allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

真夜中の弥次さん喜多さん(2005)

メディア映画
上映時間124分
製作国日本
公開情報劇場公開(アスミック・エース)
初公開年月2005/04/02
ジャンルコメディ/ドラマ/時代劇
お伊勢参りへ行こうぜベイベー
真夜中の弥次さん喜多さん Blu-ray スペシャル・エディション
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 9,545
USED価格:¥ 3,123
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:宮藤官九郎
チーフプロデュー
サー:
豊島雅郎
小川真司
エグゼクティブプ
ロデューサー:
椎名保
藤島ジュリーK.
島本雅司
吉田博昭
長坂まき子
プロデューサー:宇田充
藤田義則
原作:しりあがり寿
『真夜中の弥次さん喜多さん』(マガジンハウス刊)/『弥次喜多in DEEP』(エンターブレイン刊)/『小説 真夜中の弥次さん喜多さん』(河出書房新社刊)
脚本:宮藤官九郎
撮影:山中敏康
美術:中澤克巳
編集:上野聡一
音楽:ZAZEN BOYS
音楽プロデューサ
ー:
安井輝
VE:宇津野裕行
VFXスーパーバ
イザー:
田中浩征
VFXプロデュー
サー:
曽利文彦
スーパーバイザー:柘植靖司
照明:椎原教貴
整音:浦田和治
装飾:柴田博英
録音:藤丸和徳
助監督:五十嵐昭徳
菅原丈雄
出演:長瀬智也弥次郎兵衛
中村七之助喜多八
小池栄子お初
阿部サダヲ金々
柄本佑呑々
生瀬勝久瓦版男
寺島進岡っ引き
竹内力木村笑之新
森下愛子旅籠の女将
岩松了旅籠の番頭
板尾創路浪速ホット
桑幡壱真浪速サンド
大森南朋拷問される侍
おぎやはぎ旅籠の客
皆川猿時ザル売り
古田新太清水次郎長
松本まりか喜び組
川口真理恵喜び組
あじゃ喜び組
前田綾花喜び組
松本真衣香喜び組
斉藤亜希子喜び組
勝俣幸子喜び組
山口智充オカマの店主・おちん
清水ゆみ店主の娘・お幸
しりあがり寿たわぁ麗満堂の店主
松尾スズキヒゲのおいらん
楳図かずお籠を背負った老人
中村勘九郎アーサー王
毒蝮三太夫毒蝮三太夫
研ナオコ奪衣婆
ARATAバーテン
麻生久美子バーテンの妻
妻夫木聡幻の弥次郎兵衛
荒川良々
【解説】
 十返舎一九の滑稽本『東海道中膝栗毛』を下敷きに、お伊勢参りに旅立った2人の男が繰り広げる珍道中を、ユーモラスかつシュールに描いたしりあがり寿の傑作マンガ『真夜中の弥次さん喜多さん』とその続編『弥次喜多in DEEP』を映画化。「GO」「ピンポン」の人気脚本家・宮藤官九郎の監督デビュー作。主演は長瀬智也と中村七之助。
 商家の若旦那でしっかり者の弥次さんとヤク中の旅役者、喜多さんはディープに愛し合う恋人同士。しかし、極度の薬物依存でどん底まで落ちてしまった喜多さんは“リアルが分からない”と弥次さんに不安を訴える。折しも長屋にはお伊勢さんからのダイレクトメールが。そこで弥次さんは喜多さんのヤク中を治すため、そしてリアルを探すため、お伊勢参りへと旅立つことに。日本橋をあとにし、お伊勢さん目指して東海道を一路西へと進む弥次さんと喜多さん。そんな2人が最初にやって来たのは箱根の関所“笑の宿”。笑いが一番の当地では、なんと笑いのセンスがないと関所も通れないという。仕方なく弥次さんと喜多さんもネタ合わせを始めるが…。スタートから波乱の予感いっぱいの2人旅。やがてそれは、伊勢が近づくほどに、リアルと幻覚、生と死が入り乱れ、ますます混沌の度を深めていく…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1467 4.79
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:北村もとい投稿日:2019-02-02 15:40:31
クドカンの劇場映画デビュー作。
時代考証を無視した時代劇でハチャメチャやりたかったのは分かるが、最初からなんでもありの世界観なので結局何をやっても笑いも起こらず、最初から最後までクドカン特有の小劇場的なおふざけが続き、最後はクドカンのお得のいつもの冷静に見ると何も深い事言ってないのに、雰囲気だけ何かいい事言ってみました的なあざとい感動狙いにはつくづくうんざりさせられる。
投稿者:ピースケ投稿日:2013-10-29 00:04:01
オープニングでドン引きしたが、とりあえず観た。
すると何故だか段々・・・弥次さん喜多さんの2人が愛おしくて仕方なくなった。
投稿者:sakur`a`投稿日:2010-11-23 17:37:19
こういったおちゃらけ時代劇、いいですね
はちゃめちゃでやりたい放題なんだけども、それは前半までかな
後半からチョットgdgd感
それを荒川良々がふきとばしてくれたので、全体的には「面白かった!」と気持ち良くなれました
投稿者:QUNIO投稿日:2009-12-10 14:18:39
実を言うとクドカンはかなり映画的才能を持った人だと思うのよ。『ピンポン』もあれは脚本が凄く良く出来てるなと感心したし、もしかすると監督としてもやってけるんじゃないかな。この映画も多少粗は目に付くが、徹底して独自の演出に挑む気概みたいなものがあって、結構楽しめた。構成もしっかりしてるし。『下妻物語』の倍は徹底してる。

この監督は必要不可欠な「語り」を大切にする律儀な印象を受ける。遊び心と生真面目さがいい具合にブレンドされた佳作。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2007-09-30 11:25:11
絵は良かったと思う。笑える箇所もそこそこあったが
今一歩まとまりには欠けてしまったような気も。
しかし宮藤官九郎は好きなので、ま、いっか。次回に期待。

投稿者:ファジィなマニア投稿日:2007-04-05 11:12:22
正直、公開時に見たときは途中で帰った。
しかし、ひょんな事から某組員の連れに「弥次喜多おもろかったなあ!」と言われ、首を傾げたがその後の彼の説得に負け、もう一度見る事になった。しかし結果は「つまんない」。
「俺は嫌いな映画だし温度差がある。」そう思っていた。
それから1年経ったある日、ふとあのテンションが過った!
もう一度弥次喜多を見てはまってしまった。
あきれるほど駄作な印象が意図して作られているんだ。
映画評価1つ星を100%後からでやろうとしてるんだ。そう思いました。
しかし人には勧められない。この映画は非常に見る人の温度が評価を分けるんだと思う(評価か?価値か?)
長瀬のテンション良かったよ。
投稿者:かっこう投稿日:2006-12-13 00:20:23
【ネタバレ注意】

前半、ギャグシーンてんこもりなんんだけど、ナンセンスすぎて笑えない。正直見るのが辛いレベルだったけど、弥次さんが死んでからは段々と面白くなった。特に、荒川良々だらけのあの設定。よくあんなの思いつくもんだ。

でも、前半は面白かったが後半は・・っていう意見が大方なんですね。

豪華な脇役陣を見るのは楽しい。

投稿者:赤★優投稿日:2006-07-25 00:08:17
「我が心の師」しりあがり寿の原作を
『GO』や『ピンポン』の脚本で異彩を放っていた宮藤官九郎が初演出!
超傑作か、大いなる失敗作になるのか、どっちにしても観ないわけにはいかない。

クドカンは売れっ子脚本家になったとたん「やっつけ仕事」ばかりで・・・
「才能を浪費しすぎだ〜」と映画ファンをガッカリさせていたが、
本作はさすがに監督デビューだけあって、妥協なき全力疾走。

「これでもかっ!」と、好き放題にやりまくりで
最初の20分を観た時点で、私は★9個(傑作)を付けようと心に決めていた。
ところが・・・中盤は完全に中だるみ。しかも後半はあまりに冗長。
編集がヘタすぎる!
今からでも90分の映画に編集し直して欲しいくらいで
その大失速に、★1つ減らしました。

時代考証を無視することで生まれる笑いは、
昔から日本のコメディの専売特許である。
古くはミュージカル調の時代劇が盛んに作られ、
TVドラマ『浮浪雲』では、あの渡哲也が
「ペッパー警部」を歌いながら登場するというデタラメさ。
さらには、保坂延彦の『国士無双』という幻の(?)傑作コメディ時代劇も。

本作はそんな伝統に輪をかけたハチャメチャさに加え、
ゲイでジャンキーのロードムービー時代劇という斬新さ。
(いや、原作が斬新なんですけどね、実際)

主演の長瀬智也は、アイドルでありながら、
お笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田に見えてしまうのが不思議。
単調な江戸っ子べらんめえ節(これもデタラメ)が妙に笑いを誘う。
また、中村七之助は以前から私が特に目をつけていた逸材。
オヤマだからというのでなく、若いながら役者としての色気が際立っている。
(ガンガン酒を飲んで暴れて、芸の肥やしにして欲しいと思う!)
さらには、今最も旬な怪優・荒川良々がフィーチャーされ、
出演陣も絢爛豪華にして、ツボを心得っぱなしの好器用。

世界中の誰でもが笑える喜劇というのは、その普遍性には敬意を払うが
最大公約数的な笑いは、やはりレベルが低下するのは否めない。
そういう意味で、日本には日本特有の「お笑い文化」があり、
「お笑いWカップ」があれば、コメディ王国イギリスと決勝で戦うのは必至。
しりあがり寿の描く世界は、まさしく最先端お笑いの急先鋒。
そして、この作品こそが現時点における日本コメディの最高峰である。
そう、私は確信する。

ここまで、クリエーターの好き放題が赦される日本映画バンザイ!
(もちろん、クドカンほどの俊才ゆえに赦される暴挙ではあるが)
必見の映画です!
投稿者:spink投稿日:2006-06-05 12:39:14
-
投稿者:ぺん投稿日:2006-04-14 18:52:36
TVのタイガー&ドラゴンですっかり気に入った宮藤官九郎の監督作品って
ことでDVD観てみましたが、映画ファンの僕には判らんとこ一杯かな(笑)。
ただ、今時の演劇とかをよく観ている人ならば、楽しめるのかしらね?
少なくても、ジャニーズタレントを観に来ただけの人達には辛すぎるか(笑)。
投稿者:スマーフ投稿日:2006-01-31 15:23:01
【ネタバレ注意】

 寝てしまいました。ほんとすごく長く感じました。このノリの映画ならもと短くしてテンポよくいってほしかったです。いや、なんかしりつぼみになってくんだろうとは思ってたんですけどね。残念。
 でもキャストはものすごくよかった!特にARATA&麻生久美子のバーテン夫婦はうれしい組み合わせでした。あとやっぱり荒川さんは最高!!
 最初の東海道のミュージカルはかなりお気に入りです。

投稿者:品虎投稿日:2005-12-14 18:17:11
全編そうとはいかなかった。峠の茶屋の件まではおもしろかった。けれどそれ以降すごく失速したと思う。ロードムービー仕立てのコメディ映画はテンションを持続するのが難しいなぁとつくづく思った。

アーサー王はとりあえず衝撃的だった。
投稿者:ゆうじ投稿日:2005-08-30 19:08:24
まさに何でもありのごちゃ混ぜワールド。ストーリーを理解しようとか物語の中のメッセージを探ろうとか、真正面から取り組むにはあまりに混沌としていて手に負えない。本作は、多分監督が原作を見てひらめいた自分のイメージを羅列しただけのいい加減な造りの作品なのだ。この自由奔放さが本作の長所であり、最大のウリなのだから、観客は「まあいいじゃん!」と軽く流して見ればいいんじゃないかなと思った。

また、多彩な出演者が色々な場面で登場するのを発見するのも、本作の楽しみ方のひとつかも。個人的には、中村勘九郎演じるアーサー王のとろろ汁屋(よく本人が出演OKしたものだ)と、荒川良々演じる魂が気に入った。特に成仏するまで皆、荒川良々の姿でいる煉獄なんて・・・私は嫌だ!
投稿者:ラッテ投稿日:2005-05-18 22:17:28
なんかすごく長く感じました。笑える部分はあるんだけど全体で見るとちょっとダラダラしてたかなー。長瀬君もジャニーズのアイドルさんの割りにぶっ飛んだ演技もできるのねーと思いつつ、クドカン作品だと全部同じような役だなーって思いもあったり。個人的には森下愛子さんが喜び組だと可愛かったかも・・・って思ってます。阿部さん、板尾さん、松尾さんは言う事ナシですね。古田さんなんて特に。
投稿者:Longisland投稿日:2005-04-27 13:22:58
今旬の宮藤官九郎初監督! 役者陣も豪華! 宮藤官九郎のイメージが奔放に映像化されていてるのだが・・・・ なんか飛ばしすぎ? 部分部分は良く出来ていて笑えるのだが約2時間が長く感じてしまった。まあ、そこが宮藤官九郎らしさなんでしょうが。

あと、題名に誘われたと思われる老夫婦が・・・・ 哀れでした。
投稿者:メンタイ投稿日:2005-04-24 01:44:58
長瀬智也・中村七之助・小池栄子・阿部サダヲ・生瀬勝久・寺島進
竹内力・森下愛子・板尾創路・おぎやはぎ・古田新太・山口智充
清水ゆみ・松本まりか・しりあがり寿・松尾スズキ・楳図かずお
中村勘九郎・毒蝮三太夫・研ナオコ・ARATA・麻生久美子
妻夫木聡・荒川良々・・・・・・more

これだけ役者を好き勝手使い、
撮影所内やCG等も監督のムチャクチャさを全て可能にっ!!
そう!これはずばり“日本版マーズ・アタック!”である!
だってこんなムチャなシナリオ、クドカンやティム・バートンじゃなきゃ
無理でしょ!ズバリ!なんとも羨ましいことで。。。

それにしても“弥次さん喜多さん”ってことで数名のお年寄りが
居ましたが、もうかわいそうで、かわいそうで・・・。
だって、この“弥次さん喜多さん”って、
ヤクチューに、ホモに、殺人に、キンタマに、もームチャクチャだもん!
よく長瀬の出演を許したな〜ジャニーズはっ!
よく協力したなー文化庁はっ!

まーただ、おいら的には・・・・こんなこと言っちゃいけないんだろうけど、
とにかく肌に合わず、数回笑ったが、この数回の為にこの制作費?
っていうような“なんだかな〜感”を物凄く感じた。
なんだろ?なんか息抜きするところがなかったからかな?

あくまでも、おいらだけ感じたことっぽいので1つの意見としてどうぞ。http://www.h4.dion.ne.jp/~mentai23/
投稿者:kuss投稿日:2005-04-23 21:51:13
【ネタバレ注意】

もう笑う気満々で観に行って、突き抜けたギャグの嵐に最初は大笑いしまくり!しかし富士山行ったあたりから、どうでもいいエピソードをダラダラと。。。長すぎるんすよ、時間が。バッサリ90分に再編集したら面白いっすよ。>クドカン
一番面白かったのは古田新太の清水次郎長の風貌でした。
不本意の6点。

投稿者:お気楽極楽投稿日:2005-04-22 13:20:09
これだけ自由に作れたら監督も楽しいだろうな。
キャストもどんどん集まってくるし。
今年は「阿修羅城〜」「狸御殿〜」やら変わった時代劇映画の年でしょか。
投稿者:籐四郎投稿日:2005-04-18 23:31:32
 私は、ほとんど笑えませんでしたが、良い映画だったと思います。
 単にぶっ飛んだナンセンスコメディの映画なのかと思ってましたが、実はギャグで照れ隠しをしているナイーヴな青春映画だったと、私は受け取りました。
 「真夜中のカーボーイ」や70年代の傑作TVシリーズ「傷だらけの天使」の後継に当たる作品のような気がします。
 ただ、私の隣の老夫婦は、なんじゃこりゃと呆れてました。多分、少なからずの人はそう思うのかもしれません。
 一般的に、あまりに想定外の出来事が連続して起こると、アイデアの秀逸さを楽しむというよりも、不快に思うだろうからです。
 その意味で、かなり一筋縄ではいかない作品ですが、こんな天才芸は観ないと損でしょ!
投稿者:クロガネーゼ投稿日:2005-04-13 15:07:03
前半は快調でゲラゲラ。特に、喜び組のエピソードが秀逸。だが
後半、弥次さんが死んでから失速。盛りだくさんのアイディア処理に
モタつく。この辺はやっぱりシロウト監督の悲しさやね。

それにしてもクドカン、つくづく長瀬智也にホレてんだなァ。
確かに、ハナのある役者だが。
【サウンド】
『真夜中の弥次さん喜多さん』(主題歌)
作詞 :宮藤官九郎
作曲 :富澤タク
歌 :長瀬智也
歌 :中村七之助
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION