allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

恋に落ちる確率(2003)

RECONSTRUCTION

メディア映画
上映時間92分
製作国デンマーク
公開情報劇場公開(アーティストフィルム=ビターズ・エンド)
初公開年月2004/12/11
ジャンルロマンス/ミステリー
運命の人は、近づいている。
恋に落ちる確率 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 13,800
USED価格:¥ 4,500
amazon.co.jpへ

 Photos
恋に落ちる確率恋に落ちる確率

【解説】
 運命の女性に恋した瞬間、これまでの日常が文字通り一変してしまった男が辿る不思議な恋の行方をオリジナリティ溢れるタッチで描いた異色ラブ・ストーリー。監督は本作で劇場長編デビューとなる新鋭クリストファー・ボー。2003年のカンヌ国際映画祭で新人監督賞に当たるカメラ・ドールを受賞。主演は「しあわせな孤独」のニコライ・リー・カースと一人二役を演じたマリア・ボネヴィー。
 デンマーク、コペンハーゲン。カメラマンのアレックスは、父と恋人シモーネの3人で食事をしていた。だが、父が苦手なアレックスは先に店を抜け、駅でシモーネと落ち合うことに。一方、小説家の夫に連れ添いこの街に来たアイメ。夫は執筆に没頭してしまい、取り残された彼女は独り街をさまよう。そして、ノーアポート駅でアレックスとアイメは出会った。彼女に一目惚れしたアレックスはシモーネのことを放り出して彼女の後を追う。2人はたちまち恋に落ちて一夜を共にする。ところが翌朝、アレックスがアパートに戻ってみると部屋は忽然と消え、友人ばかりかシモーネまでもがアレックスのことを知らないと言い出すのだった…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
642 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:URYU投稿日:2009-11-17 00:09:34
ザラついた画面に、鋭い切り替えしが連続するカット割り、デザインセンスを感じさせる構図…人物のクローズアップを多用したカメラアングルが俳優たちの表情をアート的に捉えて、寡黙な会話のやりとりが多義的な余韻を残す。

手品でタバコを宙で構えるマジシャンが冒頭とラストに登場して「これはいうまでもなく映画である」のナレーション…フィクションの魔法がムーディに展開し、コールポーターの名曲「ナイト・アンド・デイ」の渋い歌声が優しく響く。

男女の恋のかけひきが、ある時は純情に、ある時は打算的に繰り広げられ、結局は元の鞘に納まる様に見えるが…いや全ては主人公の妄想…いや映画の魅せた幻影…はたまた…。

キーポイントは、主人公アレックス(ニコライ・リー・コス)が愛する2人のヒロイン=アイメ、シモーネをマリア・ボネヴィーが1人で演じている事と、アイメの夫=アウグスト(クリスター・ヘンリクソン)が、妻をモデルに小説を書いている事…“これはもしかすると夫の小説の中の世界なのかも”と思わせる2重構造がココロニクイ。

これは映像センスの中にトリップ感覚を味わえる極めてムーディな一編。http://blogs.yahoo.co.jp/kow_m3399/22836936.html
投稿者:黒美君彦投稿日:2007-06-05 11:28:18
【ネタバレ注意】

悪夢に陶酔する。そんなことがある。
ここでいう“悪夢”とは、現実の「私」を揺さぶり幾度となく反芻する夢のことである。

夢の内側で、自明の理であるはずのことが覆され、自らの意識すらも制御できない…なのに現実感がつきまとい、その時空に浮遊する快感すら覚えることがある。
目覚めたときに決まって安堵するのだが、一方でどこか無意識のうちにその夢にすがる自分を発見する。それは悪夢が、自分自身の充たされない欲望そのものであるからか。

ざらついた映像は私をそんな悪夢にいざなった。
充たされない愛の形を追う男アレックス・デイヴィッド(ニコライ・リー・カース)。恋人シモーネ(マリア・ボネヴィー)を振り切って、通りすがりの美しいアイメ(マリア・ボネヴィー/二役)と恋に落ちる。その瞬間それまで生きてきた空間と過去は全て喪われ、幽かな愛の余韻にアレックスはすがるしかない。
ここではない場所へ、そう、ローマへ行こう。
アレックスはデンマーク語で、シモーネはスウェーデン語で語り、ここでもディスコミュニケーションが暗喩として提示される。
愛におけるコミュニケーションの意味とは。
シモーネはアイメで、アイメはシモーネで。ではアレックスは誰なのか。
答えのない悪夢が繰り返される。

原題“Reconstruction”は「再現」とか「再構築」といった意味だが、私は愛の形を追って彷徨する悪夢の再構築、あるいは作中登場するアイメのパートナー・アウグストの作品の再現かと感じた。恐らくそれはどちらでもいいことなのだ。冒頭とラストのナレーション。「これは作り話、映画だ。でも心は痛む」。
悪夢と言う迷宮に迷い込んだのはアレックスであり、そして私自身だった。

ラース・フォン・トリアーらが提唱する「ドグマ95」に共鳴した作品だということだが、邦題に反して?そこはかとなく哲学的であり、詩的な傑作。

…私はまだ悪夢に陶酔している。

投稿者:tusaka投稿日:2007-06-04 22:10:11
 なぜか、デビッド・リーン監督の「逢いびき」を思い出した。そこでは主人公2人は共に結婚していたが、本作では彼女のいる男と人妻との恋物語だ。運命的な出会いならば、それこそ無数の映画で描かれ、こちらが単にその中のひとつとして「逢いびき」を思い出しただけなのだが。
 つまり本作の物語はありふれている。恋は予告なしにあらゆる場面で我が身に起こり、時には身も心も引き裂かれるほどの想いに振り回され、その結末は過去にいくらでも求めることができる。その意味で「逢いびき」もまたありふれた恋物語を描いたに過ぎない。
 しかし「逢いびき」が傑作となったのは、ノエル・カワードの脚本の斬新さとデビッド・リーン監督の演出力によるものだ。脚本と演出の非凡さで、虚構の映像世界の中のありふれた恋物語は、いつの時代にも我々を酔いしれさせてしまうのだ。映像の嘘を巧みに操り、ひとつの平凡な恋物語を心地よく堪能させてくれたクリストファー・ボー監督の手腕に脱帽。この映像センスはちょっとすごいと思う。
投稿者:well投稿日:2005-11-15 23:39:42
邦題から軽い感じのラブストーリィを想像していたが、ぜんぜん違う内容だった。

真実恋に落ちたときの、のっぴきならない境地を痛いほど味わえる不思議な映画だった。そして、とてもきれいな映画だった。
投稿者:投稿日:2005-06-13 00:14:15
北欧映画界の新たな才能、クリストファー・ボーの傑作!あの『去年マリエンバートで』と匹敵するほどの難解さだがその語り口が癖になる。個人的な解釈では妻の不倫に苦しむ作家の仮想と現実が混在した物語という説明が最適かと思う。が、本作の魅力はそのシナリオではなく何といっても不思議な感覚の映像にある。限りなく人工的な照明や映像処理、構図のとり方が実に効果的。時折やや技巧主義的な面があるが、本作のオリジナリティは高く評価できる。デンマーク映画の先輩、トリアーの「ヨーロツパ」を初めて見たときの衝撃にも似ている。クライマックス、テストに失格した主人公がプラットホームでたたずむショットは背筋がゾクッとするほどの映像的魔力に満ちている。ベッドシーンの撮り方も上手い。一方キャストについても文句なし。特に全く対称的な2人の女性を演じたマリアが絶品。北欧美女の風格が漂うクールな美貌に酔いしれた。まさしくガルボ系女優である。クセになりそうな一本!
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ カメラ・ドールクリストファー・ボー 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】恋に落ちる確率2005/06/15\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】恋に落ちる確率レンタル有り
 【VIDEO】恋に落ちる確率レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION