allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング(2004)

THE PRINCESS DIARIES 2: ROYAL ENGAGEMENT

メディア映画
上映時間113分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ブエナビスタ)
初公開年月2005/02/26
ジャンルロマンス/コメディ
プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,689
USED価格:¥ 1,186
amazon.co.jpへ

 Photos
プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング

【解説】
 ある日突然プリンセスとなってしまったごく普通の女の子の戸惑いと奮闘をロマンティックに描き大ヒットした「プリティ・プリンセス」の続編。めでたくプリンセスとなったヒロインに、今度は早急に結婚相手を見つけなければならいという試練が待ち受けていた。主演は引き続きアン・ハサウェイとジュリー・アンドリュース。
 冴えない女子高校生だったミアが、ヨーロッパの小国、ジェノヴィア国のプリンセスであることが判明してから5年。ジェノヴィア国へとやってきたミアは、夢のような豪華な暮らしに心浮かれていた。ところが、21歳となった彼女を衝撃の事実が待っていた。なんと、彼女が王位を継承するためには30日以内に結婚しなければならないと言うのだった。さっそく、戸惑うミアをよそに、婿選びは急ピッチで進められていくのだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
プリティ・プリンセス(2001)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
638 6.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Kircheis投稿日:2011-09-03 12:23:30
【ネタバレ注意】

前作で既にプリンセスになってしまってるんで、観る前から2なんか製作しても面白くなさそうと思ってたけどここまでひどいとは正直思わんかった。

アン・ハサウェイはキュートさを増していたが、見どころはそれだけ。

前作のマイナスポイントだった女王とボディガードの恋愛も引っ張られていて残念だったが、それ以上にミアのアホ姫ぶりに終始イライラ。

相手役のクリス・パインは好演してたなぁとは思うけど、あんなに簡単に姫に近づけるなんてジェノヴィア王国のセキュリティの甘さにびっくりしたし、あんなに簡単に落ちるプリンセス・ミアにも唖然とした。

孤児を助けるくだりで名君ぶりをアピールしようとしてたが、あの数名の子供を助けるだけですべてが解決したようになってたのにも嫌悪感を感じたね。
映画を観てる限りではミアは施設を一軒作って、たまたま目についた可哀想な子供を助けただけ。
本来の女王の役目はそういった子供たちが出ないような国作りのはずやで。
アビゲイル・ブレスリンが孤児役で出てきてその才能の片りんを見せてたのは良かったけど…

ラストの結婚式の演説シーンもバカらしい。
結婚を中止して何か感動的な話でもしてくれるのかと思いきや、
「あなたの娘や家族が結婚を強いられたらどう思いますか!?」
と逆ギレ状態。
…そしてあっさり法律を変えちゃうなんて、今後正式に即位したら自分の好きなように議会を動かしそうで怖いわ(-_-)/

孫を甘やかすだけで威厳のなくなった女王にもがっかり。
まるで『サウンド・オブ・ミュージック』の一場面みたいな子供たちを前に歌う姿にはミュージカル・ファンとしては心動かされたが…

このどうしようも無い続編のせいで、せっかく面白かった前作も傷付けられた気がして残念。

投稿者:has42120投稿日:2011-02-09 10:25:06
アン・ハサウェイ
投稿者:NYY投稿日:2008-12-19 23:46:49
【ネタバレ注意】

年齢低めの女子中学生向けスイーツ映画か・・・
矢が色んなとこに飛んで行ったりするのは、楽しかった。
 
国を取るか、愛を取るか、って?
お子様向けに、かなり強引に単純化しちゃった設定だな〜。
大人の世界ってのは、もっと複雑なもんなんだよ。
女王がムチ持ってるくらいに・・・
 
アン・ハサウェイの結婚式が中止になって、替わりにオバハンが
結婚って・・・
うーん、恐ろしい展開。
           (;・ロ・)
 
相手の若い男が、なんかバカそうで、あんまりカッコ良くないのが
難かな。
リモコンで、メガネの引き出しが開くのは良いね。
 
「女王に遅刻はありません。周りが早いのです。」って、
男なら、「王に早漏はありません。周りが遅いのです。」って
なるのかな?
羨ましいね〜。
 
さてと、今度,鮓てみるかな。
って、仝てないのに、△鮓てたんだな・・・
 
           <(^O^) テヘ

投稿者:POCHI投稿日:2006-06-05 20:04:32
ストーリーや脚本、演技等に文句を付けてみても仕方ありません。最初から作っている方もそんなこと気にしてないんだから。

この映画はひたすらハサウェイの美しさ、可愛さを愛でる映画なのですよ。一作目のブスから美人への変身と言う、おいしいパターンが使えないのが心配だったけど、その容姿だけで映画を背負って立ちましたね。見事です!
正しい観方は「ディープ・ブルー」を観るように、絵の美しさを追求し、見終わった後”ほわ〜ん”とした脱力感を味わうってのが正統派でしょ!

尚、今回はプリンス付きの二人のメイドにも注目です。萌え系メイドとしても十分通用するでしょう。特に右側の背の高い方がおすすめですね。

演技力が無く、今後その容姿の衰えと共に下り坂になっていくだろうハサウェイの人気を考えると心苦しい限りですが、まだワンチャンスはあります!ハデに脱いで有終の美を飾っていただきたいものです!!
間違っても「体当たり演技」とか言ってキャットファイトを演じたり、20Kg体重を増やしたり、悪役をやったりして演技に目覚めたなんてポーズをとるより、汚れ役でもいいから潔く脱いじゃいましょう。
「プリティ・プリンセス3/ロイヤル・S★X」期待してまっせ。
投稿者:wicked投稿日:2005-10-09 02:16:25
米国人はヨーロッパ小国のお姫様になるシンデレラストーリーシンドロームでもあるのでしょうか・・・やはり王国制への強い強い憧れなのかしら。

それにしてもこの作品は架空の国でよかったです。だって国民の血税があんな娘っこのために注がれるなんて・・・ヨーロッパとは違ったお堅い皇室を持つ国の人間じゃなくても、目に余ると思います。いくら孫だからって甘やかしすぎです、おばあちゃん。喉を痛めているというのに歌い出した時は、プロ根性に脱帽(大袈裟)しましたが。

しかし、いきなりあそこまで王室に固執するなんて、1から2の間に一体何があったんだ、プリンセス・ミア!?

最近アン・ハサウェイが大胆に脱いだ映画の情報を見たので、正直びっくらこいていますが、この2作目での妙に堂々としたふてぶてしい彼女を見ていると、プリンセス脱皮への序章だったのかなぁーと(クイーンへではなかったですが・・・)。
投稿者:Dalloway投稿日:2005-02-07 01:00:33
【ネタバレ注意】

旅行中の機内で見ました。こんな駄作は見たことないです。
こんな映画を日本で大人が1800円払って見るとは思えない。レディースデーの1000円でも惜しい。素直な小学生か中学生が見て楽しいレベル。
ありえない設定の映画なんだって思って見ていても、冒頭を見ただけで結末が予想できるくらいストーリー展開は単純だし、ゴージャスさだけを強調した王国生活もありきたりな描かれ方だし、で中身も映像も斬新な要素がなかった。驚きがない。ジュリー・アンドリュースの見せ場として、いきなりミュージカルになってしまうし。製作側が何を伝えたいのかわからない。
何のメッセージも無いような映画をよくもお金かけて作ったな、って思った。私は一応22歳で主人公のお姫様と同じような年だけど何も共感するところがなかった。プリティウーマンは、まだ共感できるところもあったのだけど。
ありえない設定をおままごと感覚で単純に楽しめば良い映画なのだろうけど、あんなありきたりな映像で果たして楽しめるのか。
不可思議な映画です。

投稿者:ApplePie投稿日:2004-09-28 18:42:57
実はおととい、1巻をやっと見たところなんです。
早く続編が観たい!
でも、きっとレンタルで観るでしょう。レンタル開始まで待てれば、の話。
【レンタル】
 【Blu-ray】プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディングレンタル有り
 【DVD】プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディングレンタル有り
 【VIDEO】プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディングレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION