allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

最‘狂’絶叫計画(2003)

SCARY MOVIE 3

メディア映画
上映時間85分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)
初公開年月2004/10/09
ジャンルコメディ
全米懲りずに最強絶叫ォォォー!!
最‘狂’絶叫計画 (特別編) [DVD]
参考価格:¥ 1,000
USED価格:¥ 21,034
amazon.co.jpへ

【解説】
 ホラーを中心にヒット映画のパロディで構成した人気シリーズの第3弾。今回は「ザ・リング」と「サイン」を下敷きに、「8 Mile」や「マトリックス」など多数のメガヒット作のパロディがふんだんに登場。監督はこれまでのウェイアンズ兄弟に代わり、「裸の銃(ガン)を持つ男」シリーズのデヴィッド・ザッカーにバトンタッチ。主演は引き続きアンナ・ファリス。共演陣にはレスリー・ニールセンやチャーリー・シーンら有名俳優が多数名を連ねる。
 ワシントンから20マイル離れたトムの農場。ある日、ここに奇妙なミステリーサークルが出現、ふだんはおとなしい犬たちにも異変が…。その謎を追うTVレポーターのシンディは、トムの弟ジョージに一目惚れ。彼が出場するラップ・バトルに応援に向かう。ところが唯一の白人ラッパー、ジョージが着ていた衣装に場内は騒然となり…。その晩、シンディの甥コーディの担任教師ブレンダが謎の死を遂げる。彼女は1週間前に不思議なビデオを見ていた。シンディはそのビデオを持ち帰り、再生する。と、その時、突然電話が鳴り出し…。
<allcinema>
【関連作品】
最終絶叫計画(2000)シリーズ第1作
最‘新’絶叫計画(2001)シリーズ第2作
最‘狂’絶叫計画(2003)シリーズ第3作
最終絶叫計画4(2006)シリーズ第4作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
533 6.60
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Da-1投稿日:2016-06-17 16:59:51
DVDで鑑賞。
D・ザッカー監督就任でわりと映画らしくなった第3作。下品なギャグもあるにはあるが、何も考えなければそれなりに笑える。『8Mile』のパロディはちょっと長すぎて間延び感あったかな。
投稿者:scissors投稿日:2011-03-25 20:13:35
序盤かなり笑ったんだけど、だんだん不謹慎ネタや汚物ネタが出てきはじめて引いちゃった。
あと吹き替え酷い。

エンドクレジットはホント長い。
何かあるから長いのかと思ったけど何も無しで無駄に長い。
投稿者:さとせ投稿日:2009-05-22 12:36:14
チャーリー・シーンは就寝中に叫び声が聞こえてきたため外に出ると、ミステリーサークルが出来ていた。TVで放送され有名になるがその頃、謎のビデオが出回り変死事件が続発していた・・・。

「リング」をベースに進んでいくハチャメチャパロディホラー。
特筆すべきは、出演者が豪華なのと女同士の戦いに目が惹かれる。DVDで鑑賞したが5.1chの効果は良好だがエンドクレジットに10分もかかるのは勘弁。
投稿者:フェニックス投稿日:2007-05-12 23:26:03
劇場公開とはいえ、この手のB級映画にしてはキャストが結構豪華。
チャーリー・シーン、レスリーニールセン、デニス・リチャーズなど。
ザッカーの映画ということでお決まりのコメディ・パロディの連続で目が離せない。
「リング」が今回のパロディ元で結構大きなウェイトを占めているのは日本人として感慨深いものがありますね。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2006-08-14 09:30:58
【ネタバレ注意】

リング(掴み)の爆笑度合いが高いような。(仲良し女子高生(?)ね…)
まぁバカですね。サインってホラー度が結構高いのね。デニース・リチャーズのセックスしないで、だけは聞こえないチャーリー・シーンの耳〜宇宙人は意味不明に可笑しいが。
マトリックスで、アーキテクチャーに預言者シーン(クィーン・ラティファ!)を持ってくる所が、ってか、もう“最終”でもやっちゃってるしね。(ってか未公開シーンを見るとエージェント・スミスの増殖ならぬ、呪いの少女増殖でキアヌしてる…バカだ…後、ハルクvsエイリアン?…やり過ぎ〜ラストでマイケルの鼻が取れます。実に酷い…それって8 mileのバトルネタかいな。実際は、地下室に隠れていたのはフセインでビンラディンが…とかいうネタもあったらしい…実に危険〜ビューティフル・マインドはウケたが…)

マイケルのダンシング格闘(僕をエージェントМにしてよ、とは言わない)〜もう普通に車に撥ねられるし、あの葬式はメリーに首ったけ、か?(燃える訳ではないが…)
まぁゲロやらクソやら、汚いシーンが多すぎる気はするが、何かそのバカバカしい感覚故に笑ってしまうのだな。

障害者表彰式(首振り人形もコミカル)で、障害を理由に、表彰者をエイリアンと決め付けてボコる大統領〜マザーテレサをぶち抜いて逃げます。結局、エイリアンは呪い少女を殺しに来た…目的同じやん、って事で妙に仲良くゴルフなぞ、やるのもバカ。(1のチチチ・カカカじゃないが…)エイリアンの挨拶もバカ(チャーリー・シーンが思いっきりバカなのが凄い)

まぁ結局、既存のムービーと、ただ同じ事をしたからといって可笑しい訳でもなく、何か笑えるオチ(状況とか…)がいるんでしょうね?〜そういう意味では結構なクリエーターでは?(バカバカしいけど)

最“狂”か…まだ、最“悪”とか、最“低”とか(それらの反対語とか)、最“短”とか、最“奮”、最“珍”(は、やりすぎか…)〜まぁ何なと考えるのでしょうな。

最“低”は、既に有るようで…
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=236203

投稿者:たにし投稿日:2005-10-10 15:42:44
最高!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!フォー!

 ハードゲイHGの勘違いの暴走に近い感覚の笑いです。
投稿者:南セントレア市投稿日:2005-06-12 20:51:49
ウェイアンズ兄弟の手から離れて、いい意味でよくなったよ。
女の子の髪が「ザ・リング」にあわせて金髪になっているんだよ。
投稿者:さすらい投稿日:2005-02-09 19:05:50
三作目にして遂にZAZのデヴィッド・ザッカーが監督!!
全編ベタなギャグがこれでもかとこれでもかと乱発されてゆく。
フライングハイから20年以上経った今でも
全く衰えを感じさせないザッカーの演出力はやっぱり凄い。
家宝ものの一作。
投稿者:hira投稿日:2004-10-16 05:24:48
 悪名高き新宿ピカデリー4での鑑賞となりましたが、最悪の環境を忘れさせてくれる楽しい作品でありました。

 監督がデビッド・ザッカーに変わった理由は分かりませんが正解だったと思います。ウェイアンズ兄弟のも面白いけど、どうも下ネタに走りすぎてしまうという欠点がありましたから。今回はザッカー監督が下ネタを引きずりながらも(これは我慢してほしかった)、パロディの王道を行く秀作を生み出してくれました。
 一番の見所は、『裸の銃を持つ男』のレスリー・ニールセンと『ホット・ショット』のチャーリー・シーンが共演しているところでしょうか。ニールセンは大統領役ですが、ドレビン警部そのままなので、ファンは安心して観てください。少々老けましたが、あの勘違いぶりは健在です。『〜絶叫計画』の第3弾ともとれますが、『最終絶叫計画』のアンナ・ファリスとニールセン、シーンの3大パロディスターが共演している作品と考えると、お得な気持ちになれます。
 第4弾もザッカー監督で製作決定らしいですが、日本での劇場公開の際は、もっと規模をあげてほしいですね。あの『最終絶叫計画』ブームはなんだったんでしょうね。
投稿者:ASH投稿日:2004-08-08 22:54:16
【ネタバレ注意】

 ウェイアンズ兄弟からこのシリーズを引継いだのはZAZの一派で、この手の映画はお手のものといった感じのデビッド・ザッカー監督。そのせいか、往年の『フライングハイ』や『ホット・ショット』のノリを取り戻したという感じで嬉しい。ウェイアンズ兄弟は全員不参加だが、ザッカー監督の演出は充分にそれを補っているのでとりあえずは大丈夫、といったところか。

 で、1作目は「スラッシャー映画」、2作目は「70年代オカルト映画」のパロディと作品のテーマ(?)が明確だったが、3作目のメインは近年のヒット作である『サイン』と『ザ・リング』の一大パロディ大会。これに『8マイル』をまぶしてお見事にひとつの作品に仕上げている。全体的には下ネタや嘔吐ギャグが多いのが気にはなるが、畳み掛けるようなテンポで矢継ぎ早にギャグが出てくるので笑える。不謹慎ではあるが、お通夜やメチャクチャにしちゃうシーンには大笑いさせてもらいましたよ。

 それにしても、シンディ役のアンナ・ファリスは可愛い顔してバカをこなすコメディエンヌぶりは高く評価したい。彼女の吐息まじりの台詞回しも何気に素敵です。コーディという少年を必要以上に痛めつけるギャグは眉をしかめる人がいるかもね。マイケルへのアノ扱いもひどいが、マザー・テレサへの冒涜(?)も容赦がないねぇ。プルプルと首が揺れる人形…笑ったよ。

 あえて書いちゃいますが、実際のラッパーが大挙して出演しているが相当コアなヒップホップ・ファンでなければ気づかないでしょう。ウータン・クラン一派やメイシー・グレイがあれだけのシーンのために集結したなんて、ナント豪華!

投稿者:Naka.d投稿日:2004-08-06 18:53:07
おぉ〜!何を狙ったのかサッパリだが・・・・イマイチ微妙なタイトル。“終”→“新”はまあまあとしても、こうきたか〜。でも一生懸命考えたんだろうな〜。努力は認めてあげよう。
ま、(とりあえず)大事なのは内容。でも日本版は過激シーン、カットされちゃうんだろうし。とりあえず「ジーリ」みたいにビデオスルーじゃなくてよかった(どっちにしろビデオで観る気だけどね)。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION