allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

クライモリ(2003)

WRONG TURN

メディア映画
上映時間84分
製作国アメリカ/ドイツ
公開情報劇場公開(東宝東和)
初公開年月2004/10/09
ジャンルホラー
映倫R-15
帰れるのは、悲鳴だけ。
クライモリ デラックス版 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 9,980
USED価格:¥ 2,014
amazon.co.jpへ

【解説】
 人里離れた森の中で立ち往生してしまった男女6人の若者に襲い掛かる殺人鬼の恐怖を描いたスプラッタ・ホラー。特殊メイク・特殊効果の第一人者スタン・ウィンストンが劇場映画としては初のプロデューサーも兼ね、恐怖演出に存分に力を注いだ一作。監督は「クライム・アンド・パニッシュメント」のロブ・シュミット。ヒロインには「チアーズ!」のエリザ・ドゥシュク。
 全体の75%が森林に覆われているウェストヴァージニア州。暗く鬱蒼とした樹海の中の山道を走っていたレンジローバーが突然のパンクで止まってしまう。乗っていたのはカーリーとスコット、フランシーヌとエヴァンのふた組のカップル、それに失恋したばかりのジェシー。彼らはジェシーを元気づけようとキャンプに向かう途中だった。車から降りた5人の目の前で、今度は後ろから走ってきたマスタングが追突、2台とも大破してしまう。幸い乗っていた医学生のクリスは無事だったが、携帯もつながらない奥深い森の中で立ち往生してしまう。仕方なく彼らは、公衆電話の場所まで行こうと歩き始めるのだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
クライモリ(2003)シリーズ第1弾
クライモリ デッド・エンド(2007)シリーズ第2弾
クライモリ デッド・リターン(2009)シリーズ第3弾
クライモリ デッド・ビギニング(2011)シリーズ第4弾
クライモリ デッド・パーティ(2012)シリーズ第5弾
クライモリ デッド・ホテル(2014)シリーズ第6弾
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1495 6.79
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Kircheis投稿日:2011-08-15 11:31:45
良くも悪くもスプラッターホラーの典型といった映画。

ヒロインのエリザ・ドゥシュクの魅力でそこそこ見れる。

悪役の3人が奇形というだけでややインパクト弱いのが難点かな…悪くはないが続編を作る程でもない。
投稿者:きゃる投稿日:2007-11-12 23:32:08
主人公が渋滞から逃れようと森に入って、わずか1日の、
ただ怖いだけの、長い長い1日のお話です。
運動能力抜群の三兄弟、オリンピックにでも出ればいいのに。
投稿者:さとせ投稿日:2007-08-17 22:33:52
山道で事故ってしまった男女6人。
電話を求め山の中の家に駆け込むがそこは殺人一家が潜むアジトだった・・・。
必死に逃げ出すエリザたちだが一人また一人と殺人一家のえじきにあう・・・。

家から逃げ出してからはサヴァイバルゲームさながらの緊張感溢れる展開になっていく。
DVDで鑑賞したがdtsの効果が凄く、音でも緊張感が伝わってくる。
後に日本でも「トゥルー・コーリング」で人気が出たエリザ嬢が主演している。
投稿者:bond投稿日:2006-01-29 00:19:14
この手の映画は多々あるが最近では良く出来た方だと思う。奇形兄弟ってのもいいアイディアだ。胃がキューっとした。
投稿者:藤本周平。投稿日:2006-01-14 21:07:11
映像的にはなかなかだが、映画自体は普通。
投稿者:the hysteric green投稿日:2006-01-13 22:15:28
スタン・ウィンストンのVFXがウリだったみたいで、ホラーにCGとか使うと絶対怖くないと思ってたんだけど、これがナカナカ怖くて楽しめた。

色んなシーンで凄く自然にCGを駆使してるのがさすがといったトコロかな。

ヘンな鬼畜人みたいな敵は怖いというより見てて情けなかったけど、ハラハラ感満点で面白かったよ。
投稿者:oohlala投稿日:2006-01-04 07:25:00
この手の映画に特にコメントはないけど、主役の男、どこかで見たと思っていたら、「ゴーストシップ」に出ていた人ね。殺人鬼も中途半端な現実感があるので、あまり怖くなかった。
投稿者:irony投稿日:2005-11-27 15:47:01
 トゥルー・コーリング のエリザが助けを求めてる、縛れてるその姿は何かそそる感じ。しかし奴等は不死身か?
投稿者:たのきゅう投稿日:2005-09-13 13:32:52
【ネタバレ注意】

最後まで眠くならなったから内容はともあれ脚本はまあまあかな。しかし、斧で倒されても生きてるなんてジェィソンも真っ青のクリチャー(笑)。この森はカナダのオンタリオ州で撮影されたのではないか?と思います。

投稿者:きも投稿日:2005-06-06 22:42:14
テキサス・チェインソーに始まる古典的ドライブイン・シアター系。
タイトルが素晴らしかったので期待したが、本編は普通だった。
マウンテンマンをメインに、森の撮影をもっとダークに撮っていたら
面白いホラーヒーローになったのに残念。
S・ウインストン様のメイクで泊が付いたと思う。
主人公2人がキレイでグロとのギャップが良いですね。
投稿者:ヒッチ先生投稿日:2005-04-26 00:17:07
スリルがあり非常におもしろかった。ラストがありきたりで残念でしたが・・・
投稿者:hira投稿日:2004-10-20 03:23:40
 立川で朝一で観ました。観客は自分も含め、僅か3人・・・。平日とはいえ、これじゃ2週間で打ち切りもうなずけます。

 抜群に怖いオープニングからラストまで84分、ドキドキが続いて全くだれません。最近のホラーの中では一番面白い作品でした。話自体は若者数人が森に迷い込んで次々に殺されていくというオーソドックスなものですが、「マウンテンマン」と呼ばれる近親相姦で遺伝子が異常になった家族が殺人を行っていたり、監視塔を使ったアクションが新しいと思いました。決して手加減しないスプラッタシーンも劇中の恐怖感を持続させるのを担っていました。
主人公が馬鹿なヒロインじゃないのもいいですね。デズモント・ハリントンが演じたクリスは医者の卵であり、なかなか魅力的なキャラだと思います。こういう作品には普通出てこないキャラなんですよね。たぶん、このクリスがいなかった全滅してたでしょうね。『チアーズ』なんかに出ていたエリカ・デュシュクが一応ヒロイン的な立場でしたが、彼女もいい女になりました。
とにかく、エンドロールが終わるまで気が抜けない、そしてエンドロールが終わって、「やっと解放された」と感じられるのが、本当のホラーのあるべき姿なんですよね。ちょっと褒め過ぎました・・・。
投稿者:敦煌投稿日:2004-10-13 00:04:47
「あの化け物の正体は**で、目的は**でした」という説明なしに終わらせて
しまってよいものだろうか。あれでは遺伝子病の人に対する偏見を助長するだけ
だと思うが・・・。
投稿者:shin3投稿日:2004-08-15 21:40:59
【ネタバレ注意】

木の上を逃げまわるシーンというのは珍しいのでは無いでしょうか?後はもうひたすら典型ホラー(テキサスチェーンソーとかぶる部分多々あり)なんですが、殺人鬼が3人組ってのも、、珍しいかも。

投稿者:SYCO投稿日:2004-08-05 06:58:24
町から来たぼんくら若者達が森に迷い込み、地元の殺人鬼たちに次々襲われるという、既に何十回と繰り返されたこのパターン。
何も目新しいものはないんだけど、何故か見に行かざるを得ないホラーファンがいるから、作る側も作っちゃうのでしょうね。 水戸黄門を観る時みたいな感覚で見ると楽しいかも。
http://www.geocities.jp/obobsyco/
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】クライモリ デラックス版2005/04/22\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】クライモリ デラックス版レンタル有り
 【VIDEO】クライモリ <日本語吹替版>レンタル有り
 【VIDEO】クライモリ <字幕スーパー版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION