allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

姑獲鳥の夏(2005)

メディア映画
上映時間123分
製作国日本
公開情報劇場公開(日本ヘラルド映画)
初公開年月2005/07/16
ジャンルミステリー
女は妊娠20ヶ月。
いったい何を身ごもったのか――。

あなたの憑物(つきもの)、落とします。
姑獲鳥の夏 [DVD]
参考価格:¥ 1,800
価格:¥ 2,100
USED価格:¥ 887
amazon.co.jpへ

 Photos
姑獲鳥の夏姑獲鳥の夏

【クレジット】
監督:実相寺昭雄
製作:荒井善清
森隆一
企画:遠谷信幸
プロデューサー:小椋悟
神田裕司
原作:京極夏彦
『姑獲鳥の夏』(講談社刊)
脚本:猪爪慎一
脚本協力:阿部能丸
撮影:中堀正夫
美術:池谷仙克
編集:矢船陽介
音楽:池辺晋一郎
衣裳デザイン:おおさわ千春
照明:牛場賢二
整音:瀬川徹夫
録音:藤丸和徳
助監督:勝賀瀬重憲
安原正恭
監督補:服部光則
出演:堤真一京極堂(中禅寺秋彦)
永瀬正敏関口巽
阿部寛榎木津礼二郎
宮迫博之木場修太郎
原田知世久遠寺涼子/梗子(二役)
田中麗奈中禅寺敦子
清水美砂中禅寺千鶴子
篠原涼子関口雪絵
松尾スズキ内藤赳夫
恵俊彰久遠寺牧朗
寺島進原澤伍一
堀部圭亮青木文蔵
三輪ひとみ戸田澄江
原知佐子澤田富子
荒川良々和寅
京極夏彦
すまけい久遠寺嘉親
いしだあゆみ久遠寺菊乃
【解説】
 “妖怪”という現象を切り口に、民俗学をベースにした過剰なほどの蘊蓄と大胆不敵な仕掛けでミステリー界に革命をもたらした京極夏彦衝撃のデビュー作にして、いまや数多くの熱狂的ファンを持つ“京極堂シリーズ”の第1作目でもある同名小説を実写映画化した怪奇ミステリー。戦後間もない東京を舞台に、“憑物落とし”の古書店主・京極堂とその仲間たちが、大病院を営む名家をめぐる奇々怪々な事件に挑んでいく。監督は「帝都物語」の実相寺昭雄。主演は「弾丸ランナー」の堤真一。
 昭和27年、夏の東京。巷では産婦人科、久遠寺医院にまつわる不気味な噂が広まっていた。それは、院長の娘・梗子が20ヶ月も身籠もったままで、彼女の夫・牧朗は1年半前に密室から失踪したというもの。生活のため雑誌“稀譚月報”の依頼で事件を取材することになった小説家・関口は、数少ない友人で“憑物落とし”の顔を持つ博覧強記の古書店主・京極堂こと中禅寺秋彦に相談を持ちかける。やがて事件は、奇想天外な言動で周囲を混乱に陥れる私立探偵・榎木津や榎木津の幼なじみの武骨な刑事・木場らをも巻き込みながら、思いもよらない展開を見せ始め…。
<allcinema>
【関連作品】
姑獲鳥の夏(2005)第1作
魍魎の匣(2007)第2作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
26127 4.88
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2012-06-16 23:27:35
ホラー? それともミステリー? どちらの要素も楽しめなかった。
投稿者:scissors投稿日:2012-05-23 23:22:03
昔見て受け付けなかった記憶があるが再度挑戦。
しかし30分経たずに停止。
20分ちょっと見ただけでもまあいろいろと酷い。というか全てが酷い。
投稿者:nicky投稿日:2010-05-30 11:59:28
話が難解というより、奇妙な話なので、ストーリーがつかみづらいかも。

京極夏彦役は、京本政樹のほうがよかったような…堤真一では、妖しさが足りない。

原田知世も清楚すぎて、狂気が足りなかった。http://ameblo.jp/nicky/entry-10548883551.html
投稿者:さとせ投稿日:2007-04-12 08:07:13
20ヶ月も子供をおなかに身ごもっている原田知世。そんな妹を救いたくて探偵事務所に相談に行く姉。調査するうちに姉妹の自宅である産婦人科の悪い噂が聞こえてきた。手に負えなくなってきた男は古本屋にして陰陽師である京極堂に救いを求めるが・・・。
原作は処女作にしてベストセラーになった「姑獲鳥の夏」(京極夏彦・講談社・評価3・5)。
映画は原作をなぞっているが、もともと映画化が難しいといわれていたのでダイジェスト化している。そのため原作を読まないと分かりずらい部分あり。評判は散々だったが出演者・セットは凄い!
投稿者:tanudesu投稿日:2007-03-04 18:05:28
関口役の永瀬氏は好演。石田氏は年季を感じさせる場面を作った。榎木津と中禅寺敦子は適役。中禅寺敦子の演技・演出には満足できないが、第1弾だし、脇役だから、及第点といったところ。木場のキャスティングには不満だが、他に役者が居ないのなら仕方がない。演技力を磨けば何とかなる可能性はある。この話の主役の久遠寺涼子はミスキャスト。とにかく力不足。このシリーズの主役の京極堂はミスキャスト。役者のせいではないが、怖くもなければカッコよくもない。これは致命的。そもそも、原作の何を気に入って映画化しているのか全く分からない。この映画を観てしまったがために原作を読むのをやめた人が多い筈。名作なのに。せめて、映画の名称を原作と異なる名称にしてほしかった。そうすれば、私は、観ずに済んだ。
投稿者:マジャール投稿日:2006-12-27 12:56:37
しょせん、原作のダイジェストだけど、これはこれで面白いと思った。(劇場で観ました、2回観た)
突然、月球儀が現れ、月齢比○:○○、なんてシーンが原作にはないアイデアで、ちょっと感心した(サスガ)。そして、現代音楽の雄、池辺晋一郎先生のスコアに感動!
この監督にしては、普通に娯楽作品してて、普通に面白かったです。
これ、シリーズ化されるんでしょうか?(監督、お亡くなりになりましたね。ご冥福を)
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2006-10-29 13:31:47
【ネタバレ注意】

この雰囲気(映像)は素晴らしい。そして最後に超現実的なものが共存しながら現実的な解決に収束するストーリーは良く出来ており理解不能な訳ない〜が、頭のすっきりした状態で鑑賞すべきかも。

何よりもN響アワーでお馴染みの池辺晋一郎による現代的な音楽が実に良い。
キャストの演技?〜ほぼ完璧。名優と評判の俳優なぞいないようだが、彼等のマネは中々出来ません。強いてゆえば、原作どおりのタイトルが何か嫌。「〜の夏」って言葉は、蚊取り線香を連想する。ので、そのセリフ部分と、大火災の後、ラストをどう締めるのだろう?と、ワクワクしてたが、まぁ「戻り坂」は良いね。が、エンドロールの後のサービスは不要ではないかと。安易だよ。お逝きなさい、じゃないんだから。

いきなりの衒学的な科学論が素敵。いっきに引き込む。鬼子母神の解説は一般論までしか思いつかなかったが…まぁ理解は大概出来るのだが、これを記憶してさらりと言ってのける京極堂は凄いね。呪の罠か。「陰陽師」(のアクション/コメディー化)にがっかりした人は、こっちかもね。

勿論、絵は横溝正史的(2階からの俯瞰やら、どことなく静謐な雰囲気やら)だが、超現実的なものの共存って点、無垢なる殺人者って点で、何処となくグロさがグロくならずに終わっている。が、超現実なるもの…実は不思議なものでも何でもなく、世の中には解明されていない謎が山ほどある…そのひとつに過ぎない訳なのだが。ブラック・ジャック(コミックス)以来だな、あれは〜実に悲劇、そして遣り切れない。勿論、真相は想像が付く。が、妊婦の方にはお勧めしないね。

※原作、読みました。戻り坂は原作から〜だけど大火災は映画的な演出だったのか…原作の方が遥かに推理小説〜涼子と梗子の印象による勘違いの罠…性的に淫靡な朝鮮朝顔〜そして、あの儀式は圧倒的な文体で描かれる…が、映画に対する↓の星評価はそのままです。(上記に書いた多少の無駄カットは兎も角、良く出来てるよ…知世ちゃんは半裸で子供を抱かないが…)

投稿者:ディラン投稿日:2006-10-06 12:46:42
(映画犬神家やTVシリーズね)を楽しく拝見していた世代で、同様な期待を持って見ましたがちょっとがっかりでしたね。
原作は未読ですが時代背景やグロイストーリー、複雑な人間関係、特異なキャラクターの登場等金田一シリーズ的な要素満載でしたが、爽やかな役者の配置で毒気が消えたか?

もし京極堂シリーズ化となれば市川先生どうかな?
投稿者:てんご投稿日:2006-08-31 06:47:54
みんなが言うほど、そんなに酷くないと思うけどね。ストーリーが難解で意味不明?ちゃんと見てた?普通に分かるでしょ?そりゃさ、2回見れば気付くこともあるかも知れないけど、「意味不明」っていう意味が不明です。原作を知らない私ですが(知らないからこそかもしれませんが)、普通に楽しめましたよ。
投稿者:まくらK投稿日:2006-07-30 20:16:39
みんなわけわからんかったんやー
よかったよかった

途中でどうでもよくなって
ひたすら終わるのを待ってたような気が
投稿者:bond投稿日:2006-07-15 13:46:33
スタイリッシュで成功させるのは難しい、いしだあゆみって老けたなー、それが怖かった。
投稿者:BLADE投稿日:2006-02-07 21:33:23
話が複雑なのが難点。もし映画館で見たら、分からないことだらけだっただろう。
豪華な出演人も、話がごちゃごちゃしているせいで印象が薄い。三輪ひとみ目当て
で見たが、彼女の最初の登場シーンがいきなり死体とは、ちょっと悲しかった。
投稿者:jinh投稿日:2006-01-02 17:51:46
京極作品を全く知らない一般人として観た感想。
多彩なキャスト + 話題となった原作 ÷ 一本の映画としてまとめきれない制作陣の力量不足 = 完結した映画としてのストーリー性に欠け演出の空回りだけがやたら目につく映画、といったところか。
久しぶりに観た邦画なのだが途中でやめてしまった。カネを払ってみる映画ではないと思う。こんなのTVでやってくれ。

原作を読んでいないので

一言でいって制作者の「自己満足」でさっぱりわからん。京極夏彦ファンならわかる映画、とせめて謳っておくのが良心というものだと思うが、京極作品自体を読んだことのない自分は京極作品を読んでみる気もなくしてしまった。俳優陣、原作者の問題ではないだろう。実相寺昭雄という監督に怒りを覚えた。
投稿者:vale投稿日:2005-12-24 22:50:33
京極堂と榎津のキャストにひかれてDVDを借りましたが、原作を思い出しながら観てもついていけない所が多々。映画だけでは話がわからないのでは?映像化できるなら是非・と期待していたのですが、及第点には遠いですね。スタッフ入れ替えて再チャレンジ希望です。
投稿者:sflover投稿日:2005-11-29 23:31:54
推理モノ好きとしては一度は見とかないとと思ったが
理解する以前の問題で映画自体面白くなく途中でやめた。
豪華役者陣というが何を基準に豪華と言うのか。
稚拙な演技でも名前だけ有名なら良いんだろうか?日本人俳優は楽だね。
田中麗奈、昭和27年頃の女性に見える?化粧が現代風すぎ。
役者やるならそこまで徹底してもらいたい。雰囲気ぶち壊しで入れないよ。
モンスターのセロンほどやってみろって。
投稿者:もぐらまる投稿日:2005-08-17 01:13:14
アングルや小道具や音楽で通には「おおジッソー君またやってるよ」とたまらないのだ。この味を知るためには自分でカメラをのぞいて見るのが一番速い。あと身の回りの風景をよく見ること。あんな奇妙な目はなかなか持てない。ただもっと変態やって純情な人を怒らせてもよかった気がするなあ。
投稿者:ゆうじ投稿日:2005-07-31 01:52:44
映像、音楽、効果等は、目新しさはないけれどまずまずの出来。この辺はベテランの監督ならではの味(ちょっと誉めすぎか)。
しかし、ストーリー面はかなり問題あり。とにかく色々話が飛びまくっている感じで、まとまりが全なく訳がわからない状態が続く。だいたい、何でこの話の中に水木しげるのエピソードが出てこなきゃいけないんだ??(私は、結構水木しげるの漫画は好きなのだが・・・)一応ジャンル的にはホラーミステリーなのだろうが、恐怖も謎解きの緊張感も感じられない。
俳優陣の顔ぶれはなかなか豪華なのだが、ストーリーや役どころがうまく整理されておらず、演技の印象が薄い。完全に宝の持ち腐れ。
投稿者:Cinema Trek投稿日:2005-07-27 02:26:12
予告編から「犬上家の一族」や「八つ墓村」と同様、ホラー系ミステリーと認識。しかし東映上映作品ということと書き込みの評価から期待せず、くだらなさ観たさに足を運んだ。出演者は豪華メンバーを揃え超一流作品。ミステリー作品としては、ベストセラー作品とうなずけるものだった。そこは東映上映作品。「犬上家の一族」や「八つ墓村」のように映画史に残るような作品を監督が台無しにしてしまっている。もったいない話である。監督の独特の技法らしいが、「ウルトラマン」じゃないのだから一時、「ポケモン」で問題になったような派手な閃光。やってはいけないと言われているような「サブリミナル」風ちらちら映像。カメラを上から回転させる映像。不協和音の効果音。一瞬では読めない読みが難しい漢字のオンパレード。シーンがあちらこちらに飛び一貫性に欠けるかったるいストーリー展開。後半は、くどくどと眠気を誘う長ったらしい謎解き解説。映画を観て気分が悪くなったり眠ってしまいそうな観客が出てきそうな作品だった。

20050725_Cinema鑑賞_60点
投稿者:殺し屋2投稿日:2005-07-25 19:28:25
↓の方に賛同です。監督も酷評されるほどのレベルの仕上がりではありませんでした。でも、市川監督なら更なる良い出来映えになっていたであろうと思われる(トヨエツ金田一・八つ墓村は最悪だったが…)
ケレンミたっぷりの映像はこの監督の特徴です。多くの方は拒否反応示すでしょう。(実際、前の席のおばあちゃんは気分悪くなってたし…)豪華キャスト目当てで行くと痛い目みます。どういった作風の監督かは要予習!
ただ配役はミスキャスト。俺ならこうする。
篠原涼子・原田知世チェンジ。(理由・原田はエロさが足りない。現在の篠原の方がエロさ&演技力は原田よりも上)
松尾スズキ→吹越満(吹越は出てないが松尾より氏のほうがイヤラシイ不倫色気がある。)
宮迫→加藤武(原作無視の市川節炸裂!「よーし、分かった!」ここ最近の宮迫は全盛期の輝きなし。カッコつけはよろしくない。)
いしだ→草笛or岸恵子(なんだかんだで市川節)
買収されたおばはん→白石加代子(結局、市川節)
すまけい→仲代達也from女王蜂



結局、市川バージョンが観たい俺。

投稿者:メンタイ投稿日:2005-07-25 03:08:42
京極夏彦原作なんて市川崑監督クラスじゃないと料理出来ません。
難易度高すぎですよ。まず“昭和の怪奇色”が出ないよ。
だからこの映画は、

堤真一、永瀬正敏、阿部寛、宮迫博之、原田知世、田中麗奈
清水美砂、篠原涼子、松尾スズキ、恵俊彰、寺島進、堀部圭亮
三輪ひとみ、原知佐子、荒川良々、すまけい、いしだあゆみ

なんつー物凄い超豪華キャストを
「怪奇大作戦」時代の実相寺昭雄監督節で楽しむのが一番です。

堤真一、いいっすね、相変らず。
金田一耕助+安倍晴明みたいな役色をうまく操ってます。

カメラワーク、ライティング、(良い意味)古臭い演出、説明中心の展開。

おいらはニヤニヤしながら楽しみましたよ。
逆に“旬な若手監督”を起用しなくてよかったと思います。
“昭和のテレビ屋さん”が撮った怪奇映画。
いいんじゃないっすかね〜♪http://www.h4.dion.ne.jp/~mentai23/
投稿者:masamami投稿日:2005-07-25 00:48:23
「関口君、この世に不思議などないのだよ」とか何とかはっきり覚えていないのだが、少しも頭が良さそうに見えなかった古本屋のおじさんが言っていたが、反対に言ってやりたい。「この世に不思議はあったのだよ。こんな糞映画を作る馬鹿がいる不思議があるのだよ」とね。
とにかく退屈。イライラしてくるだけ。大体原作自体が極限的につまらないのじゃないの。脚色するにしても、原作が面白ければもう少しましになるだろう。
印象に残っているのはミイラのような顔になっている気持悪いいしだあゆみが
脈絡もなく叫ぶところだけ。
傷痍軍人役で原作者の京極とかが出演していたが、ただの冴えないデブのおっさんでした。
こんなものに金出したことが間違いだった。時間と金を返せ。
投稿者:イドの怪物投稿日:2005-07-21 19:03:12
口直しが必要な映画。
この映画を見た後は是非別の邦画でも洋画でもご覧下さい。
ともかくカメラワークで遊びすぎ。ストーリ展開も講談でも聞いているみたいで登場人物がまるで絡んでいない。
安手の特撮映画といった感じで、画面自体も美しさは無く中途半端。
救いがあるとすると、季節感だけは出ていたと思う。
投稿者:洞爺投稿日:2005-07-19 14:03:20
>>籐四郎
アンタ、何で見に行こうと思ったんだ
投稿者:maldoror投稿日:2005-07-14 05:01:32
期待通り昭和27年の世界観を完璧に再現しようとする実相寺美学がこれでもか!とばかり全編で貫かれています。とにかく画面の隅から隅まで古き良きアンティークな文物を楽しめる映像でした。傾いてるカメラワークに幻惑されないようにしましょう。

そしてもちろん人物ドラマは最凶にグダグダです(笑)。まともにその役柄が立ってたのは令嬢原田知世と京極堂の中性的な妹田中麗奈くらい。それ以外は真面目に演技に打ち込んでいるお笑い系の方々を含めネラったかのごとくハズしまくり。特にだいたいどんな役柄でもある程度の存在でいてくれる安心俳優永瀬正敏がこんなに使えてない作品は初めて観ました(笑笑)。型にハマり過ぎの演出をすればするほど不協和音を奏でる、さすが御大監督作品! 体力のある方は途中退場を、無い方は座席で快眠のどちらかがお選びいただけます。
投稿者:籐四郎投稿日:2005-07-04 22:44:18
 原作を読んだこともないし、ミステリーファンでもない立場からすると、なんでこんな話を映画化しようとしたのかがサッパリ理解できませんでした。
 だってこの映画、後半30分くらいかけて、延々と謎解きの解説ばっかしてるんですもん。実験映画じゃないんだから、いくらなんでも元の話が複雑すぎるし、伏線も張りすぎだろ!
 やたらともったいぶって理屈っぽいマニアの自慢話を、わけも分からずポカンと聞き流しているような気分でした。
 それと、演出としてカメラのフラッシュを連続してたくような光の使い方をしていましたが、はっきり言って、これは不快でした。この部分は割り切って下を向いてました。
 ということで、私には鉄板でこの作品は当たらないように思えてしまったのですが、「あずみ2」にしろ「オペレッタ狸御殿」にしろ、こんなことやってて大丈夫か?日本ヘラルドさん。
 もひとつだけ・・・頼むから引退してくれ実相寺監督。
 
【レンタル】
 【DVD】姑獲鳥の夏レンタル有り
 【VIDEO】姑獲鳥の夏レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 オリジナル・サウンドトラック「姑獲鳥の夏」
新品:¥ 3,024
4新品:¥ 2,724より   4中古品¥ 792より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION