんな2人のアクションを楽しむ映画。
そもそも「バットマン リターンズ」(名作!)が、殆ど「キャットウーマン」なので、まず、そちらの鑑賞をどうぞ。
投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2006-03-26 22:54:50
ハル・ベリーの胸の谷間とシャロン・ストーンの美しいヒップ・ラインを見れただけでも、僕は満足です。
投稿者:bond投稿日:2006-02-16 12:08:42
まあ、よくあるプロットの映画。出演者でかろうじて保ったか。軽く観るにはいいでしょう。
投稿者:irony投稿日:2006-02-11 21:05:41
 あの格好でムチを振り回しャSM?じゃないのか?その筋の人が見たら「お願いしますって!」感じじゃん。ヒールで俺の股間を踏んでくれ〜(いやぁ〜お下品でした)ラジー賞も納得か?でもオスカーアクトレスのハリ−・ベリーは素晴らしいです、洒落がきいています、授賞式出ちゃうんですから(笑)オスカー女優の枠にとらわれず、ガンガン出て欲しいですね、こんな作品に。
投稿者:礼恩投稿日:2006-01-24 04:52:16
私も、途中から研ナオ子に見えて仕方無かったです…。
しかし、キャットウーマンのコスチュームは良いと思いました。
むしろ、もっと露出が多いほうが良かったです。
ただの黒ビキニでも良かったです。
投稿者:witness投稿日:2005-08-19 19:35:49
だけど、割りと見飽きないもんだな。

平凡な人間がある日突然、超人的な力を身につけて…うんぬんかんぬん…
そして、その能力があるが故の葛藤と…うんぬんかんぬん…

アメリカンヒーローって、どうしていつもこういう設定なんだろう?

その起源を知ってる人がいたら教えて。
投稿者:J.M投稿日:2005-07-30 15:04:11
バットマンシリーズで一番リターンズが好きなんで見ちゃいました!残念(≧ヘ≦)
家で電話してるシーンで猫みたいに歩き回っているハル・ベリーは美しいと思った
投稿者:the hysteric green投稿日:2005-07-23 22:07:51
あまりにつまらないと評判だったんで、思ってた程つまらなくはなくソッコソコに楽しめた。
でも面白い映画かと聞かれるとつまんないよと素直に言える映画。
投稿者:ドロンパ投稿日:2005-07-21 19:46:23
ハル・ベリーのラジー賞、受賞シーンが「ラジー賞」HPに動画として載ってます。
http://www.razzies.com/ です。
トップに「Video Clips of Halle Berry..」がありますのでそこから見てくださいね。
ちょっとテンション高めですが、でもカッコイイ。
当人は色々な思いがあって授賞式に出たのかもしれませんが、私としては単純に「映画が好きなんだなあ!」と思わせていただきました。
惚れました。
投稿者:つぼっく投稿日:2005-06-22 01:17:46
いいんですってば
ハルベリーがいるだけで、最高
投稿者:通りすがリーマン投稿日:2005-05-26 04:46:30
あるチョウ暇な日にレンタル店でフラッと借りた。猫のコス
チュームがエロチックなので目についただけ。
見始めた途端、おーこの「若手女優」かわいいじゃん!と
乗り出して見ていたが、なんか見たことあるな「この娘」・・
改めてタイトルバックまで戻ったら何とハルベリーかよ!(笑)
ずいぶん若く見えるな、びっくり。いくつだっけ?
にしても、オスカー女優たるもの、出演作選んだほうが
いいんじゃ?と余計な心配をしてしまった。
ハルベリーばかり注目していたんで、面白いのかどうか、
よく分からなかった(爆)。ま、普通と言っておこう。
シャロンは、こういう役はハマるなー。
それと、ベンジャミン・ブラッドとかいう男優、カッコイイ!
ちょっとアジアンの血も入ってるのかな?若い娘にモテそう。
40歳そこそこにしては老けてる気もするけど。
投稿者:まっどぼんば投稿日:2005-05-23 03:36:59
主人公が最初に泥棒をやっつける時の顔は研ナオ子の若い頃そっくり。
悪役のS・ストーンの設定にかなり無理があるが、キャットウーマンさえ
格好良ければどうでもいい問題。しかし肝心のキャット・ウーマンに魅力が
感じられない。コスチュームのデザインにビザール度が足りないのも欠点。
アクション場面に陳腐なCGを使いすぎるのはハッキリ言って最悪の愚行。
せめてワイヤーアクションにしろと言いたい。
この手の映画(ボンデージ系衣装に身を包んだスタイリッシュな強い女が
暴れる映画)をわざわざ見たいと思う層の気持ちを、スタッフのほとんどが
あまり理解せずに作っているように感じる。フェティッシュ系の作品は
変態性を持った監督でないと良いものは出来ないと思う。
投稿者:ASH投稿日:2005-04-10 01:05:20
【ネタバレ注意】

 ラジー賞主演女優賞受賞ということでどんな酷い演技をしているのかと思えば、ハリー・ベリーはいたって熱演。ただ、ここ最近のこの手の映画の通例に従ってCG過多なところが少々鼻につくわな。もう生身のスタントはあまり必要ではないらしい。

 目まぐるしく変わる編集はスタイリッシュというよりはやり過ぎで目が疲れるのだ。化粧品会社の陰謀に巻き込まれるという設定はなかなか面白いが、あの化粧品の毒性を必死に隠そうとする企業側の危なっかしい体制は無理はあると思うが。敵役のシャロン・ストーンは超人的な力を持った女ではないから、キャットウーマンとは互角に戦えないじゃん、と思ったら、あんな効用があったとは。恐るべし、ビューリーン!

投稿者:ながれ星投稿日:2004-11-18 00:53:48
別によかったですけど、なんで今さらこの手の映画をつくったんかなー、と思いました。
ヒーローものの様にスカッとする感じでもなく、ミステリアスな感じにドキドキするわけでもなく中途半端でした。
ハル・ベリーはかっこよかったです。
投稿者:ポケモン・レッド投稿日:2004-11-15 08:03:21
テキトーに作りすぎ、企画の段階でダメな映画。
軽いヒラメキで作られたような映画。
もっと時間をかけてストーリー等を構成するべき。
頑張ったハルのコスチュームもアクションも、
ストーリーとかがやる気ないせいで、空回りした感じがする。
最初から最後まで全く盛り上がらない映画だった。
そりゃアメリカでも興収失敗するはずだ。
それでもハルは続編に出たがっているらしいが・・・
ラジー賞とったらやめるでしょうね、絶対・・・
投稿者:n投稿日:2004-11-07 19:29:13
ふつうに楽しめましたが。

「衣裳とメイクがどうもうけつけな」い。とか言ってる人たちは
一体何故観に行ってしまったんでしょうか・・

ナゾですな・・
投稿者:Cinema Trek投稿日:2004-11-05 00:38:09
ハル・ベリーの最新作。彼女はシリアスから怪奇やSFそしてアクションと幅広い役柄に挑戦している女優で今回はアメコミのヒロインを演じている。ストーリーは「スパイダーマン」の主人公の男女が入れ替わった雰囲気でストーリー展開もスパイダーマンそっくりだが完全なコスチュームのキャットウーマンが現れるまで上映時間の半分を費やしている。アクション・シーンもとび跳ねる華麗さを強調しているせいかそれほどのアクション・シーンも少ない。キャットウーマンは善か悪かもはっきりしない。またロマンスも「スパイダーマン」の二人のようなものではなく煮え切らない。何もかもスカッとするものがなくあれよあれよと言う間に映画は終わってしまった。結局、ストーリー展開は「スパイダーマン」風であってもいまいち盛り上がらない。「スパイダーマン」と同様、続編が出来そうな雰囲気で終わっているが、続編を期待するような作品でもなかった。

20041104_Cinema鑑賞_60点
投稿者:PEKO投稿日:2004-11-03 01:25:30
みなさんと同じく期待通りでした・・・。
私はあの衣裳とメイクがどうもうけつけなくて。“ミャオ!”っとか鳴き声だすのもなんかイヤでした。
シャロン・ストーンの若々しさにはビックリしました。でも悪役として肌が硬いってだけの特徴では・・・、身体能力は普通だからボコボコにやられてたし・・・。
2004.11.2観賞 4点
投稿者:フリクリ投稿日:2004-10-21 18:01:05
スパイダーマンを意識しすぎたら大コケ。
これ作った人は才能が無いと思う。
日本でもたぶんコケるだろうなあ・・・
最近の映画は面白く無さすぎて、観客が良い部分を探すのに苦労している。
この映画でも「ハルのここは良かった」、「シャロンだけは良かった。」
と、「この映画全体が心底面白い。」と言う人は一人もいないだろう・・・
それが最近の映画に多い現象だと思う。
原因は優れた映画クリエイターたちがほとんどいないからだと思う。
まあそれはハリウッドだけのことじゃないと思うけど・・・
投稿者:エバ投稿日:2004-10-10 00:33:30
ハル・ベリーのサエない女役はわりと見れたけど…
なんかもっとうまく作れたんじゃない?!って思う。
シャロンストーンもよくあんな役ひきうけたなー
つまんなかった。というか始終想像通りでした。
投稿者:boalove投稿日:2004-08-18 10:35:48
私もミシェル・ファイファーのキャットウーマンが見たかったけど、年齢的に無理かもねえ。
投稿者:右心室投稿日:2004-07-26 12:43:06
猫のような身のこなしと妖しい魅力で敵を翻弄するダークヒロインというのは観てて面白いけど、前半の展開がかったるい。
アクションは、「デアデビル」なんかと比べれば全然良い。

最初からあんまり期待してなかったし、その通りだったのでまあ良しとしましょう。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ ワースト作品賞 
 ■ ワースト主演女優賞ハリー・ベリー 
 ■ ワースト監督賞ピトフ 
 □ ワースト助演男優賞ランベール・ウィルソン 
 □ ワースト助演女優賞シャロン・ストーン 
 ■ ワースト脚本賞ジョン・ロジャース 
  テレサ・レベック 
  ジョン・ブランカトー 
  マイケル・フェリス 
 □ ワースト・スクリーン・カップル賞シャロン・ストーン ハリー・ベリー&ベンジャミン・ブラット、もしくはハリー・ベリー&シャロン・ストーン
  ベンジャミン・ブラット 
  ハリー・ベリー 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION