allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ポリーmy love<未>(2004)

ALONG CAME POLLY

メディア映画
上映時間90分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開
ジャンルコメディ/ロマンス
ポリー my love [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 982
USED価格:¥ 381
amazon.co.jpへ

【解説】
 人気コメディアン、ベン・スティラーが全米No.1人気女優ジェニファー・アニストンを共演に迎えて贈る全米スマッシュ・ヒット・ラブ・コメディ。潔癖症で超安全主義の男が、ひょんなことから自由奔放で無精な美女と恋に落ち、対照的な性格ゆえに何かと振り回されるさまをコミカルに描く。日本劇場未公開作品。
 保険会社のやり手リスク査定員ルーベン・フェファー。極度の潔癖症に加えて、何ごとにも完全安全志向の超慎重派。人生のあらゆることをリスク計算し、冒険とは無縁の毎日を送っていた、ハズだった。ところが、絶対確実と判断した結婚相手に、新婚旅行先で浮気されるという思いもよらない事態に遭遇してしまう。傷心のルーベンは、親友のサンディに無理やり連れて行かれたパーティ会場で中学時代の同級生ポリーと再会する。これまでの生き方に疑問を感じ始めたルーベンは、リスク覚悟で彼女にアプローチ。首尾良く交際に漕ぎ着けるが、ポリーの自由奔放な生き方は、ルーベンの想像をはるかに超えていた。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
645 7.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ノブ投稿日:2011-12-03 15:42:11
【ネタバレ注意】

「ポリー mylove」(監督:ジョン・ハンバーグ 90分)
話の内容は、危険を冒さない男と自由奔放で危なっかしい女の恋。
ハネムーンで妻を寝取られる演出をするなら、結婚式のシーンはギャグなしで、真面目な撮り口で楽しく幸せ絶頂な感じで撮った方が、寝取られた時の不幸との落差がでて面白くなるのではないかとボクは思った(結婚式のシーンが少しギャグ混じりで軽い感じがしたのが良くなかったとボク的には思った)。
車が主人公の運転のミスで事故ったので、妻を寝取った男の運転するスクーターの後ろに乗って空港まで送ってもらうという演出が良かった(寝取った男に助けてもらうのは嫌だけど仕方がない感じや気まづい感じが出ていて良かったとボクは思った)。
デブの友達のストリートバスケのシュートが、カッコつけても全然ゴールから的外れなシュートなのがボク的には良かった。
トイレのギャグはボク的には下品であまり好きではないけれど、失敗したのを気づかれないようにすればする程失敗が深みにハマるという基本的な演出がされていたのは良かった(初めて彼女の部屋に入った時に、トイレでウンコするのを彼女に気づかれない為にシャワーを流したりして誤魔化していたが、トイレットペーパーが無く手拭きタオル(おばあちゃんの刺繍入り)でケツを拭いてトイレに流そうとしたら詰まって便器の水が溢れ出して、ウンコしていたのが彼女にバレるだけでなくちょっとした修羅場になるというような演出)。
寝取った男がしたカバの話(カバは何をやってもカバだからカバという現実を受け入れて生きろという話であるがままの現実を受け入れろという教訓)・親戚がデブの友人にした「今を生きろ」という話(過去の栄光にしがみついたり、将来を不安がるより、今を大切に生きろという教訓)、デブの友人の「過去のデータから現在の危険は予測する事はできない」という話(何が起こるか分からないから人生は楽しいし貴重だみたいな教訓)など、教訓として語られる話がまともなので作品全体のドタバタギャグがきちんと締まった話になっていたのが良かった。
全般的に
製作にダニー・デヴィートがかんでいるというのが面白かった。
ベン・ステイラーはやはり好きになれなかったが、ジェニファー・アニストンはサバサバした女を好演していて良かった。
男と女が自分と全く違うお互いの個性に惹かれる(男がリスクに関する難しい話をすると女は男を好きになったり、男は女の自由奔放な生き方を習ってサルサを踊ったり、別れた妻からもらったクッションをナイフで刺したりしながら女に惹かれていくなど)所もきちんと描けていたし、お互いが交流する事で刺激しあったり影響しあっていい関係が築かれていく感じもよく出ていたし、最後は男がこだわっていた結婚して子供を産んで郊外で幸せに暮らすというライフスタイルにこだわらず今の楽しい関係が続けばいいというオチで落とし所も良く、観た後味もナカナカ良かったと思った。観る前はベン・ステイラー主演のハリウッドにありがちな単なる下品なドタバタコメディだと思っていたけれど、男女の惹かれ方など基本的なストーリー展開・演出がきちんと出来ているので、ギャグの趣味はほとんどは好きになれなかったけれど、ナカナカいい作品だとボク的には思った作品。http://mamaduke.at.webry.info/

投稿者:uptail投稿日:2011-10-22 09:55:50
ジェニファー・アニストン
投稿者:黒美君彦投稿日:2009-08-16 23:51:45
ベン・スティラーにジェニファー・アニストン、脇役でP・S・ホフマン…と、達者な配役で軽く楽しめるラブコメ。
リスク管理を専門としてりゃ恋愛もリスクから見ることもあるだろなー。そのわりには妻と離れてからすぐにポリーに惚れちまうあたりは、慎重とはいえないけど(苦笑)。ポリーがルーベンに惹かれるのももひとつ説得力はないんだけど、ま、そんな細かいことはこの際気にせず、とりあえずリスクは無視して飛び込むことこそ恋愛の極意、てことにしておきましょう。当然ハイリスクですから、失敗もまた少なくないでしょうけど(笑)。
投稿者:ハッピーm投稿日:2009-02-10 15:23:39
テンポの良いコメディで、疲れずにサクッと見れる作品。   ストーリーは分かりやすく意外性はあまりないのだが、ダンスありトイレでの奮闘シーンありと、笑いも十分。  これと言って後に残るような素晴らしい感動があるわけではないので、軽い気持ちで見るのがベストだろう。  何度も見たい作品と言うわけではないが、失恋の後にはいいのかも?  自分が思うのと違うタイプの相手もいいのでは?という気持ちにさせてくれるかも。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-05-03 12:23:49
ベン・スティラーとジェニファー・アニストン共演のラヴ・コメ!
 なぜこんなに良い映画が劇場未公開に終わったのか不思議です。ベンは相変わらず笑わせてくれたし、ジェニファーもキュートでした。ベンの結婚相手で新婚旅行先で浮気する最悪の女役には『ウィル&グレイス』のデブラ・メッシングが扮してたし、変な浮気相手役が妙に似合ってたハンク・アザリアも最高でした!!
 神経質なベンと自由人のジェニファーのやり取りにも笑えます。それからジェニファーのペットのフェレットも可愛いですよ!!アレック・ボールドウィンも良いです!!
 ラヴ・コメとして十分楽しめる映画です!
投稿者:なちら投稿日:2007-02-19 23:23:35
ちょっと良い話だなあ。
ジェニファー自身はいまいちだけど、役は悪くない。
投稿者:ちゃき投稿日:2006-10-11 04:25:00
潔癖症プラス、慎重派なベン・スティラー扮する主人公。もちろん職業はリスクマネージメントの保険会社。そんな彼が反対の性格の女性ジェニファー・アニストンの役に出会う恋愛ストーリー。これを書いただけで、流れとオチが全て分かってしまう。その通り!その想像通りに進みます。

だから映画を見るポイントは二人のやりとりがいかに面白いかということと、ベンのコメディーなのです。だからポップコーン片手に日曜の夜かなんかに、のんびりとみる映画なのね。予想を裏切らずにハッピーエンドを迎えるという結末は心の平安には不可欠ですよ。

邦画タイトル、またやってしまった感がある。毎回書いていることだけれど、コメディーの邦題はいつもひどい。アリーに似せる意味がわからないよ。

どうでもいいけれど、この年はベンは何がしたかったんだ?映画に出過ぎだろう。しかも全部主役級ときた。ドッヂボールにスタスキー&ハッチに、Meet the Fuckers。Envyにも出たのか。それにこれ。5本は出過ぎかなぁ。http://ameblo.jp/milestones/
投稿者:wicked投稿日:2005-10-08 04:17:35
予告を見れば十分です。だって全てのハイライトシーンを出しちゃってるんだもの。

なので本編を見るとものすごくつまらなく思えてしまいます。この作品は予告を嫌って程見て、まあ面白そうだなーって思ってたんだけど、ありゃ、予告だけ見れば十分だったなーという結論に至ってしまいました。予告で見たハイライトシーンをただつなぎ合わせているだけ。

だから、何も知らないで見れば面白かったかもしれない・・・かもしれない。うーん微妙だなぁ。

メリーほど突き抜ける感じもないし、かといってどうしようもないほどしょうもないという訳でもなく。テレビ女優対決?が見られてちょっと得したような、でもデブラは思ったより可愛くなくて意外でした。ハンク・アザリアは相変わらずいい味出していました。

出演者にお気に入りがいたら見てもいいけど、別にパスしても問題ない映画ではあると思います。

ところで、そうか、邦題はアリーを意識してたのかー。なーんか語呂いいよな、と思ってはいたのですが、コメント見るまで気づきませんでした。
投稿者:irony投稿日:2005-08-06 14:49:07
 監督のジョン・ハンバーグとベンは相性がいいのか5本中4本も仕事してますね。抱腹絶倒とはいきませんが、まあまあ笑えた。過去の監督自身の作品から笑いをパクってる感じもしたが....御愛嬌って事で。
投稿者:eiji_in_uk投稿日:2005-04-07 23:06:24
とにかくベン・スティラーは映画に出すぎ。日本のように劇場キャパシティーに限界がある上に、韓国映画ばっかり上映してるから彼の全出演作なんて公開できるわけがないよね。まあ公開するほどのものでもないけど。
でこの「ポーリーmy LOVE」はベンの出演作の中でも一番くだらないかもしれない。「メリーに首ったけ」を多分に意識しているようだけどギャグが面白くない上にクドイ。見ていて辛くなってきた。£6で買ったDVDだから許せる。劇場で見なくて本当によかった。
投稿者:かおちん投稿日:2004-08-16 20:28:31
好きだなぁ、ベン・スティラー。
ダンスシーンがおもろい。
かなりはじけてて好きです。
未公開とは残念。



投稿者:J2投稿日:2004-08-03 16:05:24
なんだこの邦題は??
最近の邦題はホント気に入らない!
内容薄くてもラブコメだし、笑えるとこ笑えるし。
ベン・スティラーとジェニファー・アニストンが好きなので良かった!!
投稿者:D.投稿日:2004-07-20 12:11:24
普通のラブコメとしては合格点ですし、上映時間も比較的短くテンポもいいので気楽に観る作品としては良いと思います。ただ、冒頭の「つかみ」はかなりインパクトがあったものの、後半はトーンダウンしてしまって、『メリーに首ったけ』や『ミート・ザ・ペアレンツ』といった他のB・スティラー作品と比べると少々物足りませんでした。

コメディにしては珍しく(アクション映画ではよくありますが)、見所が予告編の映像が全てと言ってもいい程あっさりでした。ちょっと大人しかったB・スティラーと対象的に、親友のサンディー演じるP・S・ホフマンは相変わらず濃―い存在感を示していました。http://www.asahi-net.or.jp/~rn6d-hnd/
投稿者:ソイミルク投稿日:2004-07-14 06:49:34
“アリー”と何の関係があって、簡単につけちゃったようなこんな邦題になっているのでしょうか?



???
投稿者:殺し屋2投稿日:2004-07-09 23:03:12
この作品を未公開にしておくことはもったいない!まさに今の時期にぴったりの作品です。ジューンブライドでのろけてるカップルにぜひとも観て欲しい作品。お宅の奥さんもベンのビッチ妻のように現地の男と***なことをしてるかも?
僕的にはちょい役のアレック・ボールドウィンとハンク・アザリアが最高だった!
奥さん旦那が出てる「トロイ」なんかよりも全然よかったよ。
投稿者:黒い豹投稿日:2004-07-09 14:34:14
今年はベン・スティーラーの当たり年。上半期だけでもこの作品、オーウェン・ウィルソンと共演の70年代刑事ドラマパロディ「スタースキー&ハッチ」、ジャック・ブラックと共演の「エンビー」、「ドッジボール」と4本も全米公開されている(興行成績はエンビー以外は大ヒットorそこそこヒット)にもかかわらず、全く国内での公開情報が入ってこないなー、と思いつつこの情報を知って愕然。なぜに劇場未公開!?この映画は終止抱腹絶倒ラブコメなのに。日本人は映画館で腹を抱えて笑うことを望まないとでもいうのか!ジェニファー・アニストンは日本でもコメディアンヌとして認知されてるでしょうに、「グッドガール」は公開してこっちはしないだなんて、狂気の沙汰としか思えない。しかも、この邦題!ちなみに本作もベン・スティーラー恒例ハチャメチャダンスが披露されます。今回はキューバ音楽!窒息必至っす!
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト主演男優賞ベン・スティラー 「俺たちニュースキャスター」&「ドッジボール」&「隣のリッチマン」&「スタスキー&ハッチ」に対しても
□ ダンス・シーン賞ベン・スティラー 
  ジェニファー・アニストン 
【レンタル】
 【DVD】ポリーmy loveレンタル有り
 【VIDEO】ポリーmy loveレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION