allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

風音(ふうおん)(2004)

THE CRYING WIND

メディア映画
上映時間106分
製作国日本
公開情報劇場公開(シグロ)
初公開年月2004/07/31
ジャンルドラマ
生きるんだよ、どんなことをしても。

いまオキナワからきこえる。ぼくたちの島の、まだ終わらない物語。
風音 [DVD]
参考価格:¥ 5,040
価格:¥ 5,040
USED価格:¥ 3,580
amazon.co.jpへ

 Photos
風音(ふうおん)風音(ふうおん)

【クレジット】
監督:東陽一
製作:山上徹二郎
企画:山上徹二郎
ラインプロデュー
サー:
池原健
原作:目取真俊
『風音 The Crying Wind』(リトル・モア刊)
脚本:目取真俊
撮影:蔦井孝洋
美術:吉田悦子
プロダクションマ
ネージャー:
佐々木正明
照明:疋田ヨシタケ
整音:柴崎憲治
製作担当:森崎裕司
装飾:柴田博英
録音:鶴巻仁
助監督:兼重淳
出演:上間宗男当真清吉
加藤治子藤野志保
つみきみほ島崎和江
光石研島崎久秋
北村三郎石川区長
吉田妙子金城マカト
治谷文夫耳切おじー
細山田隆人加納真一
加藤未央藤野志保(少女時代)
島袋朝也アキラ
伊集朝也マサシ
【解説】
 沖縄在住の芥川賞作家・目取真俊が自らの短編『風音』『内海』などを基に初めて書き下ろした脚本を、「絵の中のぼくの村」「わたしのグランパ」の東陽一監督が映画化した沖縄が舞台のヒューマン・ドラマ。主演の清吉おじー役には地元の海人、上間宗男を抜擢。共演には加藤治子、つみきみほ、光石研。
 沖縄のとある小さな島。浜辺の切り立った崖の中腹には風葬場があった。本土から来て沖縄戦で亡くなった兵士たちが風葬された場所。そこにひとつの頭蓋骨が置かれていた。強い風が吹くと、銃弾で貫通した穴から不思議な音が鳴った。人々は“泣き御頭(なきうんかみ)”と呼び、島の守り神として大切にしていた。夫の暴力を逃れて実家に帰ってきた母に連れられこの島にやってきた少年マサシ。彼は島の子供たちと一緒にこの頭蓋骨にあるいたずらをする。同じ頃、ひとりの老婦人が島を訪れる。目的は戦死した恋人の消息を調べるためだった…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
15 5.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:moco投稿日:2004-12-12 18:57:36
ホント良かった〜!!一つ一つのカメラのアングルを思い出せます。生き生きした子供たちの思い切り引きのショットとか。見上げる感じの空とか。清吉さんがただならない面持ちです。すごくすごくイイ!棒読みだけどネ。突き抜けるような沖縄の空の美しさ。それは悲しみと残酷さを含んだ青。あまりにキレイで泣きそうになった。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】風音2010/03/27\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】風音 FUON2005/08/05\5,200amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】風音 FUONレンタル有り
 【VIDEO】風音 FUONレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION