allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

恍惚(2003)

NATHALIE...

メディア映画
上映時間105分
製作国フランス
公開情報劇場公開(ワイズポリシー=アートポート)
初公開年月2004/12/18
ジャンルロマンス/ドラマ
映倫R-15
こぼれるのは、禁断の愛の言葉。
恍惚 [DVD]
USED価格:¥ 1,000
amazon.co.jpへ

 Photos
恍惚恍惚

【解説】
 夫の浮気相手と妻の禁断の関係を描いた官能の物語。ひとりの娼婦に夫を誘惑させ、情事の一部始終を報告させることで次第に倒錯した愛の世界に目覚めていく妻が、いつしか娼婦と奇妙で危うい関係に陥るさまを描く。監督は「ドライ・クリーニング」のアンヌ・フォンテーヌ。主演は「8人の女たち」のファニー・アルダン。共演にエマニュエル・ベアールとジェラール・ドパルデュー。
 上流階級の人妻カトリーヌはある日、夫ベルナールの浮気を知りショックを受ける。ベルナールはセックスレスの夫婦関係を指摘し平然と開き直るのだった。翌日、カトリーヌは会員制のクラブで妖艶な魅力を持つ女性マルレーヌと出会い、彼女にあるお願いをする。それは、ベルナールを誘惑し、その内容を逐一報告してほしいというものだった。ナタリーという偽名を使い、ベルナールに接近することに成功したマルレーヌは、進展していく2人の関係を事細かに語って聞かせる。彼女の告白は、日を追うごとにエスカレートし、カトリーヌは激しく動揺していく…。
<allcinema>
【関連作品】
クロエ(2009)リメイク
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1283 6.92
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bluemonday投稿日:2008-03-26 15:42:38
カトリーヌのマルレーヌに対する感情は、友情、嫉妬、そして愛情など複雑に入り乱れていて、ファニー・アルダンが見事に演じきったと思います。しかしそれさえなければどうってことない作品なのでは?本作からは性的興奮意外に得るものがありませんでした。オチも予想が付いちゃったし・・・フランス映画は思わせぶりなくせに、薄っぺらで実がないものが多い
投稿者:ひつじめえめえ投稿日:2007-02-18 22:04:14
アモーレ、アモーレ、アモーレ〜♪ 

人生とは、愛…。男女の…愛!

この時代になってこんな映画を撮れるフランス人ってやっぱりすごいと思う…リメイク?
投稿者:asama投稿日:2006-09-25 01:39:03
倦怠期にある中年夫婦。夫の浮気をきっかけに女医の妻がとった行動は、娼婦を夫に仕掛けることだった。娼婦と関わりながら微妙に移ろう妻の心理の綾。語り続ける娼婦の言葉の妖しさ。妻と娼婦の関係が深まるにつれ、奇妙なつながりが‥。ステータスの異なる女二人の関係の妙は確かに面白い。覗き見の快感とでもいうような、引きずり込まれるような強い印象もある。エンディングのサプライズも巧みに仕組まれていて、劇的効果も満点だ。だが観終わってしばらくこの作品のことを考え続けていると、なぜかどこかしっくりこないものを感じた。それは妻の作為的な仕掛けは、一種のショック療法として倦怠期の夫婦を活性化させる効果はあるだろうが、それは一過性の儚いものに過ぎないのも見え見えなのだ。この夫婦に未来はあるのか、心底まで届く情愛が生まれるのか、それはまったく見えない。この衝撃的な作品への違和感は消えない。
投稿者:bond投稿日:2006-08-29 09:18:17
かったるい映画、 エマニュエル・ベアールは輝きが無くなったなー。
投稿者:りちゃちゃ投稿日:2006-08-19 01:37:24
あらすじが少しトリュフォー作品ぽい(内容は全然違いますが)なだけに夫婦役のふたりを観るとつい「そうかぁ隣の女だったアルダンも妻の座を手に入れたかぁ」なんて思ってしまう。E・ベアールはすでにこの時には40代?本当だったら高級娼婦の世界ではかなり古参組で無理があるはずなのでしょうが、彼女が演じるとそんな不自然さも吹っ飛んでしまうくらい脱ぎっぷりの良さは健在でした。ストーリーの感想はというと、まあフランスらしいです。
投稿者:irony投稿日:2006-08-17 08:20:40
 こう言った危機はどの夫婦にもあると思われるが、流石は御フランス、日本もこのスタイルで…と思うのは早計か?しかしああ言ったお店があれば行ってみたい。
投稿者:Longisland投稿日:2005-01-17 01:38:39
成功し成熟した女性を演じたファニー・アルダン、妖艶な娼婦エマニュエル・ベアール、対照的な二人の女優が魅力的に描かれているのに比べ、なんかジェラール・ドパルデュー演じる夫はしょぼいのはやっぱり女性監督だからか。
アンヌ監督って「ドライクリーニング」でも官能的で倒錯した恋愛関係を基礎に夫婦愛を描いたけど本作品も同様ってとこですか。

とにかくエマニュエル・ベアールが超SEXYでよかった。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】恍惚2005/05/27\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】恍惚レンタル有り
 【VIDEO】恍惚レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION