allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

バッドサンタ(2003)

BAD SANTA

メディア映画
上映時間91分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワイズポリシー)
初公開年月2004/12/04
ジャンルコメディ/ドラマ
映倫PG-12
史上最悪のサンタクロースより、
メリークリスマス!!
バッドサンタ [DVD]
USED価格:¥ 222
amazon.co.jpへ

 Photos
バッドサンタバッドサンタ

【解説】
 サンタに仮装した中年ダメ男が繰り広げるハートフル・ブラック・コメディ。サンタのバイトを隠れ蓑に毎年クリスマスに金庫破りを繰り返す男と、彼を本物のサンタと思い込んでつきまとういじめられっ子の肥満少年との奇妙な交流を下品な笑いを散りばめつつハートウォーミングに描く。監督は「ゴーストワールド」のテリー・ツワイゴフ。主演は「チョコレート」「バーバー」のビリー・ボブ・ソーントン。
 クリスマスを間近に控えたアリゾナ州フェニックス。何よりも酒と女が大好きな中年男ウィリー。彼は毎年クリスマスシーズンになるとデパートでサンタクロースの格好をして子供たちの相手をするバイトをしていた。でも本当の姿は、書き入れ時で売り上げが詰まったデパートの金庫破り。今年も妖精に扮した小人の相棒マーカスと共に、とあるデパートに狙いを定め、サンタの扮装で好きでもない子供たちと一緒に写真を撮るウィリー。ところが、そんなウィリーに一人の冴えない肥満少年がなついて離れない。最初は邪険にしていたウィリーだったが、ひょんなことから少年の家に居候するハメになり…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1069 6.90
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2016-11-08 05:48:57
コーエン兄弟が好きそうなテーマ。
投稿者:hide投稿日:2011-08-06 03:41:46
待望の『バッダーサンタ』(BAD“DER” SANTA)。
(↓ の「ちゃき」さん情報ありがとう)

が・・・たいして変わんない。
時間にして8分長いだけ。
それもほとんど(ファックなどの)エグいシーンが(話の内容と関わらない程度に)数秒づつ延長されている印象。
明らかにカットされたシーンは、開幕12分くらいからの車上荒らしと、それにつづく豪邸の(絵画の裏の)隠し金庫破り、さらにストリップのシーンくらいで、合わせても4分ほど。
あとは、警備主任を車で殺したあと、バッテリーの電源で感電死のとどめを刺したカットくらい。

なので、たぶん日本で売られているDVDの特典(未公開シーン)でカバーされているのではないかと思う。
ちなみに米版DVDの特典はインタヴューとメイキングで、9分29秒。

しかし、これを観ていつもつくづく思うのは、H・D・ソローの名言、
「大多数の人間は静かな絶望の生活を送っている」
だが・・・もっとも、ここでは「静か」ではなく「騒々しい」絶望で、ラストは微かな希望すらうかがわせるが、それも一時的なものなのは容易に想像がつき、だからこそ大いに惹かれる。
異色なおバカ映画の名編。
http://photozou.jp/photo/photo_only/1333213/92211118?size=450
投稿者:ノブ投稿日:2010-11-22 23:43:10
【ネタバレ注意】

「バッド・サンタ」(監督:テリー・ツワイゴフ。91分)
話の内容はサンタの格好をした金庫破りの話。
クリスマスで皆が楽しそうにお酒を飲んでいる時に、一人カウンターの片隅でサンタの格好して酔いつぶれているというのが良かった。その後店の路地裏でゲロを吐くというのも良かった。
絶えず酒瓶持ちながら酔っ払っているというのは良かった。サンタの格好で片手に酒瓶を持ちタバコを咥えながら歩いているというのも良かった。
小人が「小人差別」をしたとクレームをつけてお店を脅す演出とかサンタとファックするのを夢見ているおネェちゃんとか下品な感じの演出はボク的にはあまりセンスがいいとは思えなかった。
変なおっさんにからまれたのを助けてくれた子供の家に行った時に、主人公がその助けてくれた子供の家の金庫を破り、乗ってきた古いボロ車を置いて家にあった父親の立派な車奪ってそのままその車に乗って逃げてしまう演出は面白かった。
黒人の警備員が主人公達が金庫破りと知って、「黙っている代わりに分け前を半分よこせ」と主人公と小人を脅すという企画は面白かった。
全般的に
飲んだくれ・女好き・金庫破りというクズが子供達の好きなサンタの格好して働いているという企画は面白い。子供達の前で酔って暴れたり、酔っ払いながらテキトーに子供達の相手をするという企画も面白い。とボク的には思った。しかしその酷さを出す演出にあまりバリエーションが無いのが面白くなかった(酒飲んでグダグダしているのが長すぎるとボクは思った)。サンタとファックするのを夢見ていたオネェちゃんに主人公は最後までずっと好かれるままというのも面白くなかった。
助けてくれた子供との触れ合いを通して「クズ」の主人公が「まとも」(「まとも」というか「助けれくれた子供を好きになる」という感じ)に変わっていくという後半部分は演出が全然上手くなく、ボク的には全く説得的で無かった(何で主人公が「まとも」になったのかがボクには明確には分らなかった。)
ビリー・ボブ・ソーントンの女好きでアル中のグズグズのクズ野郎は似合っていると思った。主人公の彼女になるサンタとヤルのを夢見る女優はボクの好みでなく全然ミリキ的にはみえなかった。
企画は面白くいくつか面白い演出はあったが、下品な部分があり、前半の「クズさ」と後半の「まとも」とのメリハリも全然効いていないので感動もできない。ほとんど笑えず・全く感動できず・クリスマス気分を盛り下げる作品。http://mamaduke.at.webry.info/

投稿者:クリモフ投稿日:2008-09-08 02:55:44
【ネタバレ注意】

最低のサンタですねー、悪態つくわ、酒飲むわ、もらすわ。それでもなかなか面白く魅力的なキャラクターになっているのは、ビリー・ボブ・ソーントンの力が大きいと思います。子供との関係を描いていますが変にべたべたにならないのが良かった。丸腰のサンタを警官達が後ろから撃つシーンはちょっとドキッとしたなぁ。アメリカっぽい。なかなか面白い作品でした。
少年とサンタのふれあいストーリーって説明するには毒が強すぎる!

投稿者:黒美君彦投稿日:2008-05-16 08:47:38
【ネタバレ注意】

犯罪者のサンタが主人公ということで随分物議を醸した作品だそうだが、私は面白く観た。主人公ウィリーを演じたビリー・ボブ・ソーントンが、おおよそ共感を抱けない飲んだくれ・女好き・インモラルな中年男を好演。
米映画ではおなじみ、百貨店でのサンタのパフォーマンスを徹底的に茶化し、偽悪化してしまうのも面白い。
彼がつけこむキッドことノーマン・マーマン(最後の最後まで名前で呼んでもらえない!)という太っちょの男の子もちっとも可愛くないのだが、それでも真っ直ぐ向けてくる瞳に主人公は僅かに心が動くのを感じる。イジメられる彼にウィリーはいう。「コケにされるな。そして自分をコケにするな」…。
「お前は心の障害者だ」なんていいことも言っていたマーカス(トニー・コックス)が最後に裏切ったのは少々残念ではあったが、凶悪犯にも一分の魂、みたいな展開は、私は嫌いではない。クライムコメディーとしては上々の出来だと思う。

丸腰のサンタを警察が撃ったから、抗議の市民の声でいい待遇を受けている、というのも彼の国らしくて笑える。

投稿者:ちゃき投稿日:2007-12-25 18:12:56
さすが、転んでもただでは起きない。思ったよりも激しくて、それがとてもよかったです。思いがけない方向に話が進んで行って、楽しく見られました。

とにかく、制作会社から文句が出たというところも納得で、ビリー・ボブ・ソーントンにサンタやらせる時点で何を望んでいたんだ?と思ってしまいますが、ハッピーが当たり前で、みんなのアイドルのサンタを暴力とセックスと酒で満たすあたりが、さすがかと思います。日本人にはわかりにくいネタとか、欧米のクリスマス文化が分かっていないと、理解できない部分、ブラックジョークも多くありますが、ビリー・ボブ・ソーントンもかなり譲歩した形でPG-13 として公開できたみたいですね。最後には良さげに終わるところがまだクリスマスをめちゃくちゃにせずに済んだと思いました。

ただ、これに不満もあるわけで、そんな人には「Bad Santa」ではなく、いわゆるディレクターオリジナルバージョンみたいな「Badder Santa」というのもアメリカでは出ました。日本じゃ出てないみたい。それが悔しい。是非制作者のカットのない、本来の監督とビリー・ボブのバカで下品な熱演を見たいと思っています。http://ameblo.jp/milestones/
投稿者:なちら投稿日:2007-02-20 14:02:03
面白い。すき。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2007-01-28 16:49:43
ビリー・ボブのダメ人間振りが面白かった。
ありがちなストーリーだが雰囲気は悪くなかった。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2007-01-08 23:47:02
楽しい作品。ビリー・ボブが飾りつけをしてるガールフレンドの尻を眺めるシーンが好き。単調な展開や取ってつけたようなキャラ設定に怒っちゃダメよ。
投稿者:あっきー投稿日:2006-02-28 13:48:01
とことん悪いサンタですね!
サンタを信じている子供には
たいへん酷な演出ですな・・・

 ↓ みんなの「映画レビュー」始めました!!http://www.0721cinema-spirits.com/
投稿者:wicked投稿日:2005-11-06 16:32:38
米で高評価だったのでかなり期待していたのですが、その理由がちょっと分かりませんでした。

子供+ダメ大人ストーリーにありがちな、ビッグ・ダディみたいなお決まりのほのぼの感動系の展開でなかったのは良かったですが。個人的に、どうにも苦手なバーニー・マックが出ていたのでぴんとこなかったのか…。

結局、子育ては大事、ってことかな?

でも、ビリボブは大統領やNASAのお偉いさんなんかより、こういうアル中でスケベなダメ親父が似合います。でも合いすぎて却って辛い?効果をかもし出しているかも。

子供が何を言われても落ち込んだり泣いたりせず「もっかいやる!?」とか言っちゃうところが良かったです。子供とバッドサンタの応酬は結構面白かった。ゴーストワールドのイーニッドのパパを彷彿とさせるデパートの責任者も受けました(ゴーストワールドを感じるのはそこくらい)。

でも別に見なくても損した気分にはならない映画でした。なんていうかもうちょっと期待してたな〜。
投稿者:SoH投稿日:2005-07-03 16:51:28
【ネタバレ注意】

俺も好きな「ゴーストワールド」の監督が、コーエン兄弟製作で、とんでもないクソサンタが出てくる映画を撮った!そしてそのクソサンタを演じるのが厳ついビリー・ボブ・ソーントン!と、聞けば、これはもう観なきゃダメでしょう!という訳で拝見。

最初は磯辺勉、大塚芳忠がこんな映画の吹き替えやってるのかと、吹き替え版で観てたけれど、あのアメリカ映画ならではの(といっても最近の映画じゃあまり観なくなったが)「デブでマヌケで可愛くないクソガキ」の声は日本語で聞いてたら違和感を感じたので字幕にした。磯部さんの吹き替えもイマイチ硬さがあったしね。

…しかしなあ、ブラックな映画は好きだが、これはイマイチのれなかった。主人公がとことんダメ人間。個人的には「そんな男が次第に少年との友情に気付き…」という展開を期待してたいたのだが。あいつは感情移入するにはダメすぎるし、「バカじゃん、こいつ!」と笑うにはちょっとだけ可哀想と(親父に虐待されていた過去がある)、実に微妙なキャラだ。しかも監督のコメディ演出にも笑いを誘われず。声出して笑ったのは最初の泥棒シーンで小人な相棒ががんばる姿だけだった。例えばボクシング中にキン○マを蹴るシーンは、最初こそ可笑しかったが、さすがにやりすぎる。キン○マ蹴りはもっと少なくした方がいい。単発ギャグは多くやると逆に笑いが殺されてしまう。主人公が何かを飲む時、やたらと小指を立てていたのもユーモアだったかもしれんが、それを見ても俺は「だから?」で終わり。他にもいろいろと笑いの見せ方が巧くない所がちらほらと。ラストのTシャツを使ったオチの見せ方もイマイチだ。ラストカットで初めてTシャツの背中を映してほしかった。本作では、ラストカットに至るまでにすでに背中に書かれた文字が画面に映ってしまっている。そのため映画を観てる者の大半、少なくとも俺は「ああ、あの字がどうせオチになるんだろうな」と気付けてしまうのだ。終盤で「おお、やっとあのガキとの友情に走ったか!…泣かせるなあ!」と思わせておきながら、ラストカットでポンと「ああ、やっぱりあいつはダメで野蛮なままだ!でもいい!」と観る者に思わせた方が洒脱ではなかろうか。

身体障害者を悪人にしたり、痴呆な老人で笑いをとったり、子供をバカにしたり(いくら子供でもあんなダメサンタの前で列を成すか?並ばせてる親も親だ)、全てをバカにしたかのような視点と、ろくでもないキャラばかり出てくる設定は、確かにこのご時世ウケる人にはウケよう。だが、個人的にはそれを観てもさほど面白く感じなかった。こういうのはブラックというより、単に「悪趣味」に思えちゃうんだよな。最後に「ちょこっと」描かれる友情も、「ほらほら!これで単なる悪趣味映画じゃないでしょ?」程度のもの。

とにかく。「笑いのツボ」は個々人で異なるものとはいえ、俺はほとんど笑えなかった残念作。この監督はフツーにコメディをやるための能力が今の所あまりない。ああ、でも既製曲の使い方は内容とミスマッチしててマル。終盤の泥棒場面で、主人公、デブガキ、小人ががんばる姿を、交互に見せる編集は面白かった。

投稿者:おやっさん投稿日:2005-02-18 18:28:55
あんなに大きな笑い声が響く映画鑑賞は初めてってくらい皆爆笑してた。
ビリー・ボブ、あんた最高だよ!バーニー・マックもさすが!デブの子役は映っただけで笑った。ブラックジョーク満載だけど、それだけじゃなくてちゃんと見せてくれる作品。
投稿者:右心室投稿日:2004-10-12 08:07:37
小汚いギャグがちりばめられてて笑えます。
まーいいんじゃないでしょうか。
投稿者:黒い豹投稿日:2004-09-02 10:31:01
日本公開を諦めていた傑作シニカルコメディの公開の報に感謝感激雨あられ!あとは劇中に溢れる汚い言葉がどこまで的確に字幕に反映されるかが見所。ところで「Elf」はどこへ?
投稿者:ASH投稿日:2004-09-01 22:45:00
米版DVD買っちゃったよ。日本公開されないと聞いていたもんでさ。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 男優賞(コメディ/ミュージカル)ビリー・ボブ・ソーントン 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】バッドサンタ2005/05/21\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】バッドサンタレンタル有り
 【VIDEO】バッドサンタレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION