allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

大統領の理髪師(2004)

THE PRESIDENT'S BARBER
孝子洞理髪師

メディア映画
上映時間116分
製作国韓国
公開情報劇場公開(アルバトロス・フィルム)
初公開年月2005/02/11
ジャンルドラマ/コメディ
「ぼくのお父さんは床屋さん。
でも、どこにでもいるただの床屋じゃないよ。」

激動の韓国「圧政」の時代に大統領に仕え、家族のために生きたある床屋の感動の物語
大統領の理髪師 [DVD]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 25,526
USED価格:¥ 1,211
amazon.co.jpへ

 Photos
大統領の理髪師大統領の理髪師

【クレジット】
監督:イム・チャンサン
脚本:イム・チャンサン
撮影:チョ・ヨンギュ
音楽:パク・キホン
出演:ソン・ガンホソン・ハンモ
ムン・ソリキム・ミンジャ
リュ・スンスチンギ
イ・ジェウンソン・ナガン
ソ・ビョンホチャン・ヒョクス
パク・ヨンスパク・ジョンマン
チョ・ヨンジン大統領
【解説】
 韓国の激動の時代を背景に、様々な歴史的政治事件を庶民の目線から描き出したドラマ。一介の小市民にしかすぎない一人の男が、ひょんなことから大統領の専属理髪師に選ばれたことで、政治の暗部を目の当たりにし、やがては時代の渦に巻き込まれていく姿を、家族の絆を軸に、笑いと涙で綴る。監督は、これが長編デビューのイム・チャンサン。主演は「JSA」のソン・ガンホと「オアシス」のムン・ソリ。
 1960年代の韓国。大統領官邸“青瓦台”のある町、孝子洞で理髪店を営むごく普通の男、ソン・ハンモ。彼は、近所の人々同様、大統領のお膝元であることを誇りに思い、時の政府を妄信的に支持し、熱烈さのあまり町ぐるみの不正選挙にも加担するほどだった。新米助手のキムを無理やり口説いて結婚し、やがてはかわいい息子ナガンも生まれ幸せな毎日を送るソンに、ある時大きな転機が訪れる。ふとした事件をきっかけに、彼は大統領の理髪師に選ばれるのだった。これによって、ソンは思いがけず、権力をめぐる政争の渦に巻き込まれてしまうのだった…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1492 6.57
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:いまそのとき投稿日:2009-09-13 16:08:04
とありますが、朴正煕政権下の韓国を描いた政治色の強い社会映画です。
北との確執をコメディとして扱った所は面白い。16年にわたる長期独裁政権下でしたから、民衆は相当に抑圧されていた部分があったんでしょう。ただし映画にもあった漢江の奇跡は彼の功績といわれ経済発展に大きく貢献したということは評価されているようです。自国の近代史を庶民の視点から見た秀作です。
投稿者:クリモフ投稿日:2008-12-27 02:23:53
難しい映画ですな。歴史に翻弄される純粋なおっさんが主人公って話で、多分撮り方などは「フォレスト・ガンプ」を参考にしている感じだけど、こっちはやはり歴史を見つめる視点が強いね。韓国の歴史の黒い部分を重くなりすぎずコメディタッチに描いたことは評価できるし、それほど昔ではない歴史を冷静に風刺する批判精神は素晴らしいと思う。
 しかし、その志の高さに映画的な完成度が追いついていないんだよなぁ。コメディタッチな部分とシリアスな部分の相性がよろしくない。面白いシーンや感動するところもあるのに、それが映画的な流れになってない。韓国史に精通していたらまた印象が違うんだろうけど、単純に映画だけ見るとそんなに完成度は高くないと思う。ただやっぱり、自分の国の歴史を正面からきっちり捉えたという「熱さ」がこの映画にはありますね。
 こういう映画、日本じゃ無理だろうなぁ。自分の国の歴史を見つめれないのが悲しいね。
投稿者:真壁 六郎太投稿日:2007-04-02 17:36:36
自分は韓国人ではないので歴史のことはよく分からないし、日本人としてみる分にはそれでいいと思う。私はソン・ガンホのファンで彼の魅力は十二分に堪能できた。それだけで見るに値する映画ですよ。ちなみに劇中の大統領に政治資金を供給したのはCIAエージェントの児玉誉士夫です。そういう歴史があることを描けない日本映画界こそ糾弾されるべきでは?
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2007-03-21 22:44:40
出だしは良かったのに、途中から何が言いたいのか解らない話になった。最後の「閣下。髪が伸びたらまた来ます」(多分チョン・ドファンだと思うけど)には笑ったけど。
投稿者:irony投稿日:2006-05-13 05:56:52
 分かるけど、コメディセンスには付いて行けず。
投稿者:篭瀬山投稿日:2005-08-23 01:18:01
シチュエーションから生まれる笑いに小ギャグをまぶしていい感じに進んでいたのに、「マルクス病」のカマトトぶりにしらけてしまいました。庶民は阿呆だから思想には無縁、ですか?馬鹿にしてます。というか、笑いとして面白くない。前世紀の遺物ですね。4
投稿者:うみひょうた投稿日:2005-08-18 12:25:59
【ネタバレ注意】

“龍の眼”と“菊の花”はそれぞれ“中国”と“日本”を隠喩してますね。で、それを煎じた茶を飲むと、やっと自立できるようになるということでしょう。ボクはコテコテの日本人ですが、そういう描写が嫌にならず、かえって胸が熱くなりました。アメリカ批判も、ある。
それはやはり“事大主義”という長年のコンプレックスの克服が主題であるからでしょうか。ブラックなジョークとペーソスに彩られながら、なぜか温かい雰囲気のあるいい映画でした。http://www.geocities.jp/umihyouta/

投稿者:surikire投稿日:2005-08-06 15:06:33
終始コメディ路線で徹底したなら、さぞかし傑作になったろうと思うと惜しい。(賛否両論あるだろうけど)変にシリアスさを混じえた展開は個人的には非常に残念であった。主演の男優さんは素晴らしく味があるし、序盤は本当に笑わされたもの。劇場で見たが、私と同じく消化不良の人は少なくなかったと思う。なぜなら同劇場でいつもはエンドテロップが流れ始めても即座に席を立つ人は数人で、ほとんどの人は余韻に浸って画面を見続けているものだが、この時はエンドテロップが流れ始めた瞬間自分を含めて何十人もドヤドヤと出口に急いでいたから・・・。「妙な映画見ちゃったなあ、サッサと帰ろう!」って感じで。But、前の席の人はハンカチで顔を押さえてすすり泣いていたから、これに感動する人もちゃんといることも付け加えてはおきます。悪しからず。
投稿者:映写室からこんにちは投稿日:2005-04-08 10:41:21
 Longislandさんがコメディを軽くみている臭いがプンプンします。権力を笑い飛ばすのがコメディの身上です。その理屈なら、チャップリンの「独裁者」やチアン・ウェンの「鬼が来た!」も駄目だということになってしまう。

 映画は現実の反映。どう反映させるかは演出の選択というもの。現実的に描写するのが正しいというものではありません。

 なにより、ソン・ハンモは実在の人物ではなく、すべての韓国人の代表だということに気がつくべきでしょう。マルクス熱エピソードでの密告も電気拷問も、すべて当時の韓国人が“国を守るためには”と容認していたこと。「本人に自覚無く独裁者の側近になったとしても、独裁者への親愛を感じてしまった」のはハンモではなく当時の韓国人だったということ。それを理解すれば、独裁体制や大衆の不覚への痛烈な批判になっていることに気がつくはず。ラストシーンが何を象徴していたのかも気がつくはずです。

 シナリオの完璧さにも、この監督の非凡さを感じます。むしろ、東京国際映画祭ではグランプリをあげたかった作品です。上辺だけで判断すべきではない作品です。
投稿者:ゆうじ投稿日:2005-02-17 22:25:59
息子の視点で語られる物語は、韓国映画にしてはよくまとまっている。
強い者には巻かれろ的な主人公の姿や、いかにも官僚的な大統領やその側近達の態度に嫌悪感を覚える観客が多かったようだが、作品的には皮肉がそこそこ効いた面白い作品だと思った。まあ、正論が通らない軍事政権下の韓国が舞台なので、面白いシーンでも素直に笑っていられなかったのは事実だが・・・。

それにしても、当時の大統領を始めとする体制側を徹底的に悪として描いているのには驚き。噂には聞いていたが、朴元大統領の人気が無いことを実感した。
投稿者:Longisland投稿日:2004-11-03 00:38:13
個人的にはまったく笑えなかった作品。60年代独裁政権時代の韓国の庶民人情話で随所に笑いの企みは感じるものの、時代背景を考えると素直には笑えない。特にマルクス熱エピソードでの密告や、メルヘンチックな電気拷問は最低。実際には拷問で亡くなった人もいるんだし、独裁為政者の醜さ、常に監視される恐怖が薄まってしまう恐ろしさを感じた。

本人に自覚無く独裁者の側近になったとしても、独裁者への親愛を感じてしまう主人公にまったく共感できず。

本作品がTIFFコンペの観客賞とは・・・・早く韓流ブーム終わらんかね〜

追記05.4.8
う〜ん、臭いますか(笑 自分はコメディーに対して苦手意識あるのかな〜?
確かに「独裁者」「鬼が来た!」って苦手な作品です。 映写室さんのプロファイル当たってるかも。 話は変わり本作品はコメディーなんですか?
TIFFの上映後ティーチインでイム監督は忘れられそうな60〜70年代を若い人達に知って欲しかった云々との発言をされてました。まあ、確かに時代をどう描くかは演出の選択ですから、コメディータッチにするのも正解かもしれません。でも監督の上記発言を考えるにその意図が正しく本作品で表現されてるのか疑問。 

シナリオは完璧?
私は前半の権力者を揶揄するコミカルさ・軽さと後半の親子愛・重厚さのバランスの悪さが気になりました。 本作品がTIFF観客賞ってのは正直疑問、韓国映画だから評価される韓流ブームに食傷気味。時の流れの中で、ミラージュ、るにん等コンペ他作品に比較しても完成度低くグランプリには及ばない平凡な作品としか思えませんでした。

とはいえ映写室さんの「主人公が当時のすべての韓国人の代表」意見もに納得。自分とは違った見方があることに気がつきました。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 最優秀監督賞イム・チャンサン 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】大統領の理髪師2005/08/05\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】大統領の理髪師レンタル有り
 【VIDEO】大統領の理髪師レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION