allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

セッソ・マット(1973)

SESSOMATTO
HOW FUNNY CAN SEX BE?[米]

メディア映画
上映時間116分
製作国イタリア
公開情報劇場公開(日本スカイウェイN.S.W.)
初公開年月2005/08/20
ジャンルコメディ/エロティック
セッソ・マット [DVD]
USED価格:¥ 2,670
amazon.co.jpへ

【解説】
 1973年に本国イタリアでスマッシュ・ヒットした全9編のオムニバス・セックス・コメディ。「青い体験」のラウラ・アントネッリとイタリアを代表するセクシー男優ジャンカルロ・ジャンニーニが多彩なキャラクターに扮し、様々なシチュエーションの中、おしゃれでナンセンスなエロティック・ストーリーが展開する。監督は「ナポリと女と泥棒たち」のディノ・リージ。日本では2004年12月にDVD発売され、2005年8月に劇場初公開が実現。
 「奥様8時です」――朝の8時になっても起きず忠実な召使いに美しい裸体を晒すマダムの密かな楽しみとは…。「二人と掘っ立て小屋」――貧乏で子沢山な掘っ立て小屋住まいの夫婦はいつも罵り合っているのだが…。「決して遅すぎはしない」――老女と呼べそうな年上にしか興味を示さないその男は、ある時、ついに意中の老婦人をモノにするが…。「ハネムーン」――新婚旅行でヴェネチアにやって来たアツアツカップル。ところ構わず盛り上がる2人だったが、いざ肝心の夜に思いがけない事態が…。ほか全9編のオムニバス。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ファルド投稿日:2008-02-23 11:35:25
イタリアン・セクシー・コメディは大好きなので、それなりに楽しめました。個人的には第9話の「ご招待」が一番面白かったです。G・ジャンニーニのコミカルな演技が冴えているし、L・アントネッリとの駆け引きも良かった。ただ、やや長い感じもするので、二話くらい削った方が良かったかも・・・。
投稿者:緑茶投稿日:2006-04-11 11:43:58
最初は面白かったけど単調な下ネタコントが延々続いてウンザリ。
ジャン・カルロ・ジャンニーニのコスプレ映画ですわ。アントネッリは意外にも存在感無し。オカマの話だけ良かったかな。
【エピソード】
1奥様8時です 
 
2二人と掘っ立て小屋 
 
3決して遅すぎはしない 
 
4ハネムーン 
 
5帰っておいで!僕のLittle Girl 
 
6海外勤務のイタリア男 
 
7仇討ち 
 
8おかしなおかしな恋 
 
9ご招待 
 
【ソフト】
【広告】