allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

赤いアモーレ(2004)

NON TI MUOVERE
DON'T MOVE

メディア映画
上映時間121分
製作国イタリア
公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)
初公開年月2005/01/08
ジャンルドラマ/ロマンス
映倫R-15
始まりは衝動、つながりは欲望。
失って気づいた真実の愛。
赤いアモーレ [DVD]
USED価格:¥ 1
amazon.co.jpへ

 Photos
赤いアモーレ赤いアモーレ赤いアモーレ

【解説】
 妻を持つ孤独な男と貧しいひとりの女の激しくも切ない愛の軌跡を綴ったラブ・ストーリー。イタリアのベストセラー小説『動かないで』を著者マルガレート・マッツァンティーニの夫であるセルジオ・カステリット監督が主演も兼ねて映画化。共演はペネロペ・クルス。2004年イタリア・アカデミー賞(ドナテッロ賞)で最優秀主演女優賞と男優賞をW受賞した。
 外科医ティモーテオはある日、愛する娘が交通事故に見舞われて危篤状態に陥り、茫然と立ち尽くしていた。その時、彼はかつて心から愛した女性で今は亡きイタリアの幻影を目にする――。15年前、ティモーテオは才色兼備の妻エルサと裕福な家庭を築き上げていた。だが、彼はそこに自分の居場所を見出せず、孤独を感じていた。そんなある日、ふと立ち寄った貧しい町でイタリアという女性と出会う。そして衝動的に関係を結ぶ2人。ところが、それ以来イタリアを忘れられないティモーテオは彼女と逢瀬を重ね、互いに深い愛に溺れていく…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
849 6.12
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:aomika投稿日:2018-07-01 14:33:16
何が切ないって、
愛人・ペネロペ・クルスと
妻・クラウディア・ジェリーニに、
あまりにも差がありすぎて、
悲し過ぎて。


いくら人間に上下は無いとは言っても、
美しく、仕事のできるジェリーニに対して、
掘建て小屋のような家に住み、
貧しい生活をしているクルスとでは、
その差は歴然としている。

https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2016-01-11
投稿者:kopi投稿日:2009-07-22 23:29:39
【ネタバレ注意】

 一人の男(医者)の欲望の不倫物語。時間が前後して分かりにくい。
 が、最後の赤い靴を置くシーンは切なさを感じてしまう。
 ペネロペは不細工に見せようとしても綺麗さは隠し切れていない。その綺麗さに非現実さを感じる。でもきれいな女優じゃないとラストのシーンが効いてこないからペネロペで良かったのかな?

投稿者:inamura投稿日:2007-12-06 02:11:47
結構面白かった。ペネロペ・クルスはどんな役をやらせても上手にこなすなって感じ。ただ邦題の「赤いアモーレ」ってのは頂けないな。
投稿者:りちゃちゃ投稿日:2006-08-21 03:15:46
男にとっては都合のいい女。でも人間って自分にとって都合のいい異性が理想の相手なのも現実だから仕方ないか。
投稿者:DP投稿日:2006-01-05 14:13:17
【ネタバレ注意】

どろどろした感情を期待したが、男の意志が薄く全く伝わって来なかった。
アチラの映画独特の嫌な終わり方をするのかと思ったけどそうでもなく、
開いた口が何とやら。呆然とした。

投稿者:晴れ男投稿日:2005-11-13 08:13:51
この映画は恋愛映画ではありません。ドラマでもありません。
監督がご都合主義で気づき上げた、男の妄想。
そんなものにつきあわされた、2時間は苦痛以外の何ものでもない。

主人公は、すべてに対して結論を出さない。
出せないのはいい。葛藤するのがドラマだから。
見ていて、とても気になるのが、結論を出さないまま、
主人公の男の人にとって、将来的に都合がいいように物語が
展開してしまうこと。

妊娠した不倫相手は、自分で堕胎してくれる。
奥さんを捨ててまで、一度は一緒に生きようと決意しても
今度は彼女自身が死んでくれる。
結局、元の妻のところに戻ってのうのうと暮らし、
良い想い出でしたとばかりに、聖母様にまつりあげ、
あげくの果てに、自分の娘が死の間際に、彼女に助けを求める。
(聖母の象徴として、やたらと十字架を出し、十字架の形の広場で
 抱き合い、十字架の形の通路に彼女の幻が現れる)

人生は、そんなに甘くない。この映画では
彼が本当の意味で結論を下したことなどない。
だから、これには何のドラマも含まれていない。
他の人も書いているが死ねばドラマになるのではなく。
生き続けることがドラマなのだ。なんて、偉そうですかねぇ。。。
投稿者:ふじこ投稿日:2005-10-08 19:01:46
【ネタバレ注意】

美しい妻、裕福な生活がある外科医、最初はただの欲望からなぜにイタリアにのめりこんでいったのか・・・彼女といると心底安心できたんだと思う。
“一ヶ月に一度、一年に一回だけでもいいから・・捨てないで”って何も持ってない純粋な気持ちの彼女に言われたら、男の方も素直に好きになるのかもしれない。何だかよくありそうな話でもあるけど。
でもやっぱり私は狄半ー蠅蔽豊爐辰討いΔ里大きかった。男の人から観たら、そうは言っても割り切れないんだ男って・・って思う人もいるのかも。だけど彼の妻が妊娠したと知った時、彼女の傷ついた気持ちを考えたらつらくなった。そこまでボロボロにならなくたって・・って。

ペネロペがイタリア語のセリフ、汚れ役で頑張ってました。後々垢抜けてくるんだけど最初出てきたとき、そこまで汚くしなくたって・・せめて歯はきちんとしてあげてよって思いました。

投稿者:NYY投稿日:2005-04-25 12:57:30
 ダメ、苦手。

 突然感情的になって騒いだり、この親父は見てて疲れるよ。
 
 下の人も書いてるが、人が死ねばドラマになるというセカチューと同じ勘違いをしてる模様。
 そんなもん他人から見たら、死んだの?あっそー、ってだけなんだから騒ぐなよなあ〜。
 どうでもいいドラマを見せられた気がする。
 
 何の共感もできない辛い2時間だった・・・

 ところで、ペネロペがやけにブスかったけど、あれは役作りなのかな〜?
 
 
投稿者:篭瀬山投稿日:2005-02-27 19:03:48
現代人の抱く邪まな欲望も、エンターテイメントという視点でなら綺麗にまとめられると知る。話の基本構成が「セカチュー」とまったく一緒で、感慨深い。3
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 女優賞ペネロペ・クルス 
 ■ 観客賞(女優賞)ペネロペ・クルス 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】赤いアモーレ2005/06/03\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】赤いアモーレレンタル有り
 【VIDEO】赤いアモーレレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION