allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

エクソシスト ビギニング(2004)

EXORCIST: THE BEGINNING

メディア映画
上映時間114分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ=ヒューマックス)
初公開年月2004/10/16
ジャンルミステリー/サスペンス/ホラー
映倫PG-12
エクソシスト ビギニング [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,980
USED価格:¥ 1
amazon.co.jpへ

【解説】
 73年に製作され世界中にセンセーションを巻き起こしてその後のオカルト・ブームの火付け役となり、これまでにシリーズ3作まで作られたホラー映画の傑作「エクソシスト」の第4作目。本作は1作目で悪魔パズズとの壮絶な死闘を繰り広げたメリン神父が、その25年前に体験した恐るべき悪魔との最初の戦いを描く。当初ポール・シュレイダー監督によって制作が進められていたが撮影終了後に解任され、レニー・ハーリン監督により全面撮り直しが行なわれたことも話題となった。
 第二次大戦末期。ランケスター・メリン神父は、生まれ故郷のオランダでナチスの残虐行為を目の当たりにし、神への信仰を見失ってしまう。オランダを離れ放浪の旅をしていたメリンはやがてアフリカに流れ着く。メリンはそこで古美術収集家の男と出会い、彼の依頼で教会遺跡の発掘を行なっているイギリスの考古学調査隊に加わることに。発掘現場でメリンは、理想に燃える若き神父フランシスやドクターのサラと出会い、さらには村の少年ジョセフとも心を通わせていく。しかし、やがてジョセフの周囲で奇怪な事件が頻発するようになるのだった。
<allcinema>
【関連作品】
エクソシスト(1973)オリジナル・シリーズ第1作
エクソシスト2(1977)オリジナル・シリーズ第2作
エクソシスト3(1990)オリジナル・シリーズ第3作
エクソシスト/ディレクターズ・カット版(2000)オリジナル・シリーズ第1作(ディレクターズ・カット版)
エクソシスト ビギニング(2004)前章
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1274 6.17
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Hoppy!投稿日:2009-06-12 01:14:26
なかなか期待の一作であり、リメイクかつオリジナルな展開を期待していたのだが・・・

あ〜あー。まぁ、やっぱりなというところか。

アフリカが舞台となり、新たな神秘とミステリーな雰囲気。
民俗信仰という未明な文化が織り成すホラー。

ではあるのだが、ところどころに出てくる彫像が・・・やっすいw
いや、映像がクリーン過ぎてダメだな。ありゃ、昔風に撮った方が雰囲気もっと出るのに。

同じく悪魔役のメイクも・・・お笑いかよ!と思うくらいの。
なんかなー。

雰囲気と役者は良かったのに、撮り方がちょっともったいなかったね。
後、ハイエナがあんなにデカイ!?かと、悪魔に食われた子供のシーンがもうちょっと明確に魅せて欲しかった。

ストーリー展開はなかなか良かった!
終盤で悪魔の化身が誰か分かる辺り、イイ運び方してきたよなーと思ったものです。

いつもの欧州の雰囲気ではなくアフリカの砂とも言える、灼熱の舞台背景が良かった。
http://idolhappiness.web.fc2.com/hoppy.html
投稿者:ets投稿日:2007-02-27 18:40:04
エクソシストって感じですね。

悪魔とか幽霊とかまったく信じてない自分には
なかなかホラーとしても受け入れがたいんですが、、、
(むしろバカバカしくも思えます。)

虫とか気持ち悪くて今回のはダメでした。

それ以外のシリーズはそんなに悪くないのになー
投稿者:DJazuma投稿日:2006-08-22 10:00:48
ジョーズ然り、スター・ウォーズ然り、どんな大作でも続編て言うのは駄作になりがちだが、これはちがった。

いやもちろん一作目に比べれば劣るが、それでも十分な傑作。ラストの大爆走には恐怖を感じると同時に笑った。


良作。このシリーズは全体的にどれもいい仕上がり。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2006-08-13 17:12:12
【ネタバレ注意】

ホラーの基本を押さえとこう、と思って一回観ただけ。(映像的な完成度は感じた…DVDは所有するので、また観直したいね)
2も一回観ただけだが、こっちの方が面白かった(映像的なぶっ飛び度は感じた)不届き者なので、まぁアレだが…
“ビギニング”は、呉れる人がいたので観ました。

いや、確かにエクソシストなのだが、「サイン」のような信仰を取り戻す展開、アルジェント?と思わせるウジ虫攻撃、まぁ結構、怪しくも血みどろだね…
ストーリーは、よく出来ている。ナチスのエピソード、サラの存在、そして過去に起こった如くに軍隊と原住民が殺戮し合い、悪魔が乗り移っていたのは…実は○×△?
教会の地下で悪魔と(元?)神父の壮絶な戦いが繰り広げられる…が、余りハッピーエンドとはいえない展開かな?〜あの子供、悪魔が解るんだね。勿論、メリルは後に登場するので、まぁ死ぬわけはないのだが。

投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2006-06-17 16:03:56
 自分も「エクソシスト」は何度も見直す程で、特別な思い入れのある作品です。リバイバル公開時に初見したけど、オカルト映画であんなに感動するなんて凄いと強く記憶に残っています。さて、この「エクソシスト」エピソード1ですが、ラスト・シーンがちょっと良い感じなのですが、他のシーンはもうどうでもいいです。ラスト・シーンが、あのマックス・フォン・シドーのメリン神父の姿に繋がっていくんだなと考えると、「エクソシスト」ファンの自分としてはちょっとグッときました。そういう意味で、この長身の役者の起用は成功だと思います。ラスト・シーンだけでしたが、全身黒づくめでスーツケースを持って歩くシルエットが、マックス・フォン・シドーの姿に重なりました。
投稿者:りちゃちゃ投稿日:2006-04-03 01:39:07
【ネタバレ注意】

やっぱり、第1作の「エクソシスト」が良すぎて期待してしまった。最後、メリン神父に向かって走ってくるシーンはCG使わずに思いっきり全力で走って欲しかった。

投稿者:映画大好き投稿日:2006-03-13 22:15:39
うーん、な内容だった。。。アマゾン・アメリカで販売中。
投稿者:bond投稿日:2006-02-14 12:12:29
やっぱ一作目は越えられないんだなー。ボンドガールもこうなっちゃうとなー。
投稿者:irony投稿日:2006-02-13 01:24:08
 充分恐いっす。
投稿者:まっどぼんば投稿日:2005-09-06 02:30:18
メリン神父のドラマがなかなか良くて予想したよりは面白かった。
ハイエナに子供が喰い殺されたりウジのわいた赤ん坊や顔面にウミが出た
オッサンなど所々悪趣味なのは良い。メリン神父はじめキャスティングも良い。
しかし音でビックリさせる場面があまりに多すぎるのは良くない。
あと、ハイエナやハエや蛾や少女の頭から飛び散る血など
所々CG部分に違和感があり興ざめすること。他の映像が良く出来て
いるのでそこだけ目立つ。
DVDの音響はリアからよく音が出てるのでホームシアター向き。
投稿者:jyonji投稿日:2005-06-20 01:21:19
【ネタバレ注意】

思った以上に良い作品でした。
最初、メリン神父の面影が全く感じられないなと思いましたが『エクソシスト』の25年も前の姿なので問題無しです。
面影と言えば信仰心を失っていた神父が悪魔との戦いを前に信仰心を取り戻してく姿が見事に描かれており、作品内でも序盤と終盤で雰囲気の随分と違う人物に描かれています。
希望としては物語中の悪魔の罠やメリン神父との戦いでは、もう少し悪魔に色々とさせてほしかったなと思います。
最終的には悪魔の罠によって現地人と発掘隊との間に対立が生まれ、大規模な戦闘にまで事態が発展してしまうのですが、戦闘になるまでの過程の描き方が、遅過ぎて終盤一気に押し進めてしまった様な気がします。
メリン神父が悪魔を退ける最後のシーンは、もっと構想を練って作ってほしかった。
まるで『2時間経ったので映画を終わります』の様な何のひねりもなく戦いが終わってしまった事は非常に残念です。
作中で教会の棺の蓋の裏の一部が一瞬ボヤケて顔?の様に見えるのですが、見ていてハッキリとボヤケるわりには、何の画なのか判らない奇妙な見せ方は意外に不気味でした。
井戸での子供の口喧嘩のシーンはハイエナの登場に腰が浮くぐらいびっくりしました。http://saltsaltsalt.hp.infoseek.co.jp/

投稿者:tomason投稿日:2005-05-10 19:03:19
映画館初見の時は、不要なショックシーンが目立ちすぎて、ちょっとなーと思ったのだが....DVD発売で見直すとなかなかいいんですね。オリジナル「エクソシスト」はあの時代が生んだ奇跡の映画だから、比べるほうが間違いと言う物だが、やはり30年間見続けてきただけに、劇場では素直に見れなかったのかもしれない。アフリカ時代のメリン神父というシチュエーションだけで血が熱くなってしまうのだが、演じている男優が素晴らしい。仲谷昇の甘さに池部良の渋さを足したような雰囲気が最高(古いなー)。アフリカ時代のメリン神父は「エクソシスト2」でも本家マックス・フォン・シドーでちらりと見れるのだが、こちらはこちらで違和感なし。まあ、インディ・ジョーンズ風なのは異論はあろうが。「娯楽作」としては良く出来てます。
投稿者:合格投稿日:2005-04-27 13:12:25
怖いシーンをごちゃ混ぜにしたみたい。いまいちピンとこない
投稿者:nightwing投稿日:2005-04-19 19:32:54
【ネタバレ注意】

オーメン第一作を思い起こさせるストーリー展開で
一瞬何の映画を観てるのかわからなくなったが、悪魔が出現し、
神父が祈り、人が無残に死ねば、どうやってもこうなるのでしょう。
音響効果で観客の恐怖を煽る手法には苦言を呈したいですが
メリン神父の暗い過去のトラウマを描きつつ
最後にはまた神父に戻っていく姿をキチッと描いているのは
好感が持てた。

投稿者:mimido投稿日:2005-03-09 15:53:41
【ネタバレ注意】

今年2月初旬にロンドン行の飛行機の中で鑑賞しました。
メリン神父が、夜教会に一人探索に行った時、棺を開けて
中をのぞいた瞬間の映像ですが、棺の裏側にムンクの「叫び」
の様な顔が一瞬映りこんだのですが、あれって、「サスペリア」
「死霊のはらわた」同様監督の遊び心で意図的に映したもの
なんですかね??
(思わず2〜3回巻き戻してみちゃいました)
作品としては途中でラストが読めちゃいましたが
あのラスト故に、ハイエナのシーンの疑問が残ります…。

投稿者:ASH投稿日:2005-02-27 22:26:58
【ネタバレ注意】

 観客を怖がらせよう(驚かせよう)とする作為的な演出が気にはなるが、エンタメとしてはこれで及第点でしょう。例えキリスト教徒でなくても、充分に悪魔の恐怖が堪能出来るという意味ではね。ただ、1作目にあった格調高さはなくなり、「エクソシスト」というよりは「オーメン」みたいになっちゃったのは、ここ最近の観客のことを考慮した結果で仕方がないのでしょうが。

 メリン神父は信仰を失いかけていて、悪魔と戦うことで過去のトラウマを克服し信仰を取り戻してゆくという展開は確かに感動的であり、「Biginning」に相応しい展開。1作目の主人公であるカラス神父と対になっているんだ。ただ単に悪魔憑きによる奇怪な現象を次々と見せるだけでなく、神父の苦悩をちゃんと描いているというところは良かったと思う。やはりオカルト映画の元祖的存在である1作目の前章だけある。

 相変わらず黄色っぽい映像を撮るビットリオ・ストラーロの撮影は素晴らしいんだけど、ストラーロの絵にCGを被せるのは御法度だと思う。ここはいっそのこと、アナクロな作りに徹したオカルト映画にすべきだったのでは、と思えるほど(時代的には無理なんでしょうけどね)。

 さて、レニー・ハーリン監督はアクション派の人だけに畳み掛けるようなテンポでグイグイと引き込む演出だったが、心理描写中心で地味な演出に徹したがゆえにお蔵入りさせられたポール・シュレイダー監督版がどうしても観たくなった。シュレイダー版は封印されずに公開されるというらしいから、待つことにしましょうか。

 どーでもいいけどさぁ、ジョン・フランケンハイマー監督の急逝と、ポール・シュレイダー監督の降板を悪魔の呪いのせいにすなッ!

投稿者:かじゅ投稿日:2005-02-24 23:57:02
けっこう楽しみにしていたんだけど、実はそんなに
期待してなかった。
でも、けっこう楽しめた。
怖いと思えるところもいくつかあった。
早くDVDが出ないかと楽しみにしている。
投稿者:さすらい投稿日:2005-02-24 22:22:01
【ネタバレ注意】

これは良い。オカルトものとしては元祖エクソシストの方に
軍配が上がるが、エンタテイメントものとしてはこっちの方
が圧倒的に上。ラスト、悪魔に取りつかれた○○が走りなが
らメリルに襲いかかってくる。その刹那の悪魔に憑かれた
○○の憤怒の形相のスロー回しは特に印象的。前半下地を作り、
後半怒涛の展開に持っていくところはいつものレニーハーリン。
マンネリとも言えるが、だからいつも面白いとも言える。
なによりの正解はメリル神父復活秘話として話を遡らせたところ。
信仰心を見失ったメリルがラストで悪魔に怒り再び神父として
立ち上がるという設定が異色のヒーローものとしての要素を
物語に加え、作品全体のエンタテイメント度をアップさせている。

投稿者:hira投稿日:2004-12-03 03:04:57
 見逃したと勘違いしていたら、まだレイトショーながら渋谷でやってました。感謝。お客も10人程度で平日のレイトにしては入った方ではないでしょうか。

 まさか、レニー・ハーリンの新作が『エクソシスト』の最新作とは思いませんでした。ハーリン監督のかなりのファンなのですが、正直「どんな作品に仕上げてくれるんだろう?」より「大丈夫か?」の方が先行してました。まあハーリン監督もホラーは苦手ではないのですが、オカルトはちょっと畑違いという印象を受けざるを得ませんでした。
 ところがどっこい、ちゃんと正統派ホラーになっていたのは嬉しい誤算でした。前半はオリジナルを継承してひたすら我慢してじっくり描いていました。そして、中盤からクライマックスにかけての2つの戦いを軸にした盛り上げ方は、さすがハーリンですね。『エクソシスト』の良さも残しつつ、自分の色もちゃんと出せてます。もっと戦闘シーンは暴走しても良かったと思いますが・・・(爆破が無かったのが悲しい・笑)。
 残酷な描写が結構多いですね。自分としては監督の遊び心を感じられて良かったのですが、苦手な人は注意が必要です。
 ステラン・スカルスゲールドが初めてカッコ良く見えました。大げさにいうとインディ・ジョーンズみたいでしたよ。
投稿者:Cinema Trek投稿日:2004-10-19 02:45:15
31年前に第一作目を観た時は、かなりの戦慄を覚えこの作品以降、同系統のオカルト作品がエスカレートして製作されていった今日、ちょっとやそっとでは驚かなくなってしまった。この映画も31年前だったらかなり怖い映画であったかも知れない。作風としては、「エクソシスト」の流れで展開するのでシリーズを壊さない作品となっている。ただコヨーテや悪霊のCGの動きが他の作品から見ればぎこちなさあり、あまりリアルには見えない。最近のこの手の映画に多いのだが視覚的より、突然、音響ボリュームが上がるために聴覚的にびっくりさせられるのが多いがこれを除けばそれほど怖さは感じられなかった。視覚的ではなく聴覚的にびっくりさせる手法は、コメディ番組で観客の笑いや拍手をアフレコで挿入して公開番組風に仕立てたようで、笑いや拍手を強制的にさせられるのと同様恐怖感を無理強いさせられている感じであまり感心しない。

20041016_Cinema鑑賞_70点
投稿者:プリズム5投稿日:2004-10-16 22:33:04
1作目のようなオカルト映画としての恐怖感は希薄になり、替わって音響やビジュアルで驚かせる部分が多くなった印象もありますが、結構良かったと思います。ナチ占領下でのオランダで負ったトラウマを乗り越え、エクソシストと成るまでのメリン神父を描いた感動作とも言える。
投稿者:PEKO投稿日:2004-10-15 22:38:37
ハイエナのシーンは椅子から3cm飛び上がりました・・・
2004.10.14観賞 6点
投稿者:フリクリ投稿日:2004-10-10 00:31:54
面白かった・・・
すごく怖かった、てゆーかキモい・・・
自分はオカルト・ホラーが苦手だということが分かった。
昔のエクソシストも面白いと友人が言ってましたが、
とても見る気にはなれません。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト監督賞レニー・ハーリン レニー・ハーリン、あるいはポール・シュレイダー
  ポール・シュレイダー 
 □ ワースト・リメイク・続編賞 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】エクソシスト ビギニング2005/04/08\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】エクソシスト ビギニングレンタル有り
 【VIDEO】エクソシスト ビギニングレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION