allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

着信アリ2(2005)

メディア映画
上映時間106分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2005/02/05
ジャンルホラー
遊ぼ。
着信アリ2 [DVD]
USED価格:¥ 198
amazon.co.jpへ

 Photos
着信アリ2着信アリ2

【クレジット】
監督:塚本連平
製作:黒井和男
企画:秋元康
プロデューサー:佐藤直樹
有重陽一
原作:秋元康
脚本:大良美波子
撮影:喜久村徳章
美術:新田隆之
編集:上野聡一
音響効果:柴崎憲治
音楽:遠藤浩二
照明:才木勝
録音:滝澤修
助監督:山口晃二
出演:ミムラ奥寺杏子
吉沢悠桜井尚人
瀬戸朝香野添孝子
ピーター・ホーチェン・ユーティン(陳雨亭)
小泉奈々リー・リィ
石橋蓮司
鰐淵晴子
【解説】
 携帯電話を媒介に死の連鎖が広がる恐怖を描きスマッシュ・ヒットしたホラー「着信アリ」の続編。死の着メロが新たな恐怖を呼び覚し、呪いを巡る恐るべき事実が明らかとなる。主演は前作の柴咲コウに代わり映画初主演となるミムラ。共演に吉沢悠、瀬戸朝香。監督は「ゴーストシャウト」の塚本連平。
 保育士の杏子は、チャイルドセラピストの勉強を始めるようになって、恋人の尚人となかなか会うこともできなくなっていた。それでもカメラマンを目指す尚人とお互い励まし合ってがんばっていた。久々に尚人のバイト先の中華料理店を訪ねた杏子は、そこで薄気味悪い着メロを耳にする。それは、1年前人々を恐怖に陥れたあの“死の予告電話”だった。そして今度もまた、その着信を受け取った人間が凄惨な死を迎えた。やがて杏子の携帯にもその不吉な着メロが鳴り響く。杏子を救うため、尚人は事件を追うルポライター、孝子と共に行動を開始する。そしてついに3人は、事件の鍵が台湾にあることを突き止めるのだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
着信アリ(2004)映画版第1作
着信アリ2(2005)映画版第2作
着信アリ(2005)TVシリーズ
着信アリFinal(2006)映画版第3作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
941 4.56
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-09 02:10:58
1作目が全く面白いと思えなかったのだが、こっちはラストの吉沢悠で結構感動させられたのでそんなに悪く思わなかった。
全然怖くないし、ストーリーの深みは前作同様ないのではっきり「面白かった!!」とは言えないのが残念…。
投稿者:歌王投稿日:2008-01-13 06:53:08
【ネタバレ注意】

相変わらずたいして怖くないし、大した脈絡もなくいきなり舞台が台湾に飛んだりなんだかよくわかりませんが、映画としては前作より面白かったです。特にクライマックスのビデオのシーン、ここだけはけっこうゾクゾクしました。まあ私は「三部作の二作目マニア」なんで、他の方の評価とは違うとは思いますが。

もちろん、ダメな点を挙げればキリなかったりしますが…特に2人の主演女優について。ミムラは、可愛いし演技も悪くないのですが、主演女優というにはいろんなモノが足りない、という感じです。一つ思うに、そのフザケた芸名がかなりの部分ブチ壊してる気がします。一本の映画の顔を務めるのに、いきなりミムラはねえだろうと。これがテレビドラマなら、別にどんなにナメた名前でもかまわないんですけどね。

一方の瀬戸朝香。こちらはこちらで、あまりにも下手すぎて泣けてきます。ビジネスウーマンを表現しようと思ってか、肩に力入りすぎです。美人というだけで「女優」を名乗らせるのはいいかげんやめろと思うんですが、層の薄い日本映画界ではそうも言ってられないんでしょうか。でもそもそも彼女の役って別に美人である必然性もないんで、華がなくてもいいからもっと上手い人をアテてほしかったです。重要な役どころなんだから。

最後に内容とはあまり関係ないけど、せっかく台湾が舞台なのに、テンテンの使い方がもったいないです。わざわざキャスティングしたんなら、もっと活躍させてほしかった。というか瀬戸朝香と役どころが逆でもよかったような。

投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-03-14 22:18:21
【ネタバレ注意】

楽しめるかもと思うが(そう来たか…って事で)。リアルな生々しさが欠落し、殺人も減って派手にもなっていない。(つまり、良く出来た続編のお約束無視でTVドラマ化してる)

まぁ僕的にはラストのサクリファイスで…泣け…まぁホロリ程度だが。
第一作のラストが謎だったとは…不条理でお洒落と思っていたのだが。
人は謎が有ると答えを知りたくなる…
瀬戸朝香は、ここでも超格好良いです〜ビデオに写った殺人を見るシーンは良いね。
ミムラ(って名前なのか?)か〜「海猫」とTVで「ビギナー」は観たが…まぁしっかり者っぽくて爽やかで可憐…いいんじゃないの?

まぁ詰まらない事もないと思うが、ホラーとしては、何か無駄に呪いの原因探しなムービー。

投稿者:irony投稿日:2006-08-13 23:43:27
 冒頭からミムラかよっ!ってな感じで(笑)原作者は多分ア…いや、アレ…なんだろう。ホラーなのに笑ってしまった。
投稿者:Hide投稿日:2006-07-17 20:27:51
何だ、この意味不明な話の展開は・・・ホラーを馬鹿にしているのか。「着信アリ」は話の中後半が面白くなかったが、「2」は最初から最後まで面白くない。
投稿者:かっこう投稿日:2006-07-03 23:22:15
うーん、1はストーリーがもっと練られていたような気がするが、本作はどうも辻褄が・・。無理矢理感が否めない。
野添が捜査に固執するのも説明不足。
1と同じような恐怖であり、新鮮味が薄いというのもある。
怖いことは怖いんだが。特に最初のテレビ電話。
投稿者:bond投稿日:2006-03-10 12:32:49
なんでもありやなー、もう、わや状態。一応怖い思いはしたけどね。
投稿者:さとせ投稿日:2005-12-19 18:41:37
前作が良かったため期待したが、監督と出演者の力量でパワーダウンしてしまった、残念!
原作は「着信アリ2」秋元康(角川ホラー文庫・俺・2)で前作の続きから始まっているのは良いが映画の方が今回も上である。
DVDの2枚目はくだらなく面白い。
投稿者:リザード夫婦投稿日:2005-11-23 19:49:56
前作は、イケイケワッショイで面白かったので、2は傾向からして
もっと派手?になってるのかと思ったら・・・なんじゃコリャ?
単なるダサダサなアジアンホラーになってしまうとは。
着信アリの3作目はなくなってしまいました。多分USAリメイクもね。
投稿者:よっち投稿日:2005-09-30 20:56:59
【ネタバレ注意】

映画の続編で成功した例ってあるのかな・・
この着信アリ2は完全な失敗だね!
台湾からして意味ないし、
真相の出所を深くしたかったのだろうけど、全部裏目だね。
前作の方がかなり上だね。怖かったし。

投稿者:ukacho投稿日:2005-08-08 00:35:07
いやぁ幻滅しました。つまんなかったです。
着信アリがけっこう好きだっただけに2はショックでしたね。無理矢理2をつくった典型パターンです。
まず話がおもしろくない。そしてよくわからん。
台湾に行く意味あるのかと思う。
たいして怖くない。
そして一番主張したいのが映像が暗すぎてよくわからん。一番嫌いなホラーのパターンです。やたら画面が暗く目だけがつかれる。そんな映画でした。
全くお勧めしません。http://blog.goo.ne.jp/ukacho_from_canada/
投稿者:ZERO投稿日:2005-03-28 21:48:21
はぁーつまらん。
1作目はストーリー的にはなんだこりゃ?的でしたが、怖さという面ではそれなりだったように思うのですが、これは笑うしかないです。
あまりのはちゃめちゃぶりに苦笑い。
ほとんど洋画しか見ない私ですが、邦画を見るときはやはり目新しさや、うまさなど期待するのですが、
こんなアホな2作目はやめとけば?
投稿者:skull & rose投稿日:2005-03-02 08:43:01
『仄暗い水〜』に始まり『the EYE』なんかも臭わせて、挙げ句の果てに『リング』の井戸まで持ってきてしまう。しかも井戸浅!(笑)
女子高生あたりならお化け屋敷で怖がるだろうけれど、慣れた大人にとってはケムたがるか、笑い飛ばすかのどっちかかもしれません。私はパロディ映画として充分に笑わせていただきました。ここまでいくと独自に楽しんだモノ勝ちかもしれません…。ラストで振り出しに戻してまだ続編を狙っているんでしょうか。次はもっと開き直って爆笑ホラーにしてほしいものです。

演技力はともかくミムラの一生懸命さには好感を持っています。
投稿者:メンタイ投稿日:2005-02-17 02:25:43
「ポセイドン・アドベンチャー2」くらい“後付け臭い”作品(判りにくっ!)
物語もこじつけの連続なので矛盾のラッシュ!(書くとネタバレなんで書きませんが)
海外で撮る意味もまったく不明。
つまらん!とはいいません。映画館の中でぼ〜〜〜っと観るにはOK。
けど、恐怖を体験したいのであれば、同時期に公開してる「呪怨 THE JUON」を観た方が全然よし。http://www.h4.dion.ne.jp/~mentai23/
投稿者:かじゅ投稿日:2005-02-10 02:09:42
【ネタバレ注意】

♪キンコンカンコン キンコンカンコン っていうあの着メロは、みみ子
だからこその着メロなのに、なんで台湾の場合でもあの着メロなの?
なんだか、ちょっと不思議です。
あまり怖くないし。
映画館で後の席に座っていたカップルの女が、
『こわ〜い』を連発していたが、
果たして本当にそんなに怖かったかと思います。
これくらいの怖さで怖がれるのがうらやましいです。

投稿者:girudo投稿日:2005-02-09 01:13:55
着信アリを観て面白かったので2を拝見させてもらいました、正直に言えばかなりがっかりいたしました。 というのもものすごく後付けくさいストーリーです、無理やり作った感がすごい感じられました、あとキャスティングももう少しどうにかならなかったんですかね?
投稿者:籐四郎投稿日:2005-02-01 22:10:07
 ホラー映画ファンでない私にとっては、怖いというよりも、やたらと驚かせるような内容でした。
 作品として、前作が確信犯的にラストをめちゃくちゃにこね回して観客を煙にまくという手法をとったために、今回は宿命的に前作からのストーリーの辻褄あわせをせねばならず、分かり易くなった反面、新鮮味が薄れたような気がします。
 主演のミムラが、まだ演技力で勝負できないので仕方ないとは思いますが、恐怖感を表すのにやたらと目をまん丸にしたり、やかましいくらい絶叫したりするのがいじらしかったです。ただ、イマイチ恐怖感は伝わりませんでした。
 もともとジャパニーズホラーのブームに便乗した安易な企画から出発しただけに、二作目が傑作となることなどないのですが、もちっと丁寧に作って欲しかったです。
 ぶっちゃけ、角川映画系ですが日本テレビも絡んでいるので、前の「東京タワー」との兼ね合いで、効果的な宣伝をしにくいのがもの凄く痛いとこであろうと思いました。
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】着信アリ2レンタル有り
 【VIDEO】着信アリ2レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION