allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

TUBE チューブ(2003)

TUBE

メディア映画
上映時間116分
製作国韓国
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月2004/11/06
ジャンルアクション/サスペンス
命を賭けて、復讐に燃える元工作員、
愛を賭けて、テロリストに挑む一人の刑事。
どちらかが死ぬまで、この闘いは終わらない――!!
TUBE [DVD]
参考価格:¥ 2,571
USED価格:¥ 1,580
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:ペク・ウナク
アクション監督:チョン・ドゥホン
製作:ソ・ギョンソク
原案:キム・ヒョンワン
脚本:ペク・ウナク
ピョン・ウォンミ
撮影:ユン・ホンシク
音楽:ファン・サンジュン
出演:キム・ソックンチャン刑事
パク・サンミンギテク
ペ・ドゥナインギョン
ソン・ビョンホ地下鉄統制室室長
チョン・ジュン地下鉄統制室職員
キ・ジュボン警察署長
イム・ヒョンシク捜査一班班長
クォン・オジュンスリの男
【解説】
 地下鉄に爆弾を仕掛けた凶悪テロリストと一匹狼の刑事との因縁の対決を描いたサスペンス・アクション。監督は「シュリ」の脚本を手掛け、本作で劇場長編初メガホンのペク・ウナク。出演は「燃ゆる月」のキム・ソックン、「極道修行/決着(おとしまえ)」のパク・サンミン、「子猫をお願い」のぺ・ドゥナ。
 ある日、韓国の金浦国際空港で政府要人が何者かに狙撃される。ソウル警察のチャン刑事も急いで駆けつけるが、犯人グループには逃げられてしまう。しかしそこでチャン刑事は、一味のリーダーが元国家機密諜報員のギテクだと知る。彼は政府から追放された挙げ句に家族を皆殺しにされ、国家へのただならぬ復讐に燃えていたのだった。そんなギテクに、かつて政府要人の護衛をしていたチャンは恋人を殺され、彼も左手小指を切断された忘れえぬ過去がある。そんな時、またしてもギテク一味による事件が発生。それは、ソウルの地下鉄を乗っ取り時限爆弾を仕掛け、乗客全員を人質にとる非情極まりないものだった…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
632 5.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:mototencho投稿日:2010-04-28 21:22:05
たとえ似ていると言われることは分かっていても、ぜーんぜんそんなことは気にせず、「スピード」とそのオリジナルとも言うべき「新幹線大爆破」を合体させた迫力満点のアクション大作http://mototencho.web.fc2.com/2006/guemuru.html#tube
投稿者:ノリス投稿日:2006-08-13 10:06:26
この映画は、あまり高く評価されていないようだけど、それなりに飽きずに見ていられる映画だと思う。最後、主人公が死んでしまうのは韓国映画などではお決まりの展開だが、この映画が主張していることは決して間違いではないと思う。例えばTVドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」でお馴染みのイム・ヒョンシクが言ったセリフで、”お前らはただ腕を組んで指図するだけで何もやっていない”という言葉があるように、権力を持つものは偉そうに威張っているだけで、それより地位の低いものが苦しんでいるということにきずいていないということ、そこにこの映画の答えがあるのかもしれない。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2006-08-09 08:46:00
【ネタバレ注意】

地上波で観て「マジかよ」と思い、わざわざDVDを借りて観直しました。
韓国アクションの過剰なメロドラマぶり(「ブラザーフッド」とか)は
先刻承知のつもりでしたが、この映画はさらに輪をかけたおセンチぶり。
こういう大変なときぐらい男女交際は忘れたらどうだ。
沈没する豪華客船の中から電話でプロポーズしちゃう某国映画もビックリ。

何よりあのラストは…意表を突かれたというか拍子抜けというか。
そう感じるのはやっぱりハリウッド映画とかのルーティンに慣れすぎと
いうことなのかなあ。ある意味「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」。
「きみきみ、人生はいくらがんばっても幸せになれるとは限りませんよ?」
という作り手からのメッセージか。

投稿者:エアマリン投稿日:2005-12-18 13:04:45
冒頭の空港で繰り広げられる銃撃戦は、実際に空港を貸し切って撮影しただ
けであって、なかなか迫力があり、以降のアクションも派手さは失われつつ
も、重量感があって良かったのですが、正直アクションしか見どころがなか
ったです。ドラマの部分はそこそこ良かったのですが、やや説得力に欠ける
点が多く、妙にアホっぽいキャラのおかげで、シリアスな雰囲気がすぐ失わ
れてしまう。ギャグ的な部分は少し削って欲しかったです。とは言え、ギテ
ク演じるパク・サンミンの怪しさは他のキャラよりもかなり迫力があり、な
かなか見応えがありました。背中にまるで歴代の戦士かと思わんばかりに、
小刀を仕込み、そしてチャンとの戦闘でゆっくり抜くシーンには笑ってしま
いました。
しかし、前半あれだけギテクの部下が多かったので、この人数で列車を乗っ
取るかと思いきや、実際列車をジャックしたのはギテクとその部下一人だ
け。二人だけで乗っ取るのはちょっと無理があるのではと思いました。まあ
なぜ他の部下がいないかは、劇中でおおよそ明らかになりますが。アクショ
ンが良かっただけにちょっともったいなかったです。 [2点]
投稿者:bond投稿日:2005-11-26 17:34:26
往年の日活かい!新鮮さ皆無、魅力皆無、どっかで観たようなシーンの垂れ流し。
投稿者:irony投稿日:2005-10-24 01:37:28
 見れば理解します。すべてにおいてアフォかいな?的な要素がてんこもり。刑事にまとわりつく女の存在もまるでわからん。
投稿者:ハリー・ハウゼン投稿日:2004-11-09 15:25:26
主人公が肉体アクションで大型の乗り物を犯人から奪い返すという展開の映画はハリウッドが一時期よくやってました。いまさら、という方もいらっしゃるでしょうが、かなり楽しんで観させてもらいました。
余談ですがテロリスト役のパク・サンミンはコージー富田に似てると思います。
投稿者:紅竜投稿日:2004-10-31 02:38:16
カップルからお年寄り子供まで幅広い年齢層を対象に
色んな見せ場を盛り込んだ娯楽大作..のつもりで
製作されたのでしょうが、これは何処の惑星の話かと
思ってしまうほどの慣性の法則やら重力を無視した
珍場面の続出に観ている間中開いた口がふさがりません
でした。冒頭の迫力ある銃撃戦とか評価すべきアクション
シーンも何カ所かあるし、ストーリーもパニックものとしては
そこそこ良くできているのですが、結局はシリアスなドラマに
バカ映画の見せ場を盛り込んで闇鍋風味の怪作が出来上がって
しまいました。ただし、この映画つまらないかというとそんな
事はなくて強引で荒唐無稽な活劇としては非常におもしろい
作品ではありますが。
脚本と見せ場(それと演出)のバランス次第では傑作にもなったのに残念です。
投稿者:黒美君彦投稿日:2004-09-09 22:05:15
【ネタバレ注意】

SWATがいくら狙っても弾がかすりもしないテロリスト!
いかにも一匹狼のヒーロー!
地下鉄暴走シーンは75年の『新幹線大爆破』、管制室の雰囲気はどことなく『踊る大捜査線』っぽいし・・・という感じで、正直醒めた目で観ていたのですが、クライマックスのキム・ソックンとペ・ドゥナの別れのシーンは突然?スタイリッシュな映像になり、惹きこまれました。
涙でぐちゃぐちゃなペ・ドゥナは可愛かったし♪(あれだけ殴られても顔が変形しないのがスゴイ!というか無理ある、と思いますが)。
男女の描き方が、ハリウッドと異なり静謐で、好ましい演出。
ただ、基本的にかなり無理な設定なのと、アクションがメインなので、人間関係を理解するのに少々時間がかかるかも知れません。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】TUBE チューブ <期間限定生産>2006/12/22\2,381amazon.co.jpへ
 【DVD】TUBE チューブ2005/04/28\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】TUBE チューブレンタル有り
 【VIDEO】TUBE チューブレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION