allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

インファナル・アフェアIII 終極無間(2003)

INFERNAL AFFAIRS III
INFERNAL AFFAIRS: END INFERNO 3 [米]

インファナル・アフェア 終極無間
インファナル・アフェアIII

メディア映画
上映時間118分
製作国香港
公開情報劇場公開(コムストック)
初公開年月2005/04/16
ジャンルサスペンス/ドラマ
その謎は、まだ解かれていない
インファナル・アフェア 三部作 Blu-ray スペシャル・パック
参考価格:¥ 8,100
USED価格:¥ 16,460
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 香港を舞台に警察とマフィアが10年以上に渡って互いにスパイを送り込み、壮絶な闘いを繰り広げたサスペンス・ドラマ三部作の最終章。ヤン殉職前後の2つの時期に焦点を当てつつ、警察内部に潜伏し続けるラウの、自らの運命を懸けた最後の戦いを追っていく。監督は引き続きアンドリュー・ラウとアラン・マック。主演はアンディ・ラウ。共演にトニー・レオン、レオン・ライ、ケリー・チャン。
 潜入捜査官ヤンの殉職から10ヵ月後、ヤン殺害の疑いは晴れ、一時的に庶務課への異動したのち内務調査課へと戻ってきたラウ。警察官として生きる道を選んだ彼は、事件以来、自らの手で警察内部にいる残りの潜入マフィアを次々と始末してきた。一方で彼は、生まれたばかりの赤ん坊を連れて自分のもとを去ったマリーと離婚危機に陥っていた。そんなさなか、彼の前には新たに保安部のエリート警官ヨンが立ちはだかる。ラウは、ヨンに対し潜入マフィアではないかとの疑いを強め、彼の身辺を調べ始めるのだが…。
<allcinema>
【関連作品】
インファナル・アフェア(2002)シリーズ第1作
インファナル・アフェア 無間序曲(2003)シリーズ第2作
インファナル・アフェアIII 終極無間(2003)シリーズ第3作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
24181 7.54
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-04-27 01:09:09
【ネタバレ注意】

一応最後まで観たけど、一本の映画の終盤の20分で済みそうな展開に、新キャラ二人(悪役と見せ掛けて…)を絡ませて無理やり完結編をつくりましたと言った感じ。最後の作品が蛇足に見えるのは「仁義なき戦い」と似てる。半星。

投稿者:BLADE投稿日:2010-02-02 13:27:59
1の前後を描いていたが、今まで出てこなかった面子が出てきたりしていたが、まあいいかなと。
も一つ、ラウの精神がおかしくなって、自分がヤンだと思いこんでしまう明確な描写がほしかったかなと。
ややわかりづらかったなと。
2をみて、ラウは根っから悪いやつだと思ったし、3の破滅っぷりがいいが、それもまた・・・悪い奴なのに気の毒に感じてしまう。
ラストは良くある展開にならず、でも地獄は続いていく、哀れな姿になってしまう。

3とも共通してるのが、悪いことした奴は皆悪いことになるという。
ヤンの運命がせつないな。
投稿者:フラーティ投稿日:2009-08-22 12:52:01
【ネタバレ注意】

インファナル・アフェア完結編。水と油のように見えて奇妙に絡み合い同調するヤンとラウの人生の軌跡を描ききる。



第1作のラウvsヤン同様、ラウとヨンの頭脳戦が展開されると思いきや、ラウの物語は徐々に歪み始める。自らの警察官としての立場を守るために人を殺めてきたラウは罪悪感から亡者の幻影に悩まされるようになる。そしてヤンのかかりつけの精神科医を通じてヤンの人となりを知るうちに、「善人」のヤンに憧れ、無意識のうちにヤンと己を重ね合わせるようになる。マリーとの離婚問題、ヨンとの心理戦で神経をすり減らしたラウはやがて精神に異常をきたし、ついには自らがヤンであると錯覚し始める。
不気味にだだっ広く無機質で血の臭いのしない署内の一室に1人篭もるラウの姿は、誰にも語れない秘密を抱えるがゆえに孤独を強いられるラウの心象世界を反映している。

本作のテーマは華麗な知能戦でも派手なドンパチでもなく、ヤンとラウの心の闇そのものなのである。この第3作によって、『インファナル・アフェア』は最早ギャング映画ではなくなった。まるで、壮大なSF作品だと思って観賞していたら、いつの間にかシンジ君のインナースペースの話になっていたエヴァンゲリオンのようだ。この転回は凄まじい。



「善人になりたい」」
「なぜ、チャンスをくれない」
クライマックスでのラウの魂の叫びは余りにも悲痛。



ラスト、死ぬことすらできずに狂気の世界を彷徨するラウ。それはまさに永遠の責め苦に彩られた阿鼻叫喚の地獄である。そして「善人」と思われていたヤンの意外な実像も明らかになる。
「明日が過ぎれば無事だ」そう語りながらも明日を乗り切れなかった2人の男の結末に涙。



本作では一貫した時間軸の下で物語は進行せず、時系列はグチャグチャである。ヤン生前の2002年と、ヤン死後の2003年を行き来する複雑な構成をとっている。しかも、どこまでが現実で、どこからが妄想なのかもはっきりしない。これも無闇に難解にしたわけではなく、現在と過去、現実と妄想が入り乱れた白昼夢的な映像によって、時間と空間の観念すら存在しない「無間地獄」を表現しているのである。一番最後に、ヤンとラウが初めて対面する「始まりのシーン」に戻るという無限ループぶりが恐ろしい。

そう、この現世こそが地獄。
「運命は人を変えるが、人は運命を変えられない」



アンディ・ラウとトニー・レオンは相変わらず素晴らしい。亡霊に取り憑かれ錯乱するラウ、優しい笑顔が素敵なヤン。ヨン役のレオン・ライ、ツンデレ女医役のケリー・チャンも良かった。

投稿者:GRIFFIN投稿日:2008-02-16 22:19:31
なんだか疲れた。核心を感じるよりも、物語の時間軸を追ってした。
複雑にし過ぎたなぁという印象。私には。

人の運命も、運命は人も、どちらも変えられる結末が欲しかった。
“善人になりたい”っていう悲しい物語なのはわかるけど。
そんな都合よくいかないよなぁというのもわかるけど。

決して、希望は、主人公たちだけでなくても、正しい善人のDNAは残せたハズ。
ここまで落ち込む無限世界の暗さは必要なかったのでは?
なんとも救われない。http://www.geocities.jp/griffin0623/
投稿者:ミリアム投稿日:2008-02-16 17:40:57
【ネタバレ注意】

自ら死ぬことさえできず、狂気の淵を彷徨う。これぞ「無限地獄」。

投稿者:黒美君彦投稿日:2008-02-04 00:24:34
【ネタバレ注意】

完結編であるこの作品だけ観たのでは恐らく何が何だかわからないだろう(苦笑)。その意味ではきわめて不誠実?な作品。ただ、前後逆で観ることの多いのに、珍しく順番に沿って観た私は、とても面白く感じた。

「機廖岫供廚任聾充妥な「殺るか殺られるか」というハラハラ感が核にあったが、この作品は寧ろ心理劇としての要素が濃い。
「機廚魎霄瓦肪屬ながら、ただ一人生き残ったラウ(アンディ・ラウ)が追い詰められ破滅していく様をじわじわ描いていくのはなかなかサスペンスフル。例の如く、新たな登場人物としてエリート捜査官ヨン(レオン・ライ)や大物中国マフィア・シェン(チェン・ダオミン)が加わり、誰が味方で誰が敵かよくわからなくなってしまうけど…(苦笑)。
殺される直前のヤン(トニー・レオン)や、彼が愛した精神科医リー(ケリー・チャン)がまたとてもいい。そうした死んでいった者たちが、ラウに親しく話しかけてくる、というのも奇妙な不条理感があって私は好きだ。

結局「善人になりたい」というラウは、ヤンになりたかったのだ。
マフィアの犬という自己決定権のない境遇から、彼は自立した警官としてやり直したかったのだ。ラストで私はそう解釈した。当然そんな都合のいい話になるはずはないのだが。

過去と現在を縦横無尽に往き来しながら種明かしをしていくのも面白かった。アンディ・ラウとトニー・レオン、とりわけトニー・レオンの持つ不思議な親和的魅力がこの三部作を支えているように思う。
いや〜、面白かった。

投稿者:まー投稿日:2007-10-21 17:17:29
気鬚澆匿年経ちましたがやっと靴鮓ました。
靴世韻任蕨辰海鵑らがりそうですね。過去に行ったり現在に来たり、ラウの妄想出たりと混乱しました。
気里箸も面白いけど荒いなと思いましたが、今回は更に荒くなった感アリ。もう少し丁寧に描いたらもーっと面白くなったような気がしますが、でも面白かったです。

レオンライもチェオダオミンもよかったです。アンディラウは少し影薄くなっちゃったような。でも、追い詰められて狂って行く様はなかなか好演でした。ギリギリギスギスした感じがよく出ていた。

チェオダオミンの美しい北京語に惚れ惚れ。声も良いし、素敵でした〜♪
投稿者:Ryuichi投稿日:2007-10-07 16:37:14
3部作としては上手いつくりだと思います。兇撚甬遒砲気のぼり、気留行きを濃くしたところで、靴砲いて気稜愀覆鯢舛つつ、結末にたどり着く・・・
ただ、兇任眈々感じるところはありましたが、どうしても気凌裕い砲△笋ってしまっているようにも思えます。トニー・レオンのシーンが必要以上に多かったような・・・
この3部作によって、ひとつの世界をつくりあげたことには間違いないかとは思いますが、ひとつの作品としての靴蓮⊂々中途半端であったようにも感じます。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-04-29 23:10:45
【ネタバレ注意】

みんな纏めて不幸になるグダグダの最終章。

美人の女医さん(ケリー・チャン)大活躍です。
ラウが精神に異常を来たし、過去を遡り、誰が誰だか解らなくなり…
最期はサムの死んだ美人妻に射殺されてます。
どことなく、ファイトクラブ系…つまりは変な映画。
ただ終わりもグズグズなのが、キレに欠ける(終わりそうで終わらない)。
が……確かにI、IIを見返すのが怖くなるぶち切れた一編。

投稿者:イドの怪物投稿日:2006-11-05 20:48:22
面白かったけど、兇詫省だったか。
やはり気僚侏茲良かっただけに勢いで見てしまった感有り。この作品だけではたいした魅力は感じない。
しかしこのシリーズに出ている役者たちは実に良いと思う、だから三回も見てしまったけどそれほど腹も立たない。
投稿者:Takako投稿日:2006-05-29 18:52:05
自分は、機↓兇箸盡ておらず、この靴気─△匹鵑扮撚茲まったく知らなかったので(笑)、単純に最後に「ええーーーっ」ってなって楽しめました。
こんな自分にとっては、「正義のために命をかけた男たちの物語」です。
ただ、今の場面がいつのことを描いているのか、ほんとわかりにくいですっ!
2回目以降、DVDをまき戻しながら、年月を書きとめたり、トニーがいるから過去のことなんだよねとか、考えながら何回も見ました(笑)。
過去と現在でそれほど時間がたっていないのですが、髪型とか服装を変えるとか(笑)、もう少し初めて見る人間にも、いつのことなのかわかるような配慮があってもよかったかなと。
個人的に好きな場面は、レオンがダオミンにタバコをくわえさせてあげるところ。ダオミンはヘビースモーカーだそうで、先輩役者の彼に対する尊敬が表れているのかなと。北京出身のレオンがくわえさせてあげるのも偶然じゃないような気がするのは考えすぎか?
ただ、レオンは北京出身なんだから、北京語をもうちょっと頑張りましょうよっ!
投稿者:bond投稿日:2006-03-21 01:16:37
当初はどこまで作る気だったのかわからんが、3部作としてはくどくなったのでは、最終的には決着ついて悪は滅びたんだろうが、消化不良の感は否めない。
投稿者:irony投稿日:2005-12-31 02:11:45
 アカン。シリーズ3部作を一気に見ましょう。ラウが壊れていく様は中々です。わたしゃ復習せずに見たのであちこちにあの時あれはどうだっけぇ?と頭の中がとっちらかってしまった。
投稿者:チューイ投稿日:2005-10-20 18:06:59
全体的にいい意味でやられた。
観てるうちにラウに気持ちを入れはじめていってしまった。
「がんばれ」的な。。。

でも・・・彼はもう・・・壊れていたんだなぁ

あんなにキレものだったのに。。。


時間軸をいったりきたりするのも好きです。


ラストの車椅子をトントンやってるのに(涙)http://blog.livedoor.jp/chewie23/
投稿者:真尋投稿日:2005-08-05 22:31:36
【ネタバレ注意】

機↓兇離侫.鵑覆里粘僂泙靴燭、これのみではレベルが落ちたかな…と感じました。

気砲△辰振枅感があまり感じられません。というのも、なんだかてんこ盛りって感じで…もっとスッキリさせればよかったんじゃないかなぁと感じました。結局言いたいことはちゃんと伝わったのですが、やっぱりラウ以外のヤン、キョン、ウォン警視など既に死亡したキャラクター(しかも機↓兇砲呂覆た靴靴ぞ霾)を描きすぎているような気がしました。もちろん、今回のようにラウを描くならヤンの登場回数は多くなっても仕方がないですけれども、ラウの苦しみそのものと関わりのないところまでは不要だと感じました。そうすれば、気らいの緊迫感は出せたのではないかな?と思いました。

また、新しい登場人物もいるのに過去と現在を行き来することが多く、1回で理解するのが難しいように思えました(これは噂で聞いていたので必死にストーリーを追いましたし、気鉢兇鬚なり復習して臨みましたので私は大丈夫でした)。


原題が「無間道」なのでラウの最後はなんとなくは分かっていましたが、いざ知るとドーンと暗くなってしまいました。素人ですが、心理学系の本をよく読むので余計に…。ラウの最後まで見届けた今、気鉢兇今までとは違って見えてきそうで、再度観るのが怖くて観ていません。私が観たレビューの多くが「靴魎僂燭蕁△泙伸気筬兇魎僂燭なる」とありました。私も靴魎僂襪泙任呂修Δ覆襪世蹐Δ隼廚辰討い泙靴拭しかし、結末を知った上で過去を見ると、とてもラウの顔が見れない…。気筬兇量を変えるスパイス的な役割を果たしているという点ではかなり良かったと思います。しっかり無間道な感じは出せていました。

一番良かったのはこれは予告編にもあるシーンですから書きますが「オレも警官だ」と叫ぶラウでしょう。やっぱり、これでしょうね。
そして、これは予告編にはないと思いますが、ちょっと笑ってしまったのが仏像がこんなところにねじ込まれている…と。気任亙像がうまく使ってありましたが、靴呂舛腓辰伐室蠅な…と思いました。

投稿者:Cinema Trek投稿日:2005-06-30 01:48:37
「インファナル・アフェア」の3部作の最終章だが、1作目,2作目はマフィアとの葛藤やアクション・シーンがあり、結構楽しめた。通常3部作というのは1部2部で不明だった部分が明かされるので盛り上がらなければいけないのだが、最終章は、それまでの経緯や解説的なことにウェートをおいていることや、原語が聞きなれている英語ではなく、中国語なので、四六時中、字幕を追わなければいけない為に、1度見ただけでは、意味を理解するのには少しきついところがある。まあ、今回は、回顧的なものもあり、これと言って派手なアクション・シーンもないのでビデオで3部作を立て続けに、リプレイをかけながら日本語吹き替えで見たほうがより理解出来ると思う。

20050426_Cinema鑑賞_60点
投稿者:nehane215投稿日:2005-05-07 23:30:48
【ネタバレ注意】

だからヨン様は初めからあのテープを持ってたんだよね〜?
それならそんなまどろっこしい
韓国ドラマみたいな展開にしなくても・・・???????

残念ながら私ははダメダメ派です(涙)

投稿者:花鳥風月投稿日:2005-04-28 00:29:35
一作目、二作目と良かったので三作目はどうなるのかと思いましたが期待以上でした。
こんなに奥の深い映画とは思いませんでした。
下の涼さんが書かれているのが間違っているので訂正したいと思います。
ラウの精神はすでに壊れていて自分をあれだけなりたがっていたヤンだと思いこみ、ヨンをマフィアから警察に潜入したラウだと思い込んでいるのでテープをみんなの前で再生したのです。
投稿者:投稿日:2005-04-24 07:28:34
 文字通りの蛇足。見る必要ない。こんなにヴォルテージが下がってるとは!!・兇藩邵垢ありすぎる。イニャリトゥじゃないんだから、時系列をいじくり回しても、何の効果も無い。アンディ・ラウもトニー・レオンも気乏咾戮得査未無い。
アンディがカセットを再生してばれるシーン、事前に再生してチェックするのが当然だろうが!これじゃあ、馬鹿じゃん!兇任呂△譴曚彪笋里覆す柔だったのに、靴任惑肪召見える。レオン・ライ、チェン・ダオミンの役も取ってつけたようで、驚きが無い。俺でも考えられる、底の浅いストーリーだ。とても紅竜さんのように好意的には取れない。
 アンディ・ラウは、素顔はまじめすぎるほどだというが、この役にも何かそれが出ているような気がして、警察に潜入したスパイといういかがわしい部分を出し切れていないように思う。
 兇廼淑海靴真佑砲蓮△勧めしない。靴鮓てがっかりするより、,兇濃澆瓩討き、その余韻に浸ったまま、他の素晴らしい映画を見るほうが、はるかに幸福な人生を送れると私は思う。
投稿者:お気楽極楽投稿日:2005-04-22 12:58:25
これは一作目の疑問点をかなり強引な反則すれすれの技で解決したような感じがしました。
よくつくってはありますが。
投稿者:紅竜投稿日:2005-04-21 19:56:30
1作目の無間道そして2作目無間序曲のラストに胸を熱くした
私にはこの3作目は残念ながら蛇足という印象しかありません。
しかしそれでも本作を最後まで面白く観る事ができたのは
香港映画人たちのまるで出涸らしのお茶をあの手この手で
おいしく飲ませるかのようなサービス精神に心を打たれたからです。

シリーズの登場人物を起用して心理スリラーとして再構築
した一編としてとらえればかなりの秀作ではないかと思います。
ややネタバレになりますが「エンゼルハート」系のサスペンスが
好きな方にはオススメします。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION