allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

THE JUON/呪怨(2004)

THE GRUDGE

メディア映画
上映時間98分
製作国アメリカ/日本
公開情報劇場公開(日本ヘラルド映画=クロックワークス)
初公開年月2005/02/11
ジャンルホラー
映倫PG-12
死んでも逃げられない
THE JUON -呪怨- ディレクターズ・カットコレクターズ・エディション [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 1,778
USED価格:¥ 1
amazon.co.jpへ

【解説】
 ジャパニーズ・ホラー「呪怨」シリーズのハリウッド・リメイク版で、オリジナルを手掛けた清水崇監督自らメガフォンを取り、日本人監督として初めて全米興行成績No.1を獲得する快挙を成し遂げたことでも注目を集めたサスペンス・ホラー。主演はTVシリーズ「バフィー」「スクービー・ドゥー」のサラ・ミシェル・ゲラー。
 東京の国際大学で福祉を学ぶ留学生のカレンは、異国の地での新鮮な体験を楽しみながら毎日を送っていた。ある日、カレンは授業の一環で米国人一家の介護を手伝うことに。そこはビジネスマンのマシューが日本で仕事をするため新たに借りた郊外の一軒家で、妻のジェニファーと軽度の痴呆を抱えた母親エマの3人で暮らしている。ジェニファーは慣れない日本での生活と介護で心身共に疲れていた。英語が話せる人間が他にいないからと、たった一人で向かうことになったカレンは、道に迷いながらもなんとかその家までやってくる。ところが、いくら声を掛けても誰も出てくる様子はなく、カレンは恐る恐る中へと入っていくのだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
学校の怪談G(1998)
呪怨(1999)
呪怨2(2000)
呪怨(2002)劇場版第1作
呪怨2(2003)劇場版第2作
THE JUON/呪怨(2004)英語リメイク第1作
呪怨 パンデミック(2006)英語リメイク第2作
呪怨 ザ・グラッジ3(2009)英語リメイク第3作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17104 6.12
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:uptail投稿日:2014-09-16 11:39:01
演出:7
演技:7
脚本:7
音響:7
投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-07 22:42:33
日本版は見てないが、有名なあの怖い顔は知ってた。それが見れたのは貴重な体験だった(^u^)
サラ・ミシェル・ゲラー目当てで鑑賞したので、ストーリーはあまり面白くなかったがそれなりに満足できる映画だったよ。
投稿者:さとせ投稿日:2009-03-22 20:32:53
福祉を学ぶ留学生のカレンはあの家の介護を手伝う。
不気味な事が起こり気を失うカレン、気がつくと警察が来ていて家の人たちは死んでいた。カレンは家の謎を探るが・・・。
はっきり言ってもういい加減にして欲しい「呪怨」だが、本作は「聖少女バフィー」のサラ嬢が主演しているのと、最恐で有名なあのビデオ版を焼きなおしているので最後まで楽しめた。もう散々食い尽くされた感のある呪怨だがこの作品に惚れ込んだサム・ライミが劇場版を選ばずにビデオ版を選んだことが成功に繋がったと信じたい。dtsで鑑賞したが低音とびっくりする音のみ効
果あり。
お馴染みのノヴェライズ(大石圭・評価3・角川ホラー文庫)は詳細で読みやすいのが良い。
清水崇の初自伝?「寿恩」(ぴあ・評価3)は日米の現場の違いが分かり興味深く読めた。が、ビデオ版のキャストについて等の詳細が今一だったのが残念。
投稿者:フェニックス投稿日:2007-09-08 22:37:29
中盤近くまで「リング」アメリカ版かと思い、イヤな予感がしたが、そうでもなくちゃんとした続編でした。話の展開もいくらかわかりやすくなっているし。
でもやっぱりアメリカ版。いい悪いは別にしてカヤコの目が日本版よりクリアになっているようだし、顎が外れている女性とか直接表現的な映像が多かったような気も。
呪怨シリーズ特有のどんよりとした訳の分らなさとかは減り、アメリカ人教授とカヤコの関係を入れるなど、「意味がわかる映画」にしようとした製作側のイメージが伝わってきます。
投稿者:藤本周平。投稿日:2007-07-30 18:01:41
なんか作りが安っぽかったです
投稿者:エイリアン投稿日:2007-01-24 00:59:00
最近のホラー映画は品がない。昔のホラーを少しは見習ってもらいたい。
投稿者:古木はスター投稿日:2006-11-13 00:10:06
顎のない少女のエピソードを入れてくれたのは嬉しかった。
劇場版の1,2よりは良く出来ていると思うよ。
あと、ストーリーの辻褄合わせをしようとしないこと!w
投稿者:ウクレレマン投稿日:2006-05-16 00:15:35
 オリジナル版同様、非常にもったいない時間を過ごしました・・。 この作品をみた時間があれば、スポーツクラブで一汗かけたかも・・。 お約束のいきなり出る恐怖メイクのユーレイ、つじつまの合わない、理不尽なストーリー、結局意味不明の「呪い」の概念、どれをとっても全く評価に値しない作品です。 「怖い!」という思いをしたくて、観ているのですが、全くそう思えず、残念です。 制作者の人、もうちょっと頑張ってください。
投稿者:POCHI投稿日:2006-05-15 19:36:50
S.M.ゲラーのファンとしては大変楽しめました。
彼女が畳の上で生活しているところを見れただけでOKでしょう!おまけに怪しげな日本語まで披露してくれちゃって、感激ものですよ。
映画自体は、日本版と同じなのはしょうがないでしょ。それよりハリウッド映画によくある、とんでもない日本描写じゃなかった事を評価したいですね。
投稿者:タカユキ投稿日:2006-01-28 17:29:02
一般のアメリカ人がTOKYOにきて持つ、ざわざわした感じ、不安定な感じをこの夫婦、アベックがよく表現していると思う。日本の普通の家がお化け屋敷になっていまうのがスゴイです。日本のホラー映画がハリウッドで活躍する時代がきたのですね。怖かった、面白かった!

投稿者:bond投稿日:2006-01-18 09:53:23
設定に無理があるが、やっぱ怖かった。怨念になった理由はわかった。ラストは「リング」かい!
投稿者:irony投稿日:2005-11-27 20:35:01
 オリジナルを見ている人には退屈だけど、アメリカンが見るには、いいのでは?恐怖の場面もこけおどし的でびっくりショーって感じが否めないし、恋人のダグが何故にあの家へ?と疑問が残る展開だ。柳ユーレイがビル・プルマンにと驚きもあるが、ただそれだけ。どうせならナオミ・ワッツの「ザ・リング」のように日本を舞台にしないで、日本人の監督に撮らせない方が良かったかも知れないとふと思う。
投稿者:東北人投稿日:2005-06-11 15:14:07
こんなもんのどこが怖いのか?
そもそもリメイクする程の作品だったのかも疑問
ビデオだったのでまだ我慢できるが
こんな糞作品を映画館で観なくて本当に良かった。
監督さん あんた才能無いから早くやめてね。
日本の恥です。


投稿者:hira投稿日:2005-03-18 17:16:28
 最終日に観ました。歌舞伎町の劇場でしたが、半分くらいは埋まってました。
 自分は「呪怨」初体験になるのですが、なかなか楽しめました。後に残るような恐怖はありませんが、脅かし方が上手いと思います。焼き直しと酷評を受けているようですが、この「呪怨」シリーズ自体が『リング』の焼き直しですから今更感もありますね。二番煎じでも楽しめればいいと思いますよ。俳優やらスタッフが日米のチャンポンでも、変な違和感もなくまとめあげた清水監督はさすがです。
 サラ・ミシェル・ゲラーと石橋凌が、一緒に芝居していることも凄いですが、それを日本が舞台にしているのだから驚きです。ビル・プルマン出番少ない!と思っていたら、後から出てきてほっとしました。でも、本作の敢闘賞は石橋凌でしょう。外国の方にはどう映っているか気になりますが・・・。
 アメリカでは1億ドルを超えて大ヒットしましたが、日本では大コケしましたね。何でなんでしょう。さすがに飽きてしまいましたかね。でも、一応記念碑的な作品なので日本でもヒットしてほしかったです。
投稿者:南セントレア市投稿日:2005-03-13 19:47:59
日本版みたく始まる前に「カレン」「ピーター」とか出たら傑作!
日本版と寸分違わぬことを批判しているやつがいるが、アメリカ人は日本版のこと知らんのよ!
投稿者:つな投稿日:2005-03-11 11:32:59
ビデオ版と日本劇場版を上手く使われていて良かったです。
まぁ、怖さはまだまだですね。
投稿者:tomason投稿日:2005-03-03 18:36:09
サントリー山崎のコマーシャルフレーズそのまま。「何も足さない、何も引かない」もしくは伽耶子印の金太郎飴。グレートなマンネリ。でもね....邦劇場版1.2よりは楽しめた。ビデオ版のエネルキーが少し戻ったような気がするので。「私の日本語わっかりますかー?」てな感じのおどおど外人たちも良し。私も含め、これをけなしている人たちが10年後、意外にも廉価屋で探していたりして.....今回は伽耶子さんの登場が少ないのが残念。TVで観たのだけれど藤貴子さんって実にエレガントな女優さんだ。他にこの役出来る人も思いつかないし、今にオーソドックスな役でもきっと化けると思うのだが....
投稿者:arai投稿日:2005-02-28 23:37:23
このリメイクは怖くないです。『呪怨』は最初のビデオ版がいちばん怖かったというのが定説であり、改訂されるごとに弱まってしまう例ですね。

単純なことですが、大げさな音響で驚かすのはいい加減やめてほしい。そりゃいきなり大きな音を出されれば誰でもびっくりしますって。
投稿者:右心室投稿日:2005-02-22 21:37:44
うーん、デキはとてもいいと思うけど、日本版とかぶってるシーンが多すぎる。

新しいアイディア盛り込んでよ!
投稿者:チューイ投稿日:2005-02-21 13:21:28
米人には新鮮かもね。。。
米では、宣伝をどうやったのかは
しらないけど。。。ナゼに2週連続NO1に
なったんだろう?

作品的には日本のと比べると
断然わかりやすくなっている。
わかりやすくなったので日本では
客入りがわるくなったのかな?

もっともっと怖いのがほしいですわ〜http://blog.livedoor.jp/chewie23/
投稿者:Cinema Trek投稿日:2005-02-20 19:42:07
日本映画のハリウッド・リメイク版として興味があったが、設定は日本。メインの俳優がアメリカ人にすり替えて外国人の観客に分かりやすくスピーディに脚本し直しただけで、監督や霊となる家族は同じ日本人俳優。まるで、邦画を観ている感覚であった。確かに、「リング」のリメイク版のように霊はゾンビのようなメイクになってしまうだろう。日本のホラー映画はお化け屋敷のように、お化け自身のメイクはそれほど怖くはないが、現れるかもしれないと感じさせ恐怖心を駆り立てていく陰的な手法は欧米には見られない一種独特の方法である。「スパイダーマン」の監督で今回の製作者であるサム・ライミは、その辺を理解しているのか設定をアメリカにせず、日本のホラーの感覚を分かりやすく体験してもらうのを重視して大物俳優を起用せず低予算で作り上げ、公開一週間でもベストテン入りをキープすれば採算が取れると踏んだのかも知れない。もしそうだとすれば、サム・ライミはずば抜けた実業家である。日本の監督を起用し日本で撮影されたことは、おかしな日本の表現のなく日本独特のホラーを理解してもらう意味では成功の部類に入る作品であろう。

20050219_Cinema鑑賞_70点
投稿者:skull & rose投稿日:2005-02-18 01:26:13
なかなか伽椰子を出さない勿体をつけた演出を控えて、雰囲気描写からショックシーンまでを凝縮したスピーディーな演出が、すでに日本版に見慣れてしまった観客にも楽しめるよう作られている。時系列もより整理されて分かりやすく、ここらへんはアメリカ市場向けといったところか。
別段目新しいことはないかもしれないが、ひとつ上げるとすれば、クライマックスの鏡のシーンだ。佐伯武雄に殺されそうになり階段を這いつくばって逃げる伽椰子の運動と、それを壇上から見下ろす俊雄の位置関係がそのまま反復されていることに気付くとき、伽椰子・俊雄の造形に哀感のようなものが一瞬にして肉付けされる演出・展開は見事という他ない。オリジナル版2のエッセンスが一瞬にして加味されてしまうことに私は感嘆した。
投稿者:やんこら投稿日:2005-02-15 21:34:40
【ネタバレ注意】

呪怨というよりは逆恨みじゃないですか?まあストーカーまでする人だからそうもなるのかもしれませんが。
それより疑問点がいくつか。
1、なぜカレンはとしお君と話せたのですか?
2、なぜようこさんはわざわざケア・センターに戻ってきたのですか?
3、なぜ刑事さんをバスタブに沈めたのは親父の腕だったんですか?
4、そもそも怨念によって存在するのに殺し方は物理的接触を伴うのですか?実際に呪い殺される(?)人もいるのに。
5、自分のアパートで殺された人のところになぜ兄貴の姿と声で現れたのですか?

自分はこのハリウッド版しか観てないのでなんともわからないのですが答えがわかる方いらっしゃいましたら教えてください。

投稿者:sflover投稿日:2005-02-14 07:47:06
DVDで見たんだけど、やっぱり映画館で見た方がいいかな。
効果音で怖さを盛り上げようとするのは分かるけど全然怖くない。
コレ、映画館だったらもちっと迫力あったかも。
でも日本版とあんまストーリー変わってないのね。
ちなみにサラは演技下手ですねえ。

DVDの特典映像、メイキングがおもろい。
色んな怖いシーンの撮影現場、舞台裏を全部見せてる。
本編を見てめちゃ怖がってたアメリカ人の彼がメイキングを見て
「今夜は安心して寝れる!」と安堵していた。
投稿者:プリズム5投稿日:2005-02-12 00:13:47
皮肉なことにアメリカ資本でリメイクされた本作の方が、オリジナル劇場版の2作より断然出来が良くなり面白かったです。リメイクだけにOV版から劇場版まで使えるエピソードを採用していますが、今回はストーリーが終始一貫していることもあって程なく調和していました。バフィーのS・M・ゲラーも頑張ってました。
投稿者:aszem投稿日:2005-02-11 21:03:21
【ネタバレ注意】

劇場版「呪怨」の奥菜恵の役をサラ・ミッシェル・ゲラーが演じて、主に劇場版2作品の恐怖シーンをハリウッドサイズに焼き直しただけの御手軽仕様。

当初は、リメイクと言えども、ビデオ版、日本劇場版に繋がる何らかの新たなエピソードが観れるのではと期待していたのだが、蓋を開けてみれば、本当に完全リメイクで、それ以上もそれ以下も無かった。

寝たきり老人とその家族の件、防犯カメラのシーン、ベッドの中へ引き込まれるシーン、顎無し女、過去のフラッシュバック、灯油で家を焼こうとする刑事(オリジナルは元刑事)のシーン等など、殆んどのシーンが日本版で観た物ばかりで、当然オリジナルを知っている人には、全く新鮮味など有る筈も無い。

結果、アメリカ人に呪怨ワールドを紹介するカタログの様な物で、いままでのシリーズを観てきた方が、わざわざ足を運んでまで観る様な物ではない。

アメリカ公開時に削除されたとされる、伽耶子と俊雄とペットの黒猫が、夫の剛雄に惨殺されるシーンは、迫力があって見応えがあったが・・・。

投稿者:かじゅ投稿日:2005-02-10 03:10:42
【ネタバレ注意】

怖くない! 怖くない!
このくらいの怖さじゃぜんぜんダメだ!
映画館から逃げ出したくなるくらい、
死んでしまいたくなるくらいの恐怖を味わせてくれないと
ダメだ!
でもトシオくんの演技は良かったと思う。
『トシオ〜』っていうセリフには笑った。

投稿者:ASH投稿日:2005-02-09 22:40:56
【ネタバレ注意】

 あらら、同内容で監督もまったく同じなのに、こちらのアメリカ版の方が数段観られる映画になっているとは、どゆこと?

 とどのつまり、アメリカ人観客向けに作られたバージョンであって、オリジナル版を知らない人向けなんだろう。だから、日本版と寸分違わないことは批判の対象じゃなかろうて。元々はアメリカ人向けに作られた映画なんだから。

 さて、オリジナル版とどうしても比較されちゃうのがリメイクの宿命だけど、僕はこの映画に関してはアメリカ資本のこちらに軍配。日本的な恐怖をアメリカ人にうまく伝えていたと思うけど、それは日本人の勝手な思い込み。かの国の観客を震え上がらせたんであれば、それはそれで成功だったんでない? まあ、僕にとってはひとつも怖いシーンはなかったけどね。

投稿者:籐四郎投稿日:2005-02-01 22:23:35
 清水監督の作品は、02年の劇場版の呪怨しか観ていませんが、それよりも遥かに良く出来ていると思うし、怖かったです。
 ハリウッド映画の場合、最終的にストーリーに辻褄があうということを重要視してますが、日本的にストーリーはともかくいかに怖いシーンをふんだんに考え出せるかということを、優先させることが出来た点がエライと思います。
 日本ではホラー映画のヒロインはまず間違いなく美少女ですが、ハリウッドでは、恐れおののいたあんたの表情の方が怖いよと言いたいような、神経質そうな顔つきの女優を使うとこに、文化の違いを感じました。
 ただ、素直に清水監督はよくやったとは思うのですが、この作品のアメリカでのヒットというのは監督個人の才能というより、ジャパニーズホラーの手法と日本社会のエキゾチックさがウケたんじゃないかと思いました。その点で、一瀬隆重プロデューサーのマネジメントの勝利だったような気がしました。
 
 
投稿者:ちゃき投稿日:2004-12-08 12:24:50
私は公開HPですでに怖いので観れないんですが、アメリカでは大成功。
男友達2人が怖くて家に帰れなかった、らしいので、
(そしてTVでは怖くてコメントできない若者がニュースに出てたりする)
やっぱり日本のおどろおどろ怖さに慣れてない人には相当衝撃強いみたいですよ。

でも介護の勉強をしに日本に来ている留学生っていう設定なんですか?
なんかうまーく外国人と日本の老人を結びつけているところが面白い。
だからアニメ好き、オカルト好きな外国人ばかりが日本に来るんだよ。http://www.geocities.jp/milestones1980/
投稿者:kattachi投稿日:2004-12-01 16:47:27
必然性もなく米国人が出てきて活躍する、ゴジラの海外版をほうふつとさせるような白ける映画。米国でのウケを狙ってのことだろうが、まったく海外版を作った意味が理解できない。日本の怪談話に白人は合わないということに尽きるか。日本じゃマイナーだけど渋い活躍で存在感を示すデュバルが奥さん役で出ているが、あっけなく死んでしまうし・・・なんだかな〜。
投稿者:follow your line投稿日:2004-11-22 17:05:55
どうやら監督さんが、幽霊は黒髪!!という意向をつらぬき、日本独特のおどろおどろしさを重視したらしく、監督の意向で日本の撮影になったんですと。
リングのようにはしたくなかったのでは?
投稿者:さんぴん茶投稿日:2004-11-03 03:59:30
主人公が外人になっただけじゃん・・・・。
リングみたいにもちっとアメリカ風なアレンジを期待したけど・・・・。
舞台そのものをアメリカにすればよかったのにと思った。
まあ、リングもオリジナルほど面白くなかったけどね。
てかなぜだか石橋亮が出てるのも不自然な気が・・・・。
ハリウッドデビューでオスカーか!!?? まさかね(笑)
投稿者:eiji_in_uk投稿日:2004-11-01 06:21:41
イギリスでは11月5日からの公開なのですが今日はハロウィーンということで特別プレビューがありました。やっぱりアメリカでも一位になってるし、S・M・ゲラーなんかも出てるので小さな映画館でしたが満員でした。ちなみに「呪怨」もロンドン限定ではありますが夏頃に公開されてます。

このリメイク版はほぼ映画版「呪怨」の展開そのままでしたがちょっとしたアイデアをビデオ版から取っていたり、映画版から余計なエピソードを省いてかなりシンプルなストーリー展開になってました。
ただシンプルになってエピソードも減った分ちょっと退屈に感じてしまうところもあります。外国人俳優が日本でというのもあまり違和感がなかったです。変テコな日本も出てきませんし。ただアメリカのメジャー資本によるリメイクということで特撮に期待したのですがこれといって派手なシーン・エピソードが無かったのが残念です。
既に続編の製作が決まったという事ですが今からとても楽しみです。S・M・ゲラーの続投となるのかな?
投稿者:H投稿日:2004-10-28 00:14:41
あの家に、何故か外国人が
それもID4の大統領まで
そこに、いつもの伽椰子と俊雄君が・・・
いったい何が起こるのだろう
すごいぞ全米ナンバーワン。
早く観たい。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 恐怖演技賞サラ・ミシェル・ゲラー 
【ニュース】
「ザ・ゲスト」のアダム・ウィンガード、「デスノート」のハリウッド・リメイクを監督へ2015/04/28
清水崇監督最新ハリウッド製ホラー「7500」、ティーザー・トレーラー2012/02/01
全米興行成績、「13日の金曜日」が記録更新デビュー2009/02/16
ハリウッド版「呪怨」、第3弾の監督が明らかに2007/10/23
「プロムナイト」リメイク、監督とヒロインが決定か2007/02/20
80年代ホラー「プロムナイト」がリメイクか2006/12/14
全米興行成績、「THE JUON/呪怨」続編が初登場首位2006/10/16
全米興行成績、ディカプリオ&デイモン主演「ディパーテッド」が首位2006/10/10
サラ・ミシェル・ゲラー、韓国映画「純愛中毒」のリメイクに主演へ2006/08/31
サラ・ミシェル・ゲラー主演ホラー「The Return」、予告編2006/08/11
清水崇監督「THE JUON」続編、予告編2006/08/03
全米興行成績、「絶叫計画」第4弾が好スタート2006/04/17
「デアデビル」、ベン・アフレック抜きで続編製作か?2006/02/27
渡辺謙、「THE JUON」のサラ・ミシェル・ゲラーと共演か?2005/10/25
ハリウッド、岩明均の『寄生獣』を清水崇監督で映画化か2005/07/15
ハリウッド版「呪怨」の主演女優、人気ホラーゲームの映画版に主演2005/06/21
MTVムービー・アウォード、作品賞は大番狂わせに2005/06/06
サターン賞結果発表2005/05/06
MTVムービー・アウォード、ノミネーション発表2005/05/06
全米興行成績、中田監督「ザ・リング2」が首位2005/03/22
全米興行成績、FOX製作アニメが首位2005/03/14
W・クレイヴン監督の「回路」リメイク企画が再浮上?2005/03/10
サターン賞、ノミネーション発表2005/02/10
全米興行成績、S・ライミ製作ホラーが首位2005/02/07
清水崇監督、「THE JUON/呪怨」続編も監督へ2005/01/14
全米興行成績、「ミート・ザ・ペアレンツ」続編が首位2004/12/27
全米興行成績、N・ケイジ主演作が首位2004/11/22
全米興行成績、「インクレディブル」が2週目も首位を独走2004/11/15
全米興行成績、ピクサー最新作が記録的デビュー2004/11/08
全米興行成績、「呪怨」リメイクが首位を死守2004/11/01
ハリウッド版「呪怨」、早くも続編製作が決定?2004/10/26
全米興行成績、日本人監督が偉業達成!2004/10/25
全米興行成績、「シャーク・テイル」がV3達成2004/10/18
ライミ監督、「スパイダーマン3」の次は「死霊のはらわた4」?2004/10/12
「呪怨」米リメイク、予告編が遂に登場!2004/06/22
「呪怨」リメイクにクレア・デュヴァルの参加決定2004/01/16
「呪怨」ハリウッド・リメイク版、新キャスト決定2004/01/09
「呪怨」の英語リメイク、主演はサラ・ミシェル・ゲラー?2003/12/15
「呪怨」、清水監督自身によりハリウッドリメイクへ2003/02/21
【レンタル】
 【DVD】THE JUON/呪怨 ディレクターズ・カットレンタル有り
 【VIDEO】THE JUON/呪怨 ディレクターズ・カット <字幕スーパー版>レンタル有り
 【VIDEO】THE JUON/呪怨 ディレクターズ・カット <日本語吹替版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION