allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

シルヴィア(2003)

SYLVIA

メディア映画
上映時間110分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(ザナドゥー=エレファント・ピクチャー)
初公開年月2004/12/25
ジャンルロマンス/ドラマ/伝記
映倫R-15
ぼくは君を愛せていただろうか

死後、ピュリッツァー賞を受賞した伝説の女性詩人シルヴィア・プラスと夫テッド・ヒューズ。二人の詩人の、ある愛の詩。
シルヴィア [DVD]
参考価格:¥ 5,184
USED価格:¥ 1,973
amazon.co.jpへ

【解説】
 没後40年以上たった現在でも世界中で読み継がれるピュリッツァー賞作家シルヴィア・プラスの生涯を映画化。桂冠詩人テッド・ヒューズとの運命の恋を軸に、純粋で繊細な一人の女性の短くも濃密な人生を綴る。主演は「恋におちたシェイクスピア」のグウィネス・パルトロー。共演に「ロード・トゥ・パーディション」のダニエル・クレイグ。
 アメリカの裕福な家庭に育ち、子どもの頃から詩作の才能を発揮して神童と呼ばれた女性シルヴィア・プラス。彼女は優れた詩人になるとの大志を抱いてイギリスのケンブリッジに入学する。ある日彼女は、イギリス人大学院生テッド・ヒューズの詩を読み深い感銘を受ける。その後シルヴィアはテッド本人と出会い、2人は運命の恋に落ちた。結婚しロンドンに居を構え、詩作に没頭する2人。やがてテッドの作品がニューヨークで賞を受賞し、2人はそれを喜ぶが、その頃からシルヴィア自身は行き詰まりを感じ始めるのだった…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
427 6.75
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:irony投稿日:2007-04-24 07:54:58
 シルヴィアの詩を劇中そう表現している(詠んだ事はないのでどうなのかしらないが) 実際の本人もこんな感じだったのでしょうか? 若かりし頃精神を病んでいたそうだが直っていたのだろうか?物語りのシルヴィアは評価をされたいが為に詩を綴っているように見えた…実際どんな事でも人間評価されたいものだがそれが評価されるとは限らない(評価に値しないものは一遍の価値もないただの徒労にすぎない…悲しい事だけど)果たして詩なんてものは書こうと思って書けるものなのだろうか?内在する感情の起伏を端的な言葉で綴るごく自然でとてもプライベートなものだと個人的には思うのだがそれを生業とするのはどうなんだろうと思う。文系の人はどうして自殺が多いのか解る気がする…。
投稿者:Longisland投稿日:2005-01-28 02:32:59
英国文学にも詩に対しても興味と知識が無く、予備知識皆無で観ました。(まあ本作品を観る観客としてはかなり異色?)
日曜日最終回渋谷ル・シネマはほぼ満席、教養高そうな女性客が大半ちょっと居心地悪かったものの良作でした。
才能ある男女の(凡人には)歪な愛情の描写が魅せられました。個人的にグウィネス・パルトローって女優さんは、演技が上手いか下手なのか評価?でしたが本作品を観て彼女の演技力を評価しました。
投稿者:タラちゃん投稿日:2005-01-10 03:19:46
【ネタバレ注意】

銀座で1月2日に見ました。色調もテーマも暗い映画です。実話をもとに製作されました。予め,シルヴィア・プラスの作品(女性にとっての「ライ麦畑で捕まえて」に匹敵する「ベルジャー」,父をテーマにした詩)と英米文学への影響などの知識,英米文学の基礎知識などがあった方が感動があると思います。純粋に,一人の女性の生き方として見るだけでも,女性は泣けるかも知れません。映画の最初に語られる詩の1節(葉っぱ)からすると,彼女はすべて達成したのでしょうか。
 私は,彼女についての最終的なDSM-IV上の診断名が気になりましたが。。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】シルヴィア2005/06/22\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】シルヴィアレンタル有り
 【VIDEO】シルヴィアレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION