allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

父と暮せば(2004)

メディア映画
上映時間99分
製作国日本
公開情報劇場公開(パル企画)
初公開年月2004/07/31
ジャンルドラマ/戦争
おとったん、
ありがとありました。

父と暮せば


 Photos
父と暮せば父と暮せば

【クレジット】
監督:黒木和雄
製作:石川富康
川城和実
張江肇
金澤龍一郎
松本洋一
鈴木ワタル
企画:深田誠剛
プロデューサー:河野聡
木谷奈津子
桑島雅直
奈良聡久
大橋孝史
原作:井上ひさし
『父と暮せば』(新潮社刊)
脚本:黒木和雄
美術:安宅紀史
美術監督:木村威夫
撮影監督:鈴木達夫
衣装デザイン:宮本茉莉
編集:奥原好幸
音楽:松村禎三
VFXプロデュー
サー:
大屋哲男
照明:三上日出志
録音:久保田幸雄
助監督:水戸敏博
出演:宮沢りえ美津江
原田芳雄竹造
浅野忠信木下正
【解説】
 戦後の広島で、原爆から独り生き残った後ろめたさから自らの幸せを拒否して生きる娘と、幽霊となり彼女の恋を懸命に後押しする父との4日間の交流を優しく綴ったヒューマン・ドラマ。井上ひさし原作による名作舞台を映画化。「TOMORROW 明日」「美しい夏キリシマ」に続く黒木和雄監督の“戦争レクイエム三部作”完結編。主演は宮沢りえと原田芳雄。共演に浅野忠信。
 昭和20年8月6日、午前8時15分、広島に原子爆弾が投下された。それは一瞬にして多くの命を奪った。3年後の広島。図書館に勤める美津江も、愛する人たちを原爆で失い、自分だけが生き残ったことに負い目を感じながらひっそりと暮していた。そんな彼女はある日、図書館で一人の青年、木下と出会う。2人は互いに惹かれるものを感じるが、美津江は“うちはしあわせになってはいけんのじゃ”と自らの恋心を必死で押さえ込んでしまう。見かねた彼女の父・竹造は幽霊となって姿を現わし、“恋の応援団長”を名乗り懸命に娘の心を開かせようとするのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1393 7.15
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:いまそのとき投稿日:2011-08-08 11:54:20
原作は井上ひさしの傑作舞台劇。父の幻影が娘に伝える深い愛。被爆体験を静かに強く語る。ぶらーりたらーり。つっぺいこっぺい。ささらもさら。井上戯曲ならではのコミカルな擬態語。みもとに。みまえに。日本の美しい謙譲文化。宮沢りえに描いた日本女性の潔癖さ。日本人なら誰でも分かる感性で戦争の悲劇を描いた出色の一作だ。父なら見るべき。母ならみるべき。娘や息子ならさらに見るべし。昨年92歳で亡くなった美術の木村威夫。86歳の仕事。
投稿者:カントト投稿日:2008-11-21 17:58:07
2人の娘の父親としては途中から涙でぼやけて画面がよく見えませんでした。レビューにはならないけど、娘を持つ全国のお父さん是非見てください。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2008-08-03 17:18:28
いい映画だと思う。
投稿者:kinenchyu投稿日:2008-05-25 11:40:42
映画というようりは芝居として見た方が良い作品だと思いました。映像よりもたくさんのセリフで伝えるメッセージがったのでこういう作りになったのかもしれません。とてもいい作品だと思います。宮沢りえの演技もとても良かった。
投稿者:ghost-fox投稿日:2008-05-16 22:39:39
設定も方言も気にならない、想いは伝わる
投稿者:錬金術師投稿日:2008-03-31 11:11:20
もともとは舞台芝居ということを知りながら視聴しましたが見ながら舞台芝居だったらもっとスピード感あふれる演出でぐいぐい観客を引っ張っていくんだろうなと思ってしまいました。
舞台ならば二人の台詞の掛け合いが緊張感を高めて感動てきなんだろうなと思いました。
しかし舞台は見ていません。
つまりこの映画が映画的でも舞台的でもなく中途半端な感じに見えてしまいました。
映画にするんだったらもっと表現方法を変えたほうがより良かったのではないかと強く思いました。
それから広島弁がちょっときつすぎてわかりづらかったです。
この辺は賛否両論ありますね。
投稿者:irony投稿日:2007-08-22 05:54:17
運命を分けたのは石灯籠という遮蔽物 はだしのゲンでもそうだった どうして(自分だけが)生き残ってしまったのだろう? そんな気持ちになるのも仕方のない事だろう 自分だって同じ体験をすればこうなるだろうね、きっと。

宮沢りえはいい女優になったもんだ 昔はノリタケとコントしてたのになぁ(笑)
投稿者:ryuryu投稿日:2007-05-30 02:17:09
堕落者さんの言い分が、ちと見当違いに思えました。なお、貴兄が気にし、かつ評価する
作品の多くがぼくと重なるがゆえに、この場での硬直な物言いが惜しいと思っての初投稿
ですので、あまり気に留めないでくださいね。
石原が褒めたからダメな映画なんでしょうか? この作品が持つ抽象性は、井上ひさしの
舞台を映画化する、という時点から宿命なのではないかな?
そこに肉付けするのはあくまで役者の力で、あれだけ質の高い木村威夫の美術を用意した
というだけで、実は監督の仕事は半分終わっている。
「誰も死者の感情など代弁出来る訳がないではないか。否,そもそもそんな事は不可能なのだ。あらゆる問題は当事者と非当事者,自己と他人の溝,その痛烈な断念と諦念から始まる」
ご説ごもっともです。では、対抗措置としてどうしたらいい? 本作のような訴えは無駄ですか?
ぼくにとっても『24時間の情事』は重要な映画ですが、そのような文脈で褒めることはできない。
いろいろ、あれはあれで粗のある作品だと思う。『ヒロシマ・モナムール』の広島がある意味
リアルなのは、むしろ並行して描かれる、ナチ協力者としてヒロインが生きた戦争の重みゆえ。
決して当事者感覚を持ち得ない、という諦念から始まる物語ではないのです。
双方ともどういう形であれ、あの大戦を自らの痛みとして共有した者同士であり、これはもう
文法の違い、としか言い様がない。
「何事も神棚に掲げる神格化は禁物」というが、原田や宮沢が腹の底からなにかを叫んでいる、
その声が「二拝二拍手一拝」とでも映るのですか? ニュアンスとしてわかるが、
「失われた主語」についてもなんの説明もない。「近年の「体制翼賛」に対抗する力」を
あなたは具体的に提示できるのですか? 様々な営みがあってもいいではないですか、
それぞれの闘いがあっても。どれがどう効くかは受け手次第のところもある。
それより、あなたはあなたの戦いを闘っていますか? ぼくはあなたの結局は、極めて傍観者的
な物言いにとても不安を感じるのです。
その点で、黒美君彦さんの後段の独白に大いに賛同する次第です。自分の言葉を持ちましょう。
投稿者:長春投稿日:2007-01-06 19:52:13
原爆や東京大空襲で生き残った人のドキュメンタリーを見ると、一様に「自分だけが生き残ったことについて死んだ人への申し訳なさ」を語る。
この映画でも、宮沢りえがその気持ちを切々と語る場面で涙してしまった。
戦争を起こした人間にこそ、そういった申し訳なさを持ってもらいたいものだ。
投稿者:KUROSYOU7投稿日:2006-08-29 22:06:14
長崎の方を舞台にした「明日」も確かにすばらしい。けれど、恐怖を鮮烈に描けている分、この作品の方が優れているように思われる。
登場人物がたった三人、実質父と娘の二人であるという演出も、無駄を一切省いている点で見事に成功している。
戦争映画であるが、軍隊を感じさせる場面が微塵もない。それが戦争の正体を本質から表している。
大変な名作で、百年たっても色あせないだろう。
投稿者:袋小路投稿日:2005-11-22 00:30:07
舞台がベースなのだろうが舞台をそのまま撮ったような演出は不思議だ。映画的な趣向を放棄したようなもので、映画的面白みに欠けるが逆に役者の演技に重点を置くという意味では良かったのかもしれない。こうした戦争体験を描くと、どうしても被害者から告発する形になってしまうのだが、戦争体験が既に世代間で共有化されないものになってきている状況を考えると、それを避けて個人の物語として表現したかったのかもしれない。監督や演出の作為といったものが後ろに引くことにより静かに戦争を語るといった監督の意図は表現されたように思う。
投稿者:ふじこ投稿日:2005-07-03 17:41:11
主な登場人物は宮沢りえと幽霊となった原田芳雄だけ。はじめはセリフも多いし、りえちゃん大丈夫かなぁと心配しつつ見守っていたけれど、もう後半からは彼女のか細い体と共ににじみ出る狎犬ているのが悪い気がして仕方ない・・爐箸いΧ貲困垢覬薺擦某監阿されていた。
猗畛瓦癖未貶をした人がたくさんいる。それを生きてる人間があとの人々に伝えなければ・・ 本当にそうなんだなぁと。

原田さん、生命力溢れすぎてとても幽霊のようには見えないような気もする中、娘を強く後押しする哀しくも優しい父を好演。本当に頼もしい恋の応援団長だ。
自分も数年前父親を亡くしてるので、死んでしまった父がひょっこり出てきたらどんなことを話すだろう・・あんなこともこんなことも話すことがあったのに・・とか考えながら観てたらしんみりしてしまった。
個人的には後々まで心に残る作品だと思う。
投稿者:堕落者投稿日:2005-01-09 22:00:41
要するにこれは例の「過ち,繰り返しません」の論理と変わらないですね。変な抽象性を持って主語を意図的に排除・隠蔽し,加害者であるアメリカの罪を免罪,原爆被害の責任の所在を曖昧にする。或いは国内だけで責任の擦り付け合いをする。なるほど,東京都知事(=石原某太郎)やら文部科学省やらPTAやらが推奨する訳だ。万人受けする人畜無害な映画。共通点は思考停止。まあ,何て加害者に優しいんでしょうね。もう,国内総「ペキング・オーダー」状態。笑
戦後,60年経過したのに未だこの時の思考停止からは抜けきっていない様だ。だから何時まで経ってもどっかの国の属国なんだよ。
平和への抽象的な祈りを描くだけでは駄目なのだ。この映画に必要なのはそれに伴う複眼的な視点であろう。


尚,この作品には被爆死した主人公の父親が登場するが,あれもセンス悪いね。映画的に主人公が生み出した幻影である事は理解しているが,誰も死者の感情など代弁出来る訳がないではないか。否,そもそもそんな事は不可能なのだ。あらゆる問題は当事者と非当事者,自己と他人の溝,その痛烈な断念と諦念から始まる。被爆,或いは被爆死した人達と被爆者達と連帯を求めるそうでない人間の物事を視点は全く別物なのだ。不可視な事象を可視的な観点からのみ描き,その向こう側に見えざる「不可視」を観客にギリギリの形で提示(=想像させる)する。(その意味でヒロシマを題材にしたアラン・レネの『二十四時間の情事』は最高傑作なのだ。恐らく,監督が外国人である事も少なからず影響しているだろう。)我々に出来る事はまずこの事実を直視する事なのだ。それ以上の事,またはその冷徹な事実(=想像力)の欠如した無自覚で安易な被爆者への善意(或いは連帯,同情など)は被爆者に対する冒涜以外の何者でもないだろう。この作品は死者に語らせる事でかえって死者に口封じをする結果となった。死者は叫びを,その被害を誰にも訴える事は出来ない。死人に口なしとは正にこの事だ。それを良い事に勝手な解釈で自分達のある立場に都合の良い様に政治的に利用,風化させてきたのは一体誰なのか?アメリカの核の傘下で暢気に安住しながら(アメリカから核が日本国内にとっくに持ち込まれているという公然の事実を知らないとは絶対に言わせない),世界平和を説くこの大偽善者達の欺瞞・二枚舌。その事実を薄々知っていながら黙認した国民ではなかったのか?酷い国ですね。原爆が悲惨な事は重々承知だが,何事も神棚に掲げる神格化は禁物である。そこから悪しき思考停止と精神主義が始まるのだ。本作は作者の「伝えたい」という意図とは裏腹に皮肉な事にも歴史観を忘却=風化するものに手助けをしたと言える。健忘症の日本人には尚更だ。生き残った人間に出来る事は事実を語り伝える事だけでなく,「失われた主語」を取り戻す事であるのだ。いい加減,曖昧な日本人に訴えかける曖昧な情緒=論理的思考能力の絶望的な欠如に欺かれぬ様,気をつけましょう。無論,それは単純な善悪二項対立論でもない,物事の両輪を見る思考でなければならない事は言うまでもなかろう。それが歴史の風化を防ぐ筋道になる。
しかし,困ったね。こういう事を言うと直ぐにレッテル貼りだのプロパガンダのと騒ぐ輩が出てくるんだもんな。こういう事を精神分析の言葉では典型的な「投影」と言うのだ。以上,全体的に映画とは関係ない文章になったが,この作品が駄作ではないにせよ,近年の「体制翼賛」に対抗する力を持っていない事は明らかである。
投稿者:PEPE投稿日:2004-10-13 14:32:08
黒木監督は戦争レクイエム一作目「TOMORROW 明日」で長崎の原爆投下前日の人々を描いた。人間が消える ことを暗示させる名作であり、この映画には期待していた、が見事に裏切られた。広島旧市内で被爆者に囲まれて育った私には、この映画を最後まで見ることができなかった。
出演者は名演であった。井上氏の解釈が前面に出されており、
それに共感できる人には名作かもしれない。
遺族の立場と、被爆者に連帯を求める人では原爆に対する視点が違うのだと痛感した。

投稿者:バフ投稿日:2004-08-21 23:35:44
原爆を主題とした映画となると どうしても 再現の難しさに直面することになるが なかなか うまく処理している。 丸木イリの地獄絵図が 迫力がある。
語りによる描写も 一応 説得力があるが 映像としては 荒さが目立つし、とくに 舞台の中心となる 焼けた旅館や 父の焼かれる場面などは いかにも 作り物らしくて 頂けない。
しかし、暗くなることなく 随所に 井上流の しゃれたユーモアがあり 笑える。 ストーリーの展開も 意外性と現実感がうまく表現されていて 楽しめる。
広島出身の者としては 広島弁もなかなか見事である。 広島弁は とてもムツカシイのに 宮沢りえも原田芳雄も ウマイ! とくに 原田が良い。
しかし 戦争で食糧難の時代に 原田は 太りすぎだ。 その点 りえは 痛々しいほどの 細さが 実感を伴っている。
一見して けっして 損のない映画であることは 間違いない。
投稿者:籐四郎投稿日:2004-07-13 18:54:05
 「美しい夏キリシマ」のようなものを期待していると肩すかしにあった気になるかもしれません。
 前作でみられたような活き活きとしたイマジネーションを自在に展開させた世界は影をひそめ、「生硬」という言葉を使いたくなるほど生真面目な反戦映画となっています。
 ほどんど井上ひさし作品と言っていいくらい忠実に原作を映画に焼きなおしていて、違う点は原作の戯曲では登場人物は二人だけですが、映画は浅野忠信が加わったことと、舞台に工夫がみられることくらいです。
 これはこれで通好みの優れた作品なのでしょうが、ひねくれ者の私には、主演の二人の演技合戦を冷めて眺めている気分で、少し辟易しました。
投稿者:黒美君彦投稿日:2004-07-05 23:09:09
スクリーンの映像を観ながら、私は台詞の向こう側にある別の情景を見つめる。
人知を超えた史上初の大量殺戮兵器・原子爆弾が落とされた街の悲劇。
日常を生きていた若者も子供も女も年寄りも閃光に焼かれ、生き残った人々は放射線障害に苦しみ、発症を恐れることになった・・・。
その街の名は、広島。

しかし、黒木和雄はヒロシマを再現するのではなく、そのありようを、絶望を深い悲しみを言葉の向こう側に配置する。
スクリーンを観ながら、確かに私はスクリーンの向こう側の恐るべきジェノサイドの情景を観ていた。
呼吸していることすら苦しくなりそうな濃密な空間。

井上ひさしの舞台が見事にスクリーンに転写された。それも舞台とは異なる映画的快楽に溢れた作品として。
主演の宮沢りえがとにかく素晴らしい。
彼女の女優としての代表作と呼んでいい。
透明感と優しさと哀しみと、時に激しく、時に全てを包み込むような穏やかさに充ちて、存在感のある演技をみせてくれる。
哀切さに溢れた・・・とでもいえばいいか、この作品で、彼女が「大女優」と呼ばれるべき女優であることがはっきりした。
そして、その宮沢りえの演技に触発されたかのように、原田芳雄が力強く、しかしせつない父親を演じる。その眼差しの深さ・・・なんとむごいことか・・・。
主演の2人の火花が散るような緊張感の漲った演技が、とにかく凄い、のだ。

ストーリーもサスペンスフル。
井上ひさしの原作に拠るところが大きいが、ぐいぐいと引っ張られる。

鈴木達夫のカメラ、木村威夫の美術もまた実にいい。
被爆から59年目にして、この作品が黒木和雄の手によって編み出されたという奇跡が、ただただ嬉しい。

CG技術で「全て」を見せようとする風潮の中で、この作品は見えないものを見せようとする。
観る者の想像力を要求するという意味で、ここまでスリリングな作品が最近あっただろうか。

大傑作である。

※例のごとく「平和ボケ映画だ」「従来の原爆映画と同じだ」とレッテルを貼って満足する輩も多いことだろう。そんな単眼的な批評はもううんざり。ウヨサヨと騒ぐネット上の子供といっていることは同じなのだから。広島で被爆死した者達は加害者の顔など見えないまま焼き殺され、なおかつ戦後の占領政策下では加害責任など問えようはずがなかった。その中で最も被爆者を差別したのは「非」被爆者達だったという事実。プロパガンダの効果のひとつは「レッテル貼り」だそうだが、この国の人々も、もう少し「思考停止」した「レッテル貼り」から脱することができないものか。
・・・尚、父親役がセンスなし!という見方もあるだろう。それはそれで構わないが、原作者が幽霊という形を使ってでも死者を登場させたかったのは、文字通り「死人に口なし」をいいことにこの国の人々が核の人間的悲惨を見ようとしないからではなかったか。悪しき体験主義に立脚すれば、歴史も人間的悲惨も体験しない限り全ては不可知となる。断絶だの溝だのそんなことは今さら言われるまでもなく自明の理だ。問題はその上での思考、行為がいかなるものか、だ。そんなところで「思考停止」に陥っているから、安易な「レッテル貼り」で満足してしまうのではないか。「神格化」(これまた安易な「レッテル貼り」だこと)などといって自らの「思考停止」を露呈してしまわないよう、ご用心。
使い古された常套句ではなく、はじめから自分で考え、自分の言葉で語ること。それであれば何をどのように評論しようと構わない。結果的に他者を貶め、排除することだけが目的となる言葉の使い方だけはしたくないもんだと改めて思った次第。はい。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 主演女優賞宮沢りえ 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION