allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

鉄人28号(2004)

メディア映画
上映時間114分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月2005/03/19
ジャンルSF/ドラマ/ロボット
最後に勇気をふりしぼったのは、いつですか?
鉄人28号 スペシャルBOX (初回限定生産) [DVD]
参考価格:¥ 6,458
価格:¥ 3,000
USED価格:¥ 1,849
amazon.co.jpへ

 Photos
鉄人28号鉄人28号鉄人28号鉄人28号

【クレジット】
監督:冨樫森
企画:遠谷信幸
大月俊倫
エグゼクティブプ
ロデューサー:
兵頭秀樹
多木良國
木村純一
プロデューサー:佐倉寛二郎
原作:横山光輝
脚本:斉藤ひろし
山田耕大
撮影:山本英夫
視覚効果:松本肇
美術:小川富美夫
編集:上野聡一
音楽:千住明
視覚効果・3Dデ
ジタル:
坂上和也
視覚効果・プロデ
ューサー:
田口聖
視覚効果・撮影:村川聡
視覚効果・助監督:金子功
視覚効果・照明:溝渕健二
視覚効果・製作担
当:
小川勝広
視覚効果・操演:根岸泉
視覚効果・美術:高橋勲
照明:小野晃
製作担当:藪下隆
録音:野中英敏
助監督:谷口正行
出演:池松壮亮金田正太郎
蒼井優立花真美
薬師丸ひろ子金田陽子
(友情出演)
香川照之宅見零児
川原亜矢子貴島レイラ・ニールソン
中澤裕子江島香奈
高岡蒼佑村雨研二
伊武雅刀田浦慶太郎
西田尚美八城裕美子
北川智子加藤志津絵
水上竜士河合秀之
村松利史高橋清次郎
矢沢心レポーター
ささの友間秋山孝
栗原卓也鬼塚宏志
森田直幸松川健太
諏訪太朗職人A
鈴木一功職人B
森羅万象職人C
田中麗奈キャスター芹沢明日香
妻夫木聡風鈴売り
阿部寛金田正一郎
柄本明大塚雄之助
中村嘉葎雄綾部達蔵
【解説】
 少年がリモコンを使って巨大ロボットを操縦し、悪党ロボットと激闘を繰り広げるSFアクション。1956年に月刊少年誌『少年』にて連載され、テレビアニメも人気を博した横山光輝原作のロボットマンガを最新のCG技術を駆使し、ノスタルジックな味付けで実写化。監督は「星に願いを。」「非・バランス」の冨樫森。ロボット同士の迫力のバトルに加え、鉄人とともに悪に立ち向かう少年の心の成長を丹念に描く。主人公の正太郎役は「ラスト サムライ」の池松壮亮。
 ある日、大都市・東京で突如サイバーテロが発生。さらに破壊ロボット“ブラックオックス”が飛来し、東京の街は次々と破壊されてしまう。そんな中、母と2人暮らしの小学生・金田正太郎は見知らぬ老人・綾部からある一本の電話を受ける。それは、亡き父・正一郎が遺した“鉄人28号”のことだった。28号は、正太郎の祖父・正吾郎が戦時下に軍事対策用として原型を作り、正一郎が平和利用のため開発を引き継いだロボット。綾部は、正太郎こそが、父の遺志を継ぎ、28号を操縦してブラックオックスと戦う使命にある、と説くのだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
鉄人28号(1960)実写版TVシリーズ
鉄人28号(1963〜1965)アニメ版TVシリーズ
鉄人28号 ミラクル魔術団 海底基地(1964)劇場版アニメ
鉄人28号(新)(1980〜1981)アニメ版TVシリーズ
超電動ロボ 鉄人28号FX(1992)アニメ版TVシリーズ続編
鉄人28号(2004)アニメ版TVシリーズ
鉄人28号(2004)実写劇場版
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
942 4.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2012-01-11 22:56:28
「HINOKIO」以上のダメSF映画。蒼井優が出てるから借りたが、刑事役の中澤裕子の方が印象に残った。「HINOKIO」の方は作り手の何かを伝えたいという気持ちが反映されてたが、こちらは監督と脚本家のどちらにもやる気が無かったのがミエミエの駄作。正太郎が気弱な少年なのも、本来彼の立ち位置の天才工学少女も、友達キャラも、刑事の一人が女で、高岡がハンチング帽を被ってるのも、中村さんが時代遅れな衣装を着てるのも、柄本の大塚署長が浮いてるのも、ブラックオックスが敵の科学者の遺児の代わりになってるのも、全部思い付きのつぎはぎヒョウタンツギ映画(原作者は横山光輝)。
投稿者:半熟卵投稿日:2009-12-31 18:29:29
鉄人28号
投稿者:藤本周平。投稿日:2007-01-07 23:34:44
キャシャーンの方がまだおもしろい。
投稿者:ただの映画好きおやじ投稿日:2006-09-12 20:33:43
鉄人28号の絵ばかり描いてた俺の少年時代の憧憬を、思いっ切り無神経に踏みにじられた感じ。
昭和20年代のロボット観を、無理矢理21世紀に復元させたから、何とも中途半端な作品になってしまった。ストーリーが陳腐なぶん、せめてCGだけでもなんとか頑張れなかったのか?俺が監督か製作なら、絶対にフィルム燃やしちゃうけどね。
これに限らず、日本のコミック原作映画は駄作ばっかりでやんなっちゃうよ、観客を馬鹿にするのもいいかげんにして欲しい。
投稿者:微糖投稿日:2006-05-27 20:44:15
「祖父、父と二代にわたり開発し完成したロボットは、わずか10年後の現在では役立たずのスクラップだった!

天才少女科学者 立花真美により外装以外そっくり作り替えられた鉄人は、役に立つかも分からない特殊能力を持った少年 金田正太郎と共に天才マッドサイエンティスト 宅見博士の造ったブラックオックスと戦うのだ!」

設定、脚本、配役と、とにかくピントのボケタ作品だった。

金田正太郎役の池松壮亮君は昔からの金田正太郎のイメージではまったくない、演技は上手いがこの映画にそれほどの演技力が必要とも思えなかった。

蒼井優も透明感のある役者さんだが、天才少女科学者 立花真美役が似合っていたとは思えない。

刑事役の二人も影が薄く、わざわざ登場させた意味があったのだろうか。

横山先生が御存命ならきっと嘆かれたことでしょう。
投稿者:轟天投稿日:2006-02-17 20:57:41
下のCinema Trekさんが要点を言っておられるので、作品全体の評価は省きます。僕は今見たばかりで理解できない謎を書くことにします。事前に予備知識も無く、原作、アニメとも、記憶の彼方です。NETでレビューも見てません。


1■よく分からない程度のサイバーテロの捜査をしている刑事二人が刑事に見えない。何故、女で、しかも若手の男と二人だけなのか。

2■柄本明サン演じる、首都、警視庁にふさわしくない大塚の行動、言動、帽子が意味不明

3■ブラックオックス、東京襲撃で行った、東京タワーねじり、背面飛行での曲芸。あの目的は、意図は?

4■警視庁での、記者会見、記者を前にして「おはようございます」のシーンはギャグ?。警視庁は何故あんなに古風な内装?。

5■あのMIT在学中だという少女の「まみです、よろしくネ」を言わせたのは誰?

6■ブラックオックスと初めて対峙した時、操縦に不慣れな正太郎がいつの間に鉄人を海を越えて東京へ持ってきたのか?。また、長期間放置されていたにもかかわらず、汚れすらないテカテカなのは何故?。警官隊が何故わざわざロボット同士の足元でガレキが落ちてくるのを待ってたのか。危機感無さすぎ。

7■正太郎の父親が死んだ事故のシーンの描写が前時代的な、隠れて爆発。しかも間がありすぎ。子供妻とともに逃げれたはず。母親の台詞のみで、鉄人を正太郎に託すというのも取ってつけたカンジ。

8■改良後の鉄人のコントロール、テスト時のあの四角い部屋の意味が分からない。部屋全体でモーショントレース(人の動きを読み取る)でもなかったし、特殊な服だからかと思っていた、フィードバック機能(殴られたら反動)も、あとで私服でも同じようにあったし。コントローラーの使い方もまったく不明。

9■宅見零児はロボット1体で世界を破壊できると本当に思っていたのか・・・。川原亜矢子は何故あんなところで車を止めて警官に発見されるのを待っていたのか?。「核弾頭が内蔵されている・・・。」え?、ミサイル発射?。核爆弾ではなく?。

10■ブラックオックス自爆は雲のできる高度、上層(高さ:5〜13キロ)、中層(高さ:2〜7 キロ)、下層(高さ:地面〜2キロ)のどこであっても、地上には深刻な影響が起こるはず、しかもその爆破の下で主人公含めた登場人物は、熱戦の影響すら受けていない。鉄人もほぼ無傷、(あの高度から落下しても)改造したといっても、MITの一学生にそれほどの技術があるなら、世界はもっとすごい兵器でブラックオックスを倒せるのでは?。ていうか、自衛隊すら出てこない首都防衛って・・・。

11■病院でテレビも無かった母親が何故、正太郎が勝ったと分かったのか?。

 この映画に出てくる東京は、まるで小さな地方都市規模の警官隊と報道陣、人口のようで、すごく世界が狭い。それは、TVの戦隊特撮モノと変わらない。手持ちカメラの映像が意味もなく使われ、不快な絵だった。CGはやっぱりどうしても、家庭用ゲーム等の挿入ムービーレベル。BGM音楽が鳴ってたのかどうか記憶に無いほどの印象。そういうツッコミ満載、謎だらけの設定、演出、技術。そういう、小学生低学年、しかも、あまり映画やテレビを見ていない子供向け映画。
投稿者:yusei投稿日:2006-01-15 19:54:50
正太郎が不細工!花もないし。もうちょっとましな子役居なかったの?
投稿者:ドロンパ投稿日:2005-11-25 05:57:36
【ネタバレ注意】

28号がブラックオックスにボロ負けして、意気消沈の正太郎に友人が言った台詞「鉄人てすごいよね!ホントはもっと強いんだよね。きっと。」

私はそこで静止ポタンを押して、この続きを観ようか辞めようか考えてしまった。(一応観ました)
どうしたらそんな台詞が出てくるんだよ!

投稿者:マイカル投稿日:2005-05-01 20:15:59
某番組でI・Gが言っていた評価を聞いてピンときました。
「鉄人を知らない人には楽しめないと思う。子供向けの作品なのに子どもは知らないし。」
つまり、大半は受けないって事ですか。
投稿者:Cinema Trek投稿日:2005-04-18 01:01:23
この作品自体はそれほど悪くはないが、子供には難しすぎるし子供が楽しめるアクションシーンが少ない。かといって、リアルタイムで見ていた世代でほとんど受け入れられない作品となっている。実写版「サンダーバード」と同じく、「鉄人28号」にそれほど思い入れの無い監督が作るとこういう映画になる。あれだけ戦って粉塵も沢山出ているにもかかわらずロボット自体、傷ひとつなく光沢で光輝いている。そしてCG技術もプレステ並みで、しかも動きがそれほど無ければ、着ぐるみ撮影の方がよかったと思う。また、「ガォー」という鉄人のメカ音や空を飛ぶ音,操縦かんの形や電波の音,鉄人のロケットの形などはあの形や音に懐かしさを感じるのであって絶対に変えてはいけない。それに敷島博士は?ブラックオックス作った不乱拳博士は?大塚所長がイメージ出来ない柄本明。この映画の主役は「鉄人28号」であって、中村嘉葎雄やその他豪華キャストではない。その出演料をCG製作の方に回してもっとハイレベルものにしてほしかった。今後、こういうものを製作するならそれに対してのオタク的な監督を起用してもらいたいものだ。

20050326_Cinema鑑賞_60点
投稿者:投稿日:2005-03-30 05:54:04
【ネタバレ注意】

例えば、船で島に渡った正太郎が、まだ飛べもしない鉄人を不慣れな操縦でどうやってブラックオックスのいる街中に連れて行ったのか。鉄人を泳がせたのか? オックスを取り囲む警官隊が小学生の乱入を見て放っておくのは何故か? 鉄人と心を通わせる為とかいってヴァーチャルな戦闘訓練をしている時だけならいざしらず、実戦中も鉄人が攻撃されるたびに正太郎に痛みを伝える必要はあるのか? 息子代わりのブラックオックスの中に核爆弾って…ムチャクチャというか意味不明。その他、必然性のない登場人物やエピソードが多すぎないか? その分、ロボットをたくさん出して闘わせる方が、まだ子供騙しとしても良心的だったろうに。

投稿者:tomsoya投稿日:2005-03-28 22:45:08
は?まぢ池松くんカッコィィから〜!!てか、ばぁ〜り子供って感じ★ミまぢ、惚れるょ〜≧∀≦))))
投稿者:お気楽極楽投稿日:2005-03-23 20:38:19
子供向けなのか、昔のファンも動員しようかということなのか、どういうつもりなのかわからない。
昭和30年代に少年期を送ったものには、横山光輝といえば、手塚治虫に並ぶビッグネームで、手塚に「アトム」あれば、横山に「鉄人」。「リボンの騎士」には「魔法使いサリー」。といった感じ。
悩めるロボット、アトムに仮託して文明社会におけるヒューマニズムの尊さを語った手塚氏に対して、もともと兵器でありリモコン次第で善悪どちらでもなるという鉄人に文明批判をこめた横山氏という違いがあるのではないか。
いずれにせよ、誰かのCGの練習みたいな作品になってしまった。若手、ベテランともに生きてない。特に悪役はかっこ良くなくちゃ。「正太郎」の息子、みたいな設定にした方が自由に脚本が書けたかも。
投稿者:籐四郎投稿日:2005-02-08 23:10:41
 まず確実に言えるのは、2004年にテレビ東京系で深夜に放映していたあの奇跡のような傑作TVシリーズに胸を躍らせたような人は、絶対、この作品は観ない方がいいです。
 テレ東のは大人の鑑賞にもたえる内容でしたが、今回のはカンペキ小学生向けで、なんだかNHKの教育テレビで夜にやっている子ども向けのドラマのようでした。
 なにより私が違和感を覚えたのは、正太郎のイメージが原作とはあまりにもかけ離れていたことです。今回の正太郎役の男の子は、驚くほどの老け顔で、何かあるとすぐにイジメにあって泣く寸前のような表情をするのですけど、いくらなんでもこれはないのではなかろうか?
 思うに正太郎というのはスーパーヒーローであって、例え現実にはありえなくても、どんなに苦境に陥っても、決していじけたそぶりは見せちゃいかんのです。基本的なことなのに、ちっともファン心理というものを理解してくれてないことに、がっかりでした。
 また、鉄人のCGも、テレビゲームから抜け出したような陳腐さで、それは、まるで無気力なスタッフが総力を結集してどれだけひどいものを作れるのかを挑戦したのかと思えるくらい、あるいは、1968年の松竹の特撮映画「吸血鬼ゴケミドロ」からちっとも進歩してねーじゃないかと思えるくらい、すごいレベルでした。
 とうことで、私にとってこの作品は一言で片付けられます。いわく、最初からやる気がないなら作るな!
投稿者:のぶう投稿日:2004-06-22 09:27:15
HPを見ても昨年から更新もされず、雑誌等にも記事を見つけられず、
撮影は順調なのか心配です。鉄人の操縦器のデザインに違和感あり いやな
予感がしてきます。レトロ版のアニメが大人気なのにそれに順ぜず、新しい
ことをやろうとすると失敗するのが常ですからね。心配です・・・
投稿者:にゃあ投稿日:2004-06-07 04:00:31
ただいま放映中のテレビアニメが実に素晴らしいので、映画版は凄く不安ですねー。
第一、実写でやる必要あるのかな?柄本明が大塚署長?大塚署長は確かに
コメディリリーフなんだが、もうちょっとオシャレなイメージがあるから
ちょっと心配。スポーツ新聞で鉄人のデッカイ首が報道されたけれど、あの
60年代漫画特有のダークでレトロな感じが果たして実写で再現出来るのかな?
監督にティム・バートン、撮影に『未来世紀ブラジル』や『トロイ』のロジャー・プラットでも連れてこない限り難しいような気が・・・。
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】鉄人28号レンタル有り
 【VIDEO】鉄人28号レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION